ゴールデンウィークのど真ん中、まさかこの単行本がこのタイミングで出版されるとは夢にも思わなかった。


そう「ぼくたちは勉強ができない」6巻だ。






そしてぼくは、この6巻の中でもうひとつ夢にも思わなかった出来事に出会った。


そう、高校生のラブコメに、先生が本格参戦をするという出来事だ。


何を言ってるのかわからない人がほとんどだと思う。


だがこれは真実だ。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

あ、ありのまま今起こったことを話すぜ



学校の先生であるその女性は、あろうことか自分のアパートの部屋に、自分が教えている男子高校生を招き入れるのだ。


しかもただ招き入れるだけではない。


なんとその男子高校生に自分の部屋の掃除をさせるのだ。


気がつけばその先生と男子高校生はまるで長年連れ添った夫婦のような雰囲気を醸し出す。


しかもその先生は、独身であり美女でありそしてEカップだ。


そして男性経験がない。


今回の「ぼくたちは勉強ができない」6巻は、第一回人気投票でまさかの第1位をかっさらった桐須真冬先生の魅力がぎゅぎゅっと詰まった至高の一冊だ。

いいのか?本当にいいのか??少年誌のラブコメに先生が本格参戦、、だと?!

なるほどぼくの一推しは武元うるかで変わらない。


しかしその信念が揺らぎそうになるほどに最近快進撃をみせているのは、主人公である唯我成幸たちを教え導く立場にある桐須真冬先生だ。


大人の女性なのに多すぎる欠点。


そして成熟された魅惑のボディ。


なのにさっぱり男性経験がない。


最強だろ?


今回の単行本で、そんな桐須真冬先生の魅力が最も発揮されるのは(いや最も発揮される場面だらけなのだが)唯我成幸に指を噛まれ感じている顔だ。


一体この先生はどれだけ体が敏感なのだろうか。


そして、大人らしく持っているランジェリーはとてもセクシーだ。


まさか唯我成幸に見せるために買ったんじゃないよな?


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

うらやまけしからん!!

まさかの新キャラ?!現役JD(女子大生)桐須美春!!

もうそろそろお腹いっぱい感があるのだが、6巻でまさかの新キャラが登場する。


その新キャラの名は、桐須美春だ。


そう、桐須真冬先生の妹である。しかも現役JDというおまけ付き!!


正直桐須美春に関してはまだ1エピソードしか出てきてないし、そのエピソードも姉である桐須真冬先生の魅力を深掘りするものだったため、まだその魅力は発揮されていない。


しかし、JDである。


今後の活躍が期待される。

大人の女性のスクール水着?どうなっているんだ最近のラブコメは?!

もうひとつの見所はハタチを超えた女性のスクール水着姿だ。


何を言ってるかわからないだろう。


だが、それは確かに存在する。


詳しく知りたい人は是非ともこの「ぼくたちは勉強ができない」の6巻を手に取ってほしい。


あのあしゅみぃ先輩を前座扱いするとは、桐須真冬先生は本当に恐ろしい逸材だ。それは人気投票第1位にもなるよな。


そしてその先生に「おれがいないと、君はなんにもできないんだなあ」


などと戯れ言をのたまう主人公もさすがである。


桐須真冬先生が可愛すぎる。


僕の信念がぐらつくほどに。


またこの6巻では、主要女性キャラクター全員のおつはいのサイズがわかる貴重な話が収録されている。


気になる方はぜひ、本誌を手にとってほしい。


やはり武元うるかのバランス感覚は素晴らしい。


そして、緒方理珠はもはや異次元の存在である。


そりゃあ、主人公の唯我成幸も興味津々だわ。


やはり男は皆、一様に乙ハイが大好きだ。


さて、今回の6巻も非常に充実した素晴らしい巻であった。


何より一度は脱落するであろうと思われた桐須真冬先生の巻き返しが素晴らしい。


まさかとは思うが、先生エンドなんてありえないよな。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

いやしかし



と思わずにはいられないほど、桐須真冬先生の魅力が回を重ねるたびに増していく。


もしかしたら、、、


そんな淡い期待を抱かずにはいられなくなる第6巻。


あの週刊少年ジャンプで、今一番熱いラブコメ「ぼくたちは勉強ができない」控えめにいってもおすすめなので、まだ読んでいない方は是非とも手にとって読んでみることをおすすめする!!