てんてこまい

  • はじめて転職をしようと考えているけど、転職エージェントって使うべき?
  • 前に使った転職エージェントは、こっちが希望してない仕事もガンガン紹介してきて凄くストレスだった。そんなことしてこない、おすすめの転職エージェントってないのかな?
  • 転職エージェント多すぎ!一体どこが本当に使えるの??

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


転職を考えている人がまず登録するのが転職エージェントです。


でも、実際に転職エージェントに登録しようと思って調べてみても、どの転職エージェントの登録ページも同じようなことばかりが書いてあって、一体どれが自分にあっているのか、正直わからないですよね?


また、以前に転職エージェントを利用したら、


  • まだ転職しようかどうか悩んでいる段階なのに、ものすごく転職を急かしてくる
  • こっちの希望条件とは全然違う会社ばかりを紹介してくる
  • 毎日電話がしつこい。夜9時過ぎでも平気で電話を掛けてくる


といった目にあったため、転職エージェントの利用に尻込みしている人もいらっしゃると思います。


でも、自分ひとりで求人を探したり、企業とやり取りをして面接日を調整したりなんて面倒なことは、仕事が忙しくて正直やりたくない。それに転職サイトはハローワークの求人にはブラック企業も多いって聞くし、やっぱり転職エージェントを使うべきかな?でも、一体どこを使えばいいんだろうか?


この記事では、そんな悩みをお持ちのあなたに、実際にぼくが転職に利用して、とても使い心地がよかった5つの転職エージェントをご紹介します。


さらにその5つの転職エージェントの中から、自分にピッタリの転職エージェントを選ぶ方法を具体的に解説します。


その方法を順にこなせば、もう「どの転職エージェントを使えばいいのかわからない!」なんてことで悩まなくなりますよ。


転職は人生の一大イベントです。最後まで諦めずに、納得の行く職場をみつけましょう!


この記事があなたの転職活動のお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク



かつて人材会社で働いていたぼくが、転職エージェントへのよくある疑問をさばいていく!

適職を探そう!

ここでは、かつて人材会社に勤めていたぼくが、転職エージェントに対してよくある疑問を一つずつさばいていきます。


↓すぐにおすすめ転職エージェントをみたい人はこちらをクリック↓


転職エージェントはなんで無料で利用できるの?

まず皆さんが気になるのはこちらでしょう。


結論を述べると、転職エージェントは企業からお金をもらっているから求職者は無料で利用できるのです。


転職エージェント2


また、自社を通じて入社した人が早期退職をすると、違約金という形で転職エージェントはせっかくもらったお金を企業に返金しなければなりません。


そのため、転職エージェント側にも求職者にすぐに辞めてもらっては困るというインセンティブが働きます。なので、無理にあわない求人を紹介される可能性は低いと考えて大丈夫です。


自分の希望する仕事と全然違う求人ばかりを紹介されたことがある、という人はもしかしたらこの辺の認識が担当エージェントとズレていたのかもしれません。


あなたが「これが自分には似合っている仕事だ」と考えている仕事とエージェントの考える「あなたに向いてる仕事」が違ったのでしょう。


もちろん中には自分のノルマ達成を最優先に考え、とにかく決まりやすい求人ばかりを紹介してくるエージェントもいますが、ごく僅かです(※そんなエージェントを選ばないで済むための方法もこの記事では紹介します)。

この記事の後半で転職エージェントを上手に活用する方法も紹介しています。


↓すぐにその方法が知りたい方は、こちらをクリック↓


そもそも転職サイトと何が違うの?

一番の違いは、あなたの転職をサポートするキャリアアドバイザーの存在です。


転職サイトは求職者がサイトに掲載されている求人に対して直接応募して選考を進めます。一方転職エージェントは、求職者であるあなたと求人を出している企業の間に転職エージェントが入ります。


転職エージェント1


企業の担当者と直接やり取りするのは間に入った転職エージェントなので

  • 面接日程の調整などの負担が減る
  • 直接聞きづらい年収や残業時間について質問しやすい

などのメリットがあります。


その他転職サイトと転職エージェントの違いについては下記の表にまとめたのでご覧ください。

サービス名転職サイト転職エージェント
求人サイトに掲載されている求人を探すことができます。誰でも閲覧可能ネット上には掲載されていない非公開求人がメイン。
メリット自分のペースで転職活動をすすめることができる。求人探しや面接日程の調整などの事務手続きを代わりにやってもらえる。
プロによる職務経歴書の添削や、面接対策が受けられる。
デメリット企業との面接付けジュール調整などの事務手続きもすべて自分でおこなう必要がある。担当エージェントとの相性が悪いと、希望する求人が紹介してもらえない場合がある。
こんな人におすすめマイペースに転職活動を進めたい人。短時間に効率的に転職活動を進めたい人。プロに相談しながら転職活動を進めたい人。


登録したら、何をすればいいの?

登録後のサービスの流れは基本的に下記のとおりです。


1.ネット上から転職エージェントに登録

2.転職エージェントから面談日の打診

3.面談

4.求人の紹介、応募。

4.書類選考、面接。

5.内定をゲット!

6.条件面の交渉

7.入社?辞退?(辞退の場合は4に戻る)
もしすぐに転職の意志がなく、話を聞きたいだけの場合は「3.面談」の時点でその旨を伝えましょう。ここで「イヤイヤちょっと待ってくださいよ~」と無理に転職活動をすすめてくるようなエージェントは少し怪しいので、縁を切りましょう。


転職エージェントに登録すると、電話やメールの連絡がたくさんくるって本当?

これは事実です。基本的に転職エージェントに連絡先を登録した時点で、向こうから何らかのアクションがあると考えてください。


なぜなら、転職エージェントは知っているからです。


登録直後の一番転職へのモチベーションが高いタイミングで面談の予約を取らないと、求職者の心はすぐに転職から離れてしまうことを。


ぼくは以前勤めていた人材会社でこの最初の連絡係をおこなっていたのですが登録後3日以内に連絡が取れなかった求職者が自社の転職エージェントを利用してくれることはありませんでした。


3日連絡が取れない人はその後いくら連絡しても連絡が取れない場合がほとんどですし、仮に連絡が取れたとしても、その間に心変わりして「転職やっぱやめた」となるか、「他のエージェントで活動するので結構です」の大体どちらかの理由で面談を断れれました。


だから、転職エージェントは登録後すぐのタイミングで求職者との面談を設定しようとしてきます。


なので、ちょっと話を聞きたいだけであまりしつこく連絡をしてこられるのはいやだな、と考えている人は、複数の転職エージェントに登録するのは控えましょう。どこか適当な転職エージェント1社だけに登録すれば十分です。


そうすれば、知らない番号からガンガン電話がかかってくることもありませんし、一社だけなら面談の予定も立てやすいですね。


本格的に転職エージェントを利用するかは、雰囲気を味わってからでもまったく遅くありません。話をしてみて「やっぱり今回は転職しないでおこう」となったときも、1社だけならメール一本で片付きます。


逆に転職の意志が高く、すぐにでも転職活動を開始したい人は、どんどん転職エージェントに登録してどんどん面談を行うべきです。


たくさんのエージェントと実際に会って、自分と相性のいい担当者を早めに見つけましょう。


面談のときの服装は自由でいいって言われたけど、本当に私服で行っていいの?

オフィスカジュアルでもOKですが、迷うくらいならスーツが無難です。そして、髭をそったり、寝癖を整えたりなどの身だしなみはきちんと整えていきましょう。


なぜならどういった格好で面談に来るのか?といったところも転職エージェントはしっかりみているからです。


なので、間違っても近所のコンビニに行くような格好(Tシャツ、短パンにサンダル)で訪れないようにしましょうね。



面談をしたら、絶対に転職しないといけないの?

安心してください。そんな事はありません。


逆に面談をすることで、現職にとどまることを進められる場合も少なくありませんし、面談をすることで考えが変わって今の仕事を続けることを選べたとしたら、それは大きな収穫です。


なので、少しでも今の仕事を続けることに悩んだら気軽に転職エージェントに相談しましょう。




担当者とウマが合わない場合はどうすればいいの?

転職エージェントも人間です。あなたと人間的にまったく合わないこともあるでしょう。しかし、そんな場合も絶望してはいけません。


もし転職エージェントの担当者とウマが合わないと感じたのなら、遠慮せずに担当を変えてもらえばいいのです。もちろん担当替えをリクエストされたあなたの元・担当者は上司に激詰めされるでしょうが(ぼくはそんな場面を何度も見てきた)、そんなのあなたに関係ありません。良い成長の機会を提供できたと考えましょう。

おすすめ転職エージェント5つ

もう転職エージェントは怖くありませんね。


それでは早速、おすすめ転職エージェントを5つ紹介します。


※エージェント名をクリックすると詳細までスクロールします。


エージェント名求人数どんな人向けおすすめポイント
リクルートエージェント10万件以上転職を考えているすべての人国内最大手の転職エージェント。まずは登録しておこう。
type転職エージェント首都圏のIT系のみで6,000件以上・首都圏での転職を考えている人
・IT系への転職を考えている人
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のIT系の案件が充実
マイナビエージェント非公開関東圏に住んでいる20代、30代・はじめての転職でも安心の手厚いサポート。
・20代、30代の若者向け案件が充実。
パソナキャリア40,000件以上・はじめて転職活動をする人
・女性
親身で丁寧なサポートに定評あり。初めて転職活動を行う人でも安心して利用できます。
ワークポート15,000件以上IT業界、ゲーム業界への転職を考えている人・業界未経験者でもIT業界、ゲーム業界への転職が可能。
・オリジナルシステムのeコンシェルがとにかく使いやすい!

転職成功実績国内No.1、まずはリクルートエージェントに登録せよ!

リクルートエージェント

おすすめポイント

  • 求人数は国内最大!10万件以上の非公開求人からあなたにピッタリの仕事を見つけよう!
  • 様々な業界・職種の事情に詳しいキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を手厚くサポート!
  • 職務経歴書の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供などの充実サービス!!
  • 平日の20時以降、土日・祝日の面談も可能!仕事が忙しくてなかなか時間の取れない人も無理なくサービスを利用することができる

転職エージェントといえば、リクルートエージェントを真っ先に連想する人もいるくらいに有名な転職エージェントです。


もちろん転職を考えているなら、まずはじめに登録しておくべきおすすめの転職エージェントです。


今まで数多くの求職者の転職活動をサポートしてきたため、転職のノウハウも豊富です。


今後のキャリアに悩んだときに相談すれば、きっと経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたにとって最適なキャリアプランを提案してくれるでしょう。


主要な地方都市に事務所が存在しているため、地方の人も安心してサービスを利用することができます。活動拠点が近くにない場合は、電話での面談も受け付けていますよ。


>>リクルートエージェント 公式サイトはこちら!


更に詳しいリクルートエージェントの特徴を知りたい人は下記の記事をご覧ください。



↑転職エージェント一覧へ戻る↑

転職成功者の71%が年収アップ!首都圏での転職ならtype転職エージェントがおすすめだ!

タイプ転職エージェント


おすすめポイント

  • 転職成功者の71%が年収アップ!!
  • IT系の案件保有数は6,000件以上!エンジニアの皆さんはtype転職エージェントに登録しない理由がない
  • 一都三県での転職支援に強み!!首都圏での転職を希望されている方におすすめです
  • 女性の転職活動なら「type女性の転職Agent」にお任せだ!!


type転職エージェントの強みは、年収アップを実現した人が7割以上いることでしょう。


求職者1人1人としっかり向き合う、丁寧なサポート体制も評判の転職エージェントです。


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県の求人を多数取り揃えているため、首都圏での転職を考えている人は、ぜひとも登録しておくべき転職エージェントといえるでしょう。


また、女性の転職サポートにも力を入れているため、キャリアアップを図りたい女性の方も安心して利用できます。


様々な業界とのパイプが太いtype転職エージェントですが、その真価はIT系で発揮されます。


AIやIoT、自動運転、FinTechなど様々な分野への応用が期待されているIT業界で力を発揮したい人はぜひともtype転職エージェントに登録しましょう!


>>たったの1分!type転職エージェントの詳細はこちらから!!
※一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)への転職を希望されている方におすすめ

>>女性の転職希望者はこちらから!【type女性の転職Agent】
※女性の方はこちらからの登録が便利です


↑転職エージェント一覧へ戻る↑

関東エリア・第二新卒の転職ならマイナビエージェントにお任せだ!

マイナビエージェント

おすすめポイント

  • 関東エリアの求人が充実!まだ出会ったことのない優良企業に、これから一緒に会いに行こう
  • 20代~30代前半の第二新卒~若手ビジネスパーソンの転職に強い!
  • 取扱求人の80%が非公開求人!君に合った会社が、きっとココにはある!
  • 求人広告には載っていない人事担当者や現場責任者の本音を熟知!手厚いサポートで納得の行く転職活動を君に!!

マイナビエージェントは、若手ビジネスパーソンにとってぜひとも登録をおすすめする転職エージェントです。


特に関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)に住んでいる20代、30代の転職に強みを持っています。


今いる会社でいまいち評価されていないと感じている若手ビジネスマンは、ぜひ一度マイナビエージェントに足を運ぶといいかもしれません。まだ自分の真の魅力を把握していない若手対象の転職エージェントだけあって、サポートの充実ぶりには定評があります。


>>マイナビエージェントへ登録してみる!

※首都圏にお住まいの第二新卒の方におすすめ!




↑転職エージェント一覧へ戻る↑

はじめて転職する人や女性におすすめのパソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント

  • はじめて転職する方にも安心の丁寧なサポート体制が強み!
  • 女性の転職活動ならパソナにお任せ!目指したい働き方を一緒に探しましょう!!
  • 30,000件以上の豊富な求人数!あなたの志向性や親和性も考慮した最適な転職先を提案します


創業40年以上のパソナグループは、創業時から女性の就労支援をおこなっています。


そんなパソナキャリアは、女性の転職サポートに強みを持っています。


自分にあった働き方を探している女性の転職者の方にはぜひともパソナキャリアへ登録をおすすめします。


また、サポートが丁寧なのもパソナキャリアの魅力の一つです。


ベンチャーから大手企業まで様々な求人を幅広く検討したい方はぜひともパソナキャリアを活用してみてください。


>>パソナキャリアへ登録してみる。
※転職初心者や女性におすすめ!


↑転職エージェント一覧へ戻る↑

ワークポートはゲーム業界、IT業界へ転職を希望する人におすすめ!

ワークポート

おすすめポイント

  • IT/インターネット業界への転職を考えているならワークポートにお任せ!
  • 未経験からのキャリアチェンジに定評あり!新しい可能性を試したい人におすすめ!!
  • オリジナルシステムのeコンシェルが便利!忙しいあなたでも効率的に転職活動を進められます


ワークポートは、IT業界やゲーム業界などへの転職を考えている人におすすめの転職エージェントです。


業界経験社だけでなく、まったくの業界未経験者からIT業界へのキャリアチェンジを成功させることにも定評があるため、異業種からIT業界への転職を考えている方にもおすすめできます。


そしてワークポートは2014年に総合型転職エージェントに方向転換したため、元々強かったIT業界以外にも多数の求人を抱えるようになりました。


そのため、IT業界以外にも、幅広く転職を経験している方でも安心して利用できるのも強みです。実際ぼくが利用したさいも、IT業界やゲーム業界以外の求人もたくさん紹介してもらえました。


また、オリジナルシステムのeコンシェルはかゆいところに手が届く仕様になっており、このへんはさすが元々IT業界を専門に扱っていた転職エージェントだと感じました。


在職中で忙しい方にとってはスケジュール管理や応募状況や新しい求人情報の確認、担当エージェントとのメッセージのやり取りがスマホで一元管理できるシステムは非常にありがたいものです。


>>無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

※IT業界への転職を希望している人におすすめ!


↑転職エージェント一覧へ戻る↑

転職エージェントを上手に活用する方法

活用法

ここで紹介した5つの転職エージェントは、実際にぼくが利用したことのあるものばかりで、どれも本当におすすめできるものです。


まじめくんまじめくん

どの転職エージェントも確かによさそう。でも、5つもあったらどれを使えばいいのか迷っちゃうよ、、、



と、お悩みなあなたに向けて。


ここでは上記おすすめ転職エージェントの中で、どれをメインに使えばいいのか?その見極め方をご紹介します。


ここで紹介する手順に沿って行動すれば、きっと自分にぴったりの転職エージェントを見つけられるでしょう。

STEP.0 前提条件:転職エージェントは3つ使おう

転職エージェントを利用して転職活動をおこなう場合、いくつかの転職エージェントを同時に利用するのが一般的です。


過去に4回も転職をしてきたぼくの結論では「3つ」利用するのがベストです。


2つ以下だと紹介される求人が少なすぎるし、4つ以上だと管理できなくなります。


なので「3つ」です。


さらにその3つの中から1つ、メインで使う転職エージェントを決めます。


基本的にはそのメインのエージェントの紹介案件の中から次の職場を選ぶつもりで、他の2つをサブとして利用します。

・メイン
・サブ1
・サブ2

ここを目指すために踏むべきSTEPは下記3つ。


STEP.1 おすすめ転職エージェント5つすべてに登録、面談をおこなう

STEP.2 相性のいい担当エージェントを見定め、3社までしぼる

STEP.3 3つの軸をもとに、メインで使う1社を決める


いたってシンプルですね。

STEP.1 おすすめ転職エージェント5つすべてに登録、面談をおこなう

登録

まず、今回紹介する転職エージェントにすべて登録しましょう。


確かに5つもの転職エージェントと面談をするのは少しだけ大変です。


しかし、本気で納得のいく転職をおこないのであればここは頑張りましょう。


ちなみにぼくが人材会社に勤めていたときの話ですが、転職を成功させる方はみんな必ず複数の転職エージェントを同時に利用していました。


転職を成功させて、いきいき働いている未来の自分を想像して頑張りましょう。

STEP.2 相性のいい担当エージェントを見定め、3社までしぼる

相性

なぜ複数の転職エージェントと面談すべきなのかというと、転職を成功させる一番の秘訣が担当エージェントとの相性にあるからです。


ぶっちゃけた話、ここで紹介した5つの転職エージェントのサービス内容にはそれほど差はありません。


どこの求人も魅力的ですし、サポート体制もしっかりしているので、どこをメインに活動をしても問題はないでしょう。


となると重要になってくるのが、担当者との相性です。


「この人のいうことは信頼できるな」


という感覚が大切です。


転職活動はあなたの人生を左右するとても大切な活動なので、ぜひとも信頼できる人と一緒に次の職場を決めるべきです。そのためにも5つすべての転職エージェントと面談をしましょう。


そして、使うエージェント3つを決めるのです。


ここは本当にフィーリングになるので、自分の感覚を信じて3つに絞ります。


利用する転職エージェントを3つ決めたら、残りの2つには断りのメールをいれてください。


でも、もしかしたらお宝求人があるかもしれないし、やっぱり一応残しておこうかな、などと考えてはいけません。


経験上、中途半端に5つすべてを利用しようとしても、絶対に使いきれません。


心を鬼にして、3社を決めてください。

STEP.3 3つの軸をもとに、メインで使う1社を決める

強み

3社を選んだら、今度はその中でメインで活用する転職エージェントを1社決めます。


決めるための軸は下記の3つです。

  • たくさん求人を紹介してもらえるか?
  • 担当者の提案してきた転職ストーリーは納得のいくものか?
  • レスポンスの速さなど、サポート体制は十分整っているか?

※例外として、圧倒的に相性のいい担当エージェントがいる場合は、このSTEP.3は無視して、その担当者のいるエージェントをメインにしてください。それほど担当者との相性は重要です。

たくさん求人を紹介してもらえるか?

転職活動最初の難関は書類選考です。


実際に転職活動を進めてみるとわかりますが、本当に書類選考は通りません。


10社出して1社も面接に呼ばれないなんてザラです。


そのため、応募できる求人数はたくさんあるに越したことはありません。


紹介してもらえる求人数の数には必ずこだわりましょう。

担当者の提案してきた転職ストーリーは納得のいくものか?

担当エージェントがあなたに提示してくれる転職ストーリーが、納得感のあるものかどうかも重要なポイントになります。


数は多くありませんが、中には自分のノルマを達成するためにあなたの都合をまったく考えずに転職を促してくる転職エージェントがいます。


そのような転職エージェントのいうことは真に受けずに、自分に納得の行く転職ストーリーを語ってくれる転職エージェントを信頼しましょう。

レスポンスの速さなど、サポート体制は十分整っているか?

優先的に利用する転職エージェントを選ぶ際には、レスポンスの速さも重要な要素です。


面接をした企業の結果が1週間も2週間もなかったら不安になりますよね。


選考結果やこちらから投げかけた質問に対してレスポンスが早いエージェントを利用しましょう。


またその他のサポート体制の充実度も一つの判断材料となります。


  • 職務経歴書の添削や、面接の練習をきちんとおこなってくれるか?
  • 応募先の企業情報をどれだけたくさん掴んでいるか?
  • 専用のウェブページは自分にとって使いやすいか?スマホ対応しているか?


などなど。


とくに専用のウェブページの使いやすさは、在職中で忙しい転職者にとっては重要になります。なぜならスマホで使いやすい専門ページがあれば、通勤中や昼休みなどのスキマ時間を活用して転職活動ができるからです。


その他にも、転職エージェントによっては独自のサポートを受けることが出来ます。例えばリクルートエージェントでは、面接力向上セミナーを開催しています。


どうしても1社に決めきれない場合は、そのような特典に目を向けてみましょう。


まとめると

  1. おすすめ転職エージェント5つすべてに登録し、面談する
  2. 担当エージェントとの相性をもとに3社に絞る
  3. 3社の中で、メインで使う転職エージェントを1社決める

ことが転職エージェント選びのコツになります。



あせらずに上記のポイントに照らし合わせて、自分にとって最適な転職エージェントを選んでください!

転職エージェントを活用して、イキイキ働く未来を手に入れよう

ピース

納得の行く働き方ができているかどうかは、いい人生を歩む上で非常に大切なことです。


なので、転職活動を成功させるのはとても重要です。


でもやっかいなことに、自分がどんな仕事に向いてるのか、仕事に何を求めているのか、一人で考えてもなかなか正解にはたどり着きません。


最初はバックオフィス系の総務や経理が向いてると思っていたけれど、実際に働いてみたら既存顧客を回るルート営業の方がむしろ自分のやりたい仕事のイメージに近かったりだとか、学生時代から憧れだったウェディングプランナーの仕事が、やってみたら全然楽しい仕事じゃなかったりなんてことはよくあることです。


だからこそ、転職活動のプロである転職エージェントを上手に活用して、自分にあった職場をみつけるようにしましょう。


この記事でとりあげた5つの転職エージェントは、過去にぼくが利用してみて、本当におすすめできるところばかりですので、ぜひ利用してください。


あなたの転職活動が成功することを祈っています!

※エージェント名をクリックすると各社サイトに飛びます。

エージェント名求人数どんな人向けおすすめポイント
リクルートエージェント10万件以上転職を考えているすべての人国内最大手の転職エージェント。まずは登録しておこう。
type転職エージェント首都圏のIT系のみで6,000件以上・首都圏での転職を考えている人
・IT系への転職を考えている人
一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のIT系の案件が充実
マイナビエージェント
非公開関東圏に住んでいる20代、30代・はじめての転職でも安心の手厚いサポート。
・20代、30代の若者向け案件が充実。
パソナキャリア
40,000件以上・はじめて転職活動をする人
・女性
親身で丁寧なサポートに定評あり。初めて転職活動を行う人でも安心して利用できます。
ワークポート
15,000件以上IT業界、ゲーム業界への転職を考えている人・業界未経験者でもIT業界、ゲーム業界への転職が可能。
・オリジナルシステムのeコンシェルがとにかく使いやすい!