ぼくは以前小さな人材系の会社に勤めていました。




そのときの出来事ですが、なんと40代のぼくの上司が大手人材会社に転職することになりました。


転職先の会社は、日本でもなかなか名の通った会社であったため、ぼくをはじめ社員はみなビックリしました。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

息を吹きかければ飛んでしまいそうな名もなき(名はある)弱小企業の社員が、大手企業に転職できるなんて、、、、



今回はそんな上司の例を参考に取り上げ、40代でも諦めなければより条件のいい会社に転職ができるんだよということをみていきたいと思います。

スポンサーリンク



会社の上司が、40代という年齢にして転職に成功

よっしゃー!

ぼくの上司は、中小の人材会社から大手の人材会社に転職しました。


年収はなんと50%アップ、勤務地も都心になりました。


福利厚生などの待遇面も大幅に改善されたといいます。


当時ぼくたちが勤めていた会社は、とにかく残業時間が多かったです。


その上司の転職先の会社は、大手ということもあり残業にはとても厳しく、人間らしい生活を送れる会社だと業界内でも評判の会社でした。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

う、うらやましい

40代上司が転職を考えた理由

考える中年

なぜその上司は、40代という年齢で転職を決意したのでしょうか。


よくいわれるように、転職の限界年齢は35歳です。


35歳を境に、転職のむずかしさは段違いに跳ねあがります。


人材系の会社で働いている彼が、そのことを知らないはずはありません。


ましてや40歳を過ぎてからの転職は、本当に厳しいです。


それでも彼が転職をしようとしたのは、一体なぜだったのでしょうか?

転職を考えた理由は妻の妊娠

中出しで授かる命

当時の上司には、20代の若い妻がいました。上司は40代。20歳の年の差カップルです。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

う、うらやまけしからん!



写真を見せてもらったことがあるのですが、彼の妻はどこかの読者モデルかというくらい綺麗な顔立ちをしていました。おまけにスラッとしたスタイル、そして出るところはきちんと出たわがままボディです。


とても興奮したことを今でも覚えています。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

フシューッ!!



その妻に、新しい命が宿ったのです。


ちなみにその上司は40代とは思えない引き締まった体をしており、食欲も旺盛でした。


お酒もガンガン嗜む彼は、あっちの方も20代のころと変わらずお盛んだったといいます。

受精

40代ですが血気盛んな彼のことです。きっと情熱的なテクニックで、、、いややめましょう。


これから父親としてますます頑張っていかなければならない彼は、ふと今のままでいいのか不安になりました。

中小企業の給料ではこの先不安

給料

ぼくたちが働いていた企業は中小企業でした。


中小企業のお給料の水準が、大企業のものよりも低いことはデータで示されています。




彼の家庭には、これから子供の養育費がかかります。


学校は私立へ通わせたい。


英語の勉強も早いほうがいい。


今の会社のお給料では、とてもまかないきれないと彼は考えました。

残業も多く、イクメンに慣れない

残業

中小企業に立派な福利厚生はありません。


育児休暇という制度はもちろん存在していますが、ほとんどの企業では名ばかり制度と化しています(同意してくれる方は多いと思います)。


また、当時の会社は残業時間がとても長かったです。


そりゃあもう、信じられないくらいに。


下っ端のぼくでさえ70~80時間がザラでした。


管理職である彼の残業時間は、さらに上をいっていました。


22時過ぎからはじまるミーティングに参加するために席をはずす上司。


その姿を横目に退社したのは2度や3度ではありません。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

この会社で昇進したら、ぼくもあの会議に参加しなきゃならないのか!



ぼくの退職の決意も、ますます強固なものになりましたね。


その上司は毎日6時には家を出て、会社を出るのは終電ギリギリだったといいます。そして家につくのは深夜0時を回ってからが標準。


ひどいときは終電を逃して会社の近くのビジネスホテルに泊まって出社です。


こんな会社で働いていたら、せっかくできた子供と過ごす時間がとれません。


大手企業なら、残業時間もきちんと管理されており、産休や育休などの各種制度も整っています。また、最近ではリモートワークを推奨する企業も増えてきており、通勤をしなくても仕事ができます。


子供が小さな家庭にとって、これほど魅力的な制度はないでしょう。


子供との時間を何よりも優先したいと考えていた彼にとって、もはや残業だらけの会社にとどまる理由はありませんでした。


よりやりがいのある難しい仕事にチャレンジできる

おれが一番だ!

彼は新卒でその会社に入社して、20年以上身を粉にして働き続けてきました。


もはやその会社でやれることはあらかたやりきったといいます。


ここ数年は過去の遺産に頼って、ルーティーンで仕事をこなしていただけ。そんな現状にどこか物足りなさを感じていました。


目をかけて指導してきた後輩たちも十分立派に育ってきました。


血気盛んな彼は、このタイミングでよりダイナミックで大きな仕事にチャレンジしたいと考えるようになったといいます。


ダイナミックでチャレンジングな仕事をするには、やはりそれなりの資本力のある大企業に勤めるのが一番です。

40代を過ぎた彼の転職戦略

ストラテジー

結果的にぼくの上司は、40代にして同じ人材系の大手企業への転職に成功しました。


では、どのようにしてその上司は40代にして転職を成功させたのでしょうか?

40代以降の転職は事前準備がキモ

書類仕事

40代以降の転職を成功させるためには、なによりも事前にしっかりと準備をすることが重要です。また、あらかじめ厳しい戦いになることは覚悟しておきましょう。


40社書類を出して、1社も通過しないなんてことは、40代以降の転職活動では当たり前です。


けっして楽な道のりではありませんよ。

まずは転職エージェントに登録

ピッタリ!

実際に転職活動をはじめる前に、まずは転職エージェントに登録して、面談を行いましょう。


最初に登録する転職エージェントとしてはリクルートエージェントをおすすめします。


>>リクルートエージェント 登録はこちらから!!
※無料で利用できます。


また、面談をする前にきちんと準備をしておくと、面談の時間をより有意義なものにすることができます。
具体的に何を準備すればいいかは下記の記事を御覧ください。




面談の中で、いくつか求人を紹介してもらえるのならあなたには市場価値があるということなので、さっそく転職活動をはじめましょう。


具体的には他にもいくつか転職エージェントに登録をして、複数のエージェントを利用して転職活動を進めます。


おすすめの転職エージェントは下記の記事にまとめたので、参考にしてみてください。




無理ですねといわれたら、何が足りないのかをしっかり聞いて、その足りない部分を今の仕事で補ってから再度転職活動を再開するのがベターです。


エージェントによってははっきりと「案件がない」とはいってくれない場合があるので、やはり何社か登録しておくのがおすすめですね。


もし足りない部分を補えそうにないのであれば、転職は諦めて今の会社で定年まで勤め上げるほうがいいでしょう。


無理に転職活動をしても、今の会社以上の待遇の会社をみつけるのは非常に難しいと言わざるをえません。

異業種への転職は可能なのか?

疑問

20代、30代であれば今まで経験したことのない業界への転職は比較的簡単です。


しかし、40代以降の転職で異業種へ転職することはあまりおすすめできません。


基本的には今いる業界で、よりグレードの高い会社に転職しましょう。


業界にこだわるよりも、どういったライフスタイルを実現したいのかにこだわって転職すべきです。


どうしても異業種に転職したい人は、マネジメント力や他の業界でも通用するであろう実績を作ってから転職するようにしましょう。

転職のことを忘れてリラックスする時間を持とう

ティータイム

40代という年齢を考えると、30代のころより転職先が決まりにくくなっていると思います。


プライドもあるため、精神的にもつらくなります。


そんな精神状態で転職活動をすすめると、「もう働ければどこでもいいや」と思うようになってしまい、とんでもないブラック企業に就職することになりかねません。


ぼくは最初の転職活動で焦ってしまい、ブラック企業に再就職したことがありますが、あれは本当に地獄でした。


近所を散歩したり、釣りやゴルフといった趣味に興じる時間を忘れないようにしましょう。


心の余裕をなくしてもいいことは何一つありません。

おわりに

ぼくの元上司はとても優秀な人でした。


豪放磊落な性格で部下からは慕われており、取引先からの信頼も厚かったです。


自分にはないものをたくさん持っていた彼のことを、ぼくもとても尊敬していました。


それだけに彼がいなくなってからは、毎日が寂しかったです。


しかもその後に配属された上司が気分屋上司だったのでもう最悪でした。


40代以降の転職活動は、事前準備がとても重要です。


しかしそれ以上に重要なのは、年齢相応な実績を持っていることです。


結局彼が大手企業にステップアップできたのは、彼が大手でも十分に通用する実績をコツコツと積み重ねてきたからです。


実績さえあれば40代以降でも転職を成功させることは可能です。


もし実績が足りないと感じているのであれば、実績を積み重ねましょう。


自分の未来を切り開くのは、いつだって自分だけです。


>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。