ファッション

GAPのサイズ感に戸惑う、ファッションに興味のない男性が賢くオシャレになる方法

更新日:

ファッションがわからない
この記事は、ファッションのことがよくわからないまま大人になってしまったある1人の非モテの実体験である。

 
こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

白状しましょう。

今まで洋服はユニクロでしか買ったことがありませんでした。

なぜならぼくは、ピュアだったからです。

ピュアだったぼくは、世の中の女性達の「清潔感があれば、ユニクロで十分だよ〜」を信じて、愚直にもユニクロで安心しきっていました。

しかしある日、それは彼女たちの残酷なリップサービスだったと気がつき、一念発起して、先日GAPに洋服を買いにいきました。
 

\そんな格好でデートにいくつもり?/
※センス・知識は一切不要です

 

Sponsored Link

ファッションがわからない男性がはじめてのGAPへ

UNIQLOからGAP。相当な進化ですね。

当日の予算は15,000円位。

これから暑くなる時期だったので、Tシャツや半袖シャツ、そして金融日記に書いてあったシアサッカージャケットを購入する予定でした。

GAPに入ってすぐに目的のシアサッカージャケットを見つけたぼくは、ついでにその下に着るためのTシャツも手に取り、一緒にかごに入れました。

ちなみにジャケット、TシャツともにサイズはLを選択。

なぜならUNIQLOで服を買うときはいつだってLサイズでちょうどよかったからです。
 

 

\そんな格好でデートにいくつもり?/
※センス・知識は一切不要です

 

GAP店員(アラサー女子)に声をかけられるぼく、ときめく恋は、始まらない

ときめき
ジャケットとTシャツが思ったより安かったので、もう一品何か買おうかなーと店内をぶらついていると、かわいいアラサー店員さんに「ジャケットのハンガーをお預かりしましょうか?」と声をかけられました。

あんちえいじゃー
おいおい、まだおいどんはオシャレボーイじゃないのに、全く困った子猫ちゃんだぜ

と心の中で呟き、「あ、お願いしま、、」といって商品を手渡そうとしたところで、店員さんが驚いた顔でぼくとジャケットを交互に見比べました。

あんちえいじゃー
おいおい、まさかもうこのジャケットを来たおいどんとのデート妄想を始めたのか?本当に困った、、

「お客様、サイズはいくつのものを選びましたか?」

あんちえいじゃー
え?Lサイズですけど??

ぼくの身長は180センチ近くあり、日本人の中では比較的大きい方です。ちなみにアレのサイズもでかい。

あんちえいじゃー
アレとは、もちろん足のサイズのことだよ!

だから、ユニクロで服を買う時は、いつもLサイズがちょうどよかった。

自然に、GAPでも同じ認識で、何の疑いも持たずにLサイズの服をチョイスしていたことは、先程記したとおりです。

「う〜ん、Lサイズだと大き過ぎますね。恐らくM、いや、Sサイズでちょうどいいと思いますよ」

といって、その店員さんは、親切にも同じ柄のジャケットのSサイズを持ってきてくれました。

あんちえいじゃー
(一体どういうことだ?ここはUNIQLOとは違うのか?)

ぼくは軽いパニックに陥りました。
 

\そんな格好でデートにいくつもり?/
※センス・知識は一切不要です

 

Sponsored Link

驚愕の事実 GAPのサイズ表記は、日本のそれとは違った

驚きの事実
店員さんに話を詳しく聞くと、GAPはアメリカのブランドで、サイズも全てアメリカユニバーサル仕様であり、他の洋服屋と同じ感覚でサイズを選ぶと、どえらいことになるらしい。

確かに、GAPのサイズ表をみると身長が170〜180センチの人はSサイズがちょうどいい。胸囲も首回りも、まさにジャストフィット。

f:id:lorenzo9241:20150613165651p:plain
 

\そんな格好でデートにいくつもり?/
※センス・知識は一切不要です

 

半信半疑なぼく

とはいえユニクロ暦の長いぼくは半信半疑です。

その店員さんは、実はまだ入社したばかりで自社の服のサイズ感がわかっていないのかもしれません。

「どうぞ試着してみて下さい」

そんなぼくの疑念を感じ取ったのか、店員は100万ドルの笑顔でぼくに試着を促してきました。

ニッコリとした屈託のない笑顔に、ぼくの胸とアソコが熱くなりました。

あんちえいじゃー
アソコとは、もちろん顔のことだよ!

かわいい女の子のピュアな笑顔をみると、顔が火照って熱くなりますよね?

なんだよ好きになっちゃうじゃないか。

あんちえいじゃー
じゃあ、もしこの服のサイズが合わなかったら、今度ぼくとお茶してくれます?

とはいわずに(いえなかったんじゃなくて、あえていわなかった。なぜなら、その日の俺は純粋に買い物を楽しむために来たのだから)、ぼくは試着室でジャケットに袖を通しました。



「ピッタリ!!」

店員さんの言った通り。Sサイズでちょうど良かった。

と同時に、大きなショックを受けました。

同じ日本の、そして同じモールに入っているユニクロとGAP。

なのに、洋服のサイズを表すSとかMとかLの意味あいが、まるで違っていた。

GAPは、日本ではない。

店員さんは日本人だし、値段表記も日本円でされている(もちろん支払もジャパニーズYENだ)。しかし、洋服のサイズ感が、アメリカンなのである。

もし、もし仮にあの店員さんに声をかけられていなかったとしたら、、、

今考えても、あの店員さんには感謝の気持ちしか湧いてこない。本当に危ないところだった。

あんちえいじゃー
疑って本当にごめんなさい!
 

\そんな格好でデートにいくつもり?/
※センス・知識は一切不要です

 

お店のサイズ感は、きちんと確認しよう

皆さんも気をつけましょう。

洋服を買いにいくときは、そのお店がどこの国のブランドか、そして、サイズの表記は日本基準(ていうのか?)なのか、それともそのユニバーサル(UNIVERSAL)基準なのか、しっかりと確認するべきです。

いつも店員さんが気付いてくれるとはかぎりません。

自分の身は、自分で守らなければならないのです。

ファッションに興味のない男性はショップに行くのが面倒くさい

ファッションは面倒くさい
いやーここまで体験談を書いてみて改めて思ったけれど、服を買いに行くのって面倒くさいですね。

面倒くさくありませんか?

ぼくはむちゃくちゃ面倒くさいです。

だってですよ。

買い物にいくとその分自分の大切な人生の時間が奪い取られるのです。

これが本当にストレスフルです。

なんでわざわざ服を買うためだけに自分の貴重な時間を費やさねばならないのでしょうか?

家からお店に行くまで30分。

自分に似合いの服を選ぶのに15分。

サイズがあっているのか試着するのに15分。しかも本記事で見てきたとおり、サイズの表記もお店によってバラバラです。

ズボンの腰回りの表記なんてさらにわけがわからないです。

インチ?なにそれ美味しいの?ぼくが知りたいのは、このどっしりとしたお腹周りの脂肪を考慮したサイズのズボンがどれかってことです。

そして、ズボンの裾上げにかかる時間がなんと2時間!

それにしてもたった一度の買い物に時間がかかりすぎるのが服を買いにいくことのデメリットです。

ビジネスや心の美しい女性とのデートに忙しい若手~ミドルエイジの男性にとって、服を買いにいく作業は苦行以外の何物でもありません。

現代を代表する著名な経営者もいっていました。

あんちえいじゃー
ファッションのことに気を使う時間がもったいない

と。

でも、服装がだらしないとビジネスシーンで信用を損なうのも事実です。

ストリートナンパに出向くときも、最低限の身だしなみが整っていないとフィールドに立つことすらままなりません。

これはおおいなる矛盾です。

ぼくたち忙しい男性は、ファッションのことに気を使う時間などありません。

でも、ファッションに気を使えない男は、ビジネスシーンでもモテのシーンでも三流とみなされます。

あんちえいじゃー
本当、どうしたらいいんだろう、、、
 

\そんな格好でデートにいくつもり?/
※センス・知識は一切不要です

 

ファッションがわからない男性はファッションコーディネートサービスを利用しよう

ぼくたちファッションのことがよくわからないまま大人になってしまった男性は、どうすれば最低限の身だしなみを整えることができるのでしょうか?

インターネットには、そんなファッション難民の男性に向けた素晴らしいサービスが存在しています。

そのサービスとは、ファッションコーディネートサービスです。

ファッションに疎いあなたには信じられないかもしれませんが、この世界には、ファッションのことがよくわからないまま大人になってしまった人に対して、その人にあった服をコーディネートしてくれるファッションコーディネートサービスというものが存在しているのです。

下記の記事で、ぼくがおすすめするファッションコーディネートサービスを3つ紹介しているので、合わせてご覧ください。
 

 
ファッション難民の皆さまに、素敵な服との出会いがあらんことを願っています。
 

\そんな格好でデートにいくつもり?/
※センス・知識は一切不要です

 

-ファッション

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.