今の会社は毎日毎日遅くまで残業ばかりで、他の会社に入った大学時代の同期とも全然飲みにいけなくなったな。そういえば彼女とのデート、もう何ヶ月もしていなかったっけ。昨日のLINEもまだ返信してないや。休日は疲れてしんどいから、アッチもしばらくご無沙汰だし、このままじゃおれ、捨てられるんじゃないかな?


毎日遅くまで残業ばかりの今の仕事に、心身ともに疲れ果てているあなたへ。


残業ばかりの日々が続くと、健康にも悪いし、家に帰っても仕事のことしか考えられなくなってしんどいですよね。


休日も疲れ果てて寝て過ごすだけで、満足に気分転換もできません。


中には仕事が終わっているのに上司が帰っていないから、同期がまだ残っているから帰れないなんて職場もあるでしょう。


ぼくも前勤めていた会社では、周りがまだ残っているんだから、お前だけさっさと帰るなんて言語道断だ!と訳のわからない理由で怒られたりしたものでした。


残業が多いと心も体も疲れ果ててしまいます。もしあなたがそんな毎日に嫌気が差しているのであれば、ぜひとも転職をして残業の少ない会社に入るべきです。


でも、転職をするのはちょっと、、、と二の足を踏んでいる人もいらっしゃるでしょう。


残業が多くて嫌だと嘆いているのに、なぜあなたはその現状を変るための行動を起こさないのですか?


おそらくその理由は、転職した会社が、また残業が多いところだったらどうしようと考えているからではないでしょうか?


この記事ではそんな不安を抱えているあなたに、残業の少ない会社へ転職するための方法を紹介します。

スポンサーリンク



次もまた残業ばかりの職場なのでは?という恐怖があなたに二の足を踏ませている

恐怖

ぼくは新卒で入った残業だらけの上に残業代が1円も出ない会社に嫌気がさし、転職をしました。


しかし、転職サイトを活用して選んだ次の会社は、転職前の会社以上に残業が多い会社でした。


「定時帰宅」なんて都市伝説なんじゃないかと勘違いしたほどです。


もちろん大手ホワイト企業に入った友人には、毎日定時帰宅の上に、ぼくよりずっと多くの給料をもらっている人もいました。


でもそれは、一流企業に入社できる優秀な人たちの話であり、ぼくのような劣等生には関係のないものと思い込んだのです。


仮に今の仕事を辞めて転職をしたとしても、また次も同じように残業が多い職場だったらどうしよう?それだったら、仕事内容にもなれていて、知った人の多い今の会社で働き続けたほうがましだよな。


そんなふうに考えて、残業の少ない会社への転職を諦めてしまうのも仕方のないことです。

転職面接で残業時間のことを聞くのは勇気がいる

勇気

中途採用の面接で残業のことを聞くのは、たしかに勇気がいりますし、単刀直入に残業時間を聞いてくる応募者に対してマイナスのイメージを抱く面接官が多いのも事実です。


特に年配の方は、残業の質問を嫌がりますね。


もし面接の中で残業時間のことを聞くのであれば、それとなく上手に聞く必要がありますが、まあそれができれば誰も苦労しないです。


関連


残業に限らず、社風や年収、有給の取りやすさなどはなかなか面接中には聞き辛いものです。だからといって、そこを曖昧にしたまま入社してしまって、あとから「こんなはずでは」となっては目も当てられません。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

じゃあ、いったいどうすればいいんだよ?



そんなあなたは、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?


【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】

転職エージェントを使えば、面接で聞きづらかったことを代わりに聞いてくれる

感謝

面接では、相手に気に入られようと自分を偽ってしまう人が多いでしょう。


「せっかく最終面接までこぎつけたのに、残業のことなんて聞いて、やる気のないやつだと思われて落とされたらどうしよう」という恐怖心はあって当たり前です。


特に面接官が昭和気質のおじさんの場合は、残業はして当たり前という考えの人が多いためか、残業のことを気にする求職者にいいイメージを抱かない人がいるのもたしかです。


とはいえ、残業時間がどれほどなのかをきちんと確認しないと入社してから「こんなはずでは」となってしまう可能性があります。


転職理由が残業の少ない会社に入りたいというものだったのに、それでは本末転倒ですね。


そうならないためにも、残業時間はエージェント経由できちんと確認しましょう。


面接時には聞きづらくて聞けなかったことや緊張して聞き忘れてしまったことを、エージェント経由であとから聞けるのが、転職エージェントを利用することのメリットです。


また、求人票に書いてある残業時間を鵜呑みにしないことも大切です。


ぼくがかつて応募した企業は、求人票に残業時間は月に20~40時間と書いてありました。


のですが、実際に面接に行くと「うちは残業が多くて、22時過ぎまで働く事もザラ(定時は18時)だけど、あんちえじゃー君なら平気だよね?」とさらっと言われたことがあります。


空耳アワードかな?と思って、次の選考に進んだぼくに面接官がおっしゃったことは


「変革期の今、残業が多くていつも帰り24時位になるから、職場近くに引っ越してもらうよ。大丈夫、引っ越し代はこっちが持つから」


でした。


エージェントに確認してもらうと、求人票に書いてあった残業時間はあくまで「これから目指す」残業時間であったとのことで、実際の現場は相当残業が多い職場だったということでした。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

もちろん、選考は辞退したよNE!



このように、転職エージェントを使えば、転職先が本当に残業が少ない会社かどうかを見極めることができます。「次の転職は絶対に失敗したくない」そう考えている人は、自分一人で転職活動をすすめるのではなく、転職エージェントを使って転職活動をすすめるのがおすすめです。


中でもおすすめなのはリクルートエージェントです。


【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



リクルートエージェント、公式サイトはこちら!


リクルートエージェントは、転職成功実績が国内随一であるばかりでなく、抱える求人数も国内最大級です。


頼りになるエージェントとともに、残業の少ない会社への入社を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか?


残業がどれだけあるのか?以外にも例えば


「年収ってどれくらいまで上がるのかな?」


だとか


「産休ってきちんと取れるのかな?」


などといった、面接では聞きにくいことも代わりに聞いてもらえます。


通りすがりのJK通りすがりのJK

気になる点を入社前にきちんと潰して、納得のいく転職活動を行いましょうね!



しかも転職エージェントのサービスは無料で利用できます。


こんな至れりつくせりのサービス、活用しない手はありません。


ぜひリクルートエージェントを上手に活用して、残業の少ない会社に転職しましょう!


【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



リクルートエージェント、公式サイトはこちら!

残業の少ない会社で、自分らしい人生を送りましょう

プリ尻

転職エージェントを活用すれば、応募先の企業の残業が多いのか少ないのかを知ることができます。


もちろん残業時間だけが転職先を選ぶ基準にはならないと思いますが、残業が多い会社よりも少ない会社のほうがいいに決まっています。


そもそも残業が当たり前の会社のほうがおかしいのです。本来定時で仕事が終わるようにするのが経営者の役目ですし、多大な残業が前提にないと会社が成り立たないのであれば、そんな会社は潰れてしかるべきです。


残業の少ない会社でしっかりと成果を出して、アフターファイブは自分のために使いましょう。


小説や漫画を読むも良し、新作ゲームをプレイするも良し、副業に精を出すも良し、ストリートに繰り出すも良しです。


さあ、残業だらけの毎日を脱出するために、今すぐ行動を起こしましょう!


【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】



リクルートエージェント、公式サイトはこちら!