あんちえいじゃーのブログ 〜できるビジネスマンを目指して〜

30代にして、すでに5社目。大手からは書類で落とされ、もはやブラック中小からしか内定をもらえなくなった男の、それでもトップビジネスマンになることを諦めていない男の奮闘記はこちらです。日々の仕事で学んだ、ビジネス書には書いていないが平凡なサラリーマンに役立つ情報を書いていきたいと思います。まずは年収500万かな。

【書評】好きなことだけで生きていく。


スポンサーリンク


 

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)
 

 

上記の本を読みました。

 

なんというか、心がふわっと軽くなり、どうでもいいことを「もう、どうでもいいか」と思えるようになりました。

 

具体的には、会社員を辞めようかと。

 

この4月から、新しい職場に入社したのだが、どうも世間的に言うブラック企業みたいです。

今までぼくは、どんなにブラックやなあと思う企業でも、2年は続けてきた。

なぜなら、ぼく自身若かったし、そこで得た数年の経験が、次のホワイト企業への切符となるしんじていたからだ。

 

しかし、そんなことはなかった。

 

ブラック企業で培った、誰でもできるブラックな業務内容、具体的には社内システムへのデータ入力、コピー取り、社内だけで通じる稟議書作成と、その承認作業、2コール以内に積極的に取るべき電話対応などなどである。

そんなスキル、ホワイト企業には見向きもされない。

 

むしろブラック企業の食指に引っかかる。

 

「ああ、こいつはうちの会社でも使える」

 

と。

 

なぜなら、ブラック企業特有の業務を、数年間こなしてきた実績が買われるからである。彼らは本能的にわかっているのだ。そいつが格好のカモになるかどうかを。

 

もうね、ぼくはそんなに若くないんですよ。

 

素人女子とのセックスは経験しました(しかも、夢のワンナイトラブ)。

 

あ、ぼくは素人童貞ではないですよ?念のため。

 

しかし、女性関係に満足はしていない。未だに彼女はできていないしね。

 

ええと。

 

そうそう、ぼくはもう、やりたいこと以外に時間を取られたくないのである。

変なブラック企業の、そこでしか通用しないような変な仕事に携わりたくない。

だからぼくは、せっかく内定を頂いた今の職場を、やめる。

試用期間が終わる頃、続けるかいなかの面接があるらしい。そのときにいう。

 

「続けません」と。

 

まあ、生活費がカツカツだから、実家に帰るつもり。

 

そこでランサーズやバイトで種銭を貯め、自分のやりたいことをやるつもり。

 

もう限界なのですよ。

ぼくは、自分の人生を生きようと思う。

 

そのために小休止します。

 

ブログをワシワシ書こうかな?