転職エージェントは使うべき?

転職をするなら転職エージェントを使ったほうがいいって聞くけど、それって本当なのかな?強引に転職させられるって噂も聞くんだけど。。。

この記事では、そんな悩みに答えていきます。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


もしあなたが転職活動をするにあたって、転職エージェントを使うべきかどうか迷っているのであれば、ぜひとも使いましょう。


この記事ではその理由をみていきます。

スポンサーリンク



転職エージェントを使うべき3つの理由

転職エージェントを使うべき3つの理由

転職エージェントを使うべきかどうかで悩んでいる人は、ぜひとも使うべきです。


その理由は

  1. 強引に転職活動が前に進んでいくから
  2. 転職サイトに掲載されていない非公開求人に応募できるから
  3. 自分一人では気付けなかったキャリアプランを示してもらえるから

です。


ひとつずつみていきましょう。

強引に転職活動が前に進んでいくから

転職エージェントを使うと、あれよあれよと転職活動が前に進んでいきます。


気がついたときには、がっちりと転職スケジュールを握られてしまい、日常生活は転職活動にフルコミットせざるを得なくなっています。


確かにちょっと強引ではありますが、実はその強引に見える推進力が転職活動には必要なのです。


考えてみて下さい。


あなたは転職エージェントの誘導なしに、自分1人の力で在職中に次の仕事を決めきれる自信がありますか?


毎日仕事をしながらたった1人で自分の強みや転職理由を整理して、仕事終わりの時間や休日を犠牲にして職務経歴書を書いて、応募しなければなりません。


書類選考が通ったら、次はそれぞれの企業との面接日の調整や、企業研究、面接対策が待っています。


そんな大変なことを、あなたは仕事をしながらたった1人でできますか?


ぼくはできませんでした。


転職サイトを使って1人で転職活動をおこなうには、会社を辞め、無職の状態で挑まねば到底モチベーションを維持できなかったです。


その結果どうなったかは、転職するなら絶対に在職中に次の仕事を決めたほうがいいよって話の記事をご覧ください。


もちろん中には、仕事をしながら自分1人の力で転職活動を成功させられる人もいるでしょうが、ほとんどの人には無理です。


本気で転職を考えているのであれば、強力な推進力を持った転職エージェントをはぜひとも使うべきです。

転職サイトに掲載されていない非公開求人に応募できるから

転職エージェントは、それぞれが独自に非公開求人を抱えています。


非公開求人とは、転職サイトやハローワークに掲載されていない求人のことです。


企業が非公開求人を転職エージェントに出す理由は

  • 欠員補充などで早急に人員を確保したい
  • 一人一人の応募者をじっくり吟味したい
  • 競合他社に求人を出していることを知られたくない

などといったものがあります。


この非公開求人はその性質上、公開されている求人よりも年収などの待遇が良くなる傾向にあります。


そのかわり、採用条件もそれ相応に厳しいですが。


しかし、求職者にとっては魅力的な案件が多いため、転職を希望するのであればぜひとも非公開求人には応募したいところです。


非公開求人に応募するためにも、転職エージェントはぜひとも使うべきなのです。


しかし、応募条件の厳しい非公開求人の求める条件に合致しない求職者は、求人をなかなか紹介してもらえなかったり、場合によっては登録を断られたりすることがあります。


転職エージェントに面談を断られた人がどのように転職活動を進めればいいのかは下記の記事にまとめたので、あわせてご覧ください。

関連

自分一人では気付けなかったキャリアプランを示してもらえるから

転職エージェントは転職支援のプロです。


あなたが知らない業界や職種についても熟知しています。


そのため、あなたが思いつきもしなかったような業界の求人を紹介してくれることがしばしばあります。


案外自分の強みなんて自分では気付かないものですし、転職エージェントに紹介されて面接にいった企業が気に入って入社を決める方も多いです。


自分の視野を拡げるためにも転職エージェントを使うことのメリットは非常に大きいといえます。


また、その他にも転職エージェントを利用すると

  • 企業との面接スケジュールを設定してもらえる
  • 応募書類の添削や面接練習をしてもられる
  • 年収や条件面のデリケートな交渉をしてもらえる

といったメリットがあります。

転職エージェントを上手に使うためには、自分の意志をきちんと持とう

揺るがない

とはいえ、確かに転職エージェントには強引なところがありますし、何も考えずにただエージェントのいうことを聞いているだけでは、満足のいく転職先をみつけることはできません。


お伝えしたとおり、転職エージェントはガンガン求人を紹介し、ドンドン面接の日程を決めてきます。


それはそれでとても心強いのですが、自分の意志を持っていないと、ただ流されるままに転職先を決められてしまいます。


転職エージェントをうまく使うためには、少なくとも下記のことは自分の言葉でいえるようにしておきましょう。

  • なぜ今の会社を辞めたいのか?(仕事内容に不満?上司とウマが合わない?収入が頭打ち?)
  • 転職をして何を叶えたいのか?転職先に求めるものは?
  • どれくらいの収入を欲しているのか?

とくに転職を通じて何を叶えたいのかはきちんと考えておきましょう。


そのさい「絶対に譲れないもの」「できれば叶えたいもの」をきちんと仕分けておくと、柔軟に転職先を選ぶことができるのでおすすめですよ。

おわりに:納得のいく転職先をみつけたいなら転職エージェントはぜひとも使うべき

転職エージェントを使いましょう

繰り返しますが、転職エージェントを使うべき理由は3点あります。

  1. 強引に転職活動が前に進んでいくから
  2. 転職サイトに掲載されていない非公開求人に応募できるから
  3. 自分一人では気付けなかったキャリアプランを示してもらえるから

もしあなたが納得のいく転職先をみつけたいと考えているのであれば、転職エージェントを使わない手はありませんね。


転職エージェントを上手に活用するためのポイントは下記の記事にまとめました。

関連

また、ぼくが転職をする際に実際に使ってみておすすめできる転職エージェントは下記の記事をご参照下さい。

関連