辛い

  • 新卒のときの面接と、中途面接の違いって何?
  • もう10社以上面接で落とされて、精神的にしんどくなってきた
  • 就活のときに面接で本当に苦労したから、転職活動でも苦労しそうで怖いんだよね

今の職場にずっとい続けていいのか不安に感じていたり、もっといい仕事がしたいと考えているけど、過去に何度も面接に落ちて、それがトラウマになって転職活動に踏み切れない人へ。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


かつて面接に何度も落とされ続けたあなたにとっては、採用の面接はとても辛いものでしょう。


面接官の顔を見ると、緊張して頭が真っ白になるのではないでしょうか?


おそらくその原因は面接に対する恐怖感だと思います。


就職活動や転職活動で面接に落ちまくって苦労してきた人が、面接に対して恐怖感や苦手意識を持つのは仕方のないことです。


しかし、あなたが中途採用の面接に落ちまくるのには、実は明確な原因があったのです。


しかもその原因は、適切に対処すれば誰でも克服可能なものだといったら、あなたはどうしますか?


この記事では、転職活動で面接に落ちまくる人が、なぜ面接を通過することが出来ないのか、その原因と対策をみていきます。


面接に対する苦手意識をなくして、転職活動に一歩踏み出すきっかけになれば幸いです!

スポンサーリンク



なぜあなたは転職での面接に落ちまくるのか?

考える

あなたが面接に落ちまくる原因は、ズバリ事前準備が圧倒的に足りていないからです。


事前準備とは大きくわけて3つあります。

  1. 自分に関するもの
  2. 企業に関するもの
  3. その2つを論理的につなげること

一つずつ見ていきましょう。

自分に関する深掘りができていないから、あなたは転職面接に落ちまくる!

面接に落ちまくるあなたに足りないのは、動機の言語化です。


「なぜ自分が転職をしたいのか」の深掘りがきちんと出来ていないと転職活動はうまくいきません。


どうしてあなたは今の会社を辞めたいと考えているのでしょうか?

  • 残業が多いから?
  • 上司や同僚とウマが合わないから?
  • もっと難しくてやりがいのある仕事に挑戦したいから?

じっくりと時間をかけて掘り下げましょう。


また、その他にも

  • 次の職場には何を求めるのか?
  • どんな条件なら妥協できるのか?絶対に譲れない条件はなにか?
  • 自分の強みは何か?アピールポイントは?

といったこともきちんと考えておきましょう。


また、どういった業界のどういった仕事なら、自分の望みを叶えられるのかを深掘りするのも大切です。


体育会系のノリが大好きで、世の中に影響を及ぼすでっかい仕事に携わりたい人は、電通などを始めとした広告業界や、マスメディアに携われる業界に転職すべきです。


世界を股にかける仕事がしたいのであれば、商社に転職するのがいいかもしれませんね。


とにかくここでいいたいのは、転職の面接で落ちまくる人は、圧倒的に自分のことを理解できていないということです。


自分の強みがいまいち分からないよって人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けると、客観的に自分の強みを知ることが出来ますよ。


無料で受診できるので、時間のある週末にぜひとも受けてみてください。
>>グッドポイント診断を受けてみる!
※無料で診断できます。

企業や業界の研究が足りていないから、あなたは転職面接に落ちまくる!

新卒の学生ならいざしらず、すでに社会人としての経験をある程度積んでいる転職者にとって、自分が面接を受けようとしている企業をじっくりと研究するのは最低限のマナーです。


企業のホームページを何時間もじっくり時間をかけて読み込むのは最低限として、できればその業界の現状や課題、応募企業が業界に占めるポジションまで把握するようにしましょう。


それすらやってこなかったからこそ、あなたは転職面接で落ちまくるのです。


またこのリサーチをおこなう段階で浮かんだ疑問を面接でぶつけるようにすれば、なおさら面接の通過率は上がります。


応募先の企業を丸裸にするくらいの勢いで、徹底的に企業研究を行いましょう!


そうすれば、転職面接で落ちまくるなんて事態は避けられる様になるでしょう。

面接で落ちまくりたくなかったら、退職理由と志望理由を有機的にリンクさせよう

  1. なぜ今の会社を辞めて転職をしたいと考えているのか。
  2. 応募しようとしている企業がどういう会社かを丸裸にする。

この2つを時間をかけて徹底的に行うだけではまだ足りません。


本当に転職活動は大変ですね。


この後あなたがやるべきことは、退職理由と志望動機を矛盾がないように有機的につなぎ合わせ、誰が聞いても納得感のある転職ストーリーを作り上げるという、非常に面倒くさい作業です。


言い古された感はありますが、ネガティブな転職理由をポジティブな転職理由に変換し、あなたの会社では自分の叶えたい希望が叶えますよ、ということを面接官に納得してもらえなければ、いつまで経っても中途面接に受かることはないでしょう。


しかし、自己分析と企業研究を徹底的におこなったあなたにとって、この作業はそれほど大変なものではありません。


ここが最後の山場なので、本気で転職をしたいと考えているのであれば、面倒臭がらずに時間をかけてじっくりと取り組みましょう。


実際ぼくも最初の転職活動のときは、ここに書いたような事前準備を十分に行わなかったため、大変苦労しました。


ぼくは新卒でイベントやセミナーを企画する会社に入ったのですが、退職後はとにかく最初に会社に関連しそうな企業を、リクナビNEXTなどの転職サイトで片っ端から探して応募していました。


探し方はシンプルで、転職サイトの検索欄に「セミナー 企画」「イベント 企画」などと打ち込み、ヒットした会社で通える範囲の会社にとにかくがむしゃらに応募しました。


もちろん自分が応募しようとしている企業がどんな会社なのか?なんてほとんど調べません。面接日の前日に10分程度ホームページを見るだけです。


まだ20代なかばと若かったので、書類選考の通過率はぶっちゃけ悪くありませんでした。


でも、将来に対するビジョンが不明瞭&なぜその会社を受けようと思ったのか、そして将来何をしたいのか、を自分なりのロジックで熱く語ることのできない若造に魅力を感じてくれる会社は一社もありませんでした。


貯金も底をつき、精神的にもボロボロになったぼくに内定を出してくれた会社は、ワンマン社長が恐怖政治で支配する超絶ブラック企業だったことは、また別のお話です。


今思えば、たとえ青臭くとも社会人として培ってきた経験を元に、しっかりと準備をおこなっていれば、こんなに何度も転職を繰り返す人生を歩んでいなかったのかなと少し後悔しています。


この記事を読んだ皆さんには、ぜひともぼくと同じ轍を踏まずに、納得のいく転職活動をしてほしいと思います。

面接の練習と振り返りが圧倒的に足りていないから、落ちまくる

事前準備はバッチリなのに、いざ面接本番となると緊張して頭が真っ白になってしまうという方は、練習が足りません。


実際にやってみるとわかるのですが、頭で思い描いたイメージ通りに流暢に自己PRを1分以内にまとめられる人は殆どいません。


嘘だと思う方は、お風呂上がりに鏡に向かって自己PRを1分以内で行ってみてください。


スマホで時間を図るのを忘れずに。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

なんということでしょう。



きっとあなたは、途中で言葉に詰まりながら、同じことを何度も繰り返ししゃべり、「え~」「あの~」といったつなぎ言葉が多すぎる自分の姿に気付くことでしょう。


そしてすべてを話し終わった後でスマホのタイマーをみてみると、ゆうに5分以上の時間が経っていることに、深い絶望感を覚えるのです。


1分以内と仮定していたのに、これでは「簡潔に話すことの出来ないダメなやつ」という烙印を面接官に与えてしまうことは間違いありません。


実際にやってみないと、この辺の感覚はつかめないので、転職前に面接の練習をおこなったことのない人は、ぜひとも取り組んでみてください。


自分が話している様子をスマホやPCで録画して見返すと、更に効果は大きいですよ。


もし結婚をしていてパートナーがいるのであれば、パートナーに頼んで面接官をおこなってもらいましょう。


パリッとしたスーツを着てもらえば、それらしい雰囲気になりますしね。


もしぼくのように


「そんなパートナーなんていないよ!」


なんて人も安心してください。鏡に向かって1人ブツブツと練習をするだけでも効果があるので、転職面接に苦手意識を持っている方は、ぜひとも自分がまとめた転職理由や自己PRを実際に喋ってみることをおすすめします。


それだけでも、中途面接に落とされまくる可能性はグッと低くなります。

転職の面接は落ちまくって当たり前と最初から諦めていない?

面接は新卒の面接だろうと、転職の面接だろうと、100%通過するものではありません。


とはいえ、厳しい書類選考を通過してせっかく面接までたどり着いたのに、その結果落とされたとしたら、精神的なダメージは相当なものです。


まるで自分という人間そのものが否定されたような気持ちになりますよ。


怖いですね。しかし、だからといって最初から自分の心に「どうせ落ちるんだ」と保険をかけるのはおすすめしません。


なぜなら落ちることを前提に面接に望むのと「絶対に受かるんだ」と考えて面接に望むのでは、事前準備に取り組む姿勢に明確な違いが出るからです。


最初から諦めていると、無意識的に企業研究や自己分析をいい加減なところで打ち切ってしまいます。


残念ながら人間ってそういうものです。そしてそういった態度は面接官にも伝わります。全力で準備をしてきた求職者が多少ヘマをしても、その前向きな姿勢は必ず面接官の心に響きますが、手抜きは一切許されません。


忘れないでください。あなたが臨もうとしているのは、社会人としての酸いも甘いも経験した人を対象とした転職活動の面接です。


なのでなおさら最初から諦めのスタンスで臨むのではなくて、「絶対に受かるんだ!」という強い意志を持って面接の準備をしましょう(もちろん、それでも落ちてしまう可能性はあるので、落ちたとしても必要以上に落ち込まないマインドセットも重要ですが)。

転職活動で面接に落ちまくらないためには、プロの力を借りてみよう

メリット

まとめると

  • 退職理由や自分の強みといった、自分に関することを言語化し
  • 応募先の企業のことを徹底的にリサーチし
  • 転職してまで叶えたいと思うことが、なぜ応募先の企業では叶えられるのかを有機的につなぎ合わせ
  • それをスラスラと読み上げられるまで練習する

といったステップが、転職の面接で落ちまくらないためには必要だということです。


でも、ぶっちゃけこれらのことをたった1人で実行するのはめちゃくちゃ大変です。


ましてや仕事をしながら転職活動をする場合には、すべてのステップを満足行くまで完成させるのはよほどのスーパーマンでなければ不可能です。


でも、仕事を辞めてからの転職活動はとてもリスキーだし、できれば仕事をしながら転職先を決めたいですよね?

>>転職するなら絶対に在職中に次の仕事を決めたほうがいいよって話


そんなあなたは、自分ひとりですべての準備をしなければならない転職サイトではなく、転職のプロであるキャリアコーディネーターのサポートを受けながら転職活動を進められる転職エージェントを活用するのがおすすめです。


転職サイトと転職エージェントの違いは下記の表にまとめたので、詳細はこちらをご覧ください。

サービス名転職サイト転職エージェント
求人サイトに掲載されている求人を探すことができます。誰でも閲覧可能ネット上には掲載されていない非公開求人がメイン。
メリット自分のペースで転職活動をすすめることができる。求人探しや面接日程の調整などの事務手続きを代わりにやってもらえる。
プロによる職務経歴書の添削や、面接対策が受けられる。
こんな人におすすめマイペースに転職活動を進めたい人。短時間に効率的に転職活動を進めたい人。プロに相談しながら転職活動を進めたい人。

面接で落ちまくるあなたに、なぜ転職エージェントがおすすめなのか?

おすすめ

転職活動の肝である面接に落ちまくるあなたにとって、なぜ転職エージェントの利用がおすすめなのか?


それは転職エージェントが、先程あげたあなたの弱点

  1. 事前準備が圧倒的に足りない
  2. 練習量が圧倒的に足りない

の2つを解決してくるサービスだからです。


なぜか?


その理由を詳しく見ていきましょう。

転職理由やアピールポイントを一緒に整理・深掘りしてくれる

転職エージェントのサービスを利用するには、まず担当のキャリアコーディネーターと面談をする必要があります。


ぶっちゃけ、わざわざ仕事終わりの時間や休日を潰して時間を作る必要があるので、面倒といえば面倒です。しかし、転職エージェントとの面談には、その面倒臭さを上回るメリットがあります。


特に、はじめて転職活動をする人や、かつて自分1人で転職活動をおこなって失敗したことがある人は、ぜひとも利用すべきです。


なぜなら自分だけでは決して発見できなかった自身の長所を発見したり、本当の転職理由を見つけたりするのにものすごく役立つからです。


他人に話をすることで、自分の考えが整理されて、今本当に取り組まなければならないことがわかった、という経験は誰でもあると思いますが、転職エージェントの利用価値はまさにそこにあります。


転職のプロであるキャリアコーディネーターのアドバイスは、きっとあなたにとって新たな発見をもたらしてくれる非常に有意義なものになるでしょう。


ノープランで訪れても、それなりのフィードバックを返してくれるけど、やっぱり自分なりに考えてから面談したほうがより有意義なフィードバックを貰えることは念の為断っておきますよ。

>>転職エージェントは使うべきか?とお悩みの方へ。ぜひとも利用すべき10個のメリットを紹介します

ネット上には載っていない業界・企業の現ナマ情報を教えてくれる

これは実際に転職活動を開始すると得られるメリットなのだが、転職エージェントは各業界にコネクションを持っています。


当然、業界独自のルールや風習も熟知しているため、得られる情報の質と量は、自分ひとりで転職活動をするよりも格段に跳ね上がります。


もちろん自分が働いていた業界内で他の会社に転職をするのであれば別ですが、そうでない場合には、転職エージェントが持っている情報は本当に役に立ちます。


その業界に未来はあるのか?自分が応募しようとしている会社の市場シェア、今後の展開や求める人物像など、ネット上には載っていない現ナマ情報を得られるのは、転職エージェントを利用する非常に大きなメリットです。

面接の練習相手になってもらえる

転職エージェントは、面接が苦手でいつも落とされまくってしまうあなたと面接の練習を行ってくれます。


家族や友人とは違い、彼ら転職エージェントは転職活動のプロです。


格段に有意義なアドバイスをあなたにしてくれるでしょう。


面接を突破するために、具体的にどこを直せばいいのかをアドバイスしてもらえることが、転職エージェントを利用することの大きなメリットです。


面接を突破したいのであれば、転職エージェントとの事前練習は絶対に行いましょう。
>>練習しないなんてアウト!転職で50社以上の面接を受けてきた私からアドバイス!

これから面接する企業の内部情報を入手できる

また、転職エージェントはあなたがこれから面接する企業の内部情報をたくさん持っています。

  • 面接で必ず聞かれる質問はなにか?
  • どういった点を重点的に見られるのか?
  • 面接をする人はどんな立場の人か?

などといった、転職サイトやハローワークを使っての面接では決して得られない情報を事前に知ることが出来ます。


これは、面接で落とされまくる確率を大きく減らすとてつもないメリットです。

面接後のフィードバックを貰える

転職エージェント経由の面接が終わると、合否にかかわらず面接結果のフィードバックが貰えます。


自分が感じていた手応えと、起業の面接官があなたに感じていた印象のギャップも知ることが出来るので、今後の面接戦略を練る上で非常に有意義な情報といえます。


ただし、中には「他にもっといい候補者がいたから」といった身も蓋もないフィードバックもあるのですが、逆に考えればおためごかしではない、忌憚のない情報がしれるという意味で、やはりありがたい情報であることに違いはありません。


なぜなら何度面接をしても「もっといい候補者がほかにいた」と言う理由で断られるのであれば、自分の魅力を適切にアピールできていないのか、それとも自分の市場価値がまだ相対的に低いのか、と次の段階に思考を進めることができるからです。


また、転職エージェント経由の面接が終わると、メールや電話で感想を担当コーディネーターに報告しなけらばなりません。


そのため必然的に面接の振り返りが出来るので、やはり面接で落とされまくるという事態を避けるためにも転職エージェントは積極的に使うべきなのです。

転職エージェントを利用すると得られるその他のメリット

もうお腹いっぱいかもしれませんが、転職エージェントを利用することのメリットはこれだけではありません。


具体的には、

  • 面接日程の調整
  • 応募書類の添削
  • 年収などのデリケートな条件面の代理交渉

といったメリットもあるため、少しでも転職を考えているのであれば、転職エージェントはぜひとも利用すべきサービスです。


しかもこれだけ至れりつくせりのサービスを享受できて、利用料金は一切かかりません。


つまり無料(タダ)で利用できるのです!
>>なんで無料で利用できるの?!転職エージェントの儲けの仕組みを徹底解説!

おすすめはリクルートエージェント

リクルートエージェント

ぼくがぜひとも登録をおすすめする転職エージェントは、リクルートエージェントです。

>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。


リクルートエージェントは人材業界のガリバー企業であるリクルートグループが運営している、転職成功の実績が国内No.1の転職エージェントです。


大企業とのパイプも太く、求人件数・キャリアコーディネーターの質ともに非常に高いサービスであり、転職を考えているのであればぜひとも登録しておくべきサービスです。


過去に多くの転職希望者を転職成功に導いてきたリクルートエージェントが蓄積してきた面接ノウハウを活用すれば、面接が苦手で落とされまくったあなたでも、きっと納得の行く転職活動をおこなうことができるでしょう。

>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。


また、転職エージェントを利用する際は、複数のエージェントを利用するのがセオリーです。


転職エージェントはそれぞれが独自のパイプで企業とつながりを持っているため、そのエージェントしか持っていない求人を数多く抱えているからです。


リクルートエージェントからは紹介してもらえなかった求人を手に入れるためにも、ぜひとも積極的に多くの転職エージェントを利用しましょう。


転職初心者に評判のいいパソナキャリアや、首都圏に住んでいる20代、30代の若手ビジネスパーソンの転職活動に強いマイナビエージェントなど、ぜひとも登録すべきおすすめの転職エージェントを下記の記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

>>【厳選5社!】おすすめ転職エージェントの中から「あなた」にピッタリのエージェントの選び方を教えます

事前準備をしっかりすれば、転職面接で落とされまくる事態は避けられる

頑張ろう

転職活動において、避けて通れないのが面接です。


普段から新規開拓の営業を行っているような人でなければ、全く知らない人たちとうまく話せないのは当たり前です。


緊張しない方法などありません。


しかし、きちんと事前準備をしてから面接に臨めば、緊張しながらでも、落ち着いて自分の魅力をアピールできるようになります。

関連

そうすれば、あとは相性の問題です。


転職エージェントを活用して、しっかり事前準備を行えば、今までのように面接で落とされまくるといったことはなくなるでしょう。


堂々と自分という商品の魅力を語りましょう。


きちんと魅力を伝えることができれば、あなたを必要としている企業はきっとみつかります。


そのような企業と出会うためにも、面接に苦手意識を持っている場合ではありませんね。


転職エージェントを活用して事前準備をしっかりすれば、面接で落とされまくるなんてことはなくなります。


行動するなら今!


あなたにとっても企業にとっても、最良の出会いがあることを願っています。

>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。