• 生まれつき人見知りで、職場の人といつまでたっても仲良くなれず、自分だけ浮いている
  • せっかく転職して入った会社だけど、なんだかいまいち溶け込めない
  • 自分より後から入社したあいつはもうあんなに職場に馴染んでいるのに、なんで自分はいつまでたっても馴染めないんだろう?


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


毎日出勤しなければならない会社では、人間関係の悩みはつきものです。


せっかく入った会社なのに、なんだか自分だけうまく溶け込めていないなと感じている人は多いでしょう。


どうせ毎日働く会社なら、なるべく人間関係のことで悩んだりせず、楽しく働きたいですよね?


でも、引っ込み思案な性格をしているあなたは、なかなか周囲の人とうまくコミュニケーションが取れず、苦しんでいることと思います。


こればかりは生まれ持った性格なので、すぐに解消するのは難しいです。


でも、だからといって会社の人と仲良くすることを諦めてしまっていいのでしょうか?


結論をいうと、諦めてしまって何ら問題はありません。


むしろ無理して会社の人と仲良くすることに何らメリットはありませんよ。


この記事は、人見知りが激しくてイマイチ会社に馴染めていないと悩んでいる人、会社の人ともっと仲良くして仕事をスムーズに進められるようになりたいと考えている人に、ぜひとも読んでもらいたい内容です。


雑談力や傾聴力といったコミュニケーション力を必要としない、明日から使える職場での振る舞い方のヒントがきっと見つかることでしょう。

スポンサーリンク



人見知りだから、何を話していいかわからない



人見知りのあなたは、いざ会社の人と2人きりになると、緊張して何を話していいかわからなくなってしまうのではないでしょうか。


引っ込み思案や人見知りの人にとって、気のおけない友人以外の人と会話をするのはとても大変なことです。


できれば会話なんてしたくないんですが、さすがに毎日顔を合わせる同じ会社の人と全く会話をしないわけにはいきません。


例えばエレベーターで2人きりになったとき、例えばトイレで隣のポジションしか空いていなかったとき(女性はわからなくてすいません)、例えば飲み会で同じテーブル席に座ってしまったとき。


そんなシチュエーション、社会人なら一度は経験したことがあると思います。


いや別にいいんですよ、会社の人と隣(同じ席)になるのは。


ただ、ぼくたちコミュニケーション力が壊滅的で、人見知りな人にとっては、そこで生まれる「なにか喋らなきゃ」の状況が苦痛で苦痛で仕方ないのです。

会社の人は、強制的に関係性を持たなければならないから友達になりづらい

専門用語

なぜぼくたちコミュ障は、会社の人との会話に苦手意識があるのでしょうか?


その根本的要因は、会社で一緒に働く人を自分で選べないことにあります。


ぼくたちのような人見知りは、ものすごく警戒心が強く、心を許した人でない限り積極的には会話をしたがりません。


学生の頃はそれでも問題がありませんでした。


時間をかけて気の合う人をみつけ、気の合う人とだけ話をしていればそれでよかったです。


しかし会社では、一緒に働く人は選べません。


そのためその人が本当に自分と気が合うかどうかわからないまま、関係性を構築しなければなりません。


しかも、席が隣だったりしたらその緊張感たるやとんでもないものです。


「もし気の合わない人だったらどうしよう」


その不安感が、引っ込み思案な我々コミュ障の頭を悩ませ続けるのです。

会社で友達は作る必要があるのか?



まずそもそも論として、会社で友達を作る必要はあるのか?というところをみてみましょう。


結論をいうと、無理して会社で友人を作る必要はありません。

友達を作る必要はありません



友達とは、損得感情をぬきにして、気がねなく付き合える人たちのことを指します。


まあこのへんは人によって様々な定義はあるでしょうが、基本的に友人との間柄に利害関係はありません。


一緒にいて楽しいから一緒にいる、いられるのが友人です。


何かしらの利害関係が生じるのであれば、それは友というよりも「戦友」「仲間」「同士」でしょう。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

そ、それはそれで響きがカッコいい



会社とは、基本的にみな何かしらの利害関係を持った間柄の人たちの集合体です。


友情を形成するのに不必要なはずのものが最初から存在しているのです。


なので、会社の人たちとピュアな「友情」を作ることは最初から無理ゲーと考えて差し支えありません。


「最初から彼らとは友達になれないのだ」そう考えると、気持ちがずいぶん楽になりますね。

たしかに社内に友だちがいるとメリットもある



とはいえ、会社の中で友人を作ることや人脈を形成しておくことに意味がないかというと、そんなことはありません。


もし会社に仲のいい人がいれば


  • 仕事で凡ミスをしたときにこっそりフォローしてもらえる
  • 嫌なことがあったときにグチを聞いてもらえる
  • 誰も知らないマル秘情報をいち早く教えてもらえる
  • 自分が関わっているプロジェクトのキーマンを紹介してもらえる


などといったメリットもあります。


特にミスをして怒られたときにこっそり励ましてくれる人の存在は、会社員人生を乗り切るのに非常にありがたい存在ですね。


自分の置かれた状況を知っている分だけ、会社外の友人や妻、恋人よりもありがたい存在と感じることもあるでしょう。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

もしその相手が妙齢の異性だとしたら、、、、ムッフー!!



通りすがりのJK通りすがりのJK

セクハラで訴えられますね



繰り返しますが、友情は利害関係を超えて存在するものです。


無理をする必要はありませんが、もし気の合う人がいるのであれば、社内で友人を作っておいてもいいかもしれませんね。

でも合わない人たちと無理に仲良くならなくたって大丈夫



繰り返しになりますが、無理に会社の人と仲良くなる必要はありません。


まして友人になる必要なんて全くありません。


正直いって時間の無駄です。


そんなところに神経を使うのであれば、少しでもビジネススキルを磨いて会社の利益に貢献できる人材になりましょう。

人見知りのあなたが会社で居場所を作る方法

居場所

それでは具体的に、人見知りでイマイチ会社に馴染めていないと感じているあなたが、今の会社で居場所を作る方法をみていきましょう。


人見知りでコミュニケーション力がないぼくが実際に試してみてうまくいった方法ばかりなので、同じように自分にはコミュニケーション力がないと感じている人でも、というかむしろそういう人にこそ有益な方法だと思います。


ちなみに、雑談力とか傾聴力なんかは一切必要ありません。


そんな能力があるんだったら、職場で居場所がないなんてことで悩まないですよね。うらやまけしからん。


ここで必要とされるのは、胆力・精神力のみです(もしくは鈍感力)。

とにかく仕事を頑張って圧倒的な成果を出す



逆説的ですが、職場のみんなと仲良くしようと媚びへつらうのではなく、会社の利益のために頑張って仕事に打ち込んだほうが、会社の人には認められるようになりますよ。


そうなれば、別に多少人見知りで付き合いが悪かろうと、誰もそんなの気にしません。


むしろ仕事のできる孤高の一匹狼として、畏敬の念を集めるでしょう。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

一般職女性社員の人気もうなぎのぼりだね!

ボッチでいることを気にしない

気にしない

人見知りで気が優しいあなたは、少し他人の目を気にしすぎです。


他人の目を気にするということは、裏返せば他人の機微に気づき、気遣いができるという素晴らしい長所でもあるのですが、気疲れの原因にもなります。


そんな心優しいあなたは、もう少し他人に対して鈍感になるべきです。


心配しなくても、他人はあなたのことなんてまるで興味はありません。


あなただって、仕事終わりの時間や休日に、気の合わない会社の同僚のことを一ミリでも考えますか?


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

ぼくは仕事のことを考えなさすぎて、大切な仕事の約束を何度もすっぽかしたことがあるYO!



アフター5や休日の貴重な時間は、大切な家族や友人、ストリートで声をかけて(かけられて)知り合った異性のことで頭がいっぱいだと思います。


みんなそうです。


なので、必要以上に周囲からどう思われているかを気にしなくても大丈夫です。


あなたのことなんて誰も気にしていません。


本当はちょっとさみしくても、一人ぼっちでいる状況にうろたえず、堂々と振る舞いましょう。


そうすれば


てんぐくんてんぐくん

あの人はいつも1人だし、1人でいるのが好きなんだな



と周りが認知してくれます。


不要な飲み会に誘われなくなると、人生が10倍快適になりますよ!

挨拶や必要なやり取りだけはきちんとこなす



会社に無理に馴染もうとする必要はありませんが、あえて敵を作る必要もありません。


そのためには、挨拶や業務上必要な情報をやり取りなど、最低限のコミュニケーションだけはきちんと取るように心がけましょう。


例えば社内の提出物の締切をきちんと守るようにするだけでも、だいぶ印象は違ってきますよ。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

まあそれが面倒なんだけどね(典型的なダメ人間の発想)

どうしても合わない職場、居心地の悪い会社はある



いかがでしたでしょうか?


無理して会社の輪の中に入っていかなくても問題はないことがわかってもらえたと思います。


基本的にはきちんと仕事をこなしていれば、たとえ社内の人と仲良くできなくても居心地が悪くなるなんてことはありません。


しかし、どうしても雰囲気が合わない職場もあるでしょう。


業界によっては、接待のノリの良さがどうしても求められる場合もあります(例えば広告業界などは異常。女性でもカラオケ全裸接待とか普通らしいです)。


また、若い人が社長を勤めているような小さな会社では、ワンピース的な仲間意識が社員全員に強要されるなんてこともあるでしょう。土日もみんなで集まってBBQとか、考えただけでもおぞましいですね。


会社が個人の集合体である以上、どうしてもその集団特有の風土というものは形成されてしまいます。


仕事内容以前に、どうしても肌に合わない会社も存在するのは仕方のないことです。


ぼくにとっては、社員同士の悪口が横行する会社がまさにそれだったのですが、あのころは仕事内容以前に職場に行くのが苦痛でしょうがありませんでしたね。

会社の雰囲気があわないと感じたら、無理せず転職をしよう!



仕事内容以前に、どうしても今の会社の社風があわないなと感じるのであれば、無理して今の会社に勤め続ける必要はありません。


無理に合わせ続けていると、精神的に病んでしまいますよ。


世の中にはたくさんの会社があります。


あなたのパーソナリティにあった会社が必ず存在するはずなので、今の会社にどうしても我慢できないなら転職活動を行いましょう。


とはいえ、普通の会社に転職したのであれば、また次の会社でも同じような悩みを抱えてしまうだけです。


運良く気の合う人たちばかりの職場に入れればいいですが、天文学的確率でありえないでしょう。


どんな会社にも、気の合わない人は必ずいるものです。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

じゃあ、どうすればいいんだよ、、、



なんて弱気にならないでください。


世の中には、そんな人とのコミュニケーションが苦手なあなたにピッタリの仕事があるのです。


その仕事とは、工場の仕事です。


【↓↓↓入社祝い金もある!!寮完備でガッツリ稼げる期間工案件をお探しなら「工場WORKS」がお得?!】





詳細はこちらから>>【工場WORKS】なら見つかる♪あなたにピッタリのお仕事!


てんぐくんてんぐくん

でも、工場の仕事ってきつんじゃないの?



とお思いのあなた!そんなのは過去の話です。


働き方改革が叫ばれて久しく、なおかつ何かあればSNSですぐに拡散、炎上してしまうこのご時世、劣悪な環境下で未来ある若者を使い捨てるなど、大手企業は恐ろしくてできないのが現状です。


そしてそんなやる気のある若者を募集しているのは、トヨタ、スバル、MAZDAなど日本が世界に誇る名だたる有名企業ばかりです。


入社祝い金が貰えるだけでなく、家電が一式揃った寮生活も保証された、まさに至れりつくせりの環境が整えられています。


しかも未経験者でもすぐに覚えられる検品や組立作業が中心のため、煩わしいコミュニケーションスキルを必要としません。


また、働き方の自由度が高いのも見逃せまん。


ガッツリ短期間で稼ぎたい人や、じっくりと長期間で働きたい人、両方の希望が叶えられる案件が充実しています。


通りすがりのJK通りすがりのJK

でも、工場系の仕事って、力仕事も多そうだし、女性には難しいんじゃニャイかな?



そんな子猫ちゃんじゃなかった、女性でも、食品関係の工場なら、力仕事も必要なく安心して働けます。


煩わしい人との関わりが発生するオフィスワークが心底嫌な人は、ぜひとも工場系のお仕事を検討してみてはいかがでしょうか?


きっとあなたらしく働ける会社が見つかると思います。


グズグズ行動しなかったら、いつまでたっても今のストレスフルな環境からは抜け出せません。


行動するな早いうちがいいです。


人生で、最も若くて気力・体力ともに充実している栄光時代はいつ?


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

今でしょ!!



【↓↓↓入社祝い金もある!!寮完備でガッツリ稼げる期間工案件をお探しなら「工場WORKS」がお得?!】





詳細はこちらから>>【工場WORKS】なら見つかる♪あなたにピッタリのお仕事!


おすすめ転職エージェントを知りたい方へ
転職成功実績No.1!すべての人がまずは登録すべき転職エージェントはこちら
10万件超えの求人数!転職初心者はまずリクルートエージェントに登録しよう

20代、30代前半の首都圏にお勤めの若手社員におすすめの転職エージェントはこちら
20代30代の未来ある若人よ、マイナビエージェントで自分の夢を叶えるのだ!!

エグゼクティブ案件・外資系に転職を考えてる人におすすめの転職エージェントはこちら
外資系を狙っている35歳以上のナイスミドルはJACリクルートメントを活用しよう!