しがないサラリーマンしがないサラリーマン

今月もあれだけ頑張って残業したのに、給料明細を見るとため息しか出ない。家賃を支払って、消費者金融の借金を返すともうご飯代くらいしか残らなないよ。本も買えない。旅行もいけない。飲み代なんて出せないから、合コンも街コンも行けない。こんな毎日がこれからずっと続くのかな?せめてあと5万円、手取りが増えたらいいなあ。



そんな、給料が安い現状に嫌気が差しているあなたに向けて。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


みなさんは、いまの給料に満足していますか?


かつてのぼくは自身のお給料の安さにいつも不満を持っていました。


毎月お給料が振り込まれるたびに


「せめてあと5万円手取りがあったらなあ」


と、手元にない空想上の5万円の使いみちをいつも妄想していました。


この記事では、給料が安いことのデメリットと、そんな状況を打破するために取るべき方法をお伝えします。


結論をいうと、給料が安い現状に不満を持っているのであれば、早目に転職をして精神的な安定を手に入れるべきです。

スポンサーリンク



給料が安い会社に勤め続けるデメリット

絶望

給料が安い会社に勤め続けていると、とにかくデメリットが多いです。


かつて毎月の手取りが16万円でボーナス支給がなかった会社に勤めていたぼくが感じた、年収が低いことのデメリットは大きく3つあります。

それは

  1. 精神的な余裕がなくなり、愚痴っぽくなる
  2. 欲しいものを我慢するのが当たり前になり、人生の楽しみがなくなる
  3. 人間関係を維持するのが難しくなる

です。

1.精神的な余裕がなくなり、愚痴っぽくなる

冒頭のしがないサラリーマンもいっていたとおり、毎月の手取りが生活の必要経費と消えていく日々が続くと、精神的に余裕がなくなってきます。


精神的な余裕がなくなると、人間は周囲に気を配る余裕がなくなります。


そして、周りの幸せそうな人々のことが憎たらしくなってきます。


なんで頑張っている自分はこんなに貧窮しているのに、大して頑張っていないこいつらがこんないい生活しているんだ!と。


信じられないかもしれませんが、精神的な余裕がなくなると、人はみなとても醜い存在になってしまうのです。

2.欲しいものを我慢するのが当たり前になり、人生の楽しみがなくなる

例えばあなたの趣味が読書だったとします。


読書をするためには本を購入する必要があります。


収入が少ないと、満足に本を買うことができません。


そりゃあもちろん、図書館を利用するという手もありますが、最新の書籍は予約待ちが当たり前で、ほしいタイミングで手に入れることができません。


また、本当に好きな作家の本はレンタルではなく自分のものとして手元においておきたいですよね。


他にも、旅行にはいけなくなりますし、好きなアーティストのライブやコンサートなどにも行けません。なぜならそんなお金がないからです。


このように収入が少ないと趣味に費やせるお金がなくなります。つまり、人生の楽しみがなくなってしまうということです。それでは、一体何のために生きているのかわからないですね。

3.人間関係を維持するのが難しくなる

給料が安いと、人間関係を維持するのが難しくなります。


かつてぼくは手取り16万円で、ボーナスももらえない契約社員でした。


日々の生活を送るので精一杯で、趣味を楽しむ余裕もありません。


しかしそれ以上に辛いのが、学生時代からの友人たちとの交流ができなくなったことです。


学生時代から親交のある友人たちも、社会人になり数年がたてばそれなりの地位につき、収入もそれなりになります。


遊びも学生時代とは比べ物にならないほどお金がかかるものになりますし、旅行に行こうなんて話になれば、10万円単位の出費は当たり前です。


でもぼくにそんなお金を出す余裕はありませんでした。なぜならお給料の手取りは16万円で、ボーナスもなかったからです。


ぼくが毎日ヒイヒイいながら働いていたとき、学生時代の友人からゴールデン・ウィークにいつメン(いつものメンバー)で旅行に行こうという話がでました。


行き先は有名な温泉地です。


GWなら休みも合わせやすいし、皆で久しぶりに集まって会社の愚痴でもこぼそうぜ!とい話はトントン拍子にすすみます。


でも、ぼくは普段の生活でイッパイイッパイで、とても旅行に行く余裕はありません。


「ごめん、おれはちょっと都合悪いから今回はパスで」


と、さも忙しい社会人のふりをして友人からのお誘いを断ること数回。


ついにぼくに、遊びの誘いが来なくなりました。


ぼくだって会いたい。一緒に遊びたい。


でも、そのためのお金がぼくにはありませんでした。


そんなぼくの周りから友達がどんどん姿を消していったのは自然の摂理だったのでしょう。


学生時代からの友情は宝です。


ぼくのように給料が安くてお金が足りないなんて理由でその一生モノのの宝を失うなんて絶対にあってはいけません。この世には一度失うのと、絶対に取り戻せないものがあるのです。

給料が安いならとっとと給料の高い会社に転職すべき理由

年収アップ

もちろんお金だけが人生ではありませんが、それでもお金があれば解決できることは多いです。


もし、あなたがかつてのぼくのように、お給料が安いことに悩んでいるのであれば、転職をして今より年収の高い会社にいきましょう。


お給料が高い会社に転職をすると、下記のようないい変化が人生に訪れます。

  • 生活に余裕が出ると、様々なサービスを利用できるようになり、視野が広がる
  • 自己投資ができるようになるし、副業などにも着手しやすくなる
  • 友人づきあいも気兼ねなくできるようになり、将来のパートナーも探しやすくなる

では、お給料が安い会社から高い会社に転職するにはどうすればいいでしょうか?


そのためには、転職エージェントを活用しましょう。

給料が安い会社から高い会社に転職するためには、転職エージェントを使おう

給料が安いことに悩んでいるのであれば、転職することをおすすめします。


しかし転職活動はやり方を間違えると、今と同じくらいの給料か、今より少ない給料の会社に入社してしまう可能性があります。


それでは一体何のために転職をしたのかわかりませんね。


そうならないためにオススメなのが転職エージェントを使うことです。


転職エージェント1


転職エージェントとは、よりよい人材を効率的に獲得したいと考えている企業と求職者をマッチングする会社のことです。


求職者である皆さんは無料でこのサービスを使うことができます。


転職エージェントを利用すれば、

  • 転職エージェントが独自に抱えているお宝求人を紹介してもらえる
  • 年収など条件面の交渉を代わりにおこなってもらえる
  • 具体的なキャリアプランを一緒に考えてもらえる
といったメリットがあります。


これは、自分1人ですべての活動を行わなければならない転職サイトやハローワークとの大きな違いです。


転職を成功させたいのであれば、ぜひとも転職エージェントを積極的に活用しましょう。


その他、転職サイトとの違いは下記の表にまとめたので御覧ください。

サービス名リクナビネクスト
(転職サイト)
リクルートエージェント
(転職エージェント)
求人サイトに掲載されている求人を探すことができます。誰でも閲覧可能。ネット上には掲載されていない非公開求人がメイン
メリット・自分のペースで転職活動をすすめることができる。
・自分で面接のスケジュール管理が可能。
・希望年収を叶えられる企業を中心に紹介してもらえる
・求人探しや面接日程の調整などの事務手続きを代わりにやってもらえる。
こんな人におすすめマイペースに転職活動を進めたい人。・今より年収をあげたいが、自分で条件のいい求人を探せる自信のない人。
・条件面の交渉が苦手な人。
おすすめ度★★★★★★★★
公式サイト>>リクナビNEXTに登録する

>>リクルートエージェントへ登録する
※土日、祝日の面談も受付。
転職エージェントのメリットをより詳しく知りたい方は下記の記事を合わせてご覧ください。

関連

おススメはリクルートエージェント

リクルートエージェント

数ある転職エージェントの中でぼくがおすすめするのはリクルートエージェントです。


なぜならリクルートエージェントには、10万件を超える求人案件があるからです。そのうちの9割が非公開求人であり、通常の転職サイトやハローワークでは見つけることができません。


圧倒的な求人件数の中には、きっと今の職場より年収の高い仕事が眠っていることでしょう。


また就職活動でほぼすべての学生が利用したであろうリクナビを運営しているリクルートのサービスであるため、安心感があるのも見逃せませんね。



>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

リクルートエージェントについて更に詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。


関連

おわりに

世の中には給料を重視する働き方を疑問視する考えもあります。


しかしそうはいってもお給料は大切です。


想像してみてください。

  • 行ってみたいなと思った場所にいつでも旅行できる姿を
  • 会いたい人に気兼ねなく会いに行ける姿を
  • 美味しいものをたくさん食べられる姿を

そんな未来を手に入れてみたいと思いませんか?


もしあなたが今の収入に満足していないのであれば、行動あるのみです。


行動せずに現状に甘んじていては何も変わりません。


そのための一歩としてまずは転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。




>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

リクルートエージェント以外にぜひとも登録すべき転職エージェントについては、下記の記事をご参照ください。

関連