• 30を過ぎてやっと自分がやりたい仕事がわかった
  • 今まで気づかなかった自分の強みに今更気付いた。そっち方面で稼ぎたいけど、いまさらジョブチェンジなんてリスクがあって怖い
  • AI時代の到来で今の仕事がなくなるんじゃないかと不安。AIに代替されない仕事のスキルを高めたいけど、20代じゃないから無理かな?

30代だけど、新しい仕事に挑戦したい!でも年齢的にもう未経験職種には転職できないかな、とお悩みのあなたに向けて。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


確かに30代になると、20代のときほど未経験職種への転職は簡単ではなくなります。


でも、だからといって諦めないでください!


もしあなたがまだ30代なら、やり方次第ではまだまだ未経験職種に転職することだってできます。


この記事では、30代で未経験職種に転職を考えている人が、転職の際に気をつけるべき点を見ていきます。

スポンサーリンク



そもそも30代で未経験職種への転職は可能なのか?

悩み

35歳転職限界説というものがあります。


35歳転職限界説とは、35歳を境に求人数が激減し、転職するのが難しくなるという都市伝説のことです。


大切なことなのでもう一度いいますが、「都市伝説」なのです。


そう、35歳を超えたからといって、ただそれだけで転職が難しくなることは決してありません。そして、あなたが今まできちんと目の前の仕事を真面目にこなしてきたのであれば、30代でも十分未経験職種に転職することはできるのです。

30代で未経験職種に転職するための現実的な方法

20代、若さあふれる才能

とはいえ経験を積んだ真の強者である30代以降のビジネスパーソンにとって、単に勢いだけで乗り越えられるほど未経験職種へのハードルは低くありません。勢いだけ未経験職種に転職できるのは、まだ実績のないフレッシュな20代の若輩者の特権です。


30代は30代らしく、きちんと知略をめぐらして未経験職種に転職する必要があります。

30代で未経験職種に転職するには、今の会社で希望職種に近い仕事をやらせてもらうのがベスト

30代で未経験職種に転職するためには、今いる会社で、自分が希望している職種の仕事内容に近い仕事をさせてもらうのが一番の近道であり、唯一絶対の最適解です。


もしあなたが今の会社で営業事務をメインでおこなっており、経理職での転職を希望しているのであれば、経理関係の仕事を任せてもらうのがいいでしょう。


その上で、簿記の資格を取得すれば鬼に金棒です。


とはいえ、いきなり上司に掛け合っても、経理関係の仕事を任せてもらうのは厳しいでしょう。


今の会社で未経験の仕事を任せてもらうためには、仕事できちんと成果を生みだす必要があります。


今任されている仕事で100点以上の成果を上げることなしで、あなたの要求は聞き入れてもらえないでしょう。


でも、あなたが30代でこれまで真面目に仕事に取り組んできたのであれば、よほどのことがない限りその要求がないがしろにされることはありません。


もし、30代にもかかわらず自分の要求が聞き入れられる自信のない人は、未経験職種に転職したいなんていっている暇はありません。それよりも今任されている仕事で人並み以上の成果を出すことに全力集中しましょう。

とにかく30代以降の転職には実績が必要

残酷な現実を突きつけますね。とにかく30代以降の転職を成功させるためには実績が必要です。


それは、未経験職種に転職するかどうかにかかわらずです。


なぜなら30代は20代の若輩者とは求められているものが違うからです。


様々な修羅場をくぐり抜けてきた30代のビジネスマンには、今までの仕事でどんな実績を残してきたのかが厳しく問われます。


たとえ未経験職種への転職でなくとも、年齢にふさわしい実績がなければ転職するのは難しいと考えましょう。


ましてや未経験職種に転職したいのであれば、より一層魅力的な実績が必要です。


そしてその実績は、あなたがやりたいと希望している仕事に活かせるものが理想です。


そのためにも、今の会社で目指す仕事に近い仕事をさせてもらい、その仕事で実績を作りましょう。

関連業務の実績を作れば転職ストーリーも組み立てやすい

繰り返しになりますが、希望する職種の実務経験がなかったとしても、きちんと実績を積み重ねてきたのであれば、30代でも未経験職種への転職は可能です。


しかし、もしその職種に近い仕事で実績を作ることができれば、より未経験職種への転職の可能性は高められます。


なぜなら転職ストーリーに説得力を持たせることができるからです。


例えば営業事務から経理職へ転職をしたいと考えたとします。


そんなあなたは、営業事務として営業マンの資料作成や見積書の作成の他に、営業マンの交通費の精算業務や接待交際費の領収書の処理をおこなったことでしょう。


経費精算の業務を通じて、お金をきちんと管理することの大切さに気付き、独学で会社のお金周りの業務の勉強(具体的には簿記)をしたとします。


そして、その知識を元に経費削減の業務改善の提案を行い、それが採用されたとすれば、その実績は経理職への転職にアピールできる実績になります。


なぜなら経理部門にとって、コスト削減意識を持つ社員は喉から手が出るほど欲しいからです


そして、転職面接のときに面接官に言い放つのです。


「営業事務という立場では、より会社の経営にインパクトを与えることができるコスト削減提案ができないと考えたため、このたびより会社のお金に携わることのできる経理職として活躍したいと考え、御社を志望しました」


と。

具体的な動き方がわからないなら転職エージェントに相談しよう

30代が未経験職種に転職するためには、今の会社で自分が希望する職種と近い仕事をするのが唯一かつベストな解です。


とはいえ、今の会社でどういった仕事をすれば、未経験職種に転職する可能性をあげることができるのかを理解している人は多くありません。


そんなときは、転職支援の専門家にどういう行動をすればいいのかを相談しましょう。


具体的には、転職エージェントを利用するのです。


転職エージェントとは、転職支援の専門家であるキャリアコーディネーターがあなたの転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。

転職エージェント1

わざわざ時間を取って面談をするのは面倒ですが、その分具体的なアドバイスをしてもらえるので、未経験職種に転職したいと考えているのなら、ぜひとも利用しましょう。


関連

おすすめはリクルートエージェント

リクルートエージェント

世の中には多くの転職エージェントが存在しています。


その中でぼくがすべての求職者に登録をおすすめしている転職エージェントはリクルートエージェントです。


リクルートエージェントは、転職成功実績が国内No.1であり、持っている求人数もトップクラス。担当コーディーネーターの質も高いため、ハズレの担当者に当たる可能性が低いのも魅力的な転職エージェントです。


30代で未経験職種に転職する場合、20代のときとは違った戦略が必要になります。


自分一人で未経験職種に転職するのはかなり難しいです。


でも、多くの求職者を転職成功に導いてきた経験豊富なリクルートエージェントなら、本当に今のあなたのキャリアで未経験職種に転職できるかどうかも含めて、具体的なアドバイスをしてくれますよ。


サービスの利用は無料ですので、まずは気軽に面談に申し込みましょう。



>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

またリクルートエージェント以外にぜひとも登録すべき転職エージェントは下記に詳しくまとめてあるので、合わせてご覧ください。

関連

30代は未経験職種へ転職できる最後のチャンス。1日でも早く行動しましょう

1日も早い行動を

30代は未経験職種に転職できる最後のチャンスです。


もしあなたが未経験職種に転職を考えているのであれば、1日でも早く行動を起こしましょう。


想像してみてください。


本当にやりたかった仕事に就いて、毎日イキイキと働いている未来の姿を。


好きな仕事なら、成果も生みやすいので、年収を上げるのも今よりずっと容易でしょう。


そんな未来を手に入れたいのなら、現状に甘んじている暇はありません。


30代はまだまだ選択肢が多く、希望にあふれています。


迷っている暇があるなら現状を変えるために今すぐ行動あるのみ!


あなたにいい転職先が見つかることを祈っています。



>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。