• 就職活動に失敗して中小企業に就職したけど、やっぱり大手企業でバリバリ活躍したい
  • 学生時代の友人の話を聞いてるとやっぱり大手はいいなって思って悲しい気持ちになる
  • 結婚・出産のことを考えると、中小企業より大手企業のほうがいいな

そんな大手企業に転職したいと考えているあなたに向けて。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


もしあなたが中小企業から大手企業に転職したいと考えているのであれば、その希望を捨てないでください!


中小企業から大手企業に転職するのはなかなか容易ではありませんが、100%不可能というわけでもありません。


もちろん名もなき中小企業勤務のあなたを、一足飛びに大手企業に転職させる魔法のような方法は存在しません。


でも、今あなたが勤めている中小企業をうまく活用すれば、十分に大手企業に転職できますよ。


この記事では、中小企業から大手企業に転職するには具体的にどうすればいいかを紹介します。


なんだかんだいっても大手企業に勤めることのメリットは大きすぎるので、ぜひとも中小企業から大手企業に転職しちゃいましょう。

関連
スポンサーリンク



中小企業から大手企業に転職するには、大手が欲しがるスキルを伸ばせばいい

本気です!

結論をいいましょう。中小企業から大手企業に転職するためには、大手企業が欲しがっているスキルを持った人材になればいいのです。


そのためには中小企業をとにかく徹底的に使い倒すのが効果的です。


そしてその気になれば中小企業で十分大手企業に通用するスキルを伸ばすことが出来ます。


なぜか?


その理由をみていきましょう。

中小企業ではスキルアップしたい分野の仕事に簡単に関わることができる

中小企業では、比較的簡単に自分がスキルアップしたい分野の仕事に関わることが出来ます。


例えば大手企業の人事職に転職したいと思ったのなら、人事職としての経験は必須です。


もしあなたが中小企業に勤めていて、人事職として大手企業に転職したいと考えているなら、今いる会社で新卒採用の仕事をやらせてほしいと手を上げましょう。


おそらく比較的簡単にそのポジションを任せてもらえるはずです。


なぜなら中小企業は常に人材不足だから、誰しもが面倒な仕事をやりたがらないからです。


そんな中で、責任あるポジションに積極的に携わりたいと考えている社員がいたら、みんな喜んであなたに重要なポジションを任せてくれるでしょう。中小企業なら、やる気さえあれば20代で新卒採用の責任者としてプロジェクトを任せてもらえる可能性すらあります。


そして若くして新卒採用の責任者をやりきったという経験は、転職市場でとても大きな実績としてアピールできます。


20代という若さ+新卒採用の責任者としての実績。こんな美味しいポジションを獲得できるのも、中小企業勤めだからこそです。


失敗してもいいんです。むしろ若いうちに挑戦して得たの失敗の経験は、どんな企業でも評価されるでしょう。

中小企業で結果を出せば若いうちからマネジメント職が経験できる

もしあなたが中小企業の営業マンならば、頑張って20代でマネジメント職になりましょう。


マネジメント職に就くのは簡単です。圧倒的な成果を出せばいいのです。


中小企業ならあなたのライバルは数人から、多くてせいぜい十数人でしょう。


その人数の中で一定以上の成果を出すことは、何百人、下手をしたら何千人ものライバルがいる大企業で成果を出すよりも圧倒的に簡単です。


人よりも頑張って成果を出して、できるだけ早い段階でマネジメント職を経験しましょう。


大手企業生え抜きの社員で、20代で営業職のマネジメントを経験したことのある人はほとんどいません。


そんな中に、20代ですでにマネジメントの苦労を知っている人材がいたとしたら、ひときわ目立つ存在になれると思いませんか?


1人の人間がマネジメントする人数は、大手企業だろうと中小企業だろうと差がなく、せいぜい数人~10人程度です。


中小企業で培ったマネジメント力は大手企業でも十分通じます。


特に営業組織のマネジメント力は転職市場でも高く評価される傾向にあります。


今所属している中小企業でぜひとも営業のマネジメントを体験し、大手企業に積極的にアピールできる実績を作りましょう。

大手企業と同じ商材を扱っている中小企業で成果を上げれば実績をアピールしやすい

例えば人材系の会社やウェブ広告代理店などは、大手企業以外にも多くの中小企業が存在しています。


そういった会社で実績を積み重ねれば、比較的容易に大手企業に転職することができるでしょう。


中小企業で辣腕をふるった人材系の営業マンは、リクルートやDODAといった超一流企業の営業マンとしても十分活躍できます。


そして大手企業の人事担当者としても、自分たちのおこなっている事業と同じ業界で実績を上げてきた人材に対しては、自社でも活躍してくれるイメージをいだきやすいものです。


もしあなたが中小企業から大手企業に転職したいと考えているのであれば、まずは大手企業と同じ業種の会社で実績を積み重ねるのも一つの手です。


さきほど述べたように、中小企業なら新しいことにも取り組みやすいですし、大手企業だとなかなか携われない仕事も簡単に任せてもらえます。


そうやって実績を積み重ねれば、大手企業への転職も比較的容易に果たせるでしょう。

中小企業から大企業へ転職をしたいなら転職エージェントを利用しよう

居場所

ここまで見てきたように、中小企業では

  • スキルアップしたい分野の仕事に簡単に関わることができる
  • 結果を出せば若いうちからマネジメント職が経験できる
  • 大手企業と同じ商材を扱っている中小企業で成果を上げれば実績をアピールしやすい
といったメリットがあります。


そして、それらのメリットを十分に活かして実績を積めば、大手企業でも十分通用する実力を身につけることが出来ます。


その実績をきちんと職務経歴書に落とし込めれば、中小企業から大手企業への転職も十分可能でしょう。


実績に加え、TOEICなどの資格も取得すればなおよしです。


それでは具体的に大手企業への求人はどのように探せばいいのでしょうか?


結論をいうと、転職エージェントを活用するのが、大手企業の求人を探すのに最も効率のいい方法になります。

転職エージェントとは何か?

転職エージェント1

転職エージェントとは、自社が求めている条件に合致する求職者を探している企業と、自分のスキルを活かしつつ、前職もしくは現職よりも条件のいい企業を探している求職者の出会いを斡旋する企業のことです。


転職サイトとの違いに関しては、下記の表にまとめたのでご参照ください。


サービス名転職サイト転職エージェント
求人サイトに掲載されている求人を探すことができます。誰でも閲覧可能ネット上には掲載されていない非公開求人がメイン。
メリット自分のペースで転職活動をすすめることができる。求人探しや面接日程の調整などの事務手続きを代わりにやってもらえる。
プロによる職務経歴書の添削や、面接対策が受けられる。
デメリット企業との面接付けジュール調整などの事務手続きもすべて自分でおこなう必要がある。担当エージェントとの相性が悪いと、希望する求人が紹介してもらえない場合がある。
こんな人におすすめマイペースに転職活動を進めたい人。短時間に効率的に転職活動を進めたい人。プロに相談しながら転職活動を進めたい人。
転職サイトはマイペースに転職活動をすすめることができますが、戦略的に転職活動をすすめることはできません。

  • 自分の強みはなにか?
  • どういった業界のどういった仕事で自分は真価が発揮されるか?
  • またその強みは大企業に転職できるものか?

などといったアドバイスがもらえる転職エージェントを利用すれば、より効率的に転職活動をすすめることができます。


わざわざ時間を取って面談を行うのは面倒ではありますが、本気で大企業に転職したいと思うのであれば、転職エージェントを使わない手はありませんよ。

関連

おすすめはリクルートエージェント

インターネットで転職エージェントを調べてみると、本当に多くの転職エージェントが存在することに気づくと思います。


そんな中、一体どの転職エージェントを利用すればいいのだろうか?お迷いの方も多いでしょう。


そんな中、ぼくがおススメする転職エージェントは「リクルートエージェント」です。


リクルートエージェントは転職成功実績が国内No.1であり、持っている求人数もトップクラス。担当コーディーネーターの質も高いため、ハズレの担当者に当たる可能性が低いのも魅力的な転職エージェントです。


中小企業から大手企業に転職しようとするのであれば、職務経歴書の書き方や面接でのアピールの仕方などを相当に考え抜かなければなりません。


リクルートエージェントを活用すれば、中小企業から大手企業に転職するための具体的なアドバイスをたくさんもらえるでしょう。


また、転職エージェントは掛け持ちで利用するのがセオリーです。


リクルートエージェント以外にもぜひとも登録すべき転職エージェントは下記の記事にまとめたのであわせてご覧ください。

関連

中小企業から大手企業に転職して安定した人生を送りましょう

Re:スタート

やる気さえあれば自らが望む仕事を沢山任せてもらえるのが中小企業に勤めるメリットです。


ぜひともそのメリットを最大限活かして大手企業に通用する実力を身につけましょう。


でも、そこまでやりがいのある仕事を任せてもらえるなら中小企業にずっと勤め続けるのもいいんじゃないの?と思った方もいるかもしれません。


たしかにそれも一つの選択ですし、自分の存在意義をより実感できるのは明らかに中小企業です。


それでもぼくは、一度は大企業での仕事を経験するをおすすめします。


なぜなら中小企業で得られる「やりがい」を凌駕するメリットが大手企業にはあるからです。


大企業に勤めることのメリットは下記の記事でもまとめてますので、合わせてご覧ください。

関連

そして、大手企業で自分の仕事ぶりが評価されたときに得られる社会的な名声は中小企業のそれとは比較にならないほど大きなものです。


また、大手企業だからこそ手に入れられる人脈があるのも事実です。


やっぱり大手企業よりも中小企業のほうが肌にあっているという結論を下すにしても、勤め人を卒業して独立開業するにしても、元大手企業出身というブランドはプラスにこそなれマイナスに働くことはほとんどありません。


どういった人生を歩むにしても、大手企業に勤めておけば将来の選択肢は必ず広がります。


どうかSNS上で無責任な発言を繰り返すインフルエンサーに惑わされないでください。


幸せな人生を生きるためにも、中小企業で働くメリットを十分活用して、大手企業への転職を成功させましょう!


いい仕事との出会いがあることを祈っています。



>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。