食事制限

ダイエットを頑張ったら肌荒れした?!食事制限はほどほどにしてゆっくり体重を落としましょう

投稿日:

Sponsored Link
スポンサーリンク



ダイエットに取り組みました。そして見事に成功しました!でも、代わりにお肌が荒れてしまいました。なんで?

そんな風にお悩みの方に向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

ダイエットを頑張って痩せたはいいけれど、なぜか肌荒れしてしまった方は多いと思います。

ダイエットを頑張ると、なぜ肌荒れをするのか?肌荒れせずに体重を減らす方法はあるのか?

この記事ではダイエットを頑張ると肌荒れをする原因と、肌荒れをせずにダイエットを成功させるための方法を述べていきます。

ダイエットを頑張ると肌荒れをする原因3つ

お肌がカサカサ?!
ダイエットを頑張るとなぜ肌荒れをするのでしょうか?

その原因は主に3つあります。

  • 必要な栄養素が不足しているから
  • 食物繊維不足により便秘になるから
  • ストレスがたまるから

1つずつみていきましょう。

必要な栄養素が不足しているから

ダイエットには食事制限がかかせません。

なぜならダイエットを成功させるには、1日の摂取カロリーを消費カロリーより下回らせる必要があるからです。

あわせて読みたい

食事制限は栄養バランスを変えることなく全体的に量を減らすのが理想なのですが、なかなか難しいですよね。

[char no="1" char="あんちえいじゃー"]特に置き換えダイエットに取り組んでいる人は、栄養が偏ってしまいがちなんだよね。[/char]

人間の体は様々な栄養素が複雑に絡み合って構成されています。

ダイエットを意識するあまり、必要な栄養素が不足してしまうと、せっかくのもち肌がカサカサシワシワの残念な肌になってしまいますよ。

食物繊維不足により便秘になるから

ダイエットといえば糖質制限といってもいいくらいに、糖質制限ダイエットが注目を集めています。

必要以上の炭水化物を摂取すると脂肪が増えてしまうのは事実です。

しかし、全く炭水化物を取らないとそれはそれで問題があります。

炭水化物不足がもたらすデメリットはたくさんありますが、ダイエットにおいてはお通じが悪くなってしまうのが大きなデメリットでしょう。

炭水化物とは、糖質と食物繊維からなる栄養素です。

お米や小麦(パン)などの炭水化物を適量食べることは便秘解消にとても有効なのです。

炭水化物の摂取量を抑えれば確かに痩せます。

痩せますが食物繊維が不足するので、便秘になってしまいます。

そして便秘になると、腸内環境が悪くなり肌が荒れてしまいます。

そのため、いくらダイエットのためとはいえ必要以上に糖質制限をしてはいけません。

それよりも1日の摂取カロリーが消費カロリーをオーバーしないようにすることが重要です。

その上で、PFCバランスに気をつけるようにするのが正しいダイエット方法です。

※PFCバランスとは?

P(たんぱく質)、F(脂質)、C(炭水化物)の3大栄養素の摂取バランスのこと。

ダイエットにおけるPFCバランスの考え方を詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい

必要以上に炭水化物の摂取量を減らすと便秘になってしまうので、気をつけましょう。

ストレスがたまるから

ダイエットは辛いものです。

それまで本能のまま貪り食っていた脂っこい食べ物(ラーメン・揚げ物)や甘~いスイーツ(ケーキ・シュークリーム)を我慢しなければなりません。

そんなストイックな努力を続けていくと、どうしてもストレスが溜まってしまいます。

特に食生活の改善は慣れるまでがきついです。

そんなストレスが知らず知らずのうちに肌荒れにつながるのです。

また、ストレスが溜まると寝付きも悪くなるため、それもまた肌荒れの原因になります。

ダイエットで肌荒れしないためにすべきこと

ダイエットで肌荒れをしないために
原因がわかったところで、次にダイエットで肌荒れをしないための対策をみていきましょう。

具体的には下記の3つに気をつければ肌荒れはしません。

  • 栄養バランスを整える
  • プロテインを飲む
  • しっかり寝る

1つずつみていきましょう。

栄養バランスを整える

肌荒れの原因は必要な栄養素が不足することです。

そのため、極端な置き換えダイエットは栄養が偏るのであまりおすすめできません。

それよりも普段の食事内容を見直して、オーバーカロリー分を減らすのがいいでしょう。

例えば

  • ランチのご飯の量を2/3にする
  • おつまみの唐揚げの数を1個減らす。もしくは揚げ物以外にする
  • 間食でいつも食べている板チョコを半分にする。もしくは食べない

といったところから取り組みましょう。

糖質制限は大切ですが、全く炭水化物を取らないのもよくありません。

炭水化物は3大栄養素の1つであり、体を動かすエネルギー源です。

食物繊維も含んでいるため、炭水化物を減らしすぎると便秘の原因にもなります。

[char no="1" char="あんちえいじゃー"]便秘も肌荒れの原因でしたね。[/char]

栄養バランスはダイエットで肌荒れを起こさないためにとても大事です。しっかり整えましょう!

プロテインを飲む

ダイエットをすると不足しがちなのがたんぱく質です。

[char no="1" char="あんちえいじゃー"]たんぱく質はダイエットをしていなくても不足しがちな栄養素なんだよね。[/char]

そして肌や髪の毛の元となる栄養素でもあるので、肌荒れを防ぐためにも積極的に摂取したいところ。

ダイエットをするなら「体重×1.5~2倍のg数」が1日に必要な摂取量になります。

とはいえ、それだけの量のたんぱく質を食事だけで摂取するのはなかなか難しいです。

そこで必要となるのが「プロテイン」です。

中でもホエイプロテインがコスパに優れています。

あわせて読みたい

肌荒れせずにダイエットを成功させるためにグビグビ飲みましょう!

しっかり寝る

肌荒れをしないためには、しっかりと寝ることが大切です。

睡眠不足は肌荒れだけでなく、仕事や勉強の効率を落とすことにも繋がります。

無理せずしっかり寝ましょう。

なかなか寝付けない人は、筋トレをして体を疲れさせるとぐっすり眠れるようになりますよ。

筋トレは食事制限の次にダイエットに有効な手段です。

体を引き締めるだけなら、わざわざスポーツジムにいかなくとも、自宅でできる自重トレーニングに取り組めば十分でしょう。

あわせて読みたい

また、夜遅くに食事を取ると太りやすいと考え、寝る前にお腹が空いても我慢してそのまま寝る人もいらっしゃるかもしれませんが、それは都市伝説です。

むしろ空腹のままだとなかなか寝付けなくなってしまいます。

小腹が空いても我慢する→空腹で寝付けない→睡眠時間が減って肌が荒れる。

と負のスパイラルに陥ってしまいます。

もちろん、過度な間食は摂取カロリーの増加を招くのでよくありませんが、小腹がすいて寝付けないのであれば少しなにかお腹に入れましょう。

あわせて読みたい

ダイエットで肌荒れを抑えるには「宅配食」がおすすめ

ダイエットで肌荒れをおこさないために、栄養バランスが大切なのはわかっていただけたと思います。

といっても、毎日忙しく働くみなさんにとって、普段の食事にそこまで気を配るのはなかなか難しいと思います。

かくいうぼくも、普段は自炊なんてほとんどしません。

[char no="2" char="てんぐくん"]じゃあ、結局どうすればいいんだよ、、、[/char]

なんて途方に暮れないでください!

実はダイエットに必要な栄養素を確保しつつ、カロリーを抑えた「美味しい」食事を取る方法があるのです。

その方法とは「宅配食」を利用することです。

中でも「nosh(ナッシュ)」の宅配食は種類も多く味も美味しいので、食事を楽しみながらダイエットをすることができますよ。

ダイエットで肌荒れしたくないなら「nosh(ナッシュ)」の宅配食を食べよう!

なぜnosh(ナッシュ)がおすすめなのか?

その理由は

  1. 栄養バランスが考えられている
  2. 低糖質である
  3. 美味しい
  4. メニューが豊富
  5. 安い

からです。

ぼくも平日の夕食はnosh(ナッシュ)の宅配食にしたのですが、毎食美味しい食事をがっつり食べられているのでとても満足しています。

最初はちょっと味付けが薄いかなと感じていたのですが、慣れてしまえば普通に美味しいです。

どうしても塩っ気が足りないと感じるのであれば、醤油をちょろっとかけるのがいいでしょう。

ただし塩分のとりすぎには注意してください!

ちょい足しはあくまで自己責任でお願いします。

あと、ちょい足しするなら普通の醤油よりも牡蠣醤油の方が味が深まって美味しいのでおすすめです。

[char no="1" char="あんちえいじゃー"]でも、ちょい足しはあくまで自己責任だよ!![/char]

まとめ:ダイエットは結果を急いではいけません。無理なくゆっくり痩せましょう

無理せず楽しくダイエット
ダイエットで肌荒れを起こしてしまう主な原因は栄養不足です。

ではなぜ栄養不足を起こしてしまうかというと、「早く痩せなきゃ」と焦ってしまうからです。

ダイエットに焦りは禁物です。

無理なくゆっくり痩せましょう。

-食事制限

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.