私だ。あんちえいじゃー(@abcwriter1150)だ。

インベスターZの18巻を読んだ人は衝撃を受けているだろう。

 

たとえ年収が低い人でも、貯金をするコツというものがある。

それはズバリ、月収の25%をなかったことにする「なかったこと貯金」である。

ぼくはこの方法で、100万円を貯めようと思う。

もちろん、溜まったお金は投資に回す予定だ。

なかったこと貯金とは?

まず、なかったこと貯金とは何か?からみていこう。

なかったこと貯金とは、その名の通り、毎月のお給料のうちのいくらかを初めから無かったものとみなす貯金方法だ。

例えば手取りが20万円だったとしよう。

そのうちの3万円は、最初からなかったものとして貯金に回すのが、「なかったこと貯金」である。

つまり、手取りは最初から17万円だったと思いこむのである。

その17万円で1ヶ月の生活を組み立てるのだ。

これは、インベスターZの18巻で紹介されていた貯金方法であるが、ぼくはこの貯金方法をしって衝撃を受けた。

その手があったか〜!と思ったよ。

では、なかったこと貯金の具体的なやり方を見ていこう

まず、手取りの1/4を貯金に回す

インベスターZ 18巻
インベスターZ 18巻より

例えばあなたの手取りが20万円だった場合、その1/4である5万円をなかったことにする。

つまり、あなたの手取りは最初から15万円だ。

この15万円で、1ヶ月の生活をやりくりしよう。

残りのお金だけで暮らそう

さて、あなたの1ヶ月の軍資金は15万円だ。

今までの75%の力で毎月乗り切らなければならない。

え?そんなの無理だって??

そんなことはない。

それではここから今までの75%の所得で1ヶ月間を過ごすための具体的な方法についてみてみよう。

固定費を見直す

まずあなたが見直すべきは、毎月無自覚に垂れ流している固定費だ。

固定費見直しに関しては、下記の記事を参考にして欲しい。

貯金するコツは、毎月の固定費を見直すことである

ぼくは固定費を見直すだけで、月4万円の支出が減った。

お酒を辞める

お酒を辞めることで、抑えられる出費は人それぞれだと思うが、ぼくは毎月1万円の出費が減った。

詳細は下記の記事を参照して欲しい。

メリットしか無い!禁酒をしたら人生変わったwww

無駄な付き合い(会社飲み)を辞める

あなたは月に何回同期と飲みに行っているだろうか?
もし毎週末飲みに行っているようなら、来週からその飲み会は参加しなくていい。

恐らく毎回1万円近くお金を浪費しているはずだ。
確かに気の合う同期との飲み会は楽しい。

気に入らない上司の悪口を言って日頃のストレスを発散することが悪いとは言わない。

しかし、その飲み会の生産性は0だ。

断言しても良い。

毎週末、全く生産性のない飲み会に1万円(もし、あなたが年頃の男の子だったら、夜のいかがわしいお店に行くこともあるだろう。そうすると、更に1〜2万円の出費がかさむ)も費やす意味は、ハッキリ言ってマイナスだ。しかも翌日二日酔いで、貴重な休日を潰してしまうことになる。

もし、あなたが勤め人から脱却したいと考えているなら、もしくは出世街道を歩もうと思うのなら、無駄な会社飲みには極力参加しないようにしよう。

筋トレを趣味にする

でも、グチを言い合う時間がなくなると、ストレス発散の場がなくなって困っちゃうよ!とお困りのあなた。
そんなあなたにおすすめなのが筋トレである。

仕事のストレスは、お酒ではなく筋トレで発散すれば良いのだ。

ぼくは毎週金曜日はジムで筋トレをしているのだが、筋トレはいいぞ

お酒のように二日酔いにはならないし、疲れて夜更かしせずにぐっすり眠れるし、翌日は心地よい筋肉痛とともにスッキリと目覚めることができる。

しかも体が鍛えられるんだから、一石二鳥どころか、1ダンベル5超回復だ。うん、意味不明だね。

しかも筋トレの良いところは、一旦夢中になると他の趣味がなくても気にならなくなることだ。
週末はジムに通って筋肉をいじめれば、疲れてどこにも出かけられなくなる。家で昼寝をして、夜はプロテインを飲んで読書をすれば、とても充実した1日が過ごせる。しかもお金もかからない。

読書を趣味にする

筋トレと並んでもう一つおすすめな趣味が読書である。
読書はいい。

1,000円ちょっとの本が1冊あれば、週末ずっと楽しむことができる。

図書館で借りればタダだし、知識もつく。

読書は筋トレと並び、一人で楽しめるお金のかからない至高の趣味である。

友達は必要ない

こういう話をすると必ず言われるのが「確かにそれだと無駄な出費が減ってお金は貯められるかもしれない。でも、友達との付き合いを減らしてまで貯金をする意味があるの?」というものである。

断言しよう。

そんな安い友達なんて、必要ない。

そうやって友達と同じことをしていては、あなたはその友達と同じ人生しか歩めない。

つまり、勤め人としてのくたびれた人生だ。

このブログの読者であるということは、あなたはタダの勤め人人生に多少なりとも疑問を持っているだろう。

いつか独立したい。いつか会社以外の収入を持って、会社に依存しない人生を歩みたい。そんな素晴らしい考えを持った人たちだとぼくは認識している。

そんな君たちにとって必要なのは友達ではない。

皆が遊んでいるときに勉強して、皆がお酒を飲んでいるときに筋トレをして、皆がインスタ映えする写真をとっているときにブログを書く、その行動力だ。

孤独でいることを恐れるな。

皆と同じであることを強要する人とは友達である必要はない。

大丈夫。

孤独に耐え、自分の力を蓄えたその先には、きっと今までの友達よりもずっと素晴らしい友達が待っている。

ぼくはまだ会ったこと無いけど。

ためたお金は、投資に回そう

そうやって貯めたお金は、ただ貯金しておくだけではもったいない。

ある程度の資金が溜まったら、積極的に運用しよう。

つまり投資である。

株?FX?投資信託?

投資というと、あなたは何を思い浮かべるだろうか?

  • 株?
  • FX?
  • 投資信託?

確かにどれも投資には違いない。
しかし、ぼくがここで提唱するのはそういったことではない。

そうではなくて、自分のビジネスを構築しよう。

自分のビジネスを構築しよう とは?

これはもう、色々と試してみて自分にあったものを伸ばそうというしか無い。

具体的に上げるとすれば、

  • アフィリエイト
  • せどり
  • 不動産投資
  • 物販
  • ブログ

などがあるだろう。

その中で自分の興味関心、適性に合うものを選び、育てると良い。

ぼくはせどりというか、Amazon輸入に最初手をつけたけど、やってて楽しくなかったのと、想像以上にレッドオーシャンすぎて、2ヶ月で撤退した。10万くらいスッタかな?

何事も勉強である。

結局は

  • 文章を書くのが好き
  • 趣味で4年位ダラダラブログ続けてきた
  • 元手かからない
  • 在庫いらない
  • やってて飽きない(超重要)

ということでブログを副業のネタに選んだ。

成果はまだだが、何となくやっていけそうな気がしている。

皆さんもぜひ「なかったこと貯金」に挑戦して、無理せず種銭をためて欲しい。

そして、僕と一緒に勤め人卒業を目指そうではないか。

おしまい。