あなたは今いる会社を辞めたいと考えている人でしょう。


そうでなければ、このブログに到達しなかったと思います。


毎日しんどいし、今の仕事が自分に向いているとも思えない。


なのになぜ、あなたは今日も通勤電車で消耗しているのでしょうか?


もしかして


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

こんな理由で会社を辞めるなんて、なんて思われるんだろう



なんてことを心配しているのではないでしょうか?


その思いが足かせになって退職をためらっているとしたら、それはとてももったいないことかもしれませんよ。

スポンサーリンク



本当は今すぐにでも会社を辞めたい。でも、、、

満員電車、痴漢に気をつけてね!

ぎゅうぎゅうの満員電車にゆられて今日も出勤です。


顔を合わせたくない同僚に、ちっともいうことを聞いてくれない部下。


今月も達成できなかった営業目標。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

またあのバーコードに嫌味をいわれるよお



なぜ、ぼくは毎日やりたくもない仕事をこなして過ごしているのだろうか?


会社を辞めたい。


もう、今の仕事は限界だよ。


てんぐくんてんぐくん

でも、、、、



でも?


でもって一体何でしょうか?


あなたは一体何にしがみついているのでしょうか?


それは、あなたがしがみついているものは、本当に自分の命をすり減らしてまでしがみつく価値のあるものなのでしょうか?

会社を辞める理由は、自分本位で何も問題がない

自由

会社員をしていると、まるで自分の人生がその会社に支配されているような感覚におちいることがあります。


ありませんか?


ぼくはありました。


ぼくはこの会社に生かされているのだ!というおぞましい感覚です。


なぜそう思うのか?


それは、あなたの生活がその会社の給料でまかなわれているからです。


そういった感情が体の芯まで染み込んでいる人は、自分勝手な言い分で会社を辞めるのは、決して許されないと考えるようになります。


てんぐくんてんぐくん

こんなにお世話になっている会社を「しんどい」なんて理由で辞めたら仁義に反する



などと考えているとしたら、安心してください。


そんなことはありません。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

目を覚ますのだ!

自分にあっていない仕事はさっさと辞めてなにも問題がない



もし今の仕事が自分にあっていないと感じているのであれば、会社の都合など考えずに辞めてしまって何の問題もありません。


これは民法にも明記されている、労働者の権利なのです。


人間関係にうんざり

うんざり

例えば職場の人間関係にうんざりしたのなら、さっさと辞めてしまえばいいのです。


そこにいない人の悪口ばかり繰り返すのに、行動がまるでともなっていない人と一緒に働いていても、あなたの将来はけっして開かれません。


悪口ばかり話す人とつるんでいると、あなたもいつの間にか成功者の悪口をいうのが生きがいの人間になってしまいますよ。

ウマのあわない上司にうんざり

え?

また、もし配属されて職場で、全くウマの合わない上司の下についてしまったとしたらどうでしょうか?


大手転職サイト、リクナビNEXTがおこなった転職理由と退職理由の本音ランキングでも、「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」が1位だったように、上司との関係に悩んでいる人は本当に多いです。


ぼくが特に悪質だと思うのが従業員に経営者視点を持てと強要してくる会社です。


はっきりいって、なぜ立場の違う人の視点に立って仕事をしなければならないのか全く意味がわかりません。


もしウマの合わない人が、同僚や部下なら社会人として最低限のコミュニケーションをとってやりすごせばいいだけです。


しかし上司です。


上司とウマが合わないと、本当に毎日がしんどくなります。


仕事の進め方を相談しないわけにはいきませんし、ミスやトラブルが発生した場合は報告しないわけにはいきません。


そしておそらくあなたの仕事ぶりは評価されないでしょう。もちろん面白いビジネスも回ってきません。


ましてや、その上司が自分より年下のナマイキ小僧だとしたら?


考えるだけでおぞましいですね。


そんな上司に悩まされていると、精神がやられてしまいます。精神的に追い込まれてしまうと、転職をしようという意志さえなくなってしまいます。


そうなる前に転職の準備を勧めましょう。

少ない給料にうんざり

お金がない!

働いても働いても増えない給料。


ぼくもかつて月70時間以上残業をしているにもかかわらず、手取りが20万未満の会社で働いていたことがあります。


また、ぼくの友人は憧れの美容師になれたにもかかわらず、そのあまりにもの労働時間の長さと給料の低さに嘆いていました。


ぼくらはまさに、今でいうところの「社畜」でした。


平日は仕事のことしか考えられず、趣味の時間や友人と遊ぶ時間すらありません。


休日は疲れすぎて寝ておわりです。


それでもお給料がいいなら、お金を貯めるためとわり切ることもできたかもしれません。


しかし手取りは20万未満です。


毎日何のために頑張っているのか、本当にわからなくなりました。


1冊の本を買うのがためらわれるような生活は、やはり異常だと考えたほうがいいでしょう。

全然おもしろくない仕事内容にうんざり

忙殺

人間には向き不向きが存在します。


どう頑張ってもうまくできない仕事もあるでしょう。


もしあなたがいつまでたってもうまくできない仕事についているとしたら、もしかしたらその仕事はあなたにとってものすごく不得意なものなのかもしれません。


決してあなたの能力がないわけではなく、あなたの適性にまったくその仕事があっていないのです。


生まれ持った資質が強化系なのに、具現化系の能力を覚えようとしてもメモリの無駄遣いになるだけです。


カストロ先生みたいになりたくはありませんよね?



向いているかいないかを判断する目安は半年~1年です。


3年も我慢する必要は全くありません。


それだけやってみて、それでも毎日何かしらのミスをして怒られるのであれば、その仕事はあなたに向いていなかったのでしょう。

会社を辞める理由は人それぞれ。他人に理解される必要なんてありません

飛翔

会社を辞めたいと思う理由は人それぞれです。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

こんな理由で会社を辞めたら、甘えだと思われるかな?



なんて考える必要は全くありません。


大切なのは他人からの評価や世間体ではありません。


大切なのはあなたの人生です。


人生は長い冒険の旅です。


他人の目や評価なんて気にしないで、自分が生きていて楽しいと思う選択をしましょう。

会社を辞めたら、自分にあった会社をみつけて転職をしよう

自分にあった職業を!

本来なら、今の会社に勤めながら次の仕事を探すのがおすすめです。


もし可能ならそうした方が絶対にいいです。


でも、平日は残業だらけでどうしても転職活動ができない人は、先に会社を辞めてから転職活動をするのも一つの手段でしょう。


何よりも優先すべきは、精神的に潰れないことです。


通りすがりのJK通りすがりのJK

心の健康が一番大切です!



自分にあった会社を探す前に考えるべきこと

自分の頭で考えよう!

仕事をしながら次の仕事を決めるにしろ、会社を辞めてから決めるにしろ、次にどういった仕事をするかは事前に考えておかなければなりません。


そうでなければ、また今と同じような職場に転職してしまうかもしれないからです。


人間は学習する生き物です。


この学習能力の差が、人類と他の生物の境目だと、かの有名な冨樫先生はその作品の中で主張しました(ハギャのことだ)。


それでは、次の仕事を探す前に考えておかなければならないことは何でしょうか?


具体的に2つあります。

自分の強みを把握する



まずは、自分の強みはなにか?を正確に把握しましょう。


どうやって把握するのか?


HUNTERXHUNTERでいうところの水見式を行います。


ぶっちゃけ自分の強みがいかせる仕事ができれば、人生の半分は勝ったも同然です。


人間が自分の存在意義を感じるのは、自分が社会のために役に立っていると感じたときです。


社会のために役に立っていると感じるためには、仕事で成果を出して認められるのが一番ですね。


それでは、自分の強みを把握するために、具体的には何をすればいいのでしょうか?


一番手っ取り早いのはリクナビNEXTで実践できるグッドポイント診断を受診することです。

>>グッドポイント診断詳細はこちら!!


そこで出てきた強みがいかせる仕事を探しましょう。


自分が手に入れたい生活スタイルを明確にする

キャッキャウフフ

自分の強みがわかったら、次に行うことは「どういった人生を歩みたいのか?」を明確にすることです。


どんな仕事をしたいのか?ではなくて、どんな生活スタイルを実現したいのか?を考えましょう。


趣味に全力を注ぎたいのであれば、多少収入が低くても残業の少ない仕事を選ぶべきですし、地元にずっと残りたいのなら、全国転勤がある仕事についてはいけません。


自分が人生で優先したいことはなにか?


じっくり時間をかけて考えましょう。

実際の転職活動は、転職エージェントを使って行うのがおすすめ

問題解決

さて、自分の強みを把握して、人生の優先順位を決めました。


ここではじめて具体的なアクションに移りましょう。


具体的なアクションとは、転職活動のことです。


転職をするのであれば、転職エージェントを使うのがおすすめです。


中でもぼくがおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントです。


>>リクルートエージェント 公式サイトはこちら!


リクルートエージェンには10万件を超える求人があります。


中にはあなたの強みをいかせ、かつあなたの望む生活スタイルを手に入れられる仕事がきっとあるでしょう。


またリクルートエージェントを使うと、

  • 自分の希望にあった企業を代わりに探してきてくれ
  • 企業との面接日程の調整も代わりにおこなってくれ
  • 応募書類の添削や面接の練習もおこなってくれ
  • 年収交渉や入社日の調整なんかもおこなってくれ
ます。このように転職にかかる事務的な負担を減らせるのもリクルートエージェントを使うメリットです。


リクルートエージェントについて更に詳しく知りたい方は下記の記事をご参照ください。

おわりに

もしあなたが、今の会社を辞めたくて仕方ないのであれば、できるだけ早く行動に移しましょう。


なんとなく「転職したいな」と思っているだけでは、この先もずっと同じ毎日の繰り返しですよ。


気付いたときにはその会社でしか通用しない人材になってしまい、ますます転職ができない人になるでしょう。


そうなる前に、行動を起こしましょう。


あなたの人生は、他の誰でもないあなた自身のものなのですから。

>>リクルートエージェント 公式サイトはこちら!

その他おすすめの転職エージェントと、転職エージェントの上手な活用方法を知りたい方は下記をご覧ください。