転職エージェント 面接対策

平日の転職面接が難しい人は転職エージェントに日程調整をお願いしてみては?

更新日:

Sponsored Link
  • 内勤メインの事務職だから平日の面接は受けに行きづらい
  • 今までほとんど有給なんて取ってこなかったからなんて理由で休めばいいんだろう?
  • 有給なんて冠婚葬祭以外では誰もとっていない職場なんだけど、一体どうすりゃいいんだよ、、、

仕事をしながら転職活動をしたいけど、どうやって面接に行く時間を作ればいいかお悩みの方に向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

在職中に転職活動を成功させるためには、どうしても平日に会社を抜けて面接に向かわなければなりません。

普段外回り中心の営業職の方なら外回りをするふりをして面接することもできるかもしれませんが、内勤メインの方にとっては、有給などを使わなければ面接にいくことすらできません。

この記事では、在職中に転職活動を成功させるために、どうやって平日の面接に対応すればいいのかを紹介します。

結論をいえば、覚悟を決めて堂々と有給を取る以外に方法はありません。

転職面接で平日休みを取るために「私用」で堂々と有給を申請しよう

堂々

あなたが転職を希望している企業も、基本的には平日に仕事があります。

あなたと面接予定の人事担当者や現場の管理職の方も平日の日中が一番都合がつけやすいからです。

そのため、転職面接の日程は平日の業務時間内に設定されます。

なので、あなたが転職活動を成功させようと考えているのであれば、仕事のある平日に会社を抜け出して面接を受けに行かなければなりません。

外回りの営業ならともかく、内勤が中心の事務職の場合、平日にこっそり会社を抜けることなどほぼ不可能です。そのため、多くのかたは転職面接をうけるために有給を申請しなければなりません。

有給は権利なので堂々と「私用」で申請しよう

有給休暇を申請するのに「申し訳ない」と考えるのは日本人特有の悪い思考です。

有給とは労働者に与えられた権利なので、有給を使うのに何ら後ろめたさを感じることはありません。

まともな会社なら「私用」と書かれた有給の申請書を無碍に扱うことはしませんし、その内容を厳しく問いただすことはできません。

なので、転職の面接を平日に受けるための有給申請であっても、堂々と「私用」として申請しましょう。

そもそも「私用」の有給一つ申請できないなら転職すべきではない

もちろん有給を使う場合には、周りの人に迷惑をかけないように業務の調整をするのは最低限のマナーです。

取引先や社内の関係者に事前に連絡をしておいて、転職面接当日はあなたが会社を休んでも業務が滞りなく進むようにしておきましょうね。

今まで私用の有給なんて申請したことがないし、1日でも自分が休むと業務が回らないよ、という方もいるかもしれません。

厳しいことをいうようですが、たった1日の有給すら申請できないのは、会社ではなくあなた自身に社会人として問題があるので、そのような人は転職しないほうがいいでしょう。

そのような人は、私用の有給を申請しても問題がないくらいまで社会人としてのスキルを上げる努力をするのが優先です。

私用の有給が取れない雰囲気の会社なら、覚悟を決めて平日の面接に臨みましょう

ぼくがかつて働いていた企業もそうだったのですが、有給なんて取れない雰囲気の会社というのが世の中には存在します。

噂レベルですが、祖父母の葬儀などでやっとこさ半休がとれるレベルだったとか。

そんな会社に勤めているから、平日に転職面接なんて絶対に受けに行けない、と悩んでいる人もいるでしょう。しかしそんな会社は異常すぎるので、むしろ覚悟を決めて堂々と有給を申請しちゃいましょう。

そんな会社に恩義を感じる必要はありません。

「どうせ辞めるんだ」と腹をくくり、堂々と有給を使って平日に転職面接を受けに行けばいいのです。

本当に転職をするつもりなら、会社に忖度なんてしないで平日に面接を受ければいい

本気です!

本当に今の会社を辞めて転職をするつもりなら、平日に有給を使ったくらいで怪しんでくる周囲の目など気にしなければいいのです。

というか、転職活動はそれくらいの覚悟で挑まなければぶっちゃけ成功できません。

ぼくも経験があるのですが、今勤めている会社にいい顔をしながらこっそりばれないように転職活動をしても内定を取ることは不可能です。

何かあったらバレても構わない、というマインドで堂々と平日の面接を受けに行きましょう。変にビクビクするよりも、よっぽどバレませんよ。

とはいえ在職中の転職面接に無駄な時間はかけられない

そうはいっても現実は厳しいです。

在職中に転職先を決めようと思うのであれば、無駄な時間を消費するわけにはいきません。

有給には限りがありますし、やはり週に何度も何度も有給を使って会社を休むのは業務上不都合を生じさせる可能性が高いです。なぜなら転職を考えるあなたは周囲より優秀で、時間あたりの付加価値が高い存在だからです。

練習のためだとか、なんとなく興味が湧いたからといったレベルの企業の面接を平日に受けて、貴重な平日の時間を無駄遣いしてはいけません。

平日の日中に面接の時間が取れないとお悩みなら転職エージェントに相談に行こう

もしどうしても平日に面接の時間がとれないのであれば、転職活動のプロである転職エージェントに相談してみるといいかもしれません。

転職エージェント1

転職エージェントとは、あなた専属のキャリアコーディネーターと一緒に転職活動をすすめることができるサービスのことです。

ハローワークや転職サイトとのサービスの違いは下記の表にまとめたので、詳しくはこちらをご覧ください。

サービス名リクナビネクスト
(転職サイト)
リクルートエージェント
(転職エージェント)
求人サイトに掲載されている求人を探すことができます。誰でも閲覧可能。ネット上には掲載されていない非公開求人がメイン
メリット・自分のペースで転職活動をすすめることができる。
・自分で面接のスケジュール管理が可能。
・求人探しや面接日程の調整などの事務手続きを代わりにやってもらえる。
・土日や平日夜の面接が可能かどうかを気兼ねなく相談できる。
こんな人におすすめマイペースに転職活動を進めたい人。・仕事が忙しくて、平日なかなか転職活動の時間が取れない人。
・プロに相談しながら転職活動を進めたい人。
おすすめ度★★★★★★★★
公式サイト>>リクナビNEXTに登録する

>>リクルートエージェントへ登録する
※土日、祝日の面談も受付。

転職エージェントを利用すれば、応募企業の面接時間を調整してもらえるかもしれません

求人を出している企業の中には、土日や平日の夜の面接時間を設けてくれる会社もあります。

とはいえ、自分一人で転職活動をすすめるなかで、応募先の企業に面接時間の相談はし辛いものです。

そんなとき、転職エージェントを利用していれば、転職エージェント経由で面接時間の相談をしてもらえます。

直接企業に相談しづらいことでも、転職エージェントを利用すれば気軽に相談することが出来ます。

平日は仕事が忙しくてなかなか面接時間が取れない人は、ぜひとも転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

また、その他にも転職エージェントを利用すると

  • 自分自身気づいていなかった転職で叶えたい本当の願望に気付けた
  • 自分では強みだと思っていなかった職歴が、今より条件のいい会社で求められている強みだと気付けた
  • 自分一人では決して見つけることが出来なかった面白そうな求人を紹介してもらえた

などといったメリットがあります。

じっくりと話をした後で紹介される求人はどれもあなたの希望に当てはまるものなので、自分で求人を探す手間が省けますし、ネットには掲載されていないような企業情報や業界での立ち位置、今後の展望なども知ることが出来ます。

また、面接日程の調整なども代わりに行ってもらえるので、在職中で転職活動に費やせる時間が限られている求職者にとって、転職エージェントは使い勝手のいいサービスです。

さらに詳しく転職エージェント利用のメリットを知りたい方は下記の記事をあわせてご覧ください。

関連

本気で転職をしたいなら、平日の面接程度軽く乗り越えて行きましょう

行動

平日に休みが取れないから、転職面接なんてできっこない。自分はそんなかわいそうな状況にいるんだから、しょうがない。

なんてのはただの言い訳です。

転職エージェントを活用してその気になれば、在職中でも転職活動は可能です。

なぜなら同じ条件下で転職活動を成功させている人が存在しているからです。

彼らだってあなたと同じく平日に簡単に休みなんて取れません。

それでもその程度の困難などひょいっと乗り越えて平日の転職面接に向かっています。

今の環境を変えたい。もっと条件のいい会社で働きたいと本気で思っているのなら、今の会社に忖度なんてする必要はありません。

堂々と有給を使って面接に向かいましょう。

面接の通過率を上げるために、事前準備をしっかりとするのをお忘れなく。

あなたの転職活動が成功することを祈っています!

サービス名リクナビネクスト
(転職サイト)
リクルートエージェント
(転職エージェント)
求人サイトに掲載されている求人を探すことができます。誰でも閲覧可能。ネット上には掲載されていない非公開求人がメイン
メリット・自分のペースで転職活動をすすめることができる。
・自分で面接のスケジュール管理が可能。
・求人探しや面接日程の調整などの事務手続きを代わりにやってもらえる。
・土日や平日夜の面接が可能かどうかを気兼ねなく相談できる。
こんな人におすすめマイペースに転職活動を進めたい人。・仕事が忙しくて、平日なかなか転職活動の時間が取れない人。
・プロに相談しながら転職活動を進めたい人。
おすすめ度★★★★★★★★
公式サイト>>リクナビNEXTに登録する

>>リクルートエージェントへ登録する
※土日、祝日の面談も受付。

-転職エージェント, 面接対策

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.