• 役職が上だからって、年上に敬語を使わないのってどうなの?
  • 新人時代から目をかけてやったのに、最近の若者は感謝の気持ちを持てないのかな?
  • 転職先の上司が年下!実力があるならいいけど、明らかに自分のほうが仕事ができる現状に毎日イライラしています

そんな、年下上司の自分への態度に日々イライラしている人へ向けて。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


かつては勤続年数によって与えられたマネジメント職ですが、実績ベースで管理職を選ぶ企業も増えてきました。


いわゆる実力主義というもので、今まで日本で伝統とされてきた年功序列制度を否定する動きです。


これにより、今までは起こり得なかったことが日本の企業に起こっています。


そう、自分より年下の若輩者が自分の上司になるという現象です。


もしあなたが生意気な年下上司にムカついてストレスフルな毎日を過ごしているのであれば、一刻も早くそんな状態から抜け出すために行動しましょう。

スポンサーリンク



自分より年下の若い上司を持ったときの対処法

苦悩


もし、あなたの直属の上司が自分よりも年下の場合、どのように振る舞えばいいのでしょうか?


具体的には、下記のような対処法が考えられます。

  • なぜそいつは自分より若くして上司になれたのか?を考え糧にする
  • イライラせずに年下上司の未熟な部分をフォローすることで溜飲を下げる
  • 仕事は仕事。余計なことは考えずに、上司として接する
とはいえ、やっぱり仕事で毎日年下上司のご機嫌を取るのは我慢できないでしょう。


ぼくが同じような立場に立ったら、きっと毎日ムカムカします。


ムカつく年下上司に我慢できない毎日を抜け出すには、一体どのような手段があるのでしょうか?

更に上の上司に異動願いを出してみる

まず一番最初に考えられるのは、異動願いを出すことです。


もしあなたがそれなりの規模の組織にいるのなら、異動願いを出すことで、ムカつく年下上司の元から他の部署に異動できるかもしれません。


もちろん異動先の上司が、あなたよりも年下かどうかを事前に確認することは怠ってはいけません。


とはいえ、異動願いは必ずしも受理されるものではありませんし、今すぐムカつく年下上司から開放されたいと願うあなたには現実的な対処法ではありません。

結果を出して、ムカつく年下上司よりも上のポジションに就く

またもう一つの手段は、今のポジションで与えられた仕事を一生懸命頑張り、生意気でムカつく年下上司を黙らせるような圧倒的な結果を出すことです。


もしあなたが年下上司よりも常に圧倒的な成果を出し続けたとすれば、会社はあなたを生意気でムカつく年下上司よりも、更に上のポジションに引き上げてくれます。


とはいえ、あなたよりもその年下上司のほうが優秀で実績を残してきたからこそ、そのムカつく若造はあなたの上司になったのです。


そんなあなたよりも優秀な人材を追い抜くほどの実績を残すことは、尋常ならざる努力と運がなければ厳しいでしょう。


残念ながらこの道も現実的な手段とはいえませんね。

転職をして、年下上司のいない職場に身を置こう

やってられるか!

繰り返しになりますが、ムカつく年下上司に対して上記の手段を講じるのはとてもむずかしいです。


異動願いは確実に受理されるものではありません。


今更仕事を頑張ったところで、そのムカつく年下上司よりも上のポジションに立つことも難しいでしょう。


でも、もう年下上司の下で働くのはまっぴらゴメンだ。


そう思ったときに最も堅実かつ確実な手段は、他の会社に転職をすることです。

どういった企業に転職をすればいいのか?

疑問

さて、クソ生意気でムカつく年下上司に嫌気が差し転職を決意したあなたですが、もし転職先がまたしても年功序列を完璧に無視した実力主義の会社だとしたらどうでしょうか?


せっかくムカつく年下上司から開放されたと思ったのに、またしてもあなたよりも年下のムカつく上司の下で働かなきゃいけない、なんてことになりかねません。


そんなことにならないように、どういった会社に転職するかは、本格的な転職活動を開始する前にしっかりと決めておく必要があります。

ムカつく年下上司に会わないためには伝統的な日系企業が狙い目

たしかに日本でも年功序列制を見直し、実力で評価しようという企業が増えてきました。


特にインターネットコンテンツビジネスに関わるような業界ではその動きが顕著です。


とはいえ、古くからあるような伝統的な日本企業では、まだまだ古き良き時代の伝統が残っています。


もしあなたが年下上司という存在に我慢ができないのであれば、伝統的な日本企業に転職することをおすすめします。


中でも狙い目なのは、あまり若者に存在が知られていない素材メーカーやプラントエンジニアリング、貿易関係の会社でしょうか。あと、公共インフラ系もいい感じに体質が古いと思われます。


そういった企業は、市場をほぼ独占しているか、既得権益を持っているため、わざわざ体制を変えなくても利益を出し続けられるため、年功序列制度がそのまま生き残っている可能性が高いです。


また、BtoB系の企業は地味で若者にはあまり人気がないため、あなたをを脅かすような野心的な若者が社内にいない可能性も高いです。つまりあなたの上司になるような生意気でムカつく若者に巡り合う可能性は低いと考えられます。


なんか、セコくないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、セコいことの一体何がいけないのでしょうか?というか、そんな他人の顔色を伺っていたら、あなたの欲しいものは手に入れられませんよ?


大事なのは、あなたの心の安定です。心の安定をもたらすのがムカつく年下上司のいない職場なのであれば、堂々とそんな職場に転職しましょう。

どうすればムカつく年下上司のいない企業に潜り込めるのか

まずは手始めに、世界を救うのだ!

ムカつく年下上司に遭遇しないために狙うべき業界はわかりました。


でも、じゃあ具体的にどうすればムカつく年下上司のいる可能性の少ない伝統的な日本企業に転職できるのでしょうか?


日々の仕事は忙しいし、仕事終わりの一杯をやめることはできない。なによりせっかく仕事から開放された休日にまで転職活動をしたくない。


そんなふうになかなか転職活動に注力する時間が取れない方も多いのではないでしょうか?


そんな忙しいあなたにピッタリの転職方法があります。


そう転職エージェントを活用するのです。

転職エージェントに登録しよう

もしあなたが生意気でムカつく年下上司の元での仕事に我慢できなくなったのなら、転職エージェントを使って転職することをおすすめします。

転職エージェント1

転職エージェントとは、あなたと企業の間に入り、あなたの転職活動をサポートしてくれる会社のことです。


ハローワークや転職サイトとの違いを下記の表にまとめたのでご確認下さい。

サービス名転職サイト転職エージェント
求人サイトに掲載されている求人を探すことができます。誰でも閲覧可能ネット上には掲載されていない非公開求人がメイン。
メリット自分のペースで転職活動をすすめることができる。求人探しや面接日程の調整などの事務手続きを代わりにやってもらえる。
プロによる職務経歴書の添削や、面接対策が受けられる。
デメリット企業との面接付けジュール調整などの事務手続きもすべて自分でおこなう必要がある。担当エージェントとの相性が悪いと、希望する求人が紹介してもらえない場合がある。
こんな人におすすめマイペースに転職活動を進めたい人。短時間に効率的に転職活動を進めたい人。プロに相談しながら転職活動を進めたい人。

転職エージェントを利用すると、自分一人で転職活動をおこなうよりも様々な点でメリットがあります。


具体的には
  • あなたの希望を叶える転職先を代わりにみつけてもらえる
  • 面接の日程調整など、面倒な手続きを代わりにおこなってくれる
  • 面接では聞きづらい情報を代わりに聞いてもらえる
などといったメリットがあります。


転職エージェントを利用するメリットを更に詳しく知りたい方は、下記の記事を合わせて覧ください。

関連

おすすめはリクルートエージェント

実際に転職活動を進める際にぜひとも登録しておくべき転職エージェントがあります。


それはリクルートエージェントです。


リクルートエージェントには、通常の転職サイトには掲載されていない非公開求人案件が10万件以上あります。


その中には年下上司にうんざりしたあなたにとってぴったりの会社がきっとあるでしょう。


豊富な求人案件の中から、ぜひとも納得の行く転職先をみつけましょう。



リクルートエージェント 公式サイトはこちら!

リクルートエージェントについて、更に詳しく知りたい方は下記の記事をあわせて御覧ください。

関連

ムカつく年下上司のいない職場に転職して、イキイキと働こう

今後もグローバル化の流れは続くでしょう。


自分より年下なのに優秀な上司のもとで働かなければならない機会は今後ますます増えていくかもしれません。


もちろんそうなった場合も腐らずに成果を出し続けることが大切です。


しかし、すべての人にその働き方があっているとは限りません。


幸いにもここは日本です。


探してみればまだまだ年功序列が残っている企業はたくさんあります。


もしどうしても年下上司のもとで働くのが嫌な人は、転職エージェントを使って、年功序列がまだ残っている企業に転職してみてはいかがでしょうか?


そんなのダサいよ!という声もあるかもですが、何に価値をおいているかは人それぞれです。


あなたが年下上司にムカついているのであれば、無理せず自分が働きやすい環境に身を置くべきです。


現状に不満をいだいているのであれば、行動を起こさなければいつまでたっても現状は変わりません。


動くなら、今です!


ムカつく年下上司のいない会社でイキイキと働ける未来を祈っています!



リクルートエージェント 公式サイトはこちら!


リクルートエージェント以外のおすすめの転職エージェントと、転職エージェントの上手な活用方法を知りたい方は下記をご覧ください。

関連