あんちえいじゃーのブログ 〜できるビジネスマンを目指して〜

30代にして、すでに5社目。大手からは書類で落とされ、もはやブラック中小からしか内定をもらえなくなった男の、それでもトップビジネスマンになることを諦めていない男の奮闘記はこちらです。日々の仕事で学んだ、ビジネス書には書いていないが平凡なサラリーマンに役立つ情報を書いていきたいと思います。まずは年収500万かな。

2017年にやらないことを決めました。

 

 

賀正。

年末年始は例年通り、実家でダラダラしていました。

リラックスアイテムとして、こたつに勝るものはありませんね。

ダメ人間製造機としても、こたつに勝るものはないのかもしれません。

 

しかし、今回の私は一味違いました。ただダラダラするだけでなく、今年一年をどう生きるのか?といったことを、割と真剣に考えていたのです。

そのきっかけはちきりん女史の新刊を読んだから。

この人は本当に自分が何となく必要だと思うタイミングで、まさに必要なテーマの本を出してくれますね。

本の内容については、各自読んでみてください。

週末一回潰せば読めます。それだけの価値がある本です。いや、二回は読みましょう。それだけの価値はある本です。

 

この本の内容で、僕が今すぐに取り組めそう、取り組むべきだと感じたのは、時間とお金の生産性を最大化することです。

そのために、今年やることを決めました。
正確にはやらないことを決めました。

こういうのは、書き残してなんぼなので、新年の抱負として書いておきましょう。

具体的には2つあります。

やらないことその1.インプット中心の読書

僕が今までの人生で、圧倒的に自分の時間を無駄にしていたことの第1位は、インプット中心の読書である。それは本のみにあらず。本しかり、noteしかり、メルマガしかり、ブログしかり。

基本的に僕は、インプットすることで満足していた。

情報をインプットし、世の中の仕組みや知らない知識に触れることで満足していた。

インプットは、あくまで手段であって目的ではない。そこを履き違えていたのだ。

それでは、インプットの目的は何か?上質なアウトプットをするためだ。

上質なアウトプットとは、稼ぐこと。稼ぎにつながる行動である。具体的には論理的な文章、人に動いてもらえる文章を書くことである。論理的な文章を書けるスキルは、お金を稼ぐためになんやかんだとても重要。もちろん稼ぎにつながる行動は文章を書くことだけにあらずだけど、とりあえずはこれ。

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 

じゃあ、インプット中心の読書をしないためには、何に気をつければいいか?

これは人によって違うだろうけど、僕の場合は1つ。

それは偉い人が「おすすめ、読むべき本」と言っていた本に条件反射で手を出さないこと。

そんだけ。

いや、読んでもいいんだけど、何も考えずに次から次へとAmazonで注文するのはやめたほうがいい。

 

自分が好きな著名人が勧める本が、イコール今の自分に必要な本だとは限らないのである。僕はその人に褒められるために生きているわけではない。

まあ、自分がベンチマークしている人がお勧めしている本だから面白い確率が高いんだけど、それでもまずはその本が「今、本当に自分に必要か?」と、Amazonで注文する前にちょっと考える時間を設けた方がいい。

今、本当に自分に必要か?というのは、アウトプットする価値があるか?ということである。

 

この視点を持つことの効用は、積読本が減ること。読まねばならないというプレッシャーがなくなること。また、義務感の読書時間がなくなり、結果自分の時間が増えることが挙げられる。あと、余計な出費が減るしね。

使える時間、お金の両方を増やすことができる素晴らしい目標である。

 

やらないことその2.お酒

2016年最大の失態は、ほぼ毎日お酒を飲んでしまったことである。

いろいろと理由はあるのだが、昨年は2015年に比べて残業時間が激増した。具体的な数字は算出していないが、おそらく月平均15時間は増えただろう。ちなみに基本給は増えていない。

これ、まさにちきりんさんがこの本で言っていた、一番陥っちゃいけないやつだ。

この本には書いてなかったけど、残業が増えることのマイナス点は、単に自由に使える時間が減るだけではない。

残業が増えると、精神が減るのである。

精神が減るとはどういうことか。これは人によるだろうけど、まあ大体は下記に集約すると思って間違いない。

・残業が多く、自分の時間が持てないことに焦る。

・自分の時間がなくなると、「ああ、明日も明後日も仕事で1日が終わる」ということがストレスになって、現実逃避のために酒の量が増える。

・飲み始める時間も深夜になるから、そのまま突っ伏したように寝る。

・部屋は片付けない(片付けられない)。

・お酒のアテに脂っこいものをついつい食べてしまう。

・まあ、太りますよね。

・そのうち自分がやりたいこと、好きなことが何だったかわからなくなってくる。

・でも、仕事は忙しいから、考えるのが面倒になってくる。。。。(無限ループ突入)

 

いや、まずは残業しないために努力しろよってわけですが、一回このループにはまるともう頭回らなくなるんですよね。

で、ちょっと仕事が落ち着いた時に考えたわけですが、やはりお酒をやめるのが一番現実的だという結論になりました。

で、実際にやめてみたところ、自分のために使える時間が少し増えた。

当たり前っちゃ当たり前ですが、お酒を飲むと頭は回らなくなる。お酒を飲まなければ、多少家に帰るのが遅くなっても、お風呂はいってご飯食べた後に、自分の時間が持てる。

それは1時間とか、30分とかかもしれないけど、ないよりは全然マシ。

毎日1時間、自由に使える時間が増えるのですよ。これはとてもデカイことです。

ブログを書くもよし、本を読むもよし、残業を減らすために次はどうすればいいのか、考えることもよし。

お酒代も減るし、時間も増えるし、しかもダイエットにもなるという、一石三鳥くらいの素晴らしい取り組みである。もちろん、金曜の夜だとか、友人との飲み会では大いに飲むが。

ストレスを解消する方法を、お酒からブログ執筆に移行した、とも言えるかもしれない。

 

とりあえずこの2つを軸に、今年はやりたいことにちょこちょこ手を出していこうと思う。まあ、あまり難しく考えず、自分のやりたいことをやって、ストレスフリーで生きましょう。