仕事に私情を挟んではいけない、というのは、大人なら誰しもが肝に銘じて、当たり前に実行していることだろう。でも、本当にそうだろうか?



ぼくは、どう頑張っても相手のことが好きか嫌いかで、仕事のパフォーマンスに影響が出てしまう。



人間として好きな人に対してはとても気を使うし、その人の為に精一杯仕事をしたいと思う。そして現に、その人の為には、精一杯仕事を行う。だから、そういう人からのぼくの評価は、とても高いものになる。何たって、その人の為にちゃんと頑張るから。そして、ちゃんと頑張れば、ぼくはそこそこできる人だ。



でも、嫌いだったり、苦手だなと思う人に対しては、そこまで頑張らない。



頑張らないというか、頑張ることができない。



ちょっと気を使ってあげれば防げたであろう気遣いもしないし、積極的にコミュニケーションを取ることもしない。だから、そういう人たちからすると、ぼくは気の利かない、ダメな一般事務員だ。



まあ、本当は仕事なんだから、個人的な好き嫌いという感情に流されること無く、全員に平等に自分のパフォーマンスを発揮するのが大人ってものなんだけど、なんつーか、それができないんだよな。



ぶっちゃけ、どっちにしても自分の給料変わらないしね。



人間だから、好き嫌いはどうしたって出てくる。そこは仕方ないし、だったら周囲の評価なんて気にしないで、自分のストレスのない生き方を選択するのが、正しい生き方なのではないかなーと思う今日この頃でした。



おしまい。