転職エージェント

転職エージェントとの面談では服装よりも事前準備が大切です

更新日:

Sponsored Link


勇気を出して転職エージェントとの面談の日程を決めた。
土曜日も面談してくれるなんて、本当に助かる。でも、そういえば転職エージェントとの面談って何をきていけばいいんだろう?担当者は「普段着でいいですよ」とはいっていたけど、本当に普段着でいいのかな。

この記事では、そんな疑問にお答えします。

転職エージェントとのはじめての面談。

緊張しますよね。

で、面談前のメールでは

服装は普段着でも大丈夫です

って書いてあるんだけど、本当に普段の格好でいいのかな(いいのかな)?

そんな不安にかつて転職エージェントで事務員をしていたぼくが答えていきます。

まあ、結論をいうと転職エージェントの面談には普段着でいって何も問題はありませんよ。

それよりもしっかりと事前準備をおこなっていくほうが遥かに重要です。

その他の転職エージェントに対してよくある疑問は下記の記事にまとめているので、あわせてご覧ください。

さばいてイク!
堂々
転職エージェントの仕組みは?どうして無料で利用できるの?そんな疑問を元・中の人のぼくがさばいていく!

続きを見る

転職エージェントとの面談は普段着でOK!それよりも大事なのは事前準備

基礎

ぶっちゃけ転職エージェントへいくときの服装は、普段着でなにも問題ありません。

とはいえ、もちろんダメージジーンズや、ヨレヨレのTシャツに乳首が浮き出ているような格好でいってはいけませんが、、、

友人と会うときのような、カジュアルで常識的な服装ならなんにも問題はありませんよ。

それでもどうしても不安なら、スーツを着ていきましょう。

もしくは、このブログで紹介しているメンズ・ファッションコーディネートサービスできれいめカジュアルの服を揃えればいいでしょう。

おすすめ
メンズファッションコーディネートサービス
おすすめメンズファッション・コーディネートサービス3選|もうダサイなんていわせませんよ?

続きを見る

なぜ転職エージェントの面談は普段着でいいのか?

これには意味があります。

それは、訪れた求職者にリラックスして話をしてほしいからです。

昔に比べて転職する人が増えたとはいっても、多くの人は最初に入った会社でそのビジネスマン人生を終えます。

転職者推移

なので、転職エージェントを利用するのがはじめての人も多いでしょう。

世間で流れる転職エージェントの噂は悪いものが多いです。

  • 一度面談をすると、無理やり転職をさせられるんじゃないか?
  • ブラック企業ばかり紹介してくるのではないか?
  • 毎日しつこく連絡が来るんじゃないか?

などというイメージを持たれがちな転職エージェントとの面談を不安に思うのも仕方のないことです。

残念なことに、自分のノルマ達成を第一に考え、求職者を強引に転職させようとする転職エージェントがいるのも事実です。

転職エージェントも、自分たちについているマイナスイメージについては十分承知しています。

だからこそ、勇気を出して面談に来てくれた人には、できるだけリラックスして本音の転職理由を話してもらいたいと考えているのです。

その1つの気遣いが、服装の自由化です。

とはいえ最低限の身だしなみは整えよう

転職エージェントに面談にいくときの服装は普段着で十分です。

しかし、人として最低限の身だしなみは整えていきましょう。

なぜなら人と会うときに最低限の身だしなみに気を配れない人は仕事ができない人(=市場価値の低い人)と転職エージェントに判断される可能性が高いからです。

ぼくも転職エージェントに勤めていたとき、求職者を面談ブースまでご案内することが何度もあったのですが、たまに本当に近所のコンビニにいくような格好で来る人がいました。

具体的にはスウェットやジャージ姿です。

だらしないスウェット姿

※写真はあくまでイメージです。

そしてそういう人の転職活動は難航します。

なぜなら転職エージェントに「こいつは仕事ができないやつだ」とレッテルを貼られてしまうからです。

このレッテルが非常に厄介で、仮にあなたが普段いかに仕事ができる人で、転職市場で価値の高い人材だったとしても、転職エージェントに「こいつは駄目だな」と判断されてしまうと、いい案件を紹介されなくなってしまいます。

人の先入観を甘く見てはいけませんよ。

そして、せっかく市場価値が高い人材なのに、そんなところで躓いてしまうのは本当にもったいないことです。

なので、ある程度は服装にも気を配って面談に臨みましょう。

といっても、何も難しく考える必要はありません。

普段職場に行く際に気を付けているように、最低限の身だしなみを整えればいいだけです。

具体的には

  • スーツもしくはオフィスカジュアルに近い服を着る
  • ヒゲはきちんと剃る。寝癖も直してワックスをつける
  • 体臭や口臭が気になる人はニオイ対策をする

だけです。

臭い対策については下記の記事にもまとめたので合わせてご覧ください。

no image
体臭対策はデキる男の最低限のマナーです!自分の体の臭いに敏感になってモテ道を歩みましょう

続きを見る

転職エージェントとの面談では服装よりも事前準備が大切です

清潔感のある服装に身を包むのは、転職エージェントと面談をする上での最低限の身だしなみです。

これができたからといって、プラス評価がされるものではありません。

それよりも大切なのは、面談前にどれだけ事前準備をしてきたかです。

本気で転職活動をすすめるつもりなら、転職エージェントとの面談前に最低限下記のことは用意しましょう。

  1. 履歴書と職務経歴書
  2. 退職理由の言語化
  3. 転職をして何を叶えたいのか?の言語化

なぜこれらを準備すべきなのか?1つずつ見ていきましょう。

履歴書と職務経歴書

転職活動の最初のステップは書類選考です。

書類選考で必要な書類が「履歴書」と「職務経歴書」。

中でもあなたがこれまでおこなってきた業務内容をまとめた職務経歴書は、転職活動を成功させるためにはとても重要な書類になります。

なぜなら魅力的な職務経歴書を書かなければ、面接に呼んでもらえないからです。

あなたがどれほど有能な人材だったとしても、面接に呼んでもらえなければ、転職活動の成功はありえません。

転職エージェントは、職務経歴書の書き方のノウハウをたくさん持っています。

そのノウハウを教えてもらえば、自分一人で書いた書類よりもより一層あなたの魅力をアピールできる職務経歴書が書けるでしょう。

書類選考の通過率も目に見えて改善されるはずです。

最初から完璧な職務経歴書を書く必要はありませんが、とにかく自分なりに書き上げたものを面談日までに準備するようにしましょう。

面談前にメールで送っておけば、面談日にはどこをどう直せばいいのかすぐ教えてもらえますし、面談から求人紹介までの流れもスムーズになりますよ。

あんちえいじゃー
自信のないところ、どう書けばいいのかわからないところは面談日に書き方を質問すればOKです

転職エージェントとの面談を有意義なものにしたいのであれば、今の自分にできる精一杯の力で履歴書を職務経歴書を準備して臨みましょう。

退職理由の言語化

転職エージェントと面談を考えているということは、あなたは少なからず今の職場に不満を持っているのでしょう。

全く今の職場に不満を持っていなかったら、わざわざ貴重な時間を使って転職エージェントと面談をしようだなんて思いませんからね。

では、あなたはなぜ自分が今の仕事に不満を持っているのか、退職したいと考えているのかその理由をきちんと説明できますか?

試しに一旦この記事を読むのをやめて、ノートやメモ帳に退職理由を書き出してみてください。

どうでしょうか?

なかなかうまく言語化できなくて、「あれ?自分なんで今の会社を退職しようとしてたんだっけ?」と途方に暮れたのではありませんか?

もしくは「あれ?これってただの愚痴じゃねーか。こんなの人前で話せないよ!」となんだか気恥ずかしくなりませんでしたか?

でもそれでいいんです。

なぜなら退職理由をうまく整理して、わかりやすく他人に伝えるのは実はとてもむずかしい作業だからです。

そして、その退職理由をうまく整理して、相手に伝わるようにするサポートをしてくれるのが転職エージェントなのです。

きちんと整理されている必要はないので、面談前になぜ今の仕事を辞めたいと考えているのかを自分なりの言葉でまとめておきましょう。

退職理由をまとめるときに気をつけるべきポイントは、本音ベースの退職理由を吐き出すことです。

例えば本当は残業が多すぎて嫌なので転職をしたいのに

「今の会社ではこれ以上キャリアアップが望めないので転職を希望しています」

なんていうと、転職エージェントは残業時間がとても多いが、成長機会に溢れた新進気鋭のベンチャー企業を紹介してくるかもしれません。

これでは転職エージェントとの面談の時間が全くの無駄になってしまいますね。

こんなこと、大の大人がいうのはハズかしい、、、
てんぐくん

なんて思う必要は全然ありませんので、本音ベースの退職理由を吐き出しましょう。

手書きでノートやメモ帳に箇条書きで書き出しておくと、思考がスッキリするのでおすすめですよ。

転職をして何を叶えたいのか?の言語化

今の会社の何が不満なのか?と同時に考えなければならないのは、転職をすることで何を叶えたいのか?です。

もし今の会社の年収が低いことに不満があって転職を考えているのであれば

  • 年収が増えれば全国転勤があってもいいのか
  • 年収が増えれば残業時間も増えていいのか
  • 年収が増えれば、今よりもプレッシャーの掛かる仕事でもいいのか

といったこともあわせて考えておこう。

ぶっちゃけあなたの希望をすべて叶えてくれるような企業はありません。

なので、どうしても叶えたい条件と、できれば叶えたい条件の優先順位を決めたほうが転職活動はスムーズに進みます。

もちろん転職エージェントとの面談前には明確に優先順位付けをする必要はありません。

まずは転職をして何を叶えたいと思っているのかを、きちんと言語化しましょう。

転職エージェントとの面談を有意義なものにしたいなら準備はしっかり行いましょう

事前準備

仕事終わりや休日の貴重な時間を使わなければならない転職エージェントとの面談は、確かに億劫なものです。

しかし、その分確実に得るものはあります。

もちろん転職エージェントはプロなので、全く準備をせずに面談を行っても、話を上手く先導してくれますし、時間を取った分だけ有意義なアドバイスをもらえるでしょう。

しかし、本当に今の仕事を辞めようかどうか悩んでいるのであれば、しっかりと準備をしてから面談に臨んだほうが確実に有意義な時間を過ごせます。

きちんと準備をすれば、希望にあった求人を紹介してもらえる確率が高まりますし、あなたが意識していなかった方向から、あなたの希望を叶えてくれるような求人を紹介してもらえるかもしれませんよ。

この記事で書いた準備をしっかりおこなうのはとても面倒くさいです。

しかし、その面倒な活動をやりきってこそ、あなたの希望する転職先がみつかるというものです。

やるかやらないかはアナタ次第。

輝かしい未来を手に入れるためにも、事前準備をしっかりおこなって転職エージェントとの面談に臨みましょう。

ぼくが過去に利用したことのある、おすすめの転職エージェントたちは下記の記事にまとめたのであわせてご覧ください。

おすすめ
おすすめ転職エージェント
転職を考えている人におすすめの転職エージェント特徴まとめ|まずはこの5社

続きを見る

-転職エージェント

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.