転職前に考えること

思ったよりも低い?!転職する前に自分の市場価値を確認しよう

更新日:

今の会社は自分の実力を正当に評価してくれない!せや、ちゃんと自分のことを評価してくれる会社に転職しまひょ!

そんな風にお考えの方に向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

かつて自分はもっと市場価値の高い人材だと勘違いをして、勢いで転職をした過去があります。

もちろん、軽率な行動をとってしまったと激しく後悔しましたよ。

人間は自己評価が他社評価の2割増しになるという傾向を持っていることが、米国の心理学実験で明らかになったそうです。

↓下記の本に載っていましたが、インターネット上では原本をみつけられませんでした。ご存知の方いたらTwitterもしくはお問い合わせフォームからご連絡ください↓

この記事では、転職活動をする前に、今の自分が本当に転職に値する市場価値のある人間かを確認する方法をお伝えします。

Sponsored Link

転職しようと思ったら確認すべき3つのこと:『自分の市場価値を客観的にはかりましょう』

もしあなたが転職活動をはじめようと考えているのであれば、実際に行動に出る前に下記3つのことを確認しましょう。

  • 自己評価と他社評価にズレはないか
  • 希望の年収を叶えてくれる求人はありそうか
  • 他の会社でも通用するスキルをいくつ持っているか

それでは1つずつみていきましょう。

自己評価と他社評価にズレはないか

まず転職前に確かめるべきポイントは、自分のビジネススキルに対する自己評価と他社評価に「ズレ」がないかどうかです。。

先ほども書いたように、往々にして人間は自分の能力を高く見積もりがちです。

これはあなた個人の問題ではなく、人間なら誰しもそのように考えてしまう傾向があるということです。

自分は自分が思っているほど有能な人間ではないのです。

この自己評価と他社評価のズレをまずはきちんと認識し、自分の能力や市場価値を客観的にはかるところからはじめましょう。

一番いいのは、自分と一緒に働いている同僚や上司に自分の強みや弱みをヒアリングすることです。

特に直属上司に意見を求めることをおすすめします。

案外あなたの上司はあなたのことをよくみているもので、あなたが思っている以上のきついフィードバックを返してくれるでしょう。

あんちえいじゃー
でも、そういう相談をしてくる部下は目をかけてもらえるので、ガンガン積極的にダメ出しを貰いに行きましょう!

希望の年収を叶えてくれる求人はありそうか

年収はとても大切です。

特に家庭を持っている人にとっては、子供の養育費やマイホームのローンの支払いなども考慮しなければなりません。

そのため、転職によって年収が極端にダウンするような事態はなんとしても避けなければなりません。

しかし、もし転職エージェントに紹介される求人がどれも今の年収を下回っている場合は、本当に転職すべきかを再考する必要があるでしょう。

そこで

あんちえいじゃー
こんな年収の求人しか提示してこないなんて、この転職エージェントは無能だ!

などと憤ってはいけません。

なぜならそこで提示された年収が、あなたが今持っているビジネススキルの本来の市場価値だからです。

そのことを肝に銘じて、今よりも高い年収で転職するためには(市場価値を高めるためには)どのようなビジネススキルを身につける必要があるのかを考え、今の会社でそのスキルを伸ばすよう努力しましょう。

他の会社でも通用するスキルをいくつ持っているか

繰り返しになりますが、転職を成功させるためには市場価値が高く、他の会社でも求められるビジネススキルを持っている必要があります。

そのスキルとは一般的に「ポータルスキル」と呼ばれており、具体的には

  • ロジカルシンキング
  • 社内調整力
  • 営業力

などのことを指します。

もしこれらのスキルに自信がないようなら、まずは今の職場でスキルを伸ばすことを目標にしましょう。

考えればいくらでもやりようはあるはずです。

ただ、営業力だけはどうしても営業で数字を残さないと評価されないので、営業以外の仕事についている方はそれ以外のスキルを頑張って伸ばすようにしましょう。

それでも十分条件のいい会社に転職することはできますよ。

客観的に市場価値を確かめるために転職エージェントを活用しよう

以上見てきた3つのことを確認すれば、自分が本当に今転職すべきかどうか、おおよその検討をつけることができるでしょう。

さらに客観的に自分の市場価値を知りたい人は、転職エージェントと面談をすることをおすすめします。

転職エージェントには多くの転職希望者のデータベースが蓄積されているので、あなたのビジネススキルが、転職市場でどれだけ価値があるのかをより正確に教えてくれるでしょう。

面談をしたからといって費用は発生しませんし、面談をしたからどうしても転職活動をしなければならないわけでもありません。

転職を考えていなくても、、今までの自分のキャリアの棚卸しにも役立つので、一度も転職エージェントにいったことがないかたは、この機会にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ただ、中には自分の売上のために不安をあおって強引に転職活動をすすめようとしてくる担当者もいるので、その点は注意しておきましょう。

時間が許すのであれば2つから3つほどの転職エージェントと面談すると、より客観的に自分の市場価値をしることができるでしょう。

Sponsored Link

おわりに:転職にはリスクがつきもの。本当に「今」転職すべきかは慎重に判断しましょう

転職にはリスクがつきもの

あまり表には出てきませんが、転職にはもちろんリスクがついて回ります。

次の会社が今の会社以上に条件や居心地がいい保証はありません。

せっかく頑張って転職をしたはいいけど、やっぱりもとの会社のほうがよかったな、、、

なんて話は枚挙にいとまがありません。

そうならないためにも、自分の市場価値を正確に把握して、その価値が最も活かせる場所をじっくり慎重に見極めるようにしましょう。

転職しようかどうか迷ったときに参考にして欲しい記事を下記でまとめているので、気になる方はあわせてご覧ください。
 

-転職前に考えること

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.