キャリア

キャリアアップを目指すのなら転職をするのが一番現実的です!

更新日:

Sponsored Link

年収アップ

もっと収入を上げたい!もっと難しい仕事にチャレンジしたい!!キャリアアップをしたいんだ!!!

そんな、ビジネスに対してやる気に満ち満ちたあなたに向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

もしあなたが、今よりもキャリアアップを図りたいと思っているのであれば、転職をするのが一番現実的ですよ。

そもそも「キャリアアップ」とはなにか?を知りたい方は下記の記事をあわせてご参照下さい。

関連

キャリアアップをしたいのなら転職が一番現実的なワケ

転職エージェントを使うべき3つの理由
キャリアアップをしたいのであれば、転職するのが一番確実かつ現実的な方法になります。

その理由は3つあります。

  1. 同じ会社内でキャリアアップをしようとすると時間がかかるから
  2. 同じ会社にいつづけると配置換えなどで、自分の望まないキャリアを経験させられる可能性があるから
  3. 今いる会社ではそもそも自分の希望するキャリアが歩めない可能性があるから

さっそく1つずつみていきましょう。

同じ会社内でキャリアアップをしようとすると時間がかかる

当たり前ですが、同じ課に課長は2人もいりません。

もしあなたの課の課長が心身ともに健康で、まだずっと会社で働き続けそうなのであれば、あなたが課長のポジションにつけるのはずっと先になります。

役職は上がれば上がるほどその数は限られているので、今の会社で本当に自分が希望する役職につけるのかどうかは、一度冷静になって調べてみるといいでしょう。

ある程度大きな会社であれば上司の異動などでキャリアアップのチャンスも巡ってきやすいかもしれませんが、それほど規模の大きくない会社にいるのであれば、数年、下手をしたら10年以上同じポジョションに甘んじていなければならない可能性があります。

キャリアアップを果たしたいのであれば、いつまでも同じ会社にい続けるよりも、自分の希望するポジションを与えてれる会社に転職するのが現実的でしょう。

同じ会社にいつづけると配置換えなどで、自分の望まないキャリアを経験させられる可能性があるから

また、同じ会社に居続けると、部署異動などが頻繁に行われます。

大きな会社なら、やっと仕事に慣れてきたと思った段階で異動させられることなんてザラです。

もちろん様々な業務に携われることはキャリアアップを考える上でとても貴重な経験になるのですが、もし今いる部署の仕事が気に入って、もっとその仕事を極めたいと考えたとしても、それがかなわないというケースが往々にしてあります。

例えばマーケティング部で3年ほど業務経験を積んで、これからもマーケティングに携わっていきたいと考えていた矢先に今度は経理部への異動を命じられたとなると、あなたの仕事に対するモチベーションはだだ下がりするでしょう。

強く希望を出せばまたマーケティング部に戻ってこれる可能性もあるかもしれませんが、すぐに戻れるわけではありません。

せっかく自分で好きになったキャリアです。

何年もやりたくもない仕事を我慢してやり続けて再異動のチャンスを伺うよりも、他の会社で自分のやりたい仕事に携わった方がキャリアアップに結びつくのではないでしょうか。

今いる会社ではそもそも自分の希望するキャリアが歩めない可能性があるから

また、そもそもの問題として今あなたがいる会社では、あなたが希望するキャリアを歩めない可能性があります。

例えば書籍を読んだり、異業種交流会などに参加して、これからはWebを使った集客の重要性を実感したとします。

そして、Webマーケティング関連の仕事に就いている友人知人に話を聞いてみると、とても興味が湧いてきました。

自分もWebマーケティングの仕事がしたいと考えたとします。

しかし、あなたの会社は医療系機器の部品を販売している専門商社であり、BtoBの会社です。

そんな会社では、一般消費者をターゲットにするようなWeb集客の技術はそれほど必要ではありません。

いくらWeb集客関連の勉強をしても、社内ではそれを活かすポジションがそもそもないのです。

こういった場合は、今いる会社であなたの望むキャリアアップを果たすことはほぼ不可能でしょう。Web集客の人材を必要としている会社に転職するのがあなたの希望するキャリアを歩むためには最適な手段になります。

もし今の会社で自分の希望するキャリアアップが図れないようであれば、希望の職種に転職するのがいいでしょう。

キャリアアップのための転職にはもちろんデメリットもある

大企業を辞めるなら慎重に
キャリアアップをしたいなら、今の会社でそれを果たそうとするよりも転職をした方がより現実的だということはおわかりいただけたでしょうか。

しかし、キャリアアップ転職にももちろんデメリットがあります。

そのデメリットは下記です。

  1. (一時的に)収入が減る
  2. 転職先の雰囲気が自分にあわない可能性がある
  3. そもそもそのキャリアプランが自分に向いてない可能性がある

1つずつみてきましょう。

(一時的に)収入が減る

転職をすると、ほとんどの場合一時的に収入が減ります。

これは、あくまで転職1年目は企業側にとってあなたの価値を確かめる期間であるからです。

最初から多額の報酬を与える契約をしてみて、実際に働いてもらったら、実はその報酬に見合う仕事ができない人材だった、なんて状況を避けるためです。

しかし裏を返せば、企業の期待以上の仕事さえすれば、2年目以降は大幅に収入を上げてもらうことも可能なので、一時的に収入が減ることは、それほどデメリットではないでしょう。

せっかくやりたい仕事に就いたのです。

思いっきり活躍して、新しい会社のメタボ上司のお腹周りを更に肥やしてあげましょう。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]ブヒィィィッ![/char]

転職先の雰囲気が自分にあわない可能性がある

2つ目のデメリットとして、転職先の雰囲気といいますか、社風が自分にあっていない可能性があります。

いくらやりたい仕事だからといって、会社の雰囲気が合わないとちょっときついものがありますね。

とはいえ、本当に自分が希望したキャリアに繋がる仕事ができるのであれば、実力がつくまで我慢することも必要になります。

それに、大体の会社は仕事さえきちんとこなしてくれれば、多少人付き合いが悪くても許容されるので、多少雰囲気が合わなくてもそこまで気にする必要はないでしょう。

それよりも圧倒的な成果を出して、逆にあなたが雰囲気を作っちゃうくらいの勢いで考えていいと思います。

本当に我慢できないのであれば再転職も考えるべきですが、そうでないのであればキャリアアップのために、ある程度の我慢や妥協も必要になるでしょう。

短期間で転職を繰り返すことはぼくたち凡人にとってとてもリスクが高いので、慎重になるべきですよ。

関連

そもそもそのキャリアプランが自分に向いてない可能性がある

また、そもそもそのキャリアプランがあなたに向いてない可能性も否定できません。

例えば店舗の販売員として数年務めているうちに、今度は売れる商品の開発に興味が出てきたとします。

今の会社では花形部門である商品開発部門への異動はあまり現実的ではありません。

仮に叶うとしても、あと数年は現場にいなければならず、そんなに長い期間我慢できないと考えたあなたは、商品開発の求人に応募し、見事採用されました。

意気揚々と商品開発の仕事に取り組むはいいですが、なんとあなたには商品開発のセンスがまるでありませんでした。

素直な性格で、真面目に仕事に取り組むあなたを最初は周囲の人も頑張ってサポートしていましたが、何年経っても目が出ないあなたに対して、いつしか周囲は期待することを辞めてしまいました。

そして今、あなたは事務員として周囲をサポートする仕事を主に担当しています。

なんて可能性がまったくないともいい切れません。

もちろん世の中の仕事は頑張れば大抵の人にはこなせるものがほとんどですが、それでも中には全く向いていない仕事も存在します。

キャリアアップを目指していたはずが、そもそもその方面での才能がなく、キャリアを断念しなければならない可能性は決して0ではありません。

とはいえ、何も挑戦しないでいつまでも憧れのままでいるよりもずっといいでしょう。

挑戦してみて「向いてない」ことがわかっただけ儲けものです。

その失敗を糧にして、次こそ自分に向いている仕事に再度チャレンジすればいいでしょう。

そういった失敗談も長い目で見ればキャリアアップには必要ですよ。

関連

まとめ:キャリアップ転職は応援されやすいので、勇気を出して転職しよう

希望あふれる未来を手に入れるために
もしあなたにやりたいことができたのであれば、それを実現できる環境に身をおくことを最優先させましょう。

もちろん、今の会社であなたの希望するキャリアアップが実現できるのであれば、一番いいに決まっていますが、多くの場合あまり現実的ではありません。

もしあなたの目指す姿が、今の会社の上司の姿とあまりにもかけ離れているようであれば、悩む必要はありません。

さっさと転職活動をして、より自分の希望を叶えてくれる会社に転職しましょう。

それに、キャリアアップを目的とした転職は、今の会社にも応援される場合が多いです。

なので、もしあなたがキャリアアップ転職を考えているのであれば、勇気をだして一歩踏み出すことをおすすめします。

ぼくの知り合いにも、営業事務から営業職へキャリアアップ転職を果たした人がいるのですが、彼女は転職前の会社の人ともずっといい関係を築いています。

関連

そして、キャリアアップ転職を考えているのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

あなたの希望するキャリアを歩める会社を中心に転職先を紹介してくれるでしょう。

関連

納得のいくキャリアを歩める会社が見つかることを祈っています!

-キャリア

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.