おう、おれだ。あんちえいじゃー(@abcwriter1150)だ。

さて、転職回数4回のぼくが伝える、転職を成功させるためにまず確認すべきことでは、ぼくのようなワープア人生を歩まないための転職戦略論を書いた。

今回はその続きだ。

これは、ぼくの人生の軌跡だ。

f:id:lorenzo9241:20130616072833j:plain

転職をするなら、名のある大手を選んでおいて間違いはない

f:id:lorenzo9241:20170811211456j:plain

結論を書こう。

転職するにあたり、もしあなたに選択の余地があるのなら、絶対大手企業を選ぶべきだ。

30代にして4回も転職を繰り返し、大手、中小の両方を経験したぼくが言うんだ。

間違いない。

また、もしあなたが就活中の学生で、そこそこの大学に通っているのなら絶対に名のある大手企業に就職しろ。

業界は気にするな。大手かどうかに着目しろ。

中小で自分の力を試したい?

中小なら裁量権を持って仕事ができる?

中小なら、成果をダイレクトに感じられる?

そんなのはすべて幻想だ。

優秀なあなたに大企業に来てほしくない人たちの作ったデマだ。

なぜなら、大企業に就職したほうが得られるメリットが大きすぎるからだ。

大企業が中小企業よりも勝っている点

さて、具体的に大企業がいかに中小企業よりも優れているか?をみていこう。

福利厚生が充実

どのアフィリエイトサイトをみても必ずあげられている優位点がこれだ。

大企業の福利厚生の充実っぷりは、中小企業のそれとは比べ物にならない。

例えばスポーツジムの優遇制度。

大手企業なら、大抵どこかの全国展開しているスポーツジムの会員権が格安で手に入る。ぼくのような筋トレ中毒者にとってこれほどのメリットはない。

確かに公共のスポーツセンターの設備は充実しているが、やはりサービス面で言えば、民間のスポーツジムの方が充実しているのは言うまでもない。パーソナルトレーナーもつけられるしね。あと何より若い女の子が多いしね!

例えばリフレッシュ休暇。

中小勤めの人は聞いたことが無い単語だろう。

ぼくも大手で働いてはじめて聞いた。

企業によって定義は多少異なるようだが、要は勤続年数に応じて支給される休暇のことである。

例えば「5年以上勤めた人は、6年目に年間10日間のリフレッシュ休暇をとることができる」といった類のものだ。

ぼくが前に契約社員として勤めていた会社は確か10年以上勤めた総合職正社員(ココ重要!別エントリにこの辺のエグい話はまとめよう)は、20日間も取得できた気がする。

しかもこの手の休みのいいところは、半ば強制的に取得させられることだ。

「すいません、おれ今年リフレッシュ休暇取得しないとダメなんですよ〜」

と、堂々と長期休暇が取得できるのである。

GW夏季休暇と合わせて取ったら、もう会社来れなくなるレベルで休めるよね?

その他にも企業によっては様々な休暇制度が用意されている。

そして何と言っても、これらの休暇は通常与えられる有給休暇とは別で支給されるのだ。

嘘だと思うだろう?本当なんだぜ??

(※もちろん、企業によってマチマチなので100%そうだと言うわけではありません。でも、ぼくが知り合いに聞いた感じだと、大手はどこも似たり寄ったりだった)

社内インフラが充実

大企業のPCは総じてハイスペックだ。

なぜならPCのスペックの高さが、生産性の高さに直結することを役員たちは知っているからだ。

ぼくが契約社員として勤めていた大企業は、全社員(ぼくら契約も含む)にiPhoneを支給していたし、希望する人にはiPadも支給していた。

ネットワークも盤石。何かあれば社内SEチームが全力を持って対策にあたる。

あとセキュリティね。

IDカードが無いとフロアに入れないのは当たり前。

個人情報の管理も徹底している。じゃないと国に怒られるからってのもあるけど。

フロアのごみ捨てやトイレ掃除も、基本は業者がやってくれる。

社員は仕事に集中すればいいのだ。

え?そんなの当たり前?

中小零細は当たり前じゃないから。

ぼくは今の会社で5社目だが、うち2社はゴミ捨て、トイレ掃除は社員がやっていたよ。ちなみに今の会社もそうだ(泣)。

優秀な人、面白い人が多い

なんかネット上の著名人や意識高い人は「大企業は、成績優秀で型にはまった人ばかりで面白くない」っていうけれど、そんなことは決して無いぞ。

基本的に大手企業の正社員は国公立大学が有名私大の人が多いんだけど、そういう人は総じて能力が高いから、面白い特技を持っていたり、変わった経歴を持っている人が多い。

バックパックで世界中を旅したことがある人なんてザラだし、TOEIC900点超えなんて人もザラ。

ぼくの印象だけど、いい大学行ってる人のほうが個性的で面白い人が多い。

なんつーか、1芸に秀でているからこそサラッと勉強もできていい大学にも入れた?的な。

ガリ勉してやっとこさ大学に入ったようなやつだね、真面目だけでつまらないのは。ソースはおれ。

その辺のことは確か過去エントリに書いた気がしたけど黒歴史過ぎて記憶から抹消した。

見つかったから貼っておく。

【実体験込み】真面目な頑張り屋さんが、良い大学に入れないワケ その1.

そういや前半書いたら辛すぎて後編書いてないや。

むしろ中小にいる人の方が民度低いしヤバイで?(いっちゃった!)

休みが多い

これも意外と重要。

大手企業のほうが年間で多分10日くらい休みが多い。

GWは9連休。

夏季休暇も9連休。

年末年始の休みも9連休。

それも毎年な!

まあ、業界によっては違うかもしれないが、基本的に大手のほうが休みは多い傾向にある。

まだ書きたいことはたくさんあるのだが、長くなってきたので一旦お終い。

どうもぼくが1回のエントリで書ける上限文字数は3,000〜4,000字前後みたいだ。

いつか1万字超えの渾身のエントリを書きたいものだ。

続くゾ!