• 面接をした中小企業に対して、なんだかいいようのない違和感を感じた
  • 転職先がいつもブラック企業でヘコむ
  • 転職したいけど、今と同じか今よりもひどい待遇のブラック企業に入社してしまうのではないかと不安で仕方ない

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


この記事では、過去に4回の転職を経験し、様々なブラック中小企業を経験したぼくの実体験をもとに、絶対に入社してはいけないブラック中小企業の見分け方をお伝えします。


もちろん入社前にその会社がブラック中小企業かどうかを100%見極めるのは不可能です。


しかし予備知識を持っていれば、ブラック中小企業に入社してしまうリスクを格段に減らせます。


ぼくの体験が、あなたに納得のいく転職先を見つける一助になれば幸いでです。

スポンサーリンク



ぼくが出会ってきたブラック中小企業の特徴4つ

ポイント

僕が考えるブラック中小企業の特徴は下記の4つです。

  1. 企業のホームページのクオリティが低くないかをチェック!
  2. トイレがきれいかどうかをチェック!
  3. 平日は何時まで面接をしてくれるか、土日の面接に対応してくれているかをチェック!
  4. フロアに書類が乱雑に置かれていないかをチェック!

この条件に1つでも当てはまるのであれば、その中小企業はブラック企業である可能性が非常に高いので、入社を一度考え直すのをおすすめします。


ちなみにぼくは面接官の人柄の良さにだまされて、上記の条件を満たしまくる中小企業にばかり入社しました。結果、短いスパンで何度も転職を繰り返すことになってしまったのはいうまでもありません。


それでは1つずつ見ていきましょう。

企業のホームページのクオリティが低くないかをチェック!

まずはその会社のホームページのクオリティを確認しましょう。

  • ひと目で企業サイトと分かる程度にはデザインが整っているか?
  • 欲しい情報にすぐアクセスできるようにきちんと設計させているか
  • 定期的に更新されているか

などといった点は最低限チェックしましょう。


大手企業のホームページのように過剰にオシャレである必要はありませんが、あまりにホームページがダサかったら、その会社への入社はやめたほうが無難です。


誰もがインターネットで情報を検索するこのご時世、企業の顔とも言えるホームページのクオリティが低かったら、あなたはその企業と仕事をしたいと思いますか?


求職者の立場として、転職をしようと思うでしょうか?


それほどまでに企業のホームページは重要なのです。


その費用すら惜しむような会社は、経営者の考えが前近代的で時勢を捉えていないか、経営がギリギリでそこまで気を回せていない可能性が高いです。


入社は辞めておきましょう。

トイレがきれいかどうかをチェック!

面接に訪れた会社が中小企業の場合は、真っ先にトイレを確認しましょう。


社員のことを考えている優良中小企業は、トイレがきれいです。なぜなら専用の業者さんをに掃除をしてもらっているからです。


しかし世の中には、清掃業者を導入するのをケチっている会社が少なからずあります。


つまりトイレ掃除は社員の仕事です。


見分け方はなかなか難しいですが、男性は小便器に芳香ボールがあるかどうかを確認すればすぐわかります。


芳香ボールが小便器においてあったらその会社は辞めておいたほうがいいでしょう。


ほぼ100%トイレ掃除は社員の仕事です。


つまり、未来のあなたの仕事なのです!


ぼくはトイレ掃除を社員にさせている会社で、ホワイトだった会社に、まだ出会ったことがありません。

平日は何時まで面接をしてくれるか、土日の面接に対応してくれているかをチェック!

ぼくが最初の転職で見落としていたポイントがこれです。


その会社は、平日なら19時半スタートの面接でも快く応じてくれました。土曜日もいつでも良いよといってくれて、ぼくはそのとき、なんて応募者に優しい素晴らしい企業なんだろうと感動したものです。


今考えると普通におかしい。


ちなみにぼくの最終面接は、19時半スタートで終わったのは21時でした。


そして面接をしてくれた社員は、そのままフロアへと仕事をしに戻っていきましたとさ


そのときなんで気づかなかったのだろうか!


おれのバカバカバカ!!


は、取り乱してしましました。


面接先の会社の残業時間をそれとなく知りたいときは、平日の何時まで面接に対応してくれるか、土日の面接に対応してくれるかを聞いておくのは有効です。

フロアに書類が乱雑に置かれていないかをチェック!

可能なら、面接中にそれとなくフロアを見せてもらえないか聞いてみましょう。


そこでチェックしたいのは


「フロアが書類で散らかっていないか?」


です。


まともな企業だったら個人情報や企業情報が記載されている書類がフロアに散らばっているなんてことはありえません。


フロアに書類が溢れかえっている企業は危ないです。


社員の手がそこまで回っていない=超絶忙しい、と考えて間違いありません。


あと、ペーパーレスが進んでいないということでITインフラがしょぼい可能性も高いです。


これは最初にあげたウェブサイトがしょぼいかどうか?と合わせてチェックするといいでしょう。


その他にも

  • 面接官の目が死んでないか
  • 社員の挨拶の仕方が不自然でないか

などもあわせてチェックしておきましょう。


これらの点に気をつけるだけで、ブラック中小企業に入社してしまう可能性をぐっと減らすことができますよ。

優良中小企業に転職をしたいなら、転職エージェントの利用がおすすめだ

さて、この記事では、応募先の会社がブラック中小企業かどうか、その見極め方を書いてきました。


しかし、自分一人で転職活動をおこなっても、応募先の企業がブラックなのか、優良企業なのかを見極めるのは難しいです。


なぜなら、手がかりとなる情報が転職サイトに掲載された情報のみになるからです。


そして、転職サイトは広告費を払えば例えどんなブラック企業でも求人広告を掲載することが出来ます。


そしてその求人広告には決して社内の悪い部分は書かれていませんでした。


もちろん中にはホワイト優良中小企業もあるでしょうが、転職サイトに掲載されている情報からそれを読み解くのはほぼ不可能です。


てんぐくんてんぐくん

じゃあ、結局運だのみかよ、、、。



なんて絶望しないでください!


そんなときにぜひとも活用すべきサービスがあります。


そう、転職エージェントです。

転職エージェントとは

転職エージェント1

転職エージェントとは、転職支援のプロであるキャリアコーディネーターがあなたと企業の仲立ちをしてくれるサービスのことです。


転職エージェントを利用すると、転職サイトには掲載されていない企業情報を入手できるので、応募先の会社が自分にあっているかどうかをより具体的に検討できます。これはとても大きなメリットです。


また、面接では聞きづらかった気になる点も、キャリアコーディネーター経由で聞いてもらえるのも転職エージェントを利用するメリットといえます。


その他にも、転職エージェントを利用するメリットはたくさんあります。


詳しくは下記の記事にまとめたので、合わせてご覧ください。

関連

おすすめはリクルートエージェント

リクルートエージェント

優良中小企業に転職するには、まずリクルートエージェントに登録しましょう。


リクルートエージェントは転職成功実績が国内No.1であり、持っている求人数もトップクラス。担当コーディーネーターの質も高いため、ハズレの担当者に当たる可能性が低いのも魅力的な転職エージェントだからです。



>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

また、リクルートエージェント以外にもぜひとも登録すべき転職エージェントは下記の記事にまとめたので合わせてご覧ください。

関連

ブラック中小企業を避けて、あなたの力が発揮できる優良中小企業に入社しよう

Re:スタート

まとめると

  • 企業のホームページのクオリティが低くないか
  • トイレがきれいかどうか
  • 平日は何時まで面接をしてくれるか、土日の面接に対応してくれているか
  • フロアに書類が乱雑に置かれていないか

といった点を面接の際に必ずチェックしましょう。


また、経営者が従業員にやたらと経営者目線を求めてくる会社もろくでもないところが多いので、気をつけましょう。

関連

入社する前にその企業がヤバイ企業かどうかを見分けるすべは意外とたくさんあります。


繰り返しますが、これらの条件をチェックしたからといって、100%ブラック中小企業を避けられる保証はありません。


しかし、ぼくの経験上、上記のポイントに引っかかる中小企業はブラックである可能性が高いです。


もしあなたがどうしてもその会社でやりたいことがあるというのであれば仕方ありませんが、そうでないなら他の会社を探したほうがいいでしょう。


職場環境はマジで大事です。


あせらずじっくり、自分にピッタリの優良中小企業を探しましょう。


転職活動の成功を祈っています。



>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。