転職エージェント 転職活動の進め方

転職エージェントを複数利用すべき3つのメリットと気をつけるべき点

更新日:

Sponsored Link
転職エージェントは1社だけじゃなくて複数登録した方がいいって聞くけど本当かな?ぶっちゃけ1社だけでも連絡とかめっちゃきて大変なのに、これ以上増やしてなんの意味があるの??

この記事では、上記のような疑問に答えていきます。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

転職を希望する人にとって、転職エージェントを利用するのも当たり前になってきました。

ところで、転職エージェントは複数登録したほうがメリットが大きいといわれていますが、その理由をあなたはご存知ですか?

この記事では、転職エージェントを複数利用することのメリットと、その際の注意点をみていきます。

複数の転職エージェントの使い分け方や、複数利用を伝えるべき理由に関しては下記にまとめたのであわせてご覧ください。

関連

転職エージェントを複数利用することのメリット3つ

転職エージェントを複数利用することのメリット

それでは転職エージェントを複数同時に利用することのメリットを紹介しましょう。

メリットは大きく3つあります。それは

  1. 様々な求人情報を紹介してもらえる
  2. 自分と相性の合うキャリアコーディネーターに出会える
  3. 職務経歴書や今後のキャリア設計など、複合的なアドバイスをもらえる

です。

それでは1つずつみていきましょう。

様々な求人を紹介してもらえる

複数の転職エージェントを同時に利用することの最大のメリットは、様々な求人を紹介してもらえることです。

自分に似合った職場を見つけるためには、とにかく数を打つのが重要になります。

転職エージェントには、各々が独自に持っている非公開求人が存在しています。

つまり、複数の転職エージェントに登録しておけば、それだけ多くの求人情報を紹介してもらえる確率が高まるということです。

A社では紹介してもらえなかったお宝求人をB社から紹介してもらえるかもしれませんよ。

また、転職エージェントには様々な業界の求人を幅広く取り扱っている「総合型転職エージェント」と、特定の業界の求人を専門に扱う「特化型転職エージェント」の2種類があります。

関連

幅広く求人情報を手に入れるためには、この2種類の転職エージェントに最低でも1社ずつ登録するのがいいでしょう。

自分と相性の合うキャリアコーディネーターに出会える可能性があがる

2つ目のメリットは、自分と相性のいいキャリアコーディネーターに出会える可能性があがることです。

転職を成功させるために最も重要なのは、自分と相性のいいキャリアコーディネーターと出会うことです。

属人的な理由ではありますが、最後の決め手になるのは担当コーディネーターとの人間的な相性です。

心から信頼のおける担当者と一緒に決めたほうが納得できるに決まっていますね。

自分と相性のいい担当のキャリアコーディネーターと出会う可能性をあげるためにも、転職エージェントは複数利用するのがおすすめです。

職務経歴書や今後のキャリア設計など、複合的なアドバイスをもらえる

転職エージェントを複数利用することのメリットの3つ目は、職務経歴書の添削や今後のキャリア形成に関する専門的なアドバイスをたくさん受けられるというものです。

もちろん1社からアドバイスをしてもらえるだけでとても参考になるのですが、どうせなら様々な観点でアドバイスをもらいたいですよね?

転職エージェントに複数登録すれば、そのぶん多くのキャリアコーディネーターからアドバイスがもらえるので、たくさん自分の強みに気付けますし、職務経歴書もよりいいものにブラッシュアップすることができますよ。

もちろん、自分の軸をきちんと持っていないといけないのはいうまでもありませんが。

あくまで転職エージェントは、あなたの転職活動の手助けをする存在だということを念頭に、複数のコーディネーターからアドバイスをもらいましょう。

転職エージェントを複数利用する際に気をつけるべきこと

転職エージェントを複数利用する際に気をつけるべきこと

さて、ここまでで転職エージェントを複数使うことのメリットはわかって頂けたと思います。

しかし、転職エージェントを複数利用するさいは、いくつか気をつけなければならない点があります。

ここでは、転職エージェントを複数利用するさいに気をつけるべきことを簡単にみていきましょう。

スケジュール管理をしっかりする

当然ですが、転職エージェントを複数利用すれば、連絡を取るべき人の数が増えます。

1社しか利用しないのであれば、あなたが連絡を取るべきキャリアコーディネーターは1人です。

しかし、3社の転職エージェントを利用するのであれば、あなたが連絡を取らなければならないキャリアコーディネーターは3人に増えます。

面接日程の調整などのやり取りの手間が一気に3倍に増えるのです。

手帳やスマホのカレンダーを駆使して、企業との面接日程がダブらないように気を付けましょう。

媒体はなんでもいいので、なにか1つにスケジュールを集約させることがおすすめですよ。

自分の転職の軸をぶらさないようにする

例えば転職エージェントA社には

あなたにはルート営業のセンスがあるので、ぜひともルート営業職を中心に選考を受けるべきです

といわれたのにB社に面談にいったら

あなたは真面目で数字に強いから、ぜひとも経理職としてキャリアを積むべきです

といわれたとします。

さて、あなたはどちらのエージェントのいうことを信じますか?

もちろんA社のキャリアコーディネーターのいっていることも、B社のキャリアコーディネーターのいっていることも間違いではありません。

どちらもあなたの経歴や人柄を評価して、それぞれの観点であなたに似合いの職業はなにかをアドバイスしてくれているだけです。

じゃあどっちのいうことを信じればいいのか?

それは、よりあなたの希望に近い求人を紹介してくれたほうを信じればいいのです。

そのためにも、今回の転職活動で何を叶えたいのか?どういった方向にキャリアを形成していきたいのか?といったことを、あらかじめ自分自身でしっかりと決めておく必要があります。

繰り返しますが、転職活動の主役はあなたです。

転職エージェントはあくまであなたの転職活動をサポートする存在なので、そこを忘れないようにしましょう。

おわりに:転職エージェントを複数利用して納得のいく転職先を見つけましょう

納得の行く転職活動を

この記事では転職エージェントを複数利用することのメリットをみてきました。

転職エージェントを複数利用すると

  • 様々な求人情報を紹介してもらえる
  • 自分と相性の合うキャリアコーディネーターに出会える
  • 職務経歴書や今後のキャリア設計など、複合的なアドバイスをもらえる

といったメリットがあります。

転職活動は人生において大きな影響をもたらすものです。

転職エージェントを複数利用することのメリットを最大限に活かして、納得の行く転職先を見つけましょう。

過去にぼくが利用したことのあるおすすめの総合型転職エージェントは下記の記事にまとめたのでどこに登録しようか迷っている人はご参照下さい。

関連

-転職エージェント, 転職活動の進め方

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.