スポンサーリンク




  • ダイエットをすると胸が小さくなるって聞いて不安
  • 胸を落とさずに二の腕を細くする方法ってあるのかな?
  • 痩せてバストが減る人と変わらない人の違いって何?

そんなお悩みをお持ちの女性の方に向けて。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


二の腕や太ももを細くして美しいボディラインを手に入れようと、ダイエットをはじめようと考えている女性にとって、ダイエットによって胸のサイズが落ちるのでは?という不安はつきものです。


結論をいうと、ダイエットをするとある程度胸が落ちるのは仕方ありません。


しかし、胸のサイズダウンを防ぎ、胸を残す方法は存在します。


この記事では、その方法を述べていきます。

スポンサーリンク



ダイエットをすると胸が落ちる原因

筋トレ女子
ダイエットをすると胸のサイズがダウンするのは気のせいではありません。


その理由は大きく2つあります。


  • おっぱいは脂肪でできているから
  • 胸を刺激する運動をすると胸が垂れるから

1つずつみていきましょう。

おっぱいは脂肪でできているから

マシュマロのように柔らかく、触れると幸せな気持ちになれる女性の胸。


ご存知のように、その構成要素は脂肪です。


そしてダイエットとは、脂肪を減らす行為のことです。


あわせて読みたい


脂肪を減らすためのダイエットをおこなうと、脂肪の塊である胸の脂肪が減るのはある意味必然なのです。

胸を刺激する運動をすると胸が垂れるから

脂肪の塊である女性の胸を支えているのは筋肉です。


そのため、激しく胸が上下する運動(例えばランニングやジョギング)をするとその胸を支える筋肉が引きちぎれます。


そうすると必然的に胸が垂れてきます。


胸が垂れ下がると、バストサイズがダウンするだけでなく、形も崩れてしまいます。


そのため、胸が大きく振動する運動は行わないのがダイエットには肝要なのです。


なによりおっぱいを上下にたゆんたゆんさせると、気持ち悪いおっさんたちの視線にさらされることになるので、生理的に無理ですよね!

胸を残しつつ痩せる方法:筋トレをしましょう!

胸を落とさないために筋トレをしよう!
結論を述べると、胸を残しつつダイエットを成功させるためには、筋トレをしなければなりません。


筋トレをすることで、胸が落ちる原因の1つ、胸が垂れることを防ぐことができるからです。


それどころか、筋トレをすればツンと上を向いたバストを手に入れることができるので、胸の形は以前よりもよくなるでしょう。


つまり、胸を残して痩せるには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動よりも、筋トレが重要なのです。


caution!

ちなみにおっぱいは脂肪の塊なので、ダイエットをすると優先的に燃焼するのだけはさけられません。

なので、ダイエットによってバストサイズがある程度ダウンしてしまうのはどうしても防ぎようがないのは、ご容赦ください。大事なのはだらしない体に付属する大きなおっぱいではありません。

性的な色気がムンムンの引き締まった魅惑的ボディを彩る、ツンと上を向いたきれいな形のおっぱいです。

胸を残すのになぜ筋トレをするといいのか?

筋トレをするとダイエットになる
胸を残しつつ体重を減らすのになぜ筋トレが有効なのかというと、筋トレをすることで大胸筋が鍛えられ、胸がたるむのを防ぐからです。


大胸筋を鍛えるには、ベンチプレスやプッシュアップなどが有効なので、ぜひとも取り組んでみてください。

あわせて読みたい

その他女性のダイエットに筋トレがオススメな理由

女性らしいボディラインが手に入る筋トレ
また、胸が痩せることを防ぐ以外にも、女性にとってダイエットのために筋トレに取り組むのは、メリットがたくさんあります。

体型が綺麗になる

まず第一にあげられるメリットは、筋トレをすることで体型をシャープにすることができる、といった点です。


  • 引き締まった二の腕や太もも
  • くびれたウエスト
  • ツンと上を向いたバストやヒップ


あなたが「女性らしくてカッコいい!」と憧れる、女性誌の表紙を飾る読モのようなスレンダーなのに出るところは出ていてセクシーな体型を手に入れたいのであれば、筋トレをしましょう。

基礎代謝が上がって太りにくい体になる

また、筋トレをして体の筋肉量を増やすと、基礎代謝が上がります。

基礎代謝(きそたいしゃ、英:Basal metabolism)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのことである。


つまり筋トレをして、筋肉量を増やせば何もしなくても自然と痩せやすい体ができるということなのです。さらに食事内容に気を配り、お酒をやめればその効果は倍、更に倍!ですよ。

肩や首のコリが改善される

筋トレをすると、普段なかなか動かさない肩や首を動かすため、その部分の血行がよくなります。


固まった筋肉もほぐれるので、日々のデスクワークで凝り固まった肩や首のコリを改善する効果がありますよ。

筋トレに対するよくある誤解:女性は筋トレしてもムキムキにはなりません

さて、ダイエットにおける筋トレの重要性を理解してもらえたと思います。


でも、筋トレをすると筋肉がついて、ボディビルダーのようにムキムキになるんじゃないの?と心配される女性も多いと思います。


しかしご安心ください。


女性が一生懸命筋トレに取り組んでも、ボディビルダーのようなムキムキの体にはなりません。


むしろボディラインを美しくする効果があるので、ダイエットをするなら積極的に筋トレに取り組むべきなのです。


ツンと上を向いたバストラインを作る効果もあるので、胸を残しつつ体重を落とすためにもぜひとも筋トレをしましょう。

有酸素運動の方が痩せるのでは?

では、雑誌などでよく取り上げられている有酸素運動は取り組まなくてもいいのでしょうか?


結論からいうと、無理に取り組む必要はありません。


それよりも食事制限の方がダイエットには大切です。


例えば400キロカロリーを有酸素運動で消費しようとした場合、ランニングで時速8キロで1時間も走り続けなければなりません。


そんなキツいことをしなくても、ご飯を一杯我慢すれば400キロカロリーを抑えることができます。


どうしても有酸素運動に取り組みたい人は、筋トレをしない日に軽くウォーキングをする程度で十分ですよ。

まとめ:胸を残しつつダイエットしたい女性には筋トレがおすすめです


胸を残しつつ、ダイエットを成功させるには筋トレがおすすめです。


女性らしい美しいボディラインを手に入れて、気になるあいつの視線を独占しちゃいましょ。


いい恋に出会えることを祈っています!

筋トレの効果をさらに高めるためにサプリメントを摂取しよう

筋トレの効果をさらに高めるためには、サプリメントの摂取は必須です。


特に最近注目を浴びているのが、HMBサプリメントです。


HMBとは、必須アミノ酸であるBCAAを構成するロイシンから生成される物質です。


HMBは筋肉を強くするのに必要なエネルギー源であり、脂肪をエネルギーにかえる手助けをする効果もあります。


そんなHMBを効率的に摂取するには


バルクアップHMBプロ
がおすすめです。


プロテインと一緒に摂取することで、より早く筋トレの効果を実感できるようになりますよ。


引き締まった体を手に入れて、自信を持って人生を楽しみましょう!