転職をしたいと考えている人がまず最初に登録するのが転職サイトである。


転職サイトには、大きく分けて自身で応募する種類のものと、エージェントとと言われる人と伴走するタイプの2種類がある。


便宜上、自身で応募するサイトを転職サイト、エージェントと伴走するタイプのものを転職エージェントと呼ぼう。


転職サイトで代表的なものはリクナビネクストであろう。





>>リクナビNEXTの詳細はこちら!!

また、転職エージェントで代表的なものはリクルートエージェントであろう。





>>【リクルートエージェント】詳細はこちら!!

リクルート系のサービスが強いという印象である。


転職サイトも転職エージェントもそれぞれにいい点があり、転職をすすめるには両方のサービスを使うのが鉄板である。


スポンサーリンク



わかりづらいのが転職エージェント

転職サイトは、最初の就職をするときに使用したであろう就職サイトの転職版と考えてもらえばイメージはつきやすいだろう。


わかりづらいのは転職エージェントである。


転職エージェントとはなにか?


インターネットで検索すると、ふんわりとした答えが出てくる。そして、転職するのに転職エージェントの利用をおすすめするサイトが多い。


でも、今までの人生で一度も転職エージェントを使ったことがない人が、転職エージェントなるものに不安を覚えるのは当然だ。


なぜなら、いつだって人間は未経験の出来事に恐れをなす生き物だからだ。

  • 無理に転職を勧めてくるのでは?
  • サービスの利用にはお金かかるの?
  • 面談をしたら絶対に転職しないと駄目なの?
  • 希望と違う会社ばかりを勧めてくるって本当?
  • 登録するとメールや電話がひっきりなしに来てうざい?

などが不安な点としてあげられると思う。


ここでは、元人材紹介会社に勤めていたぼくが、それらの不安に対して一つずつ答えていきたい。


結論から書くと、ガタガタ言わずに転職活動のプロであるエージェントはぜひとも積極的に利用するべきである。

転職エージェントの仕組み

これらの疑問に答える前に、まずは転職エージェントの仕組みを知るところからはじめよう。


下記の図を見てほしい。

転職エージェント1

簡単に説明すると、転職エージェントとは、優秀な人材を欲しがっている人手不足の企業と、就職先を探している本来は優秀なのだが、不幸なことに今の職場ではあまり評価されていない勤め人の仲立ちをして、両者をマッチングさせる会社である。


企業側からは「これこれこういうスキルをもった人材がいたらぜひとも紹介してほしい」と頼まれ、


求職者(あなた)からは「これこれこういう仕事ができる、年収○万以上、残業月20時間以内の企業を紹介してほしい」と頼まれる、


板挟みのとても大変な仕事である。様々な方面からわがままな要求を突きつけられる調整役の仕事は、ストレスのかかる本当に大変な仕事である。


そんな彼ら彼女らの利益はどこから出ているのか?


彼ら彼女らの利益は、求職者を求める企業側からのマージンである(下記図参照)。

転職エージェント2

まず、

①求職者であるあなたに企業を紹介する。と同時に企業側にもあなたのプロフィールを送付する。もちろん事前にあなたの許可を取った後にだ。


余談ではあるが、あなたに許可を取ることなく勝手に紹介する業者がいたら、怪しんだほうがいい。多くの求職者のプロフィールシートを抱えている転職エージェントは、いつだって個人情報の取扱には気を配っている。


ちなみにぼくがいた中小ブラック人材会社もその辺はわりときちんと管理していて、求職者の書類は個人ごとにクリアファイルに入れて、担当者が責任を持って机の中にしまっていた。もちろん帰るときは施錠を忘れない。


そして、あなたが本当に優秀な求職者であるならば、エージェントはあなたのことを猛烈に企業に推薦してくれる。この人はこれだけの人材だから、ぜひとも面接してほしい、と。彼ら彼女らエージェントにも与えられたノルマがあり、そのノルマ達成のためには転職者に転職をしてもらわねばならない。たくさん企業を紹介してもらえるということは、あなたが売る価値のある、優秀な人材であることの証明である。


転職エージェントを利用する場合には、彼ら彼女らが頑張るインセンティブがどこにあるのか?を把握することが何より肝要だ。


②さて、企業側があなたの書類上のプロフィールを気に入ったとする。そうするとぜひ、この人に会いたいから面接をさせてくれないかという連絡がエージェントに入る。


そしてエージェントからあなたに面接の連絡がくる。


通常ここで投げかけられる日程は数日以内であることがほとんどだ。


そのスピード感に、あなたは最初戸惑うかもしれない。


しかし、中途採用はとにかくスピードが命なのだ。


それは、中途採用が欠員募集の意味合いを強く持っていることに由来する。


新卒採用と違い、中途採用は即戦力を求めての採用なのだ。


少し詳しくみてみよう。概ね企業が中途採用を行う場合、その理由は下記の2パターンに絞られる。

パターン1.新規事業立ち上げに際し、社内にリソースが不足している場合

ある新規プロジェクトをすすめるために、あるスキルを持った人材が急遽必要になった。


しかし、社内にはそのスキルを持った人材がいない場合に、中途採用を行うことがある。


なぜならその新規事業は、これまで会社で培ってきたビジネスモデルと全く異なるものだからである。


そのスキルを持つ人材を1から育てるよりも、すでにそのスキルを持っている人材を外から調達したほうがいい。ビジネスは、スピード感が命だからだ。

パターン2.優秀なビジネスパーソンが退職するため、代わりとなる人材を急遽補充しなければならない場合

例えば毎月全社の売上の半分を稼ぎ出している超優秀な営業マンがいたとする。


しかし、ある日その営業マンが家庭の事情で会社を辞めて田舎に帰ることになった。


その営業マンほど優秀な人材は、社内にはいない。


そうなった場合も1から社内の人材を育てるよりも、外から優秀な人材を調達したほうがいい。


これらのパターンに共通するのは、下記の2点

  • すでに一定のスキルを持っている人材を欲していること
  • 1日でも早く人材を確保したいこと

ゆえに転職市場はスピード感が大切であり、面接の日程が急遽決まるのである。


もし、あなたがその面接日に面接ができず、返事を保留したとしよう。


その間に企業は次の転職者と面接を行い、下手をしたらその求職者が内定をもらってしまうことになってしまう。


ぼくはそうやってチャンスを逃してきた人を何人も見てきた。


この辺の転職成功のための裏話は、また別途記事にまとめたいと思うので楽しみにしていてほしい。


話を戻そう。


③そしておめでとう。企業側もあなたのことが気に入り、内定となった。ここでのエージェント側の言い分は、そのときの状況によって異なってくるので、注目してほしい。


具体的に書くとまたそれだけで記事ができるので、またそれも別途書こうと思う。


ここでは、内定が決まり、そのままその企業に転職をするということで話をすすめる。


④企業側からエージェントにマージンが支払われる。
このマージンこそが、転職エージェントが儲かる仕組みである。


このマージンは、転職者の想定年収の20%ほどが相場だ。


もしあなたが年収600万円で次の企業に就職を決めた場合、転職エージェントに入るお金は

600万×20%=120万円

だ。


あなたの想定年収が高くなればなるほど、エージェントに入るマージンも高くなる。


このことは、エージェントがあなたの年収交渉に乗り気な理由にほかならない。


さて、転職エージェントのからくりについて、ざっくりとであるが説明してきた。


この仕組の詳細は下記の記事にまとめたので、より詳細を知りたい方はそちらをご覧ください。



次に、転職エージェントを使う際に皆さんが不安に思っているであろうことを、元・人材紹介会社にいたぼくが1つずつ潰していこう。

無理に転職を勧めてくるんじゃないの?

面接

すぐに転職をしたいと考えているわけじゃないけど、とりあえず登録してみようかな?でも、登録したらとにかく強引に転職を勧めてくるんじゃないだろうか?


そんなふうに思っている人もいるかもしれない。


先程までで述べた通り、転職エージェントにとって、求職者はある意味大事な「商品」だ。


あなたの市場価値が高く、求人を出している企業に高く売れそうな場合、多少強引にでも転職意識を高めようとしてくるエージェントがいるのは否めない。そういうエージェントがいるからこそ、このような不安を抱く人が出てくるのだろう。


ましてや彼ら彼女らは様々な求職者と毎日面談をしているプロだ。


コミュニケーション能力に秀でている人も多い。


ゆえに口八丁手八丁であなたに「転職したほうがいいかも」と思わせに来る。


だからこの不安はあながち間違ってはいない。


でも、安心してほしい。


対処法は存在する。


それは面談前に直ぐに転職をする気はないと伝えることだ。


これはぼくの体験談なのだが、エージェントの担当者はとにかく口がうまい人が多い。


ゆえに予め意思表示をしない状態で面談の場に望むと、あれよあれよと求人に応募する羽目になってしまう。


だからこそ、面談に向かう前にきちんとすぐに転職する気はないことを伝えることが肝心だ。


対面だと切り出しにくいことも、電話やメールなら伝えやすい。


最初の段階で、転職の希望度合いはきちんと伝えておこう。


その他の対策についてなどは、下記に詳細を書いたので、こちらをご参照ください。

サービスの利用にはお金かかるの?

これは先程説明した通り、求職者側にお金がかかることは一切ない。


ただし、ハイクラスの転職エージェントには、サービス料を払うことでより多くの求人を紹介してもらえるものがあるのは断っておこう。


しかし、その手の転職エージェントは年収1,000万以上のハイクラスの人限定のものだし、勝手に課金されることはないので安心してほしい。

面談をしたら絶対に転職しないと駄目なの?

せっかく面談までしてもらって、企業もたくさん紹介してもらった。


でも、自分の希望を叶えてくれる企業はなかった。


でも、色々と頑張ってもらったし、面談まで行ったんだから絶対に転職しないといけないのかな?
断ったらあとで訴えられたりしないかな?


と、心優しいあなたは思うかもしれない。


しかし、安心してほしい。


転職エージェントと面談をしたからといって、絶対に転職をしないといけないわけではない。


もちろん彼ら彼女らはあの手この手であなたを転職させようとしてくるだろう。


でも、忘れてはいけない。


転職をして、人生を変えるのはエージェントではなく、あなた自身だ。


ぼくが転職エージェントで働いていたときも、最初は転職する気満々だったけど、実際に転職活動をしてみて考えが変わって転職活動をやめた、なんて人は結構ざらにいた。そしてそんな人を恨んだりすることは決してなかった。なぜならよくあることだし、そんなことにいちいち悩んでいる暇はないからだ。


今はどうか知らないが、ぼくが在職していた頃の転職エージェント業界は、基本労働時間が長くブラックなところが多かったから、意外と皆自分のことで手一杯だった。


そういう意味でも、あなたが転職活動を辞めたからといってそのことにいちいち目くじらを立てるエージェントはいない。安心して我を貫いてほしい(ただし、なんの音沙汰もなしにいきなり連絡が取れない状態になることはおすすめしない。そういうのはプライベートできもい非モテに対してだけにしてほしい。その理由はまた別の記事で)。


希望と違う会社ばかりを勧めてくるって本当?

これは半分は本当で、半分は嘘である。


あなたと面談をした転職エージェントの担当者は、これまで様々な求職者と会ってきた。


あなたは自分のことを特別な何者かだと思っているかもしれない。
しかしエージェントからすれば、あなたは過去の面談者の誰かと同じカテゴリに存在する、パターン化された商品なのである。


それは決してあなたが無個性で価値のない人間だからではない。


ではなぜそのようにパターン化できるのかというと、それは世の中にある職業がパターン化されているからだ。


営業職といえば、業界によって売るものや売り方など些事で違いはあるだろうが、「自社商品をそれを必要としている他社(他者)に売る」という職業と捉えて間違いはない。


経理職といえば、会社のお金に関する仕事をしている職業だ。


会社という組織で必要とされている職業は、その仕組を作った人によってパターン化されたものだから、エージェントがそれをパターン化しているわけではない。パターン化するのは、いつだってその職業を選択してきたあなた自身なのだ。


さらにこの職業のパターンに、あなたの人間性が加味される。


ここで特別な存在であるあなたの登場だ。


しかし、残念なことに特別なあなたも、エージェントからすればある程度パターン化できる。


そうエージェントは、あなたのこれまでの職歴と、目の前のあなたの雰囲気から、あなたにとってより適切だと思う転職先を紹介しているのだ。


どういうことか?


ちょっと想像すればわかると思うが、エージェントの立場になって考えてみよう。


例えば面談に来た男性が、自信がなさそうにボソボソ話す人だったとする。


その人は今まで、不動産業界で営業をしていた。


そんなが彼が希望の転職先として考えているのは、華やかな広告業界の営業だ。


果たしてあなたは、眼の前の彼に華やかな広告業界の営業職をおすすめするだろうか?


なるほど、営業という職種は悪くない。不動産営業というとてもブラッキーでストレスのかかる仕事をこなしてきた彼なら、どんな業界の営業職でもスキル的にはこなせるかもしれない。


しかし、人間性である。


おとなしく真面目そうで、誠実そうな彼。しかし自信がなさそうにボソボソ、淡々と喋る彼にとって、オラオラ体育会系の文化が染み付いている広告業界は合っているのだろうか?それよりも、真面目で誠実なキャラが活かせるであろう業界を勧めたほうが彼のためになるのではないか?そういえば、いま営業職を募集しているあの会社、地味で知名度もないけど年収もいいし、残業も少ない。業界は違うが彼の希望条件をとてもよく満たしているから、ぜひとも紹介したい。


みたいなことを考えるのではないだろうか?


転職エージェントは、その職業柄あらゆる業界の文化に精通している。また、多くの求職者に会ってきているため、目の前の求職者の雰囲気や話し方から、その人に合っていそうな業界を予測する能力にも秀でている。


対して求職者であるあなたは、転職に対して素人だし、自分のパーソナリティがどんな業界に向いているかもわかっていない。


あなたが希望する業界や職業に、あなたの適性がないと判断すれば、彼ら彼女らはそれとなく別の転職先を勧めてくる。


彼ら彼女らが、あなたの希望とは全然違う転職先ばかりを紹介してくるのは、そういう理由からだ。けっしてあなたのことを軽んじているわけではなく、むしろあなたに満足のいく転職をしてほしいという善意の心からの紹介なのである。




まあもちろん、それ以外にもカラクリは当然存在している。


どういうことか?


転職エージェントの収入源は先に述べたとおり、求職者を迎え入れた企業側から払われるマージンだ。


しかし、もし求職者であるあなたが転職先を短期間で辞めた場合、そのマージンは企業に払い戻されることになる。


ぼくのいたところは確か3ヶ月以内に辞められると全額払い戻ししていた気がする(すでに記憶が曖昧)。


そう、エージェントにとっても、あなたにマッチしていない(可能性が高い)企業に転職されては困るのである。


まあ、だから彼ら彼女らも必死になってあなたにとって最適だと思われる企業を紹介してくれるわけなので、このシステムは本当によくできたシステムなのだが。


そういう意味でも、転職エージェントは利用して見る価値があるといえる。


自分のことは案外自分じゃわからないものだし、もし希望とは違った業界でも、そこが自分にとって働きやすい場所だったら儲けものじゃないか。


ちなみに広告業界のことを知りたいのなら、ぼくはホイチョイ・プロダクションズの「気まぐれコンセプト」という漫画を読むことをオススメする。
あいつらは銀座のコリドー街で夜な夜なストナンをして、いろんなOLと優勝しまくっているチャラ男なんだということがよく分かる、とてもオススメな漫画だ。コリドー街でストナン、バーナンをするなら、最低でも大手総合商社に勤めていないと相手にもされない。


登録するとメールや電話がひっきりなしに来てうざい?

これは事実である。


ただし、もしあなたがきちんとした職歴の持ち主であるならばだが。


どういうことか?


ココにも転職エージェント側の都合が存在している。


いわゆる「鉄は熱いうちに打て」という例のアレである。


ぼくの統計によると、転職エージェントに登録した人に自社サービスを使って転職活動を進めてもらうためには、登録後3日以内に連絡を取り、面談日を設定しなければならない。


それ以上連絡が取れなかった人が自社サービスを使ってくれる可能性はほぼ0になってしまうからだ。


これねえ、不思議なんだけどそうなんですよ。


3日以上たつと全然連絡が取れなくなる。


まれに連絡が取れる人がいるんだけど、そういう人がいうことは大体


「他で決まりました」

「やっぱ転職辞めました」


かのいずれかだ。


前者は完全に競合に競り負けたのが理由だし(まあ、連絡が取れる取れないは相手のタイミングにもよるので運の要素が強い)、後者は登録したはいいが、冷静になって熱が冷めてしまったのが大体の理由だ。そういう意味では、転職は結婚と似ているのかもしれない。勢いとタイミングが大切だからだ。


まあ、結婚したことないからわからないけど。あ、結婚に関しては生でことに至ったため、先に新たな生命を宿してしまったから致し方なく、というパターンも数多く存在するんだっけか。


ゆえに転職エージェントたちは、新規に登録してくれた人に対して1日でも早くコンタクトを取ろうとする。


まさに「鉄は熱いうちに打て」なのである。


だから、転職エージェントに登録するときは、次の日には電話がかかってくるものと腹を決めておいたほうがいい。




また、これはこのブログの読者には関係ないだろうが、明らかに登録者に商品としての魅力がない場合、連絡をあえて遅らせる場合がある。


例えば短期間の転職を繰り返して職歴がぐちゃぐちゃな人や、たまたますぐに紹介できる案件がない人、職歴が特殊すぎて自社では案件がない人、過去に急に連絡が取れなくなった人などが当てはまる。


そういう人たちは、残念ながら転職市場において価値が低いため、優先順位を下げられてしまうのだ。


おわりに

まあ、色々と書いては来たが、じゃあ転職エージェントは使うべきかどうなのか?である。


結論は、積極的に使うべきであるだ。


ただし、なんの意志も持たずに使っても意味が無い。


きちんと自分で転職の軸を持ってから賢く利用するのが転職エージェントの正しい使い方だ。彼ら彼女らも商売でやっているから、どうしても自身の都合を優先したくなる場合もある。だから彼ら彼女らにコントロールされるのではなく、こちらで転職エージェントをコントロールするくらいの気概を持って転職に臨まなければならない。




職を変えるということは、少なくない影響を人生に与える。


もしあなたが勤め人を卒業して自分でビジネスを起こそうと思っているなら、それに見合った職場を選ばなければならない。


もしあなたが年収のいい仕事について、結婚をしたいと思っているなら、なおさら慎重に職場を選ばなければならない。


ぼくは自身の転職活動の経験と、かつて勤めていた転職エージェントでの経験を元に、このブログでそんな皆さんに武器を配りたいと思う。


積極的に登録すべき転職エージェントについては、下記のエントリにまとめたので参考にしてほしい。


おすすめ関連記事
【厳選5社!】おすすめ転職エージェントの中から「あなた」にピッタリのエージェントの選び方を教えます


おしまい。