こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


今の仕事をやめたいと考えているけれど、次の仕事を決められるかが不安で、転職活動に一歩踏み込めない人もいらっしゃると思います。


確かに、いくら待遇に不満があるからといって、働きなれた職場を離れ、新しい職場でやっていけるか不安に感じるのは当たり前の感情です。


でも、だからといって行動を起こさないのは非常にもったいないことだと思います。


ましてやあなたが20代、30代前半の若者だとしたら、なおさらです。


今回はそんな自分のスキルの自信を持てず、転職活動に一歩踏み出せない人の背中を押せたらと思い、記事を書きました。


結論をいうと、1人でくよくよ悩んでいても何も変わらないので、まずは転職エージェントに相談に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク



なぜあなたは、自分のスキルに自信が持てないのでしょうか?



それではなぜ、あなたは自分のスキルにいまいち自信が持てずにいるのでしょうか?


その理由は、あなたが自分の仕事に自信を持っていないことに由来します。


あなたは自分がおこなってきた仕事のスキルに価値がないと思いこんではいないでしょうか?


どうせ大した仕事をしていないから、面接でアピールするような輝かしい実績なんて残していないから、と転職をためらう人は多いと思います。


とくに、営業など数字で成果が現れる仕事ではなく、経理、総務などバックオフィス業務やSEなどのミドルオフィス業務に携わってきた人、また一般事務や庶務などに携わってきた人の中に、そのように考える人が多いように思います。


なぜならそれらの仕事は営業職などと異なり、数字で実績をあらわしづらいからです。


他の会社の同じような業務に携わっている人と自分との実力差がどれくらいかわからないと、不安になりますよね。

本当に自分の業務に価値がないのか、転職エージェントに聞いてみよう

自分の頭で考えよう!

もしあなたが自分の今までの職歴が、他の企業で通じるのかどうかイマイチ自信が持てないのであれば、転職エージェントに相談にいくことをおすすめします。

転職エージェントとは?

転職エージェント1

転職エージェントとは、即戦力となる優秀な人材を求めている企業と、自分の力をより発揮できる転職先を求めている求職者との出会いをあっせんする会社のことです。


転職エージェントの仕組みについては下記の記事を参照してください。



なぜ転職エージェントを使うといいのか?

曖昧模糊

なぜ自分のスキルに自信のない人に転職エージェントの利用をおすすめするのか?


その理由は転職エージェントと面談をすると、自分では強みと思っていないスキルが、実は転職市場ではとても魅力的なスキルだと気づけるからです。


例えばぼくが前に勤めていた会社の先輩で、総務部に所属している人がいました。


彼は会社の固定電話回線の利用プランを見なおすことで、毎月の電話代を大きく削減させるのに成功しました。


誰かにいわれたわけでもなく、自分でプランを見なおし、業者に見積りをとって、上司をはじめ社内全部を巻き込んで料金改定に取り組んだ彼の実績は、転職市場でとても価値の高いものです。


年齢も20代後半だった彼は、中小企業から大手企業の総務部への転職に成功。年収も大幅にアップしたといいます。


それを機に、当時付き合っていた彼女と入籍を果たした彼は、今も大手企業で威風堂々と活躍していることでしょう。


他にも、以前の会社で営業事務として働いていたとても可愛い女の子がいたのですが、彼女はとても気の利く営業事務として社内でも評判でした。


営業マンに営業先で使う資料を作るように頼まれたときも、単にいわれたデータをまとめるだけでなく、その資料の利用目的まで考え、より見やすい表にまとめたり、比較用のデータを添付したりと、とにかく気がききました。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

いわれたことを淡々とこなすだけのぼくとは雲泥の実力差だったよ!



ある日のことです。営業用の資料を整理しているときに、誰も気付いていないニーズに彼女は気付きました。


きっとこれをもとに提案資料を作れば、気に入ってくれる企業があるのでは?


日々営業マンの代わりに営業先の企業ともやり取りをしていた彼女には、その提案を受け入れてくれそうな取引先が何社か思い浮かびました。


もしかしたら、いけるかも?


そう思った彼女は、雑談まじりにそれとなく営業部長に彼女の考えを話しました。


その視点の鋭さ、論理力にうならされた部長は、彼女にプレゼン用の資料を一から作成させ、営業に連れていきました。


地頭がよく、コミュニケーション能力にも優れていた彼女は、先方にも気に入られ、見事新規案件を受注しました。


社会人に求められるコミュニケーション力とはなにか?を知りたい方は下記の記事を御覧ください。




彼女は伝説の営業事務員として、社内で特別に表彰をされました。


営業マンたちの働きぶりを一番近くでみていた彼女は、この出来事をきっかけに自分でも営業をしてみたいと思うようになり、営業職として転職しました。


見た目も可愛らしかったうえに、物腰も柔らかで人当たりがよく、営業マンとのやり取りで培われたコミュニケーション能力もかね備えた彼女は、様々な企業から内定をもらいました。


そんな中で彼女が選んだのは大手インターネット広告会社です。


都内某所に本社をかまえるその会社から提示された年収は、なんと営業事務時代の


今はその実力が認められ、社内のある事業部の責任者として活躍しているとのことです。




彼らの例は極端ですが、例えばぼくの友人には、一般事務員として日々業務改善につとめ、その姿勢が評価されてより専門的な管理職への転職を成功させた人がいます。


彼らはみな、最初から自分の普段の業務で成しとげた実績が他の企業でも十分に通じるものだとは考えていませんでした。むしろ自分なんかが転職できるなどとは夢にも思っておらず、日々をモンモンと過ごしていたといいます。


彼らが自分の強みに気付き、転職活動に踏みきれた影には、転職エージェントの存在があります。


転職エージェントと面談をすることで、自分1人では気づかなかった強みに気づき、転職活動に踏み出すきっかけになったそうです。


もしあなたが転職したいなと考えているけれど、自分の仕事ぶりで本当に転職できるのだろうか、と不安を抱えているのであれば、まずは転職エージェントと面談をしてみてはいかがでしょうか。


面談をするだけならタダだし、面談をしたからといって必ずしも転職をしなければならないわけではないので、自分の今後の働き方を考えるためにも一度面談をすることをおすすめします。


おすすめ転職エージェントはリクルートエージェント

転職をするにあたり、まず最初に登録しておくべき転職エージェントは、リクルートエージェントです。


【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】


その理由を詳しく知りたい方は、ぜひとも下記の記事をご覧ください

おわりに

ライフスタイル

くよくよ悩んでいては、いつまでたっても現状は代わりません。


誰だって最初の転職活動は怖いし、自信がないのが普通です。


しかし、縮こまっていては何も変わりませんし、もったいないです。


自分の納得のいく仕事をするためにも、転職エージェントで面談をしてみてはいかがでしょうか。


思わぬ強みを発見できるかもしれませんよ?


【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】フォーム用


おすすめ転職エージェントを知りたい方へ
転職成功実績No.1!すべての人がまずは登録すべき転職エージェントはこちら
10万件超えの求人数!転職初心者はまずリクルートエージェントに登録しよう

20代、30代前半の首都圏にお勤めの若手社員におすすめの転職エージェントはこちら
20代30代の未来ある若人よ、マイナビエージェントで自分の夢を叶えるのだ!!

エグゼクティブ案件・外資系に転職を考えてる人におすすめの転職エージェントはこちら
外資系を狙っている35歳以上のナイスミドルはJACリクルートメントを活用しよう!