あんちえいじゃーのブログ 〜できるビジネスマンを目指して〜

30代にして、すでに5社目。大手からは書類で落とされ、もはやブラック中小からしか内定をもらえなくなった男の、それでもトップビジネスマンになることを諦めていない男の奮闘記はこちらです。日々の仕事で学んだ、ビジネス書には書いていないが平凡なサラリーマンに役立つ情報を書いていきたいと思います。まずは年収500万かな。

本当にまずくなったら、逃げるが勝ち


スポンサーリンク


headlines.yahoo.co.jp

 

この手のニュースを見ると、自分も含め、日本の労働者の環境は全然良くなっていないんだなあと実感する。

 

どれだけマスコミが長時間労働問題を取り上げても、所詮は氷山の一角に過ぎず、こういった違法行為は決して無くならない。

この前の格安バスの事故もまたしかり。

 

なんでこういった行為がまかり通るのかと言えば、「クビになったら食べていけない」という考えが、労働者側にあるからだろう。もしも逆らってクビになったら、もう就職先が無い、という恐怖があるからこそ、どんな理不尽も受け入れるのである。

 

退勤から次の出勤時間の間が8分て、ギャグ漫画じゃあるまいし。

 

月並みなことだけど、やっぱりこんなことになる前に、こんな会社はさっさと辞めるべきなのである。ここで辞めたら逃げたことになる、だとか、他の社員に申し訳ない、とか、経歴に傷がつく、だとかどうでもいい。

 

ぶっちゃけ、自分の代わりなんてたくさんいるんだから、自分一人くらい逃げたって何の影響も無い。

 

被害者の男性社員がまだ34歳。人生まだまだこれからだってのにね。

 

僕も会社じゃ下っ端だし、びびりだから言われた仕事を断ることなんて出来ない。だから割に合わない仕事も押し付けられるし、抱え込みすぎてアップアップすることも多い。面倒くさいな、と思っても、負担になるな、残業増えるな、と思ってもニコニコして雑用を引き受ける。

 

上司に逆らうなんて、怖くてとても出来ない。

 

それでも、本当にまずいなと思ったら、逃げるようにはしている。何より命が大事だよ。その結果、お給料が上がらなくても、仕事のスキルが上がらなくても、まあしゃあないやん。生きていれば、良いことだってあるだろうし、とりあえずビールは旨いよ。

 

あと、そのうちやりたいこと、得意なコトもみつかるやもしれんじゃないですか。

僕は、自分が何が得意かはよくわからないけど、とりあえずやりたいことは見つかったよ。

 

ああ、本当はもっと高尚な記事を書くはずだったのに、またタダの愚痴になってしまった。考える力が欲しいですね。

 

お終い。