バブル世代の人には信じられないかもしれませんが、いまの若者たちは管理職になりたがらない人が多いといいます。


いわゆる「ゆとり」「草食世代」というやつですね。


かつてのように昇進すれば右肩上がりに給料が上がっていた時代とは違い、今は管理職に出世したからといって必ずしもお給料が増えるわけではありません。


むしろ部下のモチベーションを維持させなければならない、自分だけではなくて部署全体の数字を考えなければならない、現場の事情を知らない役員からの激詰めされる、などなど気苦労ばかりが増えてしまうこともあるでしょう。


今回は、いざ管理職になったはいいが、予想以上に辛くなって辞めたくなった人が、今の働き方を考え直すきっかけになればと思い記事を書きました。

30代、念願の役職がもらえた!

飛翔

ぼくの友人は、優秀な勤め人が多いです。


名のある企業に就職し、きちんと結果を残してきた彼らの多くは順調に出世をかさね、それぞれの企業で管理職として活躍しています。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

大学生のときはおんなじだったのに、一体どこで差がついたんだろうね!

30歳をすぎて未だ平社員。焦る友人

明暗

ある日久しぶりにぼくたちは集まり、近況を報告するための飲み会を開催しました。


中にはまさか営業職として頭角をあらわした友人や、彼女に浮気をされてしまい、シフト制の仕事を辞めた友人ウェディングプランナーの想像以上の激務ぶりに転職を余儀なくされた友人などもいました。


彼らは確かに途中寄り道をしましたが、それでも今の仕事には満足しており、それぞれが楽しい人生を歩んでいるようでした。


そんな中、1人の友人が浮かない顔をしています。


周りの友人たちもそんな彼の様子に気付き、話を聞いてみることにしました。


どうやら彼は、順当に出世しているみんなと違って、未だに平社員であることに焦りを感じているようでした。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

たしかに、学生時代は同じだと思っていた仲間が順調に出世街道を歩んでいる話を聞くと、わけもなく焦るよね!



そんなこと気にすることないよ!とみな彼を慰めます。


やはり学生時代からの友情はいいものですね。


彼らは心の底から、友人を励ましていました。

念願の役職がもらえたはいいが、、、



そんな彼でしたが、実直な仕事ぶりが評価されたのでしょう。


ついに念願の役職を貰えることになりました!


彼に用意された役職は「課長代理」


てんぐくんてんぐくん

やったー!!おれもついに昇進だ!!!



とうれしそうにグループラインに投稿する彼。


先日の飲み会での様子を心配していたぼくたちは、みな一様に彼の昇給を喜びました。


しかしまさか、そんな彼に残酷な現実が待ち受けているとは、そのとき誰も想像さえできませんでした。

管理職の辛い点

考える中年

管理職として部下を持ち、役員とも直接関わるようになった彼ですが、それらすべてが彼の想定を超えていたといいます。

役員と社員の間で板挟み



まず何より辛かったのが、自分よりも上の役職、正確に言うと役員たちと自分の部下との間で板挟みになることでした。

役員のご機嫌取りに部下のモチベーション管理

板挟みとは、いわゆるハンバーガーのピクルスのことです。


現場のことをまったく理解せずに、自分たちの頭の中でできあがった論理を当てはめようとする役員たち。


いわゆる「ゆとり」や「草食系」が入り混じり、「好きなことで生きていく」という、現実の厳しさを全くわかっていない、甘っちょろい考えをベースにしている部下たち。


そんな2つの全く異なる人種間の調整役として勤めを果たさねばならない日々の業務に、彼の精神はどんどん蝕まれていきました。


てんぐくんてんぐくん

いや、残業くらいしろや!!



自分の所属する部署全体のことを考えた決断を迫られる日々



また、役職なしの一プレイヤーとして勤めていたときは、常に自分の数字だけを考えていればよかったです。


自分の目の前に与えられた、去年までと同じことをしていては到底達成できそうもないノルマ。


てんぐくんてんぐくん

ちくしょう、みてろよ!おれは去年までのおれとは違うんだ!



とにかく与えられたノルマを達成することだけを考えていればよかったプレイヤー時代。


しかし、今は管理職です。


自分の数字だけではなく、自分の管理する部下たちの数字をみなければなりません。


そこには戦略性が必要になります。


  • 部に与えられたノルマを誰にいくらずつ振り分けるか?
  • 1週間の進捗具合はどうか?
  • 目標に対してどれだけ不足しているか?
  • 不足しているとしたら、どうやってその不足分を補うか?
  • 叱責?激励?


と、1プレイヤーのころとは考えなければならないことが桁違いです。


てんぐくんてんぐくん

な、なんだこれは、、、



知略を巡らせるのが好きな人にはとてもやりがいがある業務かも知れませんが、残念なことに、彼にとってこれらの業務はストレス以外の何物でもありませんでした。

ちょっとした発言が、セクハラ・パワハラといわれることの恐怖



バブル時代のころとくらべて、SNSが発達した現代はセクハラ・パワハラに敏感です。


彼の部下にも、20代でとてもかわいい女の子がいます。


どういった発言がセクハラ・パワハラと取られるかを考え、言動には最新の注意を払わなければなりません。


インターネットのせいで、最近の若者はとにかく知識が豊富です。


管理職である彼は、本業とは関係のないそういった部分にも気を配って業務に当たらねばならず、それがとても苦痛でした。

いくら働いても残業代が出ない

お金貸して

管理職となった彼のお給料は、平社員時代よりも増えました。


しかし、業務量は確実に増加し、それにともない残業時間も大幅に増えました。


残業代がでなくなったため、時給換算で考えると明らかに給料が減ったといいます。


これは日本社会におけるおおいなる矛盾です。

プレイヤーとして働きたい!

自信

望んだはずの管理職でしたが、実際になってみると気苦労が多く、彼の仕事に対するモチベーションはどんどん下がっていきました。


そして、プレイヤーとしてガシガシ稼ぎたいという思いが日に日に強くなっていきました。

辛すぎる管理職を辞めるために取るべき方法

対処法

管理職の仕事に嫌気がさした場合、具体的にどのような対応が考えられるでしょうか。

降格願いを出す

まず考えられるのは、管理職を辞退することです。


しかしこれはなかなか難しいです。


また仮に管理職からの降格願いがかなったとしても、もはやその会社ではあなたの居場所はなくなるかもしれません。


それくらいの覚悟が必要になります。

更に上に行く

競争

管理職の辛いところは、上の役職の人と、平社員である部下との板挟みにあります。


だったら上からのプレッシャーがなくなるところまで登りつめればいいのです。


しかしこれはもっと現実的ではありません。


なぜなら上がいないとは社長、会長のことだからです。


もしあなたの勤めている会社が上場企業の場合は、社長や会長になったとしても、今度は株主があなたにプレッシャーをかけてきます。

独立をする

プレイヤーとしての仕事を好むのであれば、独立してフリーランスになるのがいいかもしれません。


フリーランスなら、部下を管理する必要も上司に媚びへつらう必要もありません。


ただしこの道を選ぶのであれば、会社員としての「安定」を捨て去る覚悟をしなければなりません。


明日には仕事がなくなり食いっぱぐれるリスクが取れる&独立しても食べていける自身のある強者のみ、この選択を視野にいれましょう。

転職をする

一番現実的なのは、プレイヤーとして他の会社に転職することです。


とはいえ転職なんてしたことがないよ!という人は、転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントとは?

転職エージェント1

転職エージェントとは、優秀な人材を欲しがっている企業と求職者をつなぎ合わせる会社のことをいいます。
詳しくは下記の記事に書いてあるので、こちらをご覧ください。


おススメはリクルートエージェント

一口に転職エージェントと言っても、さまざまな会社が存在しています。


中でもぼくがおすすめするのは【リクルートエージェント】になります。


詳細はこちら!>>【リクルートエージェント】


【リクルートエージェント】には、10万件を超える求人があるため、あなたの望む求人が存在している可能性が高いです。


第二新卒からミドルエイジまで幅広い案件を持っているため、まずはぜひとも登録しましょう。


その他おすすめの転職エージェントについては下記の記事にまとめたので、こちらもご覧ください。


年齢のこともあるので、転職をするなら早めの行動を

管理職からプレイヤーに戻ろうと本気で考えているのであれば、早めに行動を起こしたほうがいいです。


管理職に任命されるということは、あなたはそこそこいい年齢に達しているでしょう。


ご存知の通り、転職をしようとするのであれば年齢は若ければ若いほどいいです。


ましてやプレイヤーとしての転職を希望するのであればなおさらです。


迷っているひまがあれば、すぐに行動に移しましょう。


おわりに

選択

散々迷った彼は、転職をする道を選びました。


転職先では、また1プレイヤーとして数字を追う日々が待っていました。


しかし今の彼に迷いはありません。


人の管理よりも、自分で動いたほうが圧倒的に向いているとわかったからです。


しかし、企業に属している限りはいつかまた管理職に任命される日が来るでしょう。


なので彼は、いつか独立することが夢です。


独立して、自由に稼ぎまくるために、今一生懸命に頑張っている彼はかつての「役職」にこだわっていた彼ではありませんでした。


あなたがもし、管理職という仕事に疑問を感じているのであれば、一度プレイヤーに戻ってみるといいかもしれませんね。


詳細はこちら!>>【リクルートエージェント】