会社にとって価値のある実績を残した人材に対しては、何かしらの勲章を与えることが必要です。


その勲章とは、例えば社内の表彰状だったり、特別ボーナスだったりするのですが、一番わかりやすのは、役職を与えることでしょう。


それまで平社員だった人にある日から「主任」や「チームリーダー」「係長」「マネージャー」と言った役職を与えることは、平々凡々だった平社員に大きな地震とさらなる忠義心を与えるのにとても適した方法です。


そして最近は、実績ベースで役職を付与する企業が増えてきました。


いわゆる実力主義というもので、今まで日本で伝統とされてきた年功序列制度を完全に否定する動きです。


これにより、今までは起こり得なかったことが日本の企業に起こっています。


そう、自分より年下の若輩者が自分の上司になるという現象です。

ゆるふわ目次

年功序列の時代は終わったのか?

年功序列


正直なところ、日本で完全に年功序列制度が崩壊したのかといえば、そうではありません。


未だに勤続年数が長いから、だとか、年上だからといった理由で実力も実績もないのに役職を与えられている人は少なくありません。


ぼくが以前に勤めていた会社の上司も、なぜこの人が役職をもらっているんだろうか?と疑問に思う人が役職を持ち、部下を持っていました。でも、能力も実績もないため、大した成果も残せずにいました。なぜその人が自分の上司なのだろうかと疑問に思っている人も多かったです。


具体的なエピソードを。


ぼくは自分の業務が比較的暇で特に残業をする必要もなかったときに、毎日定時で上がっていた時期がありました。


わざわざ残業をしてまで行う仕事がなかったのですから、当然のことです。


と、当時のぼくは思っていました。


ところがなぜか、ぼくの上司は日に日に不機嫌な顔をするようになりました。


そしてある日、業務時間内にすべての仕事を終えたぼくは、いつも通り定時席を立ち、帰ろうとしました。


そのときです。


「おい、お前ちょっと待てよ」


とものすごく不機嫌な声で上司に呼び止められました。


特にミスをした記憶もなく、何か報告をしなければならなかったような業務を言い渡された記憶のないぼくは不思議に思いましたが、きっとぼくが気づかないところで何かミスをしていたのだろうと、思い、背筋をぴんと伸ばし、神妙な面持ちで上司の次の言葉を待ちました。


すると、その上司は信じらない言葉を発したのです。


「お前、最近毎日定時で上がっているけど、仕事なめてるのか?」


ぼくは一瞬何を言われたのか理解できずに、固まってしまいました。


上司いわく、みんなが残業して頑張って業務をこなしている。そんな中でただ一人早く帰れるのはおかしい。ちゃんと仕事をしていないんじゃないのか?とのことでした。


自分の与えられた業務はきちんとこなしていたし、どうすればもっと早く業務を終わらせられるかを真剣に考え、日々工夫をしていたぼくは、その旨を上司に説明しました。


決してサボっているわけではありません。自分なりに効率的な方法を見つけ、日々実践し続けてきたからこそ、今早く帰れているのです。と、自身がいかに懸命に日々努力しているかをアピールしました。


するとその上司は、更に信じられないことを口にしました。


「だったら他の人の業務を手伝うのが常識だろう?お前は帰る前に「何か手伝うことはありませんか?」の一言も言えないのかッ!!」


信じられないかもしれませんが、未だにこういうことを言ってくる年配の方は多いです。


というか、それが普通です。


もちろんぼくだって、業務時間内に手が空いて、他の人が忙しそうにしていたらその人の手助けをします。


そこはお互い様だと思っていますしね。


でも、業務時間が終わり、自分の業務が終わったのにもかかわらずなぜ他の人の業務を手伝って残業をしなければならないのでしょうか?


それはもちろん、誰かが病気で休んだためにみんなでその人の業務をフォローしなければならないなど、特殊な状況下にあるのであれば話はわかりますが、そういうわけでもありません。


ただ、自分が残業をしているのに自分よりも先に帰るぼくのことが気に食わなかっただけです。


ぼく以外の人も同じような理由で怒られており、みんな心のなかではなんだかなあ、、と思っていました。


まさに実力ではなく、ただ年上なだけということで役職をもらった人を上司に持ってしまうことの弊害と言えるでしょう。

実力があれば、若くても役職を貰える時代

最近は企業も昔に比べて余裕がなくなってきました。


ゆえにただ勤続年数が長いからだとか、年齢が上だからと言った理由だけで大した実績を残していない人に役職を与えないようになってきたといえます。


特にインターネットビジネスを手がけているような会社や外資系、ゴリゴリの営業会社では、勤続年数より実績が評価されます。


それゆえ実力があれば若くても役職が与えられ、部下を率いる人が以前よりも確実に増えてきました。

自分より若い人が上司になることも当たり前

年下上司


そう、もはや自分よりも年齢の若い人が自分の上司になることが昔よりも珍しくなくなってきたのです。


昔とは、バブルの時代である。


なぜ自分より年下の社員が自分より先に出世するのか?

時代の流れ、というのが主な理由でしょう。


今や中国や東南アジアが目まぐるしく経済成長をしている時代です。


インターネットの爆発的普及、とくにスマートフォンの登場により、世の中は大きく様変わりしました。


昔ながらの価値観にとらわれていては、このスピード感についていけなくなってしまったのです。


今までは国内の競合他社の動向のみに関心を払っていればよかったのですが、今や相手は世界。しかも全く意識していなかったところからカウンターパンチを食らうかもしれない時代です。ゆえに固定観念に凝り固まり、思考停止状態に陥っているただのおじさん(ぼくのことだ。しかも臭い)を、マネジメントの立場に立たせるメリットが企業側に無くなりました。


それよりも時代の流れを上手く掴み、自分たちがどこに向かうべきかをきちんとキャッチして導いてくれる人をマネジメントの立場に置きたいと考える企業が増えてきたのは、必然なのかもしれません。


使えないおじさん(ぼくのことだ)に、窓際でお茶を飲ませる余裕すらなくなったのです。


やばいよ、やばいよ。

自分より年下の若い上司を持ったときの対処法

苦悩


さて、そんな時代の流れの中、自分よりも年下の若造が上司になる可能性も増えてきたでしょう。


もし、あなたの直属の上司が自分よりも若い(それも、1,2歳と言ったレベルではなく、下手をしたら自分の子どもと同じ位の年齢。あ、もしもあなたと結婚して中出し優勝をさせてくれた奇特な女性に出会えていたのなら、の話であるが)人であった場合、どのように振る舞えばいいのでしょうか?その対処法を具体的に見ていきましょう。

なぜその人は自分より若くして上司になれたのか?を考え、糧にしよう

もしあなたが、常に上を見て勤め人として成長したいと考えているのであればおめでとうございます。これはあなたに与えられた成長の機会です。


なぜなら神様はわりと試練を与えたがる存在だからです。


なぜ自分はいつまでたっても平々凡々な平社員で、自分より後に生まれた若造が出世して自分より上のポジションにいるのか?


その理由にきちんと向き合い、自分に何が足りなかったのかをきちんと認識しましょう。すべては現状把握からです。


そして、その足りなかった部分を補い、自信の所属する組織に対してより価値のある人材を目指そうではありませんか。

イライラせずに足りない部分をフォローしてあげよう

あなたの上司は、あなたよりも社会人としての修羅場の経験が少ないかもしれません(経験人数は多いかもしれないが)。


ゆえに上司になったはいいが、どこか頼りない部分が散見されるはずです。


社会人として、ビジネスパーソンとして先をいくあなたにとって、ときにそれはイライラの原因になるかもしれません。


そんなときこそチャンスです。


若輩者の上司の至らない点をそれとなくカバーしてあげましょう。


そうすることにより、その若輩者のなかでのあなたの評価はうなぎ登るでしょうし、あなたの上司に対する劣等感もいくぶんか緩和されるでしょう。

仕事は仕事。余計なことは考えずに、上司として接しよう

もしプライベートな場で、自分より遥かに若い若者にタメ口を聞かれたり、偉そうな口調で命令されたら腹も立つのは当たり前です。ちなみにぼくはアラツー女子の蔑みなら大歓迎ですよ。


しかし、ビジネスの場ではそういった感情はそっと足元に置くのが賢い大人の選択です。


目の前のその若造はあなたの上司。ただそれだけの存在です。その若造の戯言に付き合うのも、あなたにとっては大切なビジネスの一つです。そんな知的で高度なことがこなせるのは、あなたしかいません。

敬語を使って話そう

たしかに目の前のそいつは若造です。しかし、役職はあなたより上。そして、ビジネスにおいては置かれた立場が全てです。


納得出来ないこともあるかもしれませんが、ここは敬語を使って話すの無難です。


だから、あなたのプライドは足元にそっとおいていこう。


悔しいかもしれませんが、ビジネスマンとしての敬意を払い敬語をつかって話しましょう。


イライラするなよな!

指示を受けたら素直に従おう

これも歯を食いしばって耐え忍びましょう。


なぜなら目の前の若造は、あなたの上司だからです。


つまりそいつは、あなたに命令できる立場にいるのです。


確かにときには理不尽と思えるような指示を受けることもあるかもしれません。しかし、社会人として、勤め人としてその組織に奉公しているのであれば、上司の指示にはきちんと従うのがベターです。

怒られても感情的にならず、なぜ怒られたのかを考えよう

上司、部下の関係である以上、ときにあなたは上司の期待に答えられず、叱責されることもあると思います。


下手をしたら自分の子どもと対して変わらない若者に叱責されるかもしれません。


しかし、感情的になってはいけません。


怒られるということは、まだ成長するチャンスがあるということ。


ここは感情的にならず、なぜ自分は怒られたのか?を考え、それを改善するように努めましょう。

それでもやっぱり、、年下上司の下で働きたくない!と思ったら

ムキー!


しかし、そうはいってもやはり我慢できないこともあるでしょう。


学校生活では、後輩が先輩に逆らうなど許されうことでありませんでした。


そして、今までの会社でも、自分より年下の若輩者が自分より上に立つことなどありえませんでした。


しかし、時代は変わり、今や自分より年下の社員が上司になることは珍しくなくなりました。


でも、そんな状況にいきなり適応しろと言われても、多くの人はすぐに適応できないのもまた事実なのです。


そんなとき、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

更に上の上司に、異動願いを出そう

まず一番最初に考えられるのは、異動願いを出すことです。


もしあなたがそれなりの規模の組織にいるのなら、異動願いを出すことで、他の部署に異動できるかもしれません。


もちろん異動先の上司が、あなたよりも年下かどうかを事前に確認することは怠ってはいけません。

結果を出して、そいつよりも上のポジションに就こう

またもう一つの手段は、今のポジションで与えられた仕事を一生懸命頑張り、生意気な年下上司を黙らせるような圧倒的な結果を出すことです。


もしあなたが年下上司よりも常に圧倒的な成果を出し続けたとすれば、会社はあなたをそのくそ生意気な年下上司よりも更に上のポジションに引き上げてくれるはずです。

それも無理なら、転職をしよう

やってられるか!


しかし上記の手段はなかなかハードルが高い。


異動願いは確実に受理されるものではありません。


もしあなたがちょっとその気になっただけでその年下上司よりも圧倒的な成果が出せるのであれば、あなたは最初からその年下上司の部下にはなっていないでしょう。つまり、元々のスペックが違いすぎるのです。


でも、もう年下上司の下で働くのはまっぴらゴメンだ。


そう思ったときに最も堅実かつ確実な手段は、転職をすることでしょう。


つまり、職場を変えるのです。

どういった企業に転職をすればいいのか?

疑問


さて、クソ生意気な年下上司に嫌気が差し転職を決意したあなたですが、もし転職先がまたしても年功序列を完璧に無視した実力主義の会社だとしたらどうでしょうか?


せっかく年下上司から開放されたと思ったら、またしてもあなたよりも年下の上司の下で働くなんてことになりかねません。


そんなことにならないように、どういった会社に転職するかは、本格的な転職活動を開始する前にしっかりと決めておく必要があります。

伝統的な日系企業が狙い目

たしかに日本でも年功序列制を見直し、実力で評価しようという企業が増えてきました。


特にインターネットコンテンツビジネスに関わるような業界ではその動きが顕著です。


とはいえ、古くからあるような伝統的な日本企業では、まだまだ古き良き時代の伝統が残っています。


もしあなたが年下上司という存在に我慢ができないのであれば、伝統的な日本企業に転職することをおすすめします。

具体的には素材メーカーやプラントエンジニアリング、貿易関連の企業など

中でも狙い目なのは、あまり存在が知られていない素材メーカーやプラントエンジニアリング、貿易関係の会社でしょうか。あと、公共インフラ系もいい感じに体質が古いと思われます。


そういった企業は、市場をほぼ独占しているか、既得権益を持っているため、わざわざ体制を変えなくても利益を出すことができるため年功序列制度がそのまま生き残っている可能性が高いです。


また、BtoB系のそういった企業は若者に人気がないため、実力があり、考えが革新的で自分を脅かすような若者が社内にいない可能性も高いです。つまりあなたの上に立つような若者に巡り合う可能性は低いと考えられます。


そういう伝統的な企業に入ってくる若者は、総合商社や広告・メディア系の業界、外資系コンサルタントなどの人気就職ランキングのトップ50に入るような合コンでのブランド力が抜群の企業に入ることのできなかった落ちこぼれか、伝統的な日本企業を好む保守的な人か、勤め人業はそこそこに趣味に力を入れたい趣味人orオタクのいずれかである可能性が高いので、なおのこと安心である。


ネットサービス系の企業は絶対にNG

と同時に、年下上司の元で働きたくないのであれば、インターネットサービスを手がけているような会社には絶対に入社してはいけない。メディアにたくさん取り上げられているし、なんか時代を動かしている気になれるので(ついでに合コンでのブランド力も抜群だ)、革新的な考えを持ち、意識が高く、グローバルな視点を持つメディア受けする若者たちで溢れているからだ。


また、社内の制度もそういった意識が高い若者たちに魅力的に見えるように設計されている。


ゆえに、あなたの上司があなたよりも年下になる可能性が非常に高い。

どのようにそういった企業に潜り込めばいいのか?

まずは手始めに、世界を救うのだ!


狙うべき業界、避けるべき業界はわかった。


でも、じゃあ具体的にどうやって転職活動をすればいいのだろうか?


仕事は忙しいし、仕事終わりの一杯をやめることはできない。なによりせっかく仕事から開放された休日にまで転職活動をしたくない。


また、家族がいる方は家族との時間を取る必要もあるため、なかなか転職活動に注力する時間が取れない方も多いのではないでしょうか?


そんな忙しいあなたにピッタリの転職方法があります。


そう転職エージェントを活用するのです。

転職エージェントに登録しよう

もしあなたが生意気な年下上司の元での仕事に我慢できなくなったのなら、転職エージェントを使って転職することをおすすめします。

転職エージェントとは何か?

転職エージェント1


転職エージェントとは、とても働きやすくて給料もよく、残業もストレスも少ない職場なのに、地味すぎて全然優秀な人が来てくれなくて困っている隠れ優良ホワイト企業(基本年功序列)と、せっかく名前の通った有名企業に入ったのに、毎日残業ばかりでノルマもきつく、しかも上司が年下でプライドが傷つき、転職を考えている求職者を出会わせることをナリワイとしている企業のことです。

転職エージェントに登録することのメリット

メリット1.自分で求人を探さなくてもいい

今回の転職で一番叶えたいのは、自分より年下の社員が上司になる可能性が低い職場で働くことです。


そのためには、伝統的な日本企業で、勤続年数や年齢によって順次昇給や昇進をするような職場への転職を行うことになります。


しかし、そういった企業を自分で探すとなるとかなり大変です。


ましてや在職しながら探そうとすると、仕事終わりや休日をその作業に当てなければならないため想像以上の負荷がかかります。


しかもそこまで苦労してみつけた企業が本当にあなたが一番叶えたい希望を叶えてくれる企業かどうかはわかりません。もしかしたら、今の会社と同じように実力主義で、またあなたよりも年下の社員が上司になるかもしれません。


そうなってはわざわざリスクを負ってまで転職をした意味がありません。


転職エージェントを使うと、面談時にあなたが伝えた条件を満たす企業を転職エージェント側で代わりにピックアップしてくれます。


しかもその企業があなたの条件をどのように満たしてくれるのかの解説までしてくれます。


今まで数多くの求職者たちを転職に導いてきた転職のプロフェッショナル集団である転職エージェントがピックアップしてくれる求人は、あなたが独自に選んだ企業よりもあなたの希望を満たしてくれる可能性が高いです。


あなた一人では気づかなかった思わぬ方向からあなたの希望条件を満たす求人を紹介してくれることもあります。


もし紹介された求人に納得がいかないのであれば、そのことを伝えて軌道修正してもらえばいいだけです。

メリット2.面接の日程調整など、面倒な手続きを代わりにおこなってくれる

転職活動を行う上で非常に面倒なのが面接の日程調整などの事務作業です。


これを一人で行おうとすると、非常に大変です。


その他にも面接前には面接先のHPを読み込んだり、自己PRを考えたりといった非常に大切な作業があります。


できれば誰でもできるような面接日の調整などは代わりにやってもらいたいのが本音でしょう。


転職エージェントを活用すれば、面倒な面接日程の調整を転職エージェントに任せることができるのであなたはもっとも重要な面接の準備に多くの時間をさくことができます。それがひいては面接の通過率の向上に役立つでしょう。

メリット3.面接では聞きづらい情報を代わりに聞いてもらえる

いざ企業との面接が終わりました。


面接官の印象は良かったし、仕事内容も面白そう、待遇も期待以上です。


しかし一番気になる点を面接では聞くことができませんでした。


そう、あなたの直属の上司があなたより年下かどうか、についてです。


もしこれが転職サイト経由の面接だった場合、事前にその情報を入手することは難しいかもしれません。


しかし転職エージェントを使っての面接の場合、面接終了後に気になった点を転職エージェント経由で聞くことができます。


これは転職サイトを使っての面接では得ることのできない非常に大きなメリットです。


入社後のミスマッチを防ぐためにも気になる点は遠慮なくエージェント経由で聞きましょう。

おすすめ転職エージェントはリクルートエージェント

実際に転職活動を進める際にぜひとも登録しておくべき転職エージェントがあります。


それはリクルートエージェントです。






>>【リクルートエージェント】詳細はこちらより!!


数ある転職エージェントの中でも、なぜリクルートエージェントをおすすめするのか?その理由を見ていきましょう。

おすすめ理由1.あのリクルートが運営母体で安心感が抜群

皆さんは就職活動をしたとき、就職サイトを通じて企業に応募したと思います。


その際に使ったサイトはどこだったでしょうか?


おそらく多くの人が真っ先に思い浮かべるのはリクナビではないでしょうか?


今でこそ他にも様々な就職サイトが乱立していますが、誰もが登録する就職サイトとしてはリクルートが運営するリクナビです。


リクルートエージェントは、皆さんが就職活動でお世話になったリクナビと同じリクルートが運営する転職エージェントです。


すでに慣れ親しんだサービスを運営している会社の転職エージェントなら、安心して転職活動を行えるのではないでしょうか。

おすすめ理由2.10万件を超える圧倒的な非公開求人数

その安心感の根幹となるのは、やはり求人の豊富さです。


リクルートエージェントには、通常の転職サイトには掲載されていない非公開求人案件が10万件以上あります。


その中には年下上司にうんざりしたあなたにとってぴったりの会社がきっとあるでしょう。


豊富な求人案件の中から、ぜひとも納得の行く転職先をみつけましょう。

おすすめ理由3.休日の面談にも応じてくれるので、忙しい人でも転職活動を開始しやすい

リクルートエージェントを利用する人の多くは在職しながら転職活動をしようと考えている人です。


中には平日がどうしても忙しく、転職エージェントまで面談に行けない人もいるでしょう。


リクルートエージェントは、そんな人のために土日の面談もおこなっています。


どうしても平日時間が取れない人でも安心してサービスの申込みができる点も非常に魅力的です。


ただ、休日の面談は非常に人気があるため、余裕を持ったスケジュールで面談の日程を決めましょう。

おすすめ理由4.すぐに転職活動を開始しなくても、登録をしておけばいつでも活動を開始できる

確かに今の年下上司にはムカついているが、我慢できないほどじゃあないし、すぐに転職活動をしようと考えているわけじゃないんだよな、という人もいるかもしれません。


転職エージェントにいくのは、100%転職する意志が固まってからでいいかなと考えている人もいるかもしれません。


しかし、もしあなたが少しでも転職の意志を持っているのであればなるべく早い段階で転職エージェントと面談をするのをおすすめします。


別に面談をしたからと行って、すぐに転職活動を開始しなければいけないわけではありません。


面談をすることで自身の考えがクリアになり、結果的に転職活動を考え直す人も少なくありません。


それよりもなんとなくモヤモヤした気持ちで今の職場に残り続けるほうが問題です。


中途半端に「いつか辞めたいなあ」などと考えて仕事をしていると普段の業務にも身が入らず、いたずらに年齢だけを重ねてしまい、いざ転職を決意したときには自分の希望する条件での転職が難しくなってしまっているかもしれません。


仮に今の職場にしばらく残るにしても、転職エージェントと面談をおこなっておくことは非常に有意義です。


今後転職をしようとしたとき、どういった実績を積んでおけば優位に転職活動を進められるかを知ることができるため、今の会社での業務への取り組み方が代わってくるからです。


もしかしたらそれにより、転職をすることなく今の会社で希望を叶えることができるかもしれません。つまり、今の年下上司より上の役職につき、あなたのほうが上司になるという希望の未来です。

おわりに

今後もグローバル化の流れは続くでしょう。


自分より年下なのに優秀な上司のもとで働かなければならない機会は今後ますます増えていくかもしれません。


もちろんそうなった場合も腐らずに成果を出し続けることが大切です。


しかし、すべての人にその働き方があっているとは限りません。


幸いにもここは日本です。


探してみればまだまだ年功序列が残っている企業はたくさんあります。


もしどうしても年下上司のもとで働くのが嫌な人は、転職エージェントを使ってそのような企業に転職してみてはいかがでしょうか?


現状に不満をいだいているのであれば、行動を起こしましょう。






>>【リクルートエージェント】詳細はこちら!!