苦悩

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


  • 毎日同じ業務の繰り返しで、成長が感じられない
  • 家のローンや子供の養育費を考えると、今の会社の年収だと不安しかない。本当にここにずっといていいんだろうか?
  • 他の会社の友人は、役職を持っているし、部下も持っている。それに比べてぼくは未だに平社員。将来が不安でしょうがないよ


そんなふうに、今の仕事をずっと続けていいんだろうかと将来に不安を持っている人に向けて。


この記事では、かつて仕事の将来に不安を感じたぼくが、思い切って転職をしてその不安を解消した体験談を紹介します。


今の仕事を続けることが将来のためになるのか、漠然とした不安を抱いている人に少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



仕事の将来性が不安になって転職を考えはじめたぼく

切ない

就職活動を経て、ある中小企業に就職したぼくは、学生と社会人との能力差に毎日悔しい思いをしながらも、毎日歯を食いしばって頑張りました。


頑張ったかいがあってか、入社後2年ほどがたつと、ある程度仕事にもなれ、自分の置かれている環境を見渡す余裕が出てきます。


そして入社当時と変わらない仕事を淡々とこなす毎日に「このままでいいのだろうか?」と将来に対するいいようのない不安と焦りを感じはじめたのです。

転職を考えたきっかけは他の会社に勤めている友人の話だった

なんとなく当時任されていた仕事内容に不安を感じていたぼくが、強烈に転職を意識するようになったきっかけは、大学時代の友人と久しぶりに会ったときに交わした会話です。


その友人の話す内容に、学生時代はまったく感じていなかった能力差をひしひしと感じさせられました。

役職をもらい、部下を管理するようになった友人

社会人になってまだ3年目という状況で、友人はすでに役職をもらい、部下を指導するようになっていました。


学生時代のそいつは、バイトに精を出しすぎてよく講義を欠席しており、まじめに講義に出ていたぼくのノートのおかげで卒業できたような奴でした。


しかし、人間的には非常に魅力的で周囲をひきつけていた彼は、社会人となりメキメキと頭角を現したようです。


新卒で入った会社で3年目にして管理職として役職をもらい、部下を指導し、人事評価も行うようになっていた彼の目は、学生時代と同様にキラキラと輝いていました。お給料もただの平社員のぼくとは天と地ほども差がついていたことはいうまでもありません。

それに比べて、一歩も進歩していな自分の将来に不安を抱く

一方ぼくの方は、多少は他の仕事も任されるようになりましたが、相変わらず平社員で、管理職など夢のまた夢。部下を持つこともなく、ましてや人事評価なんてまったく縁がありませんでした。


昇給もほとんどなく、お給料は新卒の頃とさして変わりません。住民税などの税金の負担が増えた分、むしろ手取りは新卒の頃より減りました。

会社で求められる成果を出せるように頑張るがお給料には反映されない

そんな友人に負けたくないと奮起したぼくは、それまでの自分とサヨナラをしました。


つまり、会社に求められる成果を意識して仕事をするようになったのです。


それまでのぼくは、どちらかというと「社畜になりたくない」という新卒正社員とは思えない穿った視線で仕事を捉えており、どこか仕事に対して全力を出し切っていませんでした。


しかし、同じレベル、いえ正直いって自分よりもワンランク下だと思っていた友人が社会人としてメキメキと頭角を現す姿に悔しさを感じたぼくは、100%全力で仕事に取り組むようになりました。


結果として、会社が社員に望む成果をコンスタントに出せるようになったのですが、そこはさすがの中小零細企業です。


お給料はほとんど増えず、業務負担だけが増えるばかりでした。


「仕事の報酬は仕事」


の合言葉とともに、自分のキャパシティ以上の仕事を割り振られたぼくは、成果が出せなくなり、あっという間に入社時と同じ水準の月収に転落しました。

どこでも通用する仕事をしたい!と異動願いを出すが受理されず

ぼくが配属されたのは、ものすごくニッチな業界のイベント企画を運営する部署でした。


同じ大学を出た友人や地元の友だち、親や親類の中にも、ぼくと同じ仕事をしている人は1人もいません。


就活をしていた頃は、その特殊な仕事内容に特別感を抱いたのですが、社会人として何年か働くようになると、あまり特殊な職種は潰しが効かなく、苦労するのでは?と考えるようになりました。


もし仮にその職業が世の中に必要とされなくなった場合、果たして自分は他の仕事に就くことができるのか?と、不安になったぼくは会社に異動届を出しました。


例えば営業や管理系(総務や人事、経理)の仕事はどの会社やどの業界でも共通している部分があります。


そういったどこでも通用する仕事をすることで、今の仕事が将来なくなったとしても食いっぱぐれることはないだろうと考えたわけです。


しかし、異動届は100%受理されるわけではありませんし、また受理されたとしても自分の希望する部署にいける保証はありません。


案の定、ギリギリの人数で会社を回していた中小企業において、ぼくの異動届は受理されませんでした。

このまま今の仕事を続けていて本当にいいのだろうか?

学生時代の友人の話を聞いて、現状を変えようと一念発起したのですが、結局何も変えることができませんでした。


頑張っても意味がないと打ちのめされたぼくは、本当に今の仕事を続けていていいのだろうかと、将来への不安を覚えました。


そして


  • 結婚資金や家のローン、親の介護費用などを工面できるのか?
  • 子供を授かった際に生じる養育費や将来的な学費を準備できるのか?
  • 年金が当てにできないこれから、今の会社の退職金だけで将来生きていけるのか?


などといったことを真剣に考えたとき、ぼくはこの会社に一生勤めるのは無理だなと思いました。


さらに追い打ちをかけたのは、その会社の極めて不安定な給与形態です。


入社10年目の先輩が、リーマンショックのあおりを受け、3ヶ月連続でノルマを達成できずに月収を10万円近くさげたという話を聞いたとき、ぼくは転職活動をすることを決意しました。

当時の会社の仕事の将来性に不安を感じ、転職を決意

いくら頑張ってもまったく昇給がかなわず給料も不安定、更に異動届けも受理されなかったぼくは、その会社に見切りをつけ転職することを決意しました。


もしあなたが当時のぼくと同じように、今いる会社で働き続けることに不安を感じているのであれば、現状を変えるためにも行動をおこしましょう。


行動といってもいきなり転職をしろといっているわけではありません。


まずは今の仕事で評価され、給料をあげるためにできることをしましょう。


もし他の部署の仕事のほうが割に合っていると思うのなら、異動届を出してみるのもいいでしょう。


それでも将来の不安が解消できないのであれば、ぼくのように思い切って転職を視野にいれるべきです。


そして転職をするのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職をするなら、転職エージェントを利用しよう

転職エージェント

転職を決意したぼくが最初に行ったのが、転職エージェントへの登録です。


なぜ転職エージェントに登録したのかというと、自分がそのとき感じていた仕事に対する将来的な不安が、正しいものなのかを知るためでした。


もしかしたら、仕事を辞めるための言い訳を探しているだけなのではないか?という疑問が拭えなかったからです。


結論を言うと、ぼくの感じていた不安は本物であり、転職するには十分な理由だとお墨付きをもらえました。また、その不安を解消するためには、どういった企業を次の転職先にすればいいのか、具体的なアドバイスも貰え、迷うことなく転職活動をスタートできました。

転職エージェントとは?

転職エージェント1

転職エージェントとは、優秀な人材を探している企業と、今の会社では将来に対する不安を解消できないと考えている求職者をマッチングさせる会社のことです。

転職エージェントを利用すべき理由

もしあなたが、今の仕事に将来的な不安を感じて転職をしようと考えているのであれば、ぜひとも転職エージェントを利用すべきです。


なぜなら転職エージェントに登録すると、自分が抱えている仕事に関する不安の正体を一緒になって考えてくれて、それを解消するために選ぶべき選択肢を示してくれるからです。


下記のリンク先を見ていただければわかるように、今の仕事を将来に渡りずっと続けていいのかを不安に思っている求職者は少なくありません。


参考>>転職を考え始める│転職成功ノウハウ│転職成功ガイド|転職のリクルートエージェント


誰かに話を聞いてもらうだけでもずいぶん考えは整理されますよ。

まずはリクルートエージェントに登録しよう

転職する際にまず登録すべき転職エージェントはリクルートエージェントです。


【↓↓↓転職成功実績No.1!土日、祝日面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



リクルートエージェント 公式サイトはこちら!


リクルートエージェントに登録すべき主な理由は下記のとおりです。

  • 転職成功実績No.1の転職エージェントなので、ノウハウが豊富で実践的なアドバイスが貰えるから
  • 土日祝日や、平日の夜も面談してもらえるので、仕事が忙しくてなかなか時間が取れないあなたでも無理なく転職活動をスタートできるから
  • 10万件を超える圧倒的な求人数。その9割が一般公開されていない非公開求人。あなたの不安を解消してくれる求人を見つけられる可能性が高いから


リクルートエージェントについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。




その他おすすめの転職エージェントと、転職エージェントの上手な活用方法を知りたい方は下記をご覧ください。


今の仕事に対する将来の不安を解消するためにも、行動を起こしましょう

行動をしよう

将来を悲観して嘆いてばかりいても何も問題は解決しません。


もしあなたが当時のぼくのように、今の仕事に対して将来的な不安を感じているのであれば、とにかく早めに行動を起こしましょう。


行動を起こせば、うだつの上がらなかった人生にサヨナラをして、キャリアアップを果たすことも十分可能です。




不安をいだいたまま今の仕事を続けていても、悩みは決して消えません。


年齢を重ねれば取れる選択肢がどんどん少なくなっていきますし、もし家族を持ってしまったら、気軽にリスクを取ることも難しくなります。


とにかく行動するなら早いほうがいい。


ぼくも最初は転職に及び腰でしたが、転職エージェントと面談を行い「このまま会社に残っていても年収アップは望めそうにない」「将来の選択の幅を広げるために若い内に動いた方がいい」と判断し、転職することにしました。


結果的に年収もアップし、将来の選択肢が広がる仕事に就くことができたので、非常に満足しています。


そしてなにより仕事に対する将来を不安に思うことがなくなったのが嬉しかったです。


どうせ仕事をするなら、未来に希望が持てる仕事がしたいと思いませんか?


仕事の将来に不安を抱いたまま働き続けたくない方は、ぜひとも行動を起こしましょう。


輝かしい未来があなたのもとに届きますように。


【↓↓↓転職成功実績No.1!土日、祝日面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



リクルートエージェント 公式サイトはこちら!