思考錯誤

これは、俺の人生の軌跡だ。

【書評】エヴァンゲリオン化する社会


スポンサーリンク


 

エヴァンゲリオンはみたことないんだけど、なんだかタイトルに惹かれてジャケ買い。常見さんの本は読みやすいので好きです。

 

本書で常見さんは、かつて一斉を風靡した「新世紀エヴァンゲリオン」というアニメと、現代の労働環境の類似性を指摘している。その上で現代社会はこんなに歪んでいますよ、ということが述べられているのだが、ちょっとこじつけがましいというか、論拠が弱い気がする。

 

2015年といえば、新世紀エヴァンゲリオンではじめて使徒(本作品の敵キャラの総称。その正体は不明)が現れた年でもあるとのことで、それにかこつけて無理やり出版したんでしょうね。

 

常見さんも断っているが、書いてあることは今までの常見さんの著書の焼き直しといった感じ。変にエヴァを知らない人たちもターゲットにしたからか、何を言いたいのかがよくわからなかった。う〜ん、残念。