社内調整力は重要

絶対に売れる企画書ができた!なんとしてでもこのプロジェクトを成功させたい。

そんな方に向けて。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


仕事で大きな成果をあげるためには、多くの人に協力をあおぐ必要があります。


その際に役立つのが社内調整力です。


なんか面倒だな、なんて敬遠しないで下さい。


実は社内調整力を磨くと、今後のビジネスシーンで役立つ多くのスキルを身につけることができるのです。

スポンサーリンク



社内調整力を磨くことで得られるスキル3つ

社内調整で身につく3つのスキル
社内調整力を磨くと、ビジネスマンとして必須のスキルを3つ身につけることができます。


その3つのスキルとは

  1. 人に協力をあおぐスキル
  2. 具体的な段取りを考え、実行するスキル
  3. 人に行動してもらうために必要なインセンティブを理解するスキル
です。


1つずつ見ていきましょう。

人に協力をあおぐスキル

ではまず最初の人に協力をあおぐスキルについてです。


社内で円滑にプロジェクトを進めるためには、重要な役割を持つ人物(キーマン)に協力してもらう必要があります。


社内調整力とは、いいかえれば自分のミッションを達成するために、重要な人物に協力をあおぐことにほかなりません。


それほどまでに必要な人物に協力をあおぐことは重要なのです。


勘違いしてほしくないのですが、協力をあおぐとは、単に味方を増やすということではありません。


自分一人の力で解決できない問題を解決する為に、周囲にいる必要な人物に声をかけ、一緒になって問題解決にあたってもらうこと、もしくは問題を解決するのに適任な人物を紹介してもらうことこそが、求められる能力なのです。


例えばある課題に対して、自分よりも遥かに上手く対処できるスキルがある人がいるとしたら、その人に課題を解決してもらった方が、より早く、よりクオリティの高い成果物を生み出すことができるのは、自明の理ですね。


社内調整力を磨くと、このように人に協力をあおぐスキルを身につけることができます。

具体的な段取りを考え、実行するスキル

次に2つめの具体的な段取りを考え、実行するスキルについてです。


仕事とは、企画書を作って、承認を得て終わりではありません(当たり前ですね)。


描いたゴールにたどり着くために、何をしなければならないかを具体的な行動に落とし込む必要があります。


具体的な行動に落とし込むとは最低限

  • いつまでに
  • 誰に
  • なにを
  • どのような状態にしてもらうべきか

といったことを明確にすることです。


社内調整を鍛えると、いつまでに、誰に、なにを、どのような状態にしてもらうべきかを考え、実行する力が身につきます。

人に行動してもらうために必要なインセンティブを理解するスキル

最後に3つ目の人に行動してもらうために必要なインセンティブを理解するスキルについてです。


これはちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』を読んで気付いたのですが、社内調整力を伸ばすことで、人に動いてもらうにはどのようなインセンティブがあるのか?といったことに対する理解を深めることができます。


どういうことか?


1、2でも述べてきた通り、社内調整をおこなうことは、社内で一定の影響力のある人に自分の望む通りの行動をとってもらうことと同義です。


そのような人をキーマンと呼ぶのですが、キーマンにこちらの望むような行動をとってもらうことはとても難しいです。


なぜなら彼ら彼女らは常に忙しく、価値の無いことに時間を割く暇は無いからです。


そんな重要人物であるキーマンに望み通りの行動をとってもらうためには、行動してもらうための動機付け(インセンティブ)が必要です。


自分の提案を飲み込んで、行動してもらうことでどういったメリットを彼らに与えることができるのか?をとにかく徹底的に考え抜きましょう。


そうすることで、人に動いてもらうためのインセンティブはなにか?を見極める力が飛躍的に向上するでしょう。

まとめ:社内調整力があれば仕事で成果が残せるようになるのでぜひとも身につけましょう

社内調整力で実績を残しましょう
まとめると、社内調整力を身につけることで

  • 人に協力をあおぐスキル
  • 具体的な段取りを考え、実行するスキル
  • 人に行動してもらうために必要なインセンティブを理解するスキル

といったビジネススキルが身につけられます。


つまり社内調整が上手になると、仕事で成果を出すのが簡単になるということです。


仕事で成果を出せるようになれば、面白くてやりがいのある仕事がたくさん回ってくるようになるでしょう。


社内調整力はちょっと意識すれば誰でも身につけることができるスキルの割に、汎用性が高く、市場価値のあるスキルなので、ぜひとも伸ばすことをおすすめします。


社内調整力を磨いて、仕事で満足のいく成果が出せるようになることを祈っています!


また、結果が残せるようになれば、その実績を武器により給料などの条件がいい企業に転職することも可能になります。


転職を考えるようになったら、まずは転職エージェントに面談にいきましょう。


転職活動に対する具体的なイメージが湧いてくるのでおすすめですよ。

関連