こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


ストレスフルな現代社会、なんとなく今の仕事が自分にはあっている気がしないと考えている人は多いでしょう。


毎日決まりきったルーティーンをこなすだけの日々を退屈だと考えている人には、もっとヒリヒリとした刺激的な毎日がお似合いかもしれません。例えば営業職なんかいいかもしれませんね。


いかに効率よく仕事の生産性をあげられるか?を常日頃から考えている人にとっては、経理や総務の仕事について、より働きやすく、無駄のない組織運営に携わるのがいいかもしれません


そんな憧れの仕事に就くためには、異動願いをだして異動を聞き入れてもらうか、今の会社に見切りをつけて転職をするか、2つに1つしかありません。


異動願いを出しても、その希望が叶うとは限りません。


もしあなたがとても優秀な社員で、会社にとって本当に必要とされている人材だとしたら、もしかしたらその希望は叶えてもらえるかもしれません。


しかし肝に銘じて置かなければならないのは、会社の人事異動は、あくまで会社全体の利益のために行われるのであって、あなた個人の幸せのために行われるわけではないということです。


それよりも現実的な方法は、転職をして自分のやりたい仕事につくことでしょう。


転職をするにあたっては、転職エージェントを利用するのがおすすめです。


とはいえ、中には転職エージェントの利用に一歩踏み出せない人も多いと思います。


そんな人たちが不安に思うのは、転職エージェントと面談をすると、絶対に転職をしなければいけないの?という点だと思います。


「いや、確かにいつかは転職したいって考えているけど、今すぐにってわけじゃないんだよね」

「とりあえず、まずは話だけ聞きにいきたいって考えているんだけど、、、、」

「まだ今の会社に入って3年たっていないし、でも仕事はしんどい。ぼくは甘えているだけなのかな?ちょっと相談にのってほしいな」


結論をいうと、転職エージェントと面談をしたからといって必ず転職をしなければならないわけではないので、安心して面談にいきましょう。


登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】

スポンサーリンク



転職エージェントに登録したら必ず転職しなければいけない法的根拠はない



恐らく多くの人が勘違いしている点ですが、転職エージェントに登録したら、必ず転職をしなければならないなどといった法的根拠はありません。


話を聞くだけ聞いて、「やっぱり転職やめます」といったからといって「詐欺だ!訴えてやる!!」なんて話には絶対になりません。


ましてや逮捕されて刑事裁判にかけられるなんてありえません。


転職エージェントに登録したら必ず転職をしなければいけない、はただの都市伝説です。


仕事に関する相談のみで利用しても何ら問題はありません。
登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】


「はじめて」の利用で、不安が先行している



人間はみな、誰しも未知なるものに不安と怖れを抱く生き物です。


「はじめて」は誰だって怖い。


  • はじめてのお使い
  • はじめての受験
  • はじめての公式戦
  • はじめての一人暮らし
  • はじめての原稿持ち込み
  • はじめてのブログ記事
  • はじめてのTwitter投稿
  • はじめての恋
  • からのはじめての恋人、そしてはじめての、、、、
思い起こせば、ぼくたちはいつだってそんな「はじめて」の恐怖と戦ってきました。


でも、自分の胸に手を当てて考えてみてください。


そんないいようのない不安を感じた「はじめて」も、経験してみれば案外大したことなかったな、と感じたのではないでしょうか。


てんぐくんてんぐくん

「終わってみれば、まーこんなもんかって感じよ」



とは、金田一少年のクラスメイトのセリフだっただろうか?


これまでも様々な「はじめて」を乗り越えてきた皆さんです。


転職エージェントへの登録も、その勢いで乗り越えてしまいましょう!


登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】フォーム用

わざわざ時間をさいてくれた転職エージェントに対して申し訳がない



転職エージェントとの面談は、およそ60~90分程度かかります。


人の時間は有限です。その有限の時間をわざわざ自分のためにあてがってくれるのが転職エージェントです。


しかも、その間であなたが得られる情報はとてつもないものです。


なぜ自分が転職をしたいと考えているのか?


なぜこんなにも今の仕事に不満をいだいているのか?


どういった点が、ビジネス上の自分の強みなのか?


など、自分1人では決して気づけなかったことを巧みな話術で明らかにしてくれます。


通りすがりのJK通りすがりのJK

こんなに至れり尽くせりのサービスなんだから、絶対転職しないといけないの?



とあなたが考えてしまうのは、至極当然のことです。


ここまで時間をさいてもらって、こんなに有意義なアドバイスまでもらったのに、話だけ聞いて終わりなんて、あとで訴えられたりしないのかな?


などと心配する必要はありません。


先ほども書いたように、アドバイスだけもらってやっぱり転職をしないことにしたからといって、そのことで何かしらのペナルティを受けるようなことは決してありません。


なので、気軽に転職エージェントを利用してみましょう。


登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】

転職エージェントに登録すると、ガンガン連絡が来て、少し怖い



これは残念ながら真実です。


彼らも慈善事業で赤の他人の転職活動をサポートしているわけではありません。


なので優秀で売れそうな(すぐに転職できそうな)人が新たに自社サービスに登録すると、なんとしても面談に呼び込もうと必死になって営業をかけに来ます。


それこそ登録した翌日にはメールや電話が来ると思ってください。


しかしこれは、あなたにとって喜ぶべきことです。


どういうことか?


登録後すぐに転職エージェントから連絡があるということは、あなたに転職市場で大きな価値があるからです。


確かに知らない電話番号からいきなり電話がかかってきたらびっくりするかもしれませんが、できるだけ速やかに連絡をかえしてあげましょう。


電話で話すのが苦手な人は、仕事終わりにゆっくりメールで返信すれば何ら問題はありません。


大切なのは彼らに対して早めにアクションを起こしてあげることです。


レスポンスの早さもまた、あなたのビジネススキルをはかる大事な指針ですよ。




ここは恐れずぜひとも早めに連絡をしてあげましょう。

逆説的ではあるが、とにかく一度利用するしかない



とはいえ、転職エージェントに対してどうしても抵抗感のある人はいらっしゃるでしょう。


ぼくも最初の面談はとても不安でしたし、なによりわざわざ仕事終わりの時間をさいて、知らない誰かと会うことにとても抵抗感がありました。


しかし、こればかりは乗り越えなければどうしようもありません。


不安な気持ちもわかります。


おっくうなのもわかります。


でも、その気持ちを乗り越え、行動を起こさなければ明日もまた今日と同じ日々の繰り返しです。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

面倒な気持ちを乗り越えて、面談日程を決めましょう

電話面談を希望して、まずは電話で話をしてみる



とはいえ、やっぱり直接エージェントのオフィスにいくのは不安だし面倒くさい、と考えている人は、気軽な電話面談からおこなってはいかがでしょうか?


電話面談とは、文字通り担当エージェントと電話でやり取りをすることです。


電話越しとはいえ、話す内容は直接対面した場合と変わりありません。


なぜ転職をしたいのか?希望の年収や職種はなにか?をじっくり話し合いましょう。


一度話してみると、転職エージェントに対する恐怖心も薄れるでしょうし、担当者と相性が良さそうだと感じたのなら、直接面談の申込みをおこなってもいいでしょう。


電話面談は気軽に行えますが、やはりしっかり求人を紹介してもらおうと思うなら、一度直接会ったほうがいいです。


そのほうがあなたの人となりをより正確に転職エージェントに知ってもらえますし、担当者もあなたのパーソナリティによりマッチした求人を紹介しやすくなります。


通りすがりのJK通りすがりのJK

ぜひ、時間をとって直接面談にいきましょう。

同性の担当者を希望しよう

コミュ力

転職エージェントは、基本的に会社のオフィスで担当エージェントと一対一で面談を行います。


オフィスとはいえ、個室で話をするのであれば、同性の担当者のほうが安心できますよね?


ぼくが転職エージェントに勤めていた頃は、同性の担当者を希望される方が少なからずいらっしゃいました


特に女性にとっては、いくら会社のオフィスとはいえ、知らない男性と個室で2人きりになることに抵抗を覚えるのは当たり前の感情だと思います。


面談の申込みをする際に、同性のエージェントを希望する旨をしっかり伝えておけば、同性の担当者をあてがってくれます。


そんなこといって、「駄目なやつ」なんて思われないかな?なんて心配する必要はありません。


さきほども書いたように、同性の担当者を希望する求職者の方は結構普通にいらっしゃいましたし、別にそのことを気にするようなエージェントもいませんよ。


こまかいことですが、大事な点だと思いますので、少しでも安心感を得るためにも同性の担当者を希望しましょう。

転職エージェントを利用することのメリット



もしあなたが少しでも転職を考えているのであれば、転職エージェントを利用してマイナスになることは殆どありません。


むしろ、

  • 相談をすることで、もやもやしていた頭の中がクリアになった
  • 仕事に対する姿勢がかわって、キャリアアップをはかれた

などプラスの面が大きいでしょう。




相談だけでも問題ないよ。転職エージェントはもっと気軽に利用しよう

ワンポイント

転職エージェントと面談をしたからといって、どうしても転職をしなければならないわけではありません。


逆に今の仕事に残る選択肢を選ぶ人も多いです。


それまで感じていたモヤモヤがすっきりして、今まで以上に目の前の仕事に熱心に取り組めるようになったなんて話もよく聞きます。


転職エージェントを利用したからといって、必ず転職をしなければいけないわけではありません。


もちろん転職をしてくれたほうが彼らとしても自社の利益になるので、いいにこしたことはないでしょう。


しかしそれ以上に彼ら転職エージェントは、商品である求職者からの信用を大事にします。


「この人達は、自分のことを真剣になって考えてくれている」


その信頼を勝ち取ることが、自社にとって一番の財産・ブランディングになることを彼らは知っているのです。


そんな彼らの感情を上手く利用して、あなたの仕事人生をより充実したものにしませんか?


登録はこちらから!>>【リクルートエージェント】


おススメ転職エージェントの詳細はこちらから!