クレジットカードが使えない人が、Amazonマーケットプレイスを利用する為のたった1つの方法

 

上記記事が未だに根強い人気を誇っている本ブログですが、最近Vプリカよりも使い勝手のいいデビットカードを発見したので、今回はそのカードの紹介です。

 

そのカードとは、、、

 

楽天デビットカード

 

です!

楽天銀行デビットカード(Visa)|楽天銀行デビットカード|楽天銀行

もちろん、クレジット機能のついていない方の楽天カードで、このカードは年会費(1000円ほど)を払えば、16歳以上なら誰でも作ることができます(楽天銀行に口座を持っていることが前提条件とはなりますが)。

 

これ、Vプリカと比べて何がいいかって言うと、口座にお金がある限り、ずっと同じクレジット番号を使い続けられるってところなんですよね。

 

使っている人はご存知の通り、Vプリカは使い捨てのクレジットカードです。

 

例えば1万円分のVプリカを購入した場合、その1万円が無くなると、もうそのクレジット番号は使えません。

 

○−●●−□□−0001(最初に割り振られた番号)

 

●○●○−■□■□−0101(2回目にVプリカを購入したら割り振られる番号)

 

てな具合に、全く別のクレジット番号が割り振られます。

 

これだと何が不便かというと、例えばAmazonのカード情報を最初に割り振られた番号で登録すると、そのVプリカの残高が無くなったら、2つ目の番号にクレジット情報を変更しないといけないのです。

 

これ、本当に何とかならないかなーと思ったのですが、まあ使い捨てのプリペイドカードだからしょうがないんでしょうね。だったらクレジットカードぐらい作れるようになれやという話なんでしょう。

 

この変更作業が本当に面倒で、僕はAmazonで本を買うことが多いので(最近はめっきり本を読まなくなってしまいましたが、、、なんでだろう?)、結構な頻度で入力し直していました。そう、クレジットカードの審査に通らない自分が悪いのだと思い込むことで、、、。

 

でも、楽天デビットカードなら、その辺の煩わしさから一気に開放されます。

 

もちろん、口座に入金されているお金以上は使うことはできないのですが、そこはまあ大人なんだし、自己責任でお願いします。あるとどうしても使い過ぎちゃんだよなーって人は、逆にちょっと面倒ですけどVプリカの方がいいかもしれませんね。

 

【まとめ】

  • 自分のお金の管理に自信があって、何度もカード情報を変更するのが面倒な人→楽天デビットカード
  • 自分のお金の管理に自信がなくて、ついつい使いすぎて後悔する人→Vプリカ
  • いや、普通にクレジットカードくらい持っているしって人→普通のクレジットカード

以上です。