前の会社には、あり得ないほど結果を出し続ける人がいた。常に結果を出し続けるのである。


一体彼ら彼女らとぼくでは何が違うのだろうか? 


幸いなことに、そう言う人を間近でみてきて、彼ら彼女らがなぜ他の人よりも圧倒的な成果を出し続けているのか、ぼくなりに気付いたことがあるので、今回のブログで記してみる。


何気に意識が高い系のビジネス書なんか読むよりもよっぽどいい内容に仕上がったと思うので、ぜひとも何度も読み返してほしい。ぼくも挫けそうになったら何度も読み返すよ。


スポンサーリンク



1.仕事とプライベートの垣根が曖昧。

面接

1番はこれかな。仕事ができる人は、常に仕事のことを考えている。例えば新聞やネットで、自分の得意先の動向を常にウォッチするし、休日も情報収集を欠かさない。


具体的な例をみてみよう。


前の会社で一緒に仕事をさせてもらった敏腕営業マンである。途中から赴任してきた彼は、部内で売上高ナンバーワンの企業を担当することになった。もちろん業界経験はないし、その企業がどんな商品を扱っているのか、ということは、うちの部署に来るまで全く知らなかった。


部署に来た彼が最初の連休前に、ゆるふわ一般事務員のぼくにお願いしてきたことは


 
「この企業の商品のことをもっと知りたいな。申し訳ないけど、過去の資料があったらすべてコピーしてほしい」


ということだ。ぼくは、ええ、面倒くさいなあ!と思いながらも、過去の営業マンがまとめた資料を片っ端からコピーして、見やすい形にまとめて彼に渡した。その量は本が一冊書けるくらいのとんでもない量だった。


まあ、なんだかんだいって連休に読み込んでくるなんてありえないだろうな、とぼくは思いながら彼に資料を手渡した。


そして連休明け、部内の誰よりもその企業の商品に詳しくなった彼の姿が、そこにはあった。


 
また、彼はその取引先の社長の動向を、企業ホームページやSNS、先方の担当者を通じて常にウォッチした。そして、社長が休日にイベントやセミナーを開催する場合は必ず顔を出して挨拶をしていた。


 
とにかく彼のコミット力にぼくは脱帽した。


彼は、自分が担当しているクライアントがどんなことを大切にして、どんな思いを持って自分たちの商品を作っているのか、クライアントの担当者以上に考えて行動していた。


 
印象的だった言葉にこんなものがある。


 
「彼らは、自分たちの商品が好きすぎて、なんとかしてその良さを世の中に知ってもらいたい、その良さを体感してほしいと思っている。私はその熱量を少しだけ借りて、それを世の中に届ける手伝いをしているだけだ」


  
素晴らしすぎる。


 
もちろん成績は毎回トップクラスだ。部内の賞を総なめにしたのは言うまでもない。


 

2.抑えるところをしっかり抑える。

そこまで担当の仕事にコミットして、結果を出す彼は、苦手なことがとことん苦手だった。具体的には事務書類の作成がてんでダメだった。


 
彼は月に一度の交通費精算のやり方をいつまでたっても覚えなかった。メモを取ることすらしない。いつもぼくに「ごめん!代わりにやっておいて」と丸投げだ。でも、誰も彼に文句は言えなかった。


 
なぜなら彼は、自身がコミットすべき課題である


 
「営業数字を達成する」


 
というミッションを、他の誰よりも完璧にこなしていたからである。


 
「自分が企業に求められている役割は何か?」を考え、常にそれを最大化することを最優先に考える。


ぶっちゃけそれができていれば、他のことが多少できなくても何ら問題がない。もちろんブツブツ文句を言う人はいるだろうし、そんな態度を面白く思わない人もいる。でも、そういうひとは大抵自身がコミットすべき課題をきちんと達成できていない。要するに暇人なのである。


 
自身がコミットすべき課題に精一杯コミットし、結果を出している人は他人のことなんて気にしない。そういう人は、目の前の仕事が楽しくて仕方なくて、他のことを考える隙がないのである。


すべての業務を完璧にこなす必要はない。自分が求められている役割を果たすことを最優先で考えて、他のことは積極的に手を抜こう。 


そうそう、そんな彼ではあるが、ちょっと確認するだけで済むような書類の締切だけはいつもキチンと守っていたし、こっちから催促をしたお願いには、いつも嫌な顔をせずにきちんと答えてくれていた。これは3に続く、もう一つの特徴でもある。


3.物腰が柔らかく、人当たりがいい。

困ったことに、仕事ができる人というのは、総じて謙虚で物腰が柔らかく、とても人当たりがいい。


2、で書いたように、前の会社で圧倒的な結果を残していた営業マンは、ちょっと困ったちゃんでもあった。


経費精算はぼくに丸投げでとっとと客先に出るし、書類の提出を忘れてしまうこともしばしばであった。


事務員の立場からすると、正直「イラッ」としてしまう人物である。


でも、なぜか彼のことを悪く言う人はほとんどいなかった。


なんでだろうな、といつも考えていたのだが、ついぞ決定的な答えはでなかった。でも、その一つの要因が、誰に対しても物腰が柔らかく、決して上から目線で接しない態度にあったのではないかと思う。


彼とぼくとでは、会社の評価が違った。


できるビジネスマンである彼に対する会社の評価はとても高く、直接聞いてはいないが、お給料もそれなりに貰っていたと思う。結婚もしていて、子供にも恵まれていて、連休は海外旅行を嗜んでいた。


まあ、いわゆるエリート勝ち組である。年齢も1個違い。


翻ってぼくは、30を過ぎて一般事務員。お給料も手取り20万円(残業をしないと、20万円を切る。そしてそれは今の会社でもあまり変わらない)。もちろん彼女はいないし、海外なんて行ったことがない。仕事もできないし、コミュ障で人との会話もままならない。いわゆる人生詰んだ組である。こういったダメ子の遺伝子が残らないように、女性には遺伝子レベルでダメな男を見極める目が備わっているのだろう。


今まで二人きりで食事に誘った女の子はゆうに30人は超えているが、それに答えてくれたのは10人以下。そして、2回めに答えてくれたのはその半分。告白してOKをくれた女の子は、、、、、(泣)。


さて、続きである。


そんな彼からすれば、ぼくなんて道端の石ころだ。


どんなに罵声を浴びせても、誰も注意しないだろう。むしろ「まあ、そりゃそうなるよね」という雰囲気になるかもしれない。でも、彼は決してそんな態度を取らなかった。


むしろ、一人の人間として対等の存在としてぼくを扱ってくれた。本心がどうだったかまでは分からないが、ぼくはそう感じた。


「いつもわがままばっかいってごめんな」


「お前がいなかったら、おれはここまで成績出せていないよ」


わかっている。


そんなのは戯言だ。


彼は、ぼくのサポートなんてなくたってトップ営業マンだ。


きっと変わらず圧倒的な成果を出しただろう。


でも。


でもさ。


そんな自分と対して年齢の違わない社内のエースにそんなこと言われて、いい気分にならないわけがないじゃないか。


結果ぼくは、彼にいいように使われた(彼にそんな意識はなかっただろうけど)。


代わりに経費精算の書類も書いたし、面倒なデータの集計もした。もちろん残業をしたのは言うまでもない。


でも、不思議と嫌な感じはしなかったんだよね。


それは多分、彼がぼくのことを(表面上は)対等なビジネスパートナーとして認めてくれていたからだと思う。


仕事のできる人は、決して敵を作らない。もちろん0ではないだろうけれど、それでも他の人に比べて圧倒的に味方を作るのがうまいのである。なんかもうあれは天性のものとしか思えないよ。


いや、天性で片付けたらこのブログの意味がなくなる。


う〜ん、、、いっこだけ上げるとしたら、共感力が高いのかもしれない。


「わかる。その気持ちすげえよくわかるわ」


と、相手の意見を決して否定しない。むしろ認める。んで、感謝の言葉を述べるのを忘れない。


「この前の資料、めっちゃわかりやすくて助かったよ」


「あの時、即座に対応してくれてありがとう!お陰で受注に繋がったよ!」


と、こちらの労力に対してきちんと言葉をかけてくれるのである。


そうか、彼はとてもマメなんだ。


マメであることは、とてもむずかしい。なぜなら人間は基本的に怠け者だからだ。マメであり、常に感謝の言葉を忘れない。


そんな単純なことを当たり前のように実践できる人が、周囲に好かれて、仕事で結果を出しているのかもしれない。


う〜ん。深い!


彼のように仕事のできる人たちは、そうではな凡百な僕らに対しても平等な態度で接すると述べた。そう、彼らはとても謙虚で優しいのだ。
でも、ただ謙虚で優しいだけでは、仕事ができる人にはなれない。


そんな彼らの持つ4つ目の特徴、それは

4.自分の意見はしっかり伝える。

彼らは、たしかに優しい。でも、自分の意見と言うか考えをきちんと持っていて、それを主張することを忘れない。


ただ気が優しくて謙虚なだけの人は、自分の意見を主張できない。いつも他人の目を気にして、嫌われないように当り障りのないことをいって過ごしている。


でも、彼らは人に嫌われることを恐れない。


常に堂々と自分の意見を主張する。


なんというか、自信に満ち溢れているのである。


「私はこう思う。なぜならこうだからである」


ということを、どんな相手に対してもきちんと伝える。


またその伝え方がうまい。相手の意見を否定するのではなく、きちんと一度飲み込んだ上でイヤミのないタイミングで自身の意見を主張する。


周囲は彼らに飲まれる。


一見荒唐無稽な論理展開も、何故か彼が話すとなんとかなるんじゃないかと思えるし、実際なんとかなってしまう。


 
もちろん、彼らだって何度も失敗してきたのだろう。


でも、多分そのたび彼らはその失敗から学びを得て、1つずつ乗り越えてきたのだ。


だからこそ自信をもって、自分の意見を堂々と主張できる。


そして、自分ひとりの力では失敗を乗り越えることができないことを知っている。


だから人に対して優しいのだ。


また、苦い失敗を何度も経験するうちに、自分にとって決定的に不得手なものが何なのかを学ぶ。と同時に、得意なことも理解するのだ。


関連エントリ>>【無料】リクナビNEXTのグッドポイント診断で自分の強みを可視化しよう!!


そう考えると彼ら仕事ができる人間の本当の特徴というのは、失敗しても決してめげないガッツと、そこからきちんと教訓を学び取る地頭の良さなのかもしれない。


そりゃあいくらビジネス書なんて読んでも仕事なんてできるようにならないよな。


おしまい。