これはぼくの友人のお話です。


彼には当時、とても好きな人がいました。


彼女となら結婚してもいい、、、真剣にそう考えていた彼は、とても一途で誠実な男性でした。


しかし、そんなピュアで一途な彼に残酷な現実が牙を剥いたのです。

出会いは友人の紹介

ピュア
彼と彼女の出会いは、ありふれたものでした。


つまり、友人の紹介です。


紹介、といっても


「お前ら付き合っちゃえよ~、Fooooooo!!


といったチャラいものではなく、あくまでお互いの友人同士を呼んで親交を深めようといったカジュアルなものでした。


段々異性として惹かれていく彼

はじめて出会ったときから古くからの友人のように話が弾んだ2人。


彼にとって彼女は、最初は「話のあう友人」程度の認識でした。


そうして友人として何度も会っていくうちに、彼女の女性としての側面に惹かれていきました。


徐々にですが、確実に彼の中で彼女の存在が大きくなっていったのです。


もちろん、誠実な彼は付き合う前に手を出すようなことは決してせずに、たとえ2人きりで飲んだ日の夜でも終電前には誠実に彼女とお別れをしていました。

突然現れたライバル

好きになったのはいいけど、告白して今の関係が壊れるのが怖い。


そんな男子中学生のようなピュアな心の彼がもたもたしている間に、彼女の前にある一人の男が現れます。


そして彼女は、その男から「付き合ってほしい」と会ったばかりのその日に告白されたというのです。


今までそんな日が来るとは全く考えていなかったぼくの友人は、それでも彼女への告白を躊躇していました。


そんな中、その男の悪い噂がぼくの友人の耳に入ります。


そう、彼女にあったその日に告白したその男は、様々な女性に同時並行的に手を出すチャラ男だったのです。


あんなやつに彼女を任せてはおけない、、、、!ぼくが彼女を守るんだ!!!


そしてぼくの友人は、彼女に告白することを決意します。

告白、そして告げられた残酷な言葉

非モテを糾弾する女子

少年漫画の主人公のようなピュアでまっすぐな心を持った彼は、いつものように友人として彼女を飲みに誘います。


彼女の行きつけのバーに向かい、2人でそれぞれ好きなお酒を頼みます。とりとめのない会話を楽しんだ後、話題はもちろんその男について及びます。


彼女は揺れていました。確かにチャラ男みたいだけど、でも自分に「だけ」は心の弱い部分を見せてくれる。そんな彼の気持ちがわかるのは、多分世界中で自分一人だけ。


あ、あかんやつだ。このままでは彼女をチャラ男に汚されてしまう!!


そう思った彼は、急に彼女の手をにぎると、こういいました。


「なあ、おれじゃだめかな?」


ピュアでまっすぐな彼の、嘘偽りのないピュアな告白です。そして彼は、いかに自分が一人の女性として彼女のことが大好きかをとうとうと語ります。


しかし、彼のことを異性として全く意識していなかった彼女は、ただただ驚くばかりでした。


しかし、そこは大人の女性です。


「ありがとう。私のことをそんな風に想っていてくれたんだ。むっちゃ嬉しいよ」


これはいけるかも、、、と期待とあそこを膨らませた彼でしたが、次の瞬間その思いは打ち砕かれることになります。

「男で事務職って、将来考えてるの?」

でも、、、、


と何か言いにくそうに顔をそむける彼女。


なんだろう?と淡い期待をいだきつつ次の彼女の発言を待つぼくの友人。


「ごめん、あなたとは付き合えないんだ」


どういうことか?


「これは、あなたのことを思っての発言だからちゃんと聞いてほしいんだ」


といって彼女は続けました。


いわく、ぼくの友人と付き合っても将来が見えないと。


確かに彼は誠実でまっすぐないいやつでしたが、職業は一般事務員でした。


ゆえに稼ぎも低く、貯金もほとんどありません。


関連エントリ>>年収が低いと不安で人間が貧しくなるから、すぐになんとかした方がいい


いつも一緒に遊んでいた彼女は、彼の職業のことも知っていましたし、普段の格好や身につけているものなどから、彼の生活ぶりが決して豊かではないことも見抜いていました。


そんな彼と付き合っても、お金で苦労するのは目に見えている。


「ねえ、男で一般事務員って、本当にちゃんと将来のこと考えているの?」


そして、更に残酷な真実を彼に告げます。


彼女だけでなく、彼女を含めた彼の周りの女性陣は皆、彼のことを優しくて誠実なだけで頼りなく、面白みのない男で付き合うなんて絶対にありえないと評していることを。


「だから、あなたと付き合うなんてありえない。彼(チャラ男のことだ)には「もう女遊びは絶対にしない」って約束してもらったし、私は彼と付き合うことにするね。バイバイ」


ああ、女の子というのは、本当に不誠実で嘘つきなチャラ男が大好物なのです。


その真実に彼が気づくのは、この珍事から数年がたってからですが、それはまた別の物語。

悔しさをバネに転職活動を

脱非モテ

しばらく落ち込んでいた彼ですが、いつまでも落ち込んでばかりはいられません。


その失恋を糧に、彼は生まれ変わることを決意したのです。


「今のままじゃダメだ。事務員じゃ、きっとまた同じようなフラれかたをする。そう、手に職をつけて、家族を守れる男になるんだ!」


彼は、慣れ親しんだ職場に別れを告げ、転職をすることを決意しました。

未経験で経理職への転職に成功

ずっと一般事務員としてキャリアを積んできた彼の転職活動は苦しいものでした。


なぜなら誇るような職歴がなかったからです。


彼のおこなってきた業務は、コピー取り、データ入力、電話対応や事務用品の発注業務といった、本当にごくごくありふれた一般事務のお仕事ばかりでした。


書類選考もなかなか通りません。


せっかく面接に行けた企業も、多くは彼に一般事務員としての働きを求めるところばかりでした。

なぜ、未経験で異なる職種への転職に成功できたのか?

握手
しかし彼は諦めませんでした。


来る日も来る日も履歴書と職務経歴書を携え面接に向かいました。


そして、ある日とうとう彼は経理職として内定を勝ち取ることができたのです。


一般事務員から、経理という専門職への転身。


もちろん未経験なので、これから勉強しなければならないこと、覚えなければならないことはたくさんあります。


でも、彼の目は希望でキラキラと輝いていました。


そして今、彼はその会社で経理職として日々忙しい毎日を送っています。


もう「頼りない」なんて言わせない。


あの日の失恋が、彼を高みへといざなったのです。

要因1.20代という若さ

では、なぜ彼は全くの未経験から経理職という専門職へ転職することができたのでしょうか?


その一つの要因は、彼の年齢にありました。


当時彼は20代なかば。


まだ十分に未経験の職種にチャレンジすることが許される年代だったのです。


職種を変えるのなら、若いうちに転職活動をするに越したことはありません。

要因2.自己PRの上手さ

また彼は自己PRが上手でした。


一般事務員の仕事をそのまま面接で伝えても、たいした自己PRにならないことにいち早く気づいた彼は、経歴の見せ方を工夫したのです。


例えば、大量のコピー取りを指示されたときはただコピーを取るのではなく、その書類を何に使うのかを確認します。


もしその用途が社内の打ち合わせや会議で使うだけの書類であるならば、裏紙を使ってコピーを取る、2in1でコピーを取る、そもそもコピーを取らないでプロジェクタで映し出すことを提案する、といった感じで経費削減に貢献してきた、といったエピソードを(嘘にならない程度に盛って)アピールしました。


データ入力の仕事も、どのような目的でデータをまとめるのかを指示者にきちんと確認し、その目的にかなうようなまとめ方をするなど、日々+αの気遣いを見せて仕事をしていた彼にとって、アピールするポイントはたくさんありました。そのデータの書類のお陰で新規クライアントから受注を獲得できたなどといわれて食いつかない企業の方が少なかったと、のちに彼はぼくに話してくれました。


一見地味で、PRするところのないように見える仕事でも、視点を少し変えるだけでいくらでもアピールする点は見つかるということです。

要因3.主体的に学ぼうという姿勢が評価された

また、彼はピュアでまっすぐな性格をしていたので、ビジネスに対してもとても誠実でした。


未経験の職種に応募する際にも、あらかじめその職業がどのような業務を行うのかを、可能な範囲で徹底的に調べていたのです。


具体的にはインターネットで情報を集める、その職種関連の本を何冊もブックオフで買って読み漁る、といったことです。


その姿勢が、企業の採用担当者の心に突き刺さりました。


若くて勉強熱心。


その上生来彼が持っているピュアで誠実な性格が功を奏し、伸びしろたっぷりの人材として判断され、彼は未経験の経理職として内定を勝ち取ることができたのです。


恋愛上では


「頼りない。つまらない。女性慣れしてない感じがキモい」


などと、さも欠点のように言われてきた彼の誠実さが、ビジネスにおいてはこれ以上ない長所として受け入れられたのです。


世の中本当にわかりませんね。

未経験の職種へ転職は、転職エージェントを使うのがおすすめ

疑問

でもぼくは1つどうしても腑に落ちない点がありました。


彼の転職活動のやり方が、あまりにも戦略的であったことです。


何度も繰り返すよに、彼はとてもピュアで誠実な男です。


頭は悪くありませんが、知略をめぐらして、上手に立ち回るようなことができるようなタイプではなかったからです。


だから、そんな彼が戦略的に職務経歴書を書き換え、どんな企業担当者もうなるような自己PRを考え、それを臆すことなく堂々と面接でアピールしたというのが、どうしても信じられなかったのです。


これは何か秘密があるなと、ぼくは転職祝いと称して彼を飲みに誘いました。


そして彼はいいました。


転職エージェントを使って、担当エージェントの人のアドバイスを元に転職活動をおこなったら上手くいったのだと。


そう、彼の転職成功の裏には、転職活動のプロフェッショナル集団、転職エージェントがいたのです。

理由1.未経験者でも応募できる非公開求人をたくさん持っている

それでは、転職エージェントを使って転職活動をおこなうとどのようなメリットがあるのかをみていきたいと思います。


まず、一つ目は転職エージェントには転職サイトやハローワークには出ていない非公開求人がたくさんあるといった点です。


公開求人と異なり、間にエージェントが介在する非公開求人は、必ずしも募集条件に合致していなくても、エージェントの働きによって面接にすすめることが結構な割合であります。


彼の場合もその実直な人柄が評価され、未経験ながらも多くの企業に面接にいけたとのことでした。

理由2.どういった攻め方をすればいいかのノウハウが豊富

ぼくの友人は、一般事務員の仕事したかしたことがなく、なかなかいい職務経歴書が書けませんでした。


最初はA41枚でも余るくらいの職務経歴書しか書けず、もちろん書類通過も全然できずに焦ったといいます。いざ面接にいけたとしても、数字で語れるような成果も出していない自分にはアピールする強みもなく、全く面接に受からなかったといいます。


そんな中、インターネットで転職エージェントの存在を知った彼は、藁にもすがる思いで面談に申し込んだそうです。


そしてそれまで一人でいくつか企業に応募してみたが全く手応えがなく、どうしたらいいかわからない旨を話したところ、今回のような戦略をとることを提案されたといいます。


彼のこれまでの職務内容を聞いた転職エージェントによって、彼は自身の今までの仕事で何をアピールすればいいのかがわかり、自信を持って面接に臨めるようになったといいます。


また、彼の誠実な人柄は経理の仕事に向いているとのアドバイスをもらい、経理職で転職先を探すことを決意したとのことです。


そして、彼のように一般事務の仕事しかしたことのない人でも、書類の見せ方や面接でのアピールの仕方を変えることで経理職で転職を成功させた人はたくさんいるとのことで、そのノウハウを活かせば年齢的に十分経理として転職できると言われ、非常に心強かったと彼はいっていました。

理由3.書類の添削や、面接練習をおこなってもらえる

転職の方向性が決まったら、職務経歴書の書き直しです。


自身の強みやアピールポイントが明確になったので、職務経歴書も非常に充実させることができました。


過去に沢山の求職者の職務経歴書をみてきた転職エージェントからのアドバイスはとても的確で、自分だけでは決して作れなかったような素晴らしい職務経歴書ができたと彼はいいます。


確かに、最初に彼が作った職務経歴書と、転職エージェントに添削してもらったあとの職務経歴書を見比べさせてもらったのですが、本当に同じ人物の仕事内容を書いたものかと、とても驚いたのを覚えています。


また、転職エージェントでは面接の練習を行ってくれるのも大きな魅力であったと彼はいいます。


実際に模擬面接を行ってみると、相手が転職エージェントで練習だとわかっていても、緊張して上手く話せなくなったり、質問に頭が真っ白になって何もいえなくなったりしたそうです。


実際の面接の前に準備不足を痛感させられた彼は、本番前にこれでもかというくらい準備を行ったといいます。


そして本番の面接では、緊張こそしたものの納得の行く面接を行うことができたとのことです。


もちろん、その企業から内定をもらったのはいうまでもありません。

おすすめ転職エージェントはリクルートエージェント

そんな彼が実際に使って、非常に満足したという転職エージェントはリクルートエージェントでした。


登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】


それではリクルートエージェントのどういった点がおすすめなのか、みていきましょう。

10万件を超える圧倒的な非公開求人数

まずは何と言ってもこちらです。


リクルートエージェントはあのリクルートが運営している転職エージェントです。


そのブランド力で企業からの信頼も厚く、取り扱っている非公開求人数は10万件を超えます。


その中には、ぼくの友人のような未経験者でも応募できる経理職の案件もきっと含まれていることでしょう。


やはり求人数が多いというのは、転職する側にとってとても魅力的なことだといえます。

過去にも未経験者を異業種に転職させている

大手の転職エージェントであるリクルートエージェント。


過去に沢山の人達を転職に導いてきました。


中にはぼくの友人のように未経験職種への転職に成功したパターンもあるでしょう。


ぼくの友人も過去の転職成功事例をもとに転職プランを練ってもらえたといっています。


自分一人では思いつかなかったようなあなたにあった勝ちパターンを、リクルートエージェントを利用すれば得ることができるかもしれません。

自分の市場価値や強み、キャリアについて考えることができる

もしあなたがすぐに転職を考えていないとしても、リクルートエージェントで面談をすることはとても有意義なことだ。


ぼくの友人も、転職エージェントと面談をすることで、自身の強みが何かを知ることができた。


それは自分ひとりでは決して気づかなかった強みでした。


ぼくの友人はすぐにでも転職を希望していたので、その強みが活かせる職種を中心に転職活動を開始しました。


しかし、仮に転職エージェントとの面談を通じて、すぐに転職活動をしないという結論に達したとしても、あなたは大きな収穫を得ることになります。


自分では気づかなかった自分の強みに気付いたり、今まで考えもしなかったキャリアプランが見えてきたりするかもしれません。


そのために今、何をすべきかが明確になれば、きっと次の日からの仕事への姿勢も変わってくるでしょう。

おわりに

今回、未経験から経理職という専門職への転職を成功させたぼくの友人の話を書いてみた。


彼が転職を成功させることができたのは、きちんと正しいやり方で転職活動をすすめられたからである。


もし自分ひとりで転職活動をおこなっていたら、今回の結果はきっと得られなかっただろうと彼は笑いながら述べてくれた。そして、今の仕事は難しいがとてもやりがいがあり、楽しいものだとも語ってくれた。


今の自分にあっている、と。


ピュアで真面目で誠実な彼の人柄は昔のままだ。


でも、彼の立ち居振る舞いは自信に溢れ、堂々としている。


今は仕事が忙しくて恋愛方面のことはなおざりになっているとのことだが、彼のことだ、心配はいらないだろう。


と、思いきや、なんだか新しく自分の部署に入ってきた後輩女子のことが気になっているとのことだ。


背が小さく、お人形のように可愛らしい彼女に、彼はぞっこんラブのようだ。


やれやれだ。


でも、今の自信に溢れた彼なら、きっと彼女を振り向かせることができるだろう。


いい転職は、人生を変える。


そのためには、転職エージェントを使ってプロの手を借りることが一番の近道なのかもしれない。


登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】

ピリオドの向こう側

そうそう、最後に彼をフッた彼女とチャラ男の後日談をば。


「もう浮気はしない」


と固く誓った彼でしたが、もちろんそんなのは口からのでまかせで、相変わらず様々な女性と関係を持っているようです。


そしてそんな彼のことを彼女は


「でも、いつも最後には私のところに戻ってきてくれるんだ~。彼のことを一番わかっているのは私だし、彼には私みたいな人が必要なんだよね」


と目をハートにして周囲に語っているとのことです。


幸せそうでなによりでした。


おしまい。


転職エージェントについて、さらに詳しく知りたくなった方は下記の記事をご覧ください。