思考錯誤

これは、俺の人生の軌跡だ。

【書評】投資家がお金よりも大切にしていること その1


スポンサーリンク


 

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

 

とても良い本を読んだのでブログにしたためます。

 

日本では「お金」については、とかく悪いイメージが常に付きまとっている。

 

「お金を稼ぎたい」ということが、これほどまでに悪いイメージと結びつけられた国も珍しいそうだ。

 

本書は、そんな「お金」に対するイメージを払拭し、「お金」について考えることの大切さを教えてくれる本だ。

作者は早稲田大学を卒業後、ずっと金融畑を歩んできて、2003年に投資家として起業を果たした藤野英人さんだ。

 

本書の「はじめに」で藤野さんは述べている。

みなさん、お金を稼ぐ、お金を貯める、お金を増やす、ということに対しては、並々ならぬ興味があるようです。

しかし、稼いだり・貯めたり・増やしたりしたお金を「どう使うか」ということに関しては、あまり語られません。

 以前にこのブログで紹介した「カイジ 命より大切なお金の話」でも語られていたことだけど、日本ではお金の稼ぎ方や貯め方を説いた本はたくさんある。だけど、貯めたお金をどう守るか、どう運用するのか、といったことについて触れられた本はほとんどない。

 

それは、戦後日本が形成してきた社会通念が、未だに人々の行動に影響を及ぼしているからに他ならない。

 

本書では、日本人が避けがちなお金の話が正面から語られている。本書を読むことで、お金の本質、そしてそこから見えてくる経済、仕事、会社、投資、世の中のあるべき姿を考えるきっかけを手に入れることができる。

 

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)