今の仕事に不満を感じて、転職をしたいと考えているけれど、なかなか一歩が踏み出せない人は多いと思います。


今の会社は辞めたい。でも、転職サイトやハローワークの求人はどれもブラック企業ばかりに見えて、応募に躊躇しちゃうんだよね。


その気持ち、とても良くわかります。


ぼくも転職サイトの求人がどれも信用できなくなり、なかなか一歩を踏み出せずにダラダラと現職にとどまり続けたことがあります。


今の仕事に対するモチベーションもなく、だからといって転職活動をする勇気がない。


今回はそんなあなたにぜひとも読んでもらいたい内容です。


なぜ現状に不満を抱きつつも、転職活動に一歩踏み出せないのか?その原因と対策をみていきましょう。

スポンサーリンク



またブラック企業を選んでしまうのでは?過去の苦い失敗が、一歩踏み出すことを躊躇させている



まずは結論から。


あなたが今の嫌な職場を退職して、新しい職場を探そうと本気で行動できないのは、かつて就職活動や転職活動で失敗した苦い経験があるからではありませんか。


おそらくあなたは今


  • あんなに苦労して入社した会社が、自分には全然あっていなかった(結果いま、こうして転職をしたいと考えている)。また同じように苦労をして転職をしたとしても、その会社がまた自分にあっていなかったらと考えると、恐怖で一歩も前に進めない。
  • 残業だらけの現状が嫌でしょうがないけど、転職先がまた同じように残業だらけのブラック企業だったらどうしよう。
  • 転職サイトやハローワークの求人票にはいいことしか書いていない。なんだかどれも嘘っぽくて信用出来ない!全部ブラック企業なんじゃないかって思えてくるよ。


そんなふうに悩んでいるのではないでしょうか?


繰り返しますが、失敗体験がもたらした自信のなさが、あなたが転職活動に一歩踏み出せない根本の原因なのです。


確かに一度の失敗体験がもたらす恐怖はとても大きなものです。


そして、それによって失われた自信を取り戻すのも、ものすごく大変です。


ぼくもかつて単独での転職活動で失敗したため、次の転職活動は、行動をおこすまでに非常に時間がかかりました。


転職サイトに載っている求人すべてが嘘に見えて、とにかく裏を読もうと必死になりすぎたからです。


「若い内から裁量権を持った仕事ができる」→つまり離職率が高いから、新人しかいないんじゃないの??

「社員同士の仲がよく、休日もよく集まって遊んでいます」→つまりプライベートの時間がないってことでしょ?実質強制的な休日出勤だよね?

「残業時間は多いときで月20時間」→つまり、それ以上の残業代は支払われないってことでしょ?


などなど、今考えるとちょっと疑りすぎですね(笑)。


でも、経験したことのある方ならわかってもらえると思いますが、一度でも転職サイト経由で転職に失敗すると、そのように疑心暗鬼になってしまうものです。


「絶対に失敗したくない」


「でも、もしまたブラック企業を選んでしまったらどうしよう」


しかしかつてのぼくのように、そんなふうに思って行動しなければ、いつまでたっても現状は変わりません。


てんぐくんてんぐくん

いやだからさ、それはわかっているんだよ。わかっているんだけど、自信がないんだよ、、、



そんなあなたは、一度諦めましょう。


てんぐくんてんぐくん

え?諦めるの?



そう、自分ひとりで転職活動を行うことを諦めるのです。


てんぐくんてんぐくん

ど、どういうこと?

自分の選択に自信のない人は、転職エージェントに求人を選定してもらおう



かつてのぼくのように、転職サイトやハローワーク経由での転職に失敗し、自分の選択に自信を持てなくなった人は、転職エージェントを使って転職活動をすると未来が切り開けるかもしれません。


通りすがりのJK通りすがりのJK

転職エージェントを賢く利用すれば、求人がブラック企業かどうかで悩まなくても大丈夫になりますよ。

転職エージェントとは

転職エージェント1

転職エージェントとは、今まさに自社に必要としている人材を求めている企業と、もうブラック企業とは一生関わりたくないと思っている求職者をマッチングさせるサービスのことです。


なぜ転職エージェントを利用すると、ブラック企業に遭遇する確率を減らすことができるのでしょうか?

転職エージェントは、あなたのインサイトに切り込んだ求人を紹介してくれる



転職エージェントに登録をすると、まずは転職エージェントと面談をしなければなりません。


てんぐくんてんぐくん

め、面談ってなに?面接みたいなもの??



あんちえいじゃーあんちえいじゃー

面談とは、転職エージェントの会社まで足を運び、自身の担当エージェントと「なぜ転職をしたいのか?」「転職をして叶えたいものはなんなのか?」といったことを見つめ直す作業だよ。



てんぐくんてんぐくん

ふ~ん?(よくわかっていない)。でもわざわざその、えーじぇんと?の会社まで行かなきゃいけないなんて、なんだか面倒だなあ。



転職サイトやハローワークを利用しての転職活動と違い、転職エージェントのサービスを利用するためには面談というステップが必要になります。


エージェントとの面談は面倒だが、それだけの価値はある



たしかに仕事終わりの時間や、休日などのプライベートの時間を使ってわざわざエージェントのオフィスに足を運ぶのは面倒なことです。


しかし、実際に転職エージェントと顔を合わせて話をするからこそ、あなたの人となりにあった求人や、希望が叶えられる求人を紹介してもらえるのです。


どういうことか?


例えばかつてぼくがはじめて転職エージェントを利用したときのことです。


新卒で入社した会社でキャッチーなコピーライティング能力の才能が0だとわかったぼくは、そのような才能が必要とされない愚直な営業職への転職を考えていました。


そうしてぼくは、転職エージェントとの面談に臨みました。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

営業を希望します



退職理由や、それまでやってきた仕事の内容を話し終えたぼくは、シンプルにそう転職エージェントに伝えました。


すると、担当エージェントはう~んと小首をかしげ、あざといアヒル口をして少し考えた後、ぼくにこういいました(ちなみにこのときの担当エージェントは、20代とおぼしき、とてもかわいらしい女性でした)。


「あなたには、営業よりも内勤の仕事があっていますよ」


ぼくの喋り方や仕草、対面したときににじみ出るピュアな人間性を考慮すると、毎月数字に追われなけれならない営業職は向いていないとのことでした。


様々な求職者を転職成功に導いてきた転職エージェントの言葉に、ぼくは納得せざるを得ませんでした。


いえ、正直にいいましょう。


面談のときは、なんとなくかっこ悪くて「ノルマがしんどくて嫌なんです」と、本心を打ち明けることができませんでした。


でも、そんなぼくの臆病な自尊心など、転職エージェントはお見通しでした。


ぼくの話す転職理由を聞いているうちに、ぼくが隠していた真の転職理由に、転職エージェントは気付いたのです。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

あまりにもズバッと言い当てられて、ちょっと興奮したよね



結果、転職エージェントがぼくに紹介してくれた求人はどれも内勤を中心としたものであり、ぼくは非常に満足のいく転職をすることができました。


もしあそこで自分の本心を偽って営業職に転職していたと思うと、、、、ゾッとしますね。


このように深く人間性にまで踏み込んで、自分に似合いの求人を紹介してもらえるのが、転職エージェントの真髄です。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

そのためには、どうしても一度顔を合わせて(フェイス・トゥ・フェイスで)話をする必要があるんだけど、その後で受け取れるメリットを考えれば、、、



てんぐくんてんぐくん

ちょっとの手間なんて全然おしくないね!



また、転職エージェントと面談をすると、今まで気付けなかった自分の強みを知れたり、考えもしなかったアプローチでの転職活動が可能になります。


ぼくの友人には、総務職からまさかの営業職にキャリアチェンジを果たした人や、失恋を機に、事務職から経理職に転身した人がいますが、彼らも転職エージェントを利用したおかげで、自分では思いつかなかった職場に出会えたといっています。


このように転職エージェントを使えば、効率よく自分にあった企業に応募できます。


通りすがりのJK通りすがりのJK

転職サイトやハローワークに数多掲載されている求人の中から、自力でブラック企業を見極めて、隠れたお宝求人を探すなんて苦労をしなくてもよくなりますよ!



とくに自分が選んで応募する求人はブラック企業ばかりだ!と嘆いている人(ぼくのことだ)は、残念ながら選球眼がないので、さっさと諦めて転職エージェントを活用しましょう。

きみは、谷沢くんになりたいか?

その空気を吸うだけで僕は高く跳べると思っていたのかなぁ…

スラムダンクというかつて日本で空前のバスケブームを巻き起こした伝説的なスポーツ漫画があります。





この漫画の登場人物に、谷沢くんという人がいます。


谷沢くんは、素晴らしい才能の持ち主でした。彼の師であるホワイトヘアードデビルは、谷沢くんを一流の選手に育てるため、厳しく指導をしました。


しかし自身の才能を過信した谷沢くんは、なんと師であるホワイトヘアードデビル(安西先生のことだ)の教えに背き、単身アメリカへと留学したのです。


谷沢くんがどうなったかは、ぜひとも作品を読んでいただきたいのですが、ネタバレをしない程度に結論を述べると、彼はその類まれなる才能を無駄にしてしまいました。


転職活動に置き換えて考えてみるとどうでしょうか?


あなたはある分野において、とても才能のあるビジネスマンです。


その才能は、営業マンとしての才能かもしれません。マーケッターとしての才能かもしれません。ウェディングプランナーとしての才能かもしれません。


しかし、単独でその才能に気づき、それを活かせる職場に転職するのは容易ではありません。


回り道をするだけならまだしも、もしかしたら一生向いていない仕事をして、才能を無駄にしてしまう可能性もあります。


その職場が、労働者のことを使い捨てのコマとしか認識していないブラック企業だったら、なおさら不幸にしかなれませんね。


だからこそ、自分のビジネスマンとしての才能を見出してくれる師(転職エージェントのことだ)を利用すべきなのです。


自身の力を過信し、師である安西監督をはじめ、周囲のアドバイスに全く耳を傾けなかった谷沢くん。


君は、谷沢くんになりたいですか?

中でもリクルートエージェントはおすすめだ

日本には数多の転職エージェントがあります。


その中でぜひとも登録しておくべき転職エージェントは、リクルートエージェントです。


【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



なんだかんだで大手は求人数も実績も多いので、登録しておいて損はありません。




まずはリクルートエージェントに登録して、あとは自分の属性に合うであろうエージェント2社程度に登録しておけば充分でしょう。


逆にそれ以上登録すると、あふれる求人に対応しきれなくなります。かつてぼくは転職するときに、とにかく転職エージェントに登録しまくったのですが、4社目以降に登録したエージェントは正直まったく活用できませでした。


面談にいった時間などを考えると、かえって効率が悪かったですね。


なので、登録する転職エージェントは3社くらいに絞ったほうがいいと思います。

面接をして、紹介された会社があわないと感じたら内定を辞退できる



転職エージェントを使って転職活動をすすめ、ある会社から内定を得たとします。


内定をもらったはいいけど、聞いていたより残業が多そうだ。


それだとワーク・ライフ・バランスを大切にした自分の価値観にあっていないな。


でも、せっかく紹介してもらった案件だから、辞退なんてできないよね。ああ、またブラック企業だよ!ぼくは一体どうしたらいいんだ?


なんて気に病む必要はありません。


むしろ実際に面接をしてみて、やっぱりあわないなと感じた企業は、積極的に選考を辞退して構いません。


やはり転職エージェントも人間です。


たった一度の面談であなたの希望を100%理解するのは難しいのです。


そのため、紹介された求人をじっくり吟味し、辞退したい求人ははっきりと辞退したいと伝えましょう。


そのとき大切なのは、なぜ自分はその求人を辞退したいと思ったのかをしっかり考え、転職エージェントにその理由を伝えることです。


そうすることで、転職エージェントもあなたという求職者が本当に大切にしたい価値観を、より深く知ることができます。


そして、あなた自身も自分が本当に叶えたいことが、活動前よりはっきりと見えてくるでしょう。


もはやブラック企業を見極める目も充分肥えていると思います。求人がすべてブラック企業ばかりにみえてしまうあなたは、もはや存在しません。


通りすがりのJK通りすがりのJK

より自分の希望を叶えられる企業をみつけ、転職エージェントと一緒に納得のいく転職先をみつけましょう!

基本的にサービスの利用は無料である

ここまで至れりつくせりの転職エージェントですが、そのサービスの利用は基本的に無料です。


中にはビズリーチのように、有料のサービスもありますが、ほとんどありませんし、最初からお金がかかるサービスはありませんので、ご安心ください。


なぜ無料で利用できるのかというと、転職エージェントは採用する企業側から紹介手数料という名目でお金をもらっているからです。


この辺の仕組みについて詳細を知りたい方は下記の記事をご覧じてください。




きちんと納得してからサービスは利用したいよね!

現状を少しでも変えたいと思うなら、転職エージェントに相談しに行こう!



今の会社は辞めたいけど、転職サイトやハローワークの求人はどれも胡散臭くみえて、一歩が踏み出せない、そんなふうに考えている人こそ、転職エージェントの利用をおすすめします。


もちろん転職エージェントが紹介してくる案件が、すべてあなたの希望を叶えてくれるものではありません。それでも自分ひとりで求人を探すよりはずっと効率よく、自分に似合いの求人に出会うことができます。


転職サイトの求人がどれもブラック企業ばかりにみえて怖い。という気持ちもわかります。


だったら、グチをこぼしつつずっと今の会社に残り続けますか?


「そんなの、ぼくは嫌だ!」


と少しでも思うのであれば、まずは転職エージェントに相談に行くところからはじめてみたらいかがでしょうか?


自分ひとりでは出会えなかったような素晴らしい会社に出会え、輝かしい未来を手に入れられるかもしれませんよ。


行動しなければ、何も変わりません。もっと自分らしく人生を楽しみたいのなら、現状を変えるために一歩踏み出しましょう!




>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

リクルートエージェント以外に登録すべき転職エージェントは下記にまとめてあるので、あわせて御覧ください。

関連