キャリア 転職前に考えること

もったいないからちょっと待って!大企業を勢いで辞めるのはおすすめできない3つの理由

更新日:

大手企業を辞めるべきではない3つの理由

大企業に入社してもう3年半が経っちゃった。今の仕事も少し飽きてきたし、そろそろあのインフルエンサーがいっているように、YouTuberに挑戦するときが来たのかな。

上記のような、トップインフルエンサー()の世迷言を真に受けているあなたに向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

世の中には、大企業に入ると他の会社で通用しない人材になるから、大企業には入ってはいけない。むしろ中小企業やベンチャー、なんなら大学なんて中退して起業すべきだよという意見まであります。

しかし待って下さい。

本当に大企業で働くことは間違った選択肢なのでしょうか?

結論をいうと「否」です。

この記事では、大企業は簡単に辞めるべきではない理由について見ていきたいと思います。

Sponsored Link

もったいないので大企業は簡単に辞めるべきではない3つの理由

3つの理由

大企業を簡単に辞めるべきではない理由は3つあります。

それは

  1. 一度辞めると大企業には二度と戻ってこれなくなるから
  2. 世間からの信用度がむちゃくちゃ高いから
  3. 給料が高くて福利厚生が充実していてお金を貯めやすいから
です。

正直かなりもったいないですよ!

一度辞めると大企業には二度と戻ってこれなくなるから

大企業に入社できる人はあまり気づいていないかもしれませんが、大企業に正社員として入社するのは本当にハードルが高いことです。

まず、一定以上の知名度を誇る大学に行かないと会社説明会にすら呼んでもらえません。

そして一度大企業のレールを外れると、二度と大企業に戻ってこれません。

100%不可能ではありませんが、新卒カードを持っていたときと比較するとものすごくハードルが上がります。まあほとんどの人には無理ゲーになります。

なんだか刺激が足りないな、なんて甘っちょろい理由で大企業を辞めて中小企業やベンチャーに転職して、あとからやっぱり大企業の働きやすさに気付いたとしても、もはや手遅れなのです。

なので、大企業を「なんとなく」や「中小企業やベンチャーで力を試してみたい」程度の理由で辞めたいと考えている人は、非常にもったいないので大企業を辞めないほうがいいでしょう。

大企業は世間からの信用度がむちゃくちゃ高いから

一部のトップインフルエンサー()達からは酷評されている大企業ですが、世の中の多くの人達からの信用度はむちゃくちゃ高いです。

家を購入するときの住宅ローンは簡単に組めますし、クレジットカードも簡単に作れます。

また、結婚を考えたときに相手のご両親や親族に与える安心感も抜群ですね。

あなたにも心あたりがあると思いますが、やはり誰もが聞いたことのある企業の課長と聞いたことのない中小企業の課長とでは、明らかに前者の人のほうが仕事ができそうな気がしますよね?(現に仕事ができる場合がほとんどです)。

大企業に勤務していると合コンでもモテモテで、学生の頃にはちょっと無理めだった美人ともお付き合いができてしまいます。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]そんなチャンスを逃すなんて、もったいなさすぎる![/char]

また、何かを買うときもわけのわからない外国製の商品よりも、国内の有名会社の作った商品を買いますよね?

何度も強調しますが、世間の人の大企業に対するブランド力は馬鹿になりません。

もしあなたが将来自分で会社を興したいと考えた場合でも、大企業出身であるというブランド力や、大企業時代に培ってきた人脈は大きな武器になります。

どこぞの馬の骨が書いたマーケティング理論よりも、元大企業のマーケティング部門の執行役員が書いた本のほうが信用力は抜群ですし、売れますよね?

また、独立直後は元いた会社から仕事をもらって食いつなぐことが出来ますし、仕事先も紹介してもらえるでしょう。

何も考えずに勢いだけで大企業を辞めると、そのような世間からの信用力を捨てることになります。

本当にその選択が正しいのか、よ~く考えて行動しましょう。

給料が高くて福利厚生が充実していてお金を貯めやすいから

大企業の給料は世間一般のものよりも高く設定されています。

新卒入社1年目では月収はどこの企業も変わらないかもしれませんが、その後の伸びしろとボーナスが違います。

参考

なんだかんだいってお金は大事です。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]中小企業ではお金がないことを自慢する自虐大会が飲み会での定番ですが、あれは本当に若者の希望をなくすので辞めたほうがいいと思います[/char]

大企業のお給料を、勢いだけで失うことは非常にもったいないです。

大企業の給料を自ら手放すのであれば、それ相応の覚悟を持って退職するようにしましょう。

おわりに:大企業を簡単に辞めるのは非常にもったいないし、ほぼ100%後悔します。転職をするなら慎重に!

大企業を辞めるなら慎重に

その他にも大企業に勤めていると

  • 国を動かすような大きなプロジェクトに関わる機会がある
  • 優秀で気の合う仲間と出会える
  • 自分の希望する部署で高度で専門的な業務に携われる

といったメリットがあります。

確かに大企業に勤めていると

  • 意思決定のスピードが遅い
  • 全国転勤の可能性がある

などのデメリットもあります。

企業規模が大きければ意思決定のスピードが遅くなってしまうのはある程度仕方ありません。

しかしはっきりいって大偉業の資本力や規模の大きさは、そんなデメリットなど吹き飛ばしてしまうほどのメリットがあります。

新興企業が目をつけほそぼそと育ててきた新興分野のマーケットシェアを、後から参入してきた大企業が資本力の暴力で一気にかっさらうなんて事例は枚挙に暇がありませんしね。

また、全国転勤は確かに大きな負担かもしれませんが、「今まで縁もゆかりもなかった地方に会社のお金で引っ越すことができる」と考えることも出来ます。

住めば都ではありませんが、地方には都心とは違った魅力があります。

案外転勤で住み始めた地方が気に入って、そのままそこに根をはってしまうなんてことになるかもしれませんよ。

SNSやネット通販などのおかげで、地方に住んでいても欲しいものはすぐに手に入りますし、全国各地の人と交流を深めることができるので、多くの人にとって地方に住むことのデメリットはほとんどないといっていいでしょう。

「大都市の匿名性」が作用しないので、ナンパ師クラスタや工学生にはちょっとしんどいかもしれませんが、そんなときはお近くの地方都市に出向きましょう。

[char no=4 char="チャラ男くん"]地方には擦れていないピュアでカワイイ娘も多いしね![/char]

このように、大企業に勤めていることのメリットはとても大きいです。

世の中のインフルエンサー()の言動に惑わされて勢いで辞めてしまうのは非常にもったいないです。

きちんと自分の頭で考え、辞めるべきかどうかを決めましょう。

しっかり自分で考えて、それでもやっぱり転職をしたいという方は、転職前に一度転職支援のプロである転職エージェントに相談にいくといいでしょう。

本当に転職すべきかどうか、きっとためになるアドバイスをしてくれます。

[char no=5 char="まじめくん"]いやいや、あのインフルエンサー()はかなり評判悪いですし、今辞めるのはもったいなさすぎるので、現職にとどまるべきです![/char]

社会人経験が少ない人には、マイナビエージェントなどの若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントがおすすめです。

今後のキャリアの方向性に関しても相談できるので、一度面談に行ってみてはいかがでしょうか。

関連

-キャリア, 転職前に考えること

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.