転職エージェント 転職活動の進め方

転職エージェントに面談を断られた?!そんなあなたが次に取るべき手段を教えます

更新日:

Sponsored Link

転職エージェントなんてくそくらえ!

勇気を出して転職エージェントに申し込んだけど、「あなたに紹介できる案件はありません」って断られちゃった。これって一体どういうこと?ぼくの人生は詰んだのかな。

そんなお悩みにお答えします。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

転職支援のプロである転職エージェントを上手に活用すると、1人で活動をするよりもより効率的に転職活動をすすめることができます。

関連

しかし転職回数が多かったり、職歴的に非公開求人が紹介できそうにない求職者が面談を断れることもしばしばあります。

この記事では、転職エージェントに面談を断れてしまったあなたが取るべき手段を解説します。

転職エージェントに面談を断られるケースは決して珍しくない

一見誰でも面談を受け付けているように思える転職エージェントですが、実は求職者の状況によっては面談が断られるケースがあります。

転職エージェントが面談を断る主なケースは、

  • 年齢に対して転職回数が多すぎる
  • 求職者の職歴に対して紹介できる案件がない
  • 過去に何らかの問題をおこしたことがある

場合です。

というのも、転職エージェントに持ち込まれる求人は、企業にとって絶対に失敗したくない案件であることが多く、そのため採用条件はハローワークや転職サイトで公開されているものよりも必然的に採用側の目が厳しくなるからです

つまり企業側に

  • すぐに退職するのではないかと考えられる人(転職回数の多い人)

  • 職歴が募集職種とあまりにかけ離れている人

は最初からスクリーニングしておきたいという意向があるため、そうと考えられる人は転職エージェント側で面談を断っているのです。

転職エージェントも自社に求人を出してくれる企業に対して、有望な人材を紹介できなくなると商売上がったりなので、あまりにも紹介先のない求職者に時間をさけないのが現実問題としてあるんですよね。

ちなみに最後の「過去に何らかの問題をおこしたことがある」とは、過去に企業との面接をなんの連絡もなしにすっぽかしたなど、あまりにも社会的常識のない人のことです。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]そりゃあ自業自得ってものだぜ。。。[/char]

転職エージェントに面談を断られた!さあどうする

転職エージェントに面談を断れらたからって慌てる必要はありません

そんなわけで、残念ながら転職エージェントに面談を断れたあなたが取るべき手段は主に下記の3つです。

  1. 他の転職エージェントに申し込む
  2. 転職サイトやハローワークで求人を探す
  3. 転職活動を(一旦)やめる

ひとつずつ見ていきましょう。

他の転職エージェントに申し込む

転職エージェントは1つではありません。

1社に面談を断られたからといって、他の転職エージェントからもすべて同じように面談を断られるなんてことはまずありません

ぶっちゃけますが、最大手のリクルートエージェントと次点のマイナビエージェントが容赦ないだけで、それ以外の転職エージェントは転職回数が3回以上でも面談してくれますし、求人も紹介してもらえます。

ソースはおれ、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

よほどのことがない限り、下記の転職エージェントのいずれかとは面談できるでしょう。

関連

転職サイトやハローワークで求人を探す

求人を紹介しているのはなにも転職エージェントだけではありません。

転職エージェントで募集がかかっている求人は、企業としてはピンポイントで採用したい人材のため、どうしてもマッチした経歴を持っている人が有利になります。

もうこればかりは運の要素も大きいです。

なので、転職エージェントで面談を断られた人や、自分の希望する求人を全然紹介してもらえない人は、それ以外の媒体に掲載されている求人に積極的に応募したほうが結果的に自分の希望する企業に転職することができます。

ぶっちゃけ転職サイトの方が書類の通過率は格段にいいので、自分でしっかりと企業研究や転職先に求める条件がはっきりと決まっている人なら、自分で色々とスケジューリングができる転職サイトメインで活動するのも全然ありですよ

転職エージェントに面談を断られたあなたがぜひとも登録すべき転職サイトはリクナビNEXTです。

リクナビNEXTなら、高卒者やフリーターだけでなく、転職エージェントに面談を断られたあなたにもぴったりのお宝求人が多数掲載されています。また、グッドポイント診断やスカウト機能など求職者の転職活動をサポートしてくれる機能も充実しているので、登録しておいて損はありませんよ。

関連

転職活動を(一旦)やめる

転職エージェントに面談を断られるということは、単に自分の職歴が浅く、まだ転職市場で十分な価値を持っていないと考えることもできます。

とくにあなたがまだ20代の若手であるなら、実力が伴っていない状態で無理して転職活動をする必要はありません。

それよりも今の会社でやり残したことはないか?もっと市場価値を高めるためにできることはないかを考え、今の会社で実力をあげることを優先してもいいでしょう。

もしあなたが中小企業勤務だからといっても、決して絶望しないで下さい。

小回りのきく中小企業で、自分が今後歩みたい職種に関連する仕事をやらせてもらうことで、自分の市場価値をあげることは十分可能です。

そのほうが結果的に大企業に自分の希望する職種で転職ができるようになるでしょう。

関連

おわりに:諦めなければあなたにピッタリの会社には必ず巡り会える

転職エージェントを使わなければいい会社に巡り会えないかというと、そんなことはけっしてありません。

なので、転職エージェントに面談を断られたからといって絶望しないでください。

確かに転職エージェントが利用できないと有名企業に転職できる可能性は減るかもしれませんが、有名どころの企業に入ったからといって、必ずしもその会社があなたにあっている保証はありません。

世間的にはホワイト企業で働きやすいといわれている会社でも、そこで働いている人が全員会社のことが大好きで、幸せに働いているなんてことはないです。

大切なのは企業名ではなく、あなたにとってその会社が過度のストレスを感じず、精神的な余裕を持って働ける場所かどうかです。

転職エージェントはそんな会社にめぐりあうための手段の1つ。

他にもいい会社を探す手段はいくつもあるので、腐らず焦らずにじっくりと自分にあった会社を探しましょう。

諦めなければ必ずあなたにあった会社に出会うことはできます。

あなたにとっていい企業との出会いがありますように!

-転職エージェント, 転職活動の進め方

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.