思考錯誤

これは、俺の人生の軌跡だ。

ECBが、ギリシャへの風当たりを強めた模様


スポンサーリンク


欧州中銀、ギリシャ銀向け「特例」撤廃 資金供給厳しく  :日本経済新聞

 

上記記事を読んで。

 

欧州中央銀行(ECB)は4日、ギリシャの銀行に対する資金供給の条件を厳しくすると発表したとのこと。

 

そもそもの経済力がまるで異なった国同士を、同じ通貨で統一したことに無理があったと言えば無理があったんだろうけど、それでも同じヨーロッパ連合の仲間ということで、面倒をみてきていた。ただし、それはあくまでギリシャが腐敗しきった財政を健全なものにしようという努力をし続けることが前提条件ではあったのだけれども。

 

1月25日に行われた総選挙の結果、反緊縮策を公約として掲げる急進左派連合が第一党に踊り出たことは記憶に新しい。この辺の詳しい解説はNHKの下記のサイトがよくまとまっており分かりやすいです。

 

視点・論点 「ギリシャの選択」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK

 

まあ、何にしてもギリシャの今後の動きには注目が集まりますね。

 

EUをみていて思うのは、国家連合って響きは凄くいいけれど、やっぱりそのメリットを享受する為には、構成国家の経済格差がある程度ちいさくないといけないな、ということ。当たり前っちゃ当たり前だけど、年収ウン千万の家庭と、生活保護を受けている人とじゃあ、暮らしぶりも全然違うし、物事の考え方も全然違う。

 

はてさてどうなることでしょうか。