もしあなたが、自分は営業に向いていないと思っているとしましょう。


確かに営業職は、口下手な人には辛い仕事です。


しかし営業と一言でいっても、その仕事内容は業界や営業スタイルによって全く異なります。


もしあなたが、今の営業の仕事で思ったような成果が出せないと悩んでいたとしても、安心してください。


もしかしたらあなたに向いていないのは、営業という仕事ではなく、営業の中でも今のスタイルの営業なのかもしれない。

入社した会社の営業スタイルが肌に合わず、転職を決意した友人



ぼくの友人の話をしましょう。


ぼくの友人に、ウェブ広告を扱う会社に営業職として入社した人がいます。


穏やかでピュアな性格をしている彼(ぼくの友人は、一様にみなピュアだ)は、その生来の真面目さゆえに、文句も言わず転職もせずに、その会社の営業マンとして10年間働き続けました。


新卒で入った会社で10年間営業のみをやり続けた彼は、どこからどうみても、もはや立派な営業マンです。


そんな彼ですが、最近転職をしようか悩むようになりました。

ライフスタイルの変化

ライフスタイル

真面目でピュアな彼の会社での評価はそれなりでした。


ものすごく成績がいいわけでもなく、だからといって底辺の全く売れない営業マンでもありませんでした。


お給料もまあ年齢からすれば悪くなかったといいます。


そんな彼がなぜ転職をしようと考えるようになったのかというと、その会社の営業スタイルに限界を感じたからです。


新規開拓が苦手

挨拶

彼の勤めている会社の営業は、飛び込み営業を含めた新規開拓の割合がそれなりに高かったです。


人見知りでそれほど友人が多くない彼にとって、仕事とはいえ会ったこともない人に電話をかけてアポイントメントを取り付けるテレアポや、どんな塩対応をされるかわからない飛び込み営業は、いつまでたっても慣れるものではありませんでした。

労働時間が長く、体力的にしんどくなってきた

激務

また、Web広告業界は労働時間が長い傾向にあります。


少し前の話題にはなりますが、電通という会社の長時間労働が社会問題になったことを覚えていらっしゃる方も多いと思います。


クライアントファーストな業界であるだけに、どうしても相手の要望を満たすために労働時間が長くなってしまうのがWeb広告業界です。


20代ならまだしも、30を超えたあたりから、だんだん体がしんどくなってきたと彼はいいます。


温和でピュアは彼は学生時代からさほど無茶な生活をしてきませんでした。


ぼくたちが飲み会の後2次会に言って、そのまま朝まで飲み明かしていた頃、彼はお酒も対して飲まず、夜9時には家に帰宅しました。


家で何をしているのかというと、話題の小説を読んで、0時には就寝していたといいます。


そんな彼が、社会人になってはじめて入社した企業で、はじめて徹夜を経験しました。


徹夜童貞の卒業の瞬間です。


通りすがりのJK通りすがりのJK

やったぁ♪卒業だね!!



あんちえいじゃーあんちえいじゃー

うっ!!(なぜか前かがみになる非モテ)



ちなみに彼の本当の卒業年齢は、彼の名誉のために伏せておきます。


思えばピュアな彼も、いい感じの遊び人になったものだ(※その理由は最後に書きます)。


そう、彼は自身の体を守るためにももっと残業の少ない仕事に従事しようと決意したのでした。

営業一筋の彼に残された道は営業職のみ

営業

営業という仕事に心底嫌気がさした彼は、営業以外の仕事を希望しました。


しかし転職サイトで転職先を探してみても、ずっと営業しかしたことのない彼は、どの求人に応募していいのかよくわかりません。


そんな彼は、一縷の望みをかけて転職エージェントに登録し、エージェントとの面談に臨みました。


彼が転職先の企業に求める条件はたった一つ。


そう、営業職以外の仕事であること。

告げられる残酷な現実

しかし、現実はいつだってぼくたちピュアな人間にとって残酷なものでした。


結論から言うと、彼に対して紹介された案件はすべて営業職でした。


転職エージェントがいうには、10年間他の仕事を経験せずに、営業畑一本で過ごしてきた彼に対して紹介できる案件は営業のみとのことです。


仮に彼が20代半ばのアラツーであれば、未経験職種の紹介も可能だったと、転職エージェントはいいました。

営業以外の道はないと知らされてショックを受ける彼

限界

ぼくたちの共通の友人には、未経験から経理職に転職を成功させた人がいます。


その話を聞いていた彼は、自分ももしかしたら営業以外の仕事(できれば経理職などの管理系の仕事)に転職できるのではないかと期待していました。


しかし、30を過ぎた彼にとって現実は厳しいものでした。


てんぐくんてんぐくん

こんなしんどい仕事を、あと何十年も続けなければならないのか、、、、



人生とは何なのか?大学生のときに感じていた希望に満ちた日々はもう戻ってこないのか。


彼は悩み苦しみました。


絶望の淵に立たされた彼に、再び希望の光を示してくれたのは、転職エージェントでした。


どうしようもない絶望感を与えたのが転職エージェントなら、希望の光を指し示してくれたのもまた転職エージェントというのは、なんだか運命的なものを感じてしまいます。


本当に神様は割と試練を与えたがるものです。


転職エージェントから紹介された案件とは「ルート営業」に関するものでした。


ルート営業こそが、彼の営業経験を活かしつつ、彼の希望を叶えてくれる最適解だったのです。

ルート営業とは?

疑問

ルート営業とは、ざっくりいえば「既存のクライアントを定期訪問することで受注を獲得するスタイルの営業」のことです。


新規開拓はありません。


既存のクライアントを回るだけでいいのです。


これ、営業経験者ならわかると思うのですが、むちゃくちゃ楽な営業スタイルです。


なんてったって新規開拓がないんですから。

ルート営業はなぜ楽なのか?

先にも述べたとおり、その一番の理由は「新規開拓」というおぞましいワードを考える必要がない点にあります。


既存のクライアントを定期的に訪問し、現状の課題をヒアリングする。そしてタイミングを見て自社商品を補充してもらう。


ざっくりとしたルート営業のイメージはそんな感じです。

ルート営業に向いている人

ルート営業に向いている人は、下記のような性格の人になります。

  • 誠実な人
  • 責任感のある人
  • スピード感のある対応ができる人
  • 口ベタな人
  • 少数とじっくり関係性を築くのが得意な人

新規開拓などをメインにする営業マンとは求められる資質がだいぶ違うことに皆さん気づかれたでしょうか。


そう、一言に営業と言っても、その業界や営業スタイルによって、適性な資質はまるで違ってくるのです。


これは彼にとってもぼくにとってもたいへん大きな気付きでした。


それまでぼくらは営業といえばコミュニケーション能力に秀でたパーティーピープルか、とにかく根性でなんでも乗り切ろうとする体育会系の人が向いている職種だと思っていました。


しかし、営業の種類によってはむしろ草食系と呼ばれるような人のほうが成果が出せる分野があるといいます。


ルート営業はまさにそういった類の営業です。


明るく快活なおしゃべりができる人よりも、じっくりと信頼関係を結び、相手の話にきちんと耳を傾けられるような人材こそ、得意先を定期的に訪問するルート営業にぴったりだといえます。


そういった意味では、愚直でまじめ(かつピュア)なぼくの友人にはうってつけの仕事でした。

ルート営業に向いていない人

逆に言えば、ゴリゴリの営業に向いているような人は、ルート営業には向いていないのかもしれません。


例えば下記の特性を持っている人は、じっくりどっしりと腰を据えて信頼関係を結ぶようなルート営業には向いていないかもしれません。

  • 常に刺激を求める人
  • 自身の力でガンガン稼ぎたい人
  • 人の話を聞けない人


安定よりも刺激を求める人は、成果主義のゴリゴリの営業の方がその力をいかんなく発揮できることでしょう。


自分の力で生きていきたい人は、やはり成果が青天井の完全成果主義の営業か、もしくは起業をしてガンガン稼ぐのが性に合っていると思います。


人の話が聞けない人は、そもそも営業になっちゃいけません。


工場のラインやSE、デイトレーダーなんかがお似合いだと思います。

どうやってルート営業の仕事を探すの?

それでは、具体的にルート営業の仕事はどのように探すのが最も効率がいいでしょうか?

転職エージェントを使うのがおすすめだ

ぼくの友人が使ったように、転職エージェントを使うのが最も一般的で、かつ最も効率の良い方法です。


むしろ自分1人で転職サイトを使ったりハローワークを使うよりも確実にいい求人を見つけることができるでしょう。


控えめに言っておすすめです。

転職エージェントとはなにか

とはいえ、そもそも転職エージェントって何?という人も多いと思います。


転職エージェント1

簡単に説明すると、転職エージェントとは自社の商品を既存クライアントに定期的に買ってもらいたく、そのためにクライアントと信頼関係を築ける誠実でピュアな人材を探している企業と、新規開拓に疲れ果てて、もうこれからは気心の知れた既存クライアントとの信頼関係を深めることに注力したいと考えている実直で真面目であるがゆえに地味に優秀な営業マンとの出会いを斡旋する会社のことです。


より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記の記事を参照してください。

おすすめはリクルートエージェント

数ある転職エージェントの中でぼくがおすすめするのは【リクルートエージェント】です。





>>【リクルートエージェント】詳細はこちら!!


ここからは、なぜぼくが【リクルートエージェント】をおすすめするのかをみていきましょう。

10万件を超える求人数

リクルートエージェントには10万件を超える求人案件があります。


その8割が非公開求人で、転職サイトやハローワークには公開されていない案件になります。


中にはきっと、あなたの希望を叶えてくれるルート営業の仕事もたくさんあることでしょう。


そのようなお宝求人にアクセスするためには、リクルートエージェントに登録して面談するしかありません。


自分の可能性を少しでも高めたい人は、登録しておいて損はないでしょう。むしろ登録しないと損です。

自分の希望する職種に活かせる職務経歴書の作成を助けてくれる

もしあなたが未経験でルート営業の仕事に転職したいと考えていたとします。


転職活動に置いて、未経験職への転職はとてもハードルが高いものです。


もし自分ひとりで転職活動をおこなったとしたら、未経験職種に転職することは至難でしょう。


なぜなら今までの仕事の中で未経験職種にも通用するであろうアピールポイントを上手く職務経歴書に落とし込むことができないからです。


しかしリクルートエージェントを使えば、心配無用・ゴム用品です。


不倫

今まで数多くの求職者を、未経験職種へ転職させてきた彼ら彼女らのノウハウを活用すればいいのです。


リクルートエージェントでは、あなたの職務経歴書の書き方も無料で教えてくれます。


今までの職歴の中には、きっとあなたを希望の職種へ導いてくれる光り輝く経験が眠っているはずです。


その職歴をうまい具合に切り裂いて、自身の強みとしてアピールしたいと思うのなら、ぜひともリクルートエージェントに登録して面談に行くべきです。


彼ら彼女らは様々な求職者の職務経歴書をみてきました。


あなたの職務経歴書の光らせ方をきっと知っているでしょう。

今までの仕事の面接での上手なアピール方法を教えてくれる

さて、見事ルート営業の書類選考を通過したとしましょう。


通りすがりのJK通りすがりのJK

おめでとうございます!次は面接ですね。



しかし面接が難しい。


面接とは、あなたを雇ってくれるかもしれない企業に、あなたという商品をPRする場です。


あなたを雇うことで、どれだけ会社にとってメリットがあるのかをきちんと示す必要があります。


もしあなたが未経験職種に応募するのであれば、これは本当に至難の技です。


てんぐくんてんぐくん

お前この仕事やったことないくせに、よくも自信たっぷりに「自分を使ってください!損はさせません!!」なんていえるなおいこら。



と面接官は少なからず思っています。


自分一人では、なかなかこの壁を突破するのは難しいです。


しかし、【リクルートエージェント】です。


彼ら彼女らは、転職のプロです。


未経験職種に応募する際の戦い方、自己PRの仕方にも精通しています。


あなたのこの経歴、この実績はルート営業をする上で絶対アピールポイントになりますよ、といった点を引き出してくれます。


自分一人では気づかなかった強みを存分にアピールして、ルート営業職の内定を勝ち取ろうではありませんか。

おわりに

ぼくの友人は、リクルートエージェントを使うことで某専門商社のルート営業に入社しました。


年収は減りましたが、過度なプレッシャーと残業から開放されたことで、よりいきいきと自分らしさを発揮して生きれるようになりました。


精神的な余裕も生まれ、普段の立ち居振る舞いが自信に溢れるようになったためでしょうか。


それまでさっぱり女性に縁のなかった彼に、はじめての彼女ができました。


周囲も羨む可愛らしい彼女をゲットした彼は、生まれて初めての幸せに非常に満足しましたなんてことはまるでなく、様々なアラツー~アラサー美女とウェイウェイするようになりました。


女遊び

ここまでの変化は極端かもしれませんが、仕事に余裕が生まれると人生は驚くほどいい方向に向いていきます。


もしあなたが今の仕事に満足しておらず、人生をつまらないものと感じているのであれば、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?


そのための一歩として、まずはリクルートエージェントに登録してみましょう。





>>【リクルートエージェント】詳細はこちら!!