キャリア 体験談

【体験談】30代男性・職歴なしの契約社員から正社員への転職に成功したある男の話

更新日:

30代でいまだ契約社員で大した職歴もない。正社員になりたいけど、年齢的にもう遅いのかな?

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

30歳から33歳までの3年間、契約社員として働いたあとに正社員として転職に成功しました。

30代という年齢で契約社員だと、もう正社員として働くことは無理なんじゃないかと感がている人もいるでしょう。

しかしそんなことはありません。

30代男性で、大した職歴がない契約社員でも十分正社員へと転職することはできますよ。

あわせて読みたい
Sponsored Link

30代男性・契約社員から正社員での転職に成功!

契約社員から正社員へ
ぼくは4社目の会社に契約社員として入社しました。

今考えると恐ろしいのですが、そのときすでに30歳。

なぜそんなリスクのある転職をしたのかというと、貯金がなくて不安だったからです。

この辺の失敗談と学んだことは下記の記事にまとめてあるので合わせてご覧いただければ幸いです。

関連

しかも契約社員の仕事内容はいわゆる営業事務でした。

具体的には

  • データ入力や書類のコピー取り
  • 電話対応
  • 営業資料の作成

などです。

そういった仕事に3年半、前職から合わせると通算7年に渡り営業事務や一般事務の仕事に従事し続けました。

そして33歳を過ぎたぼくは、このままだとヤバイと感じて正社員としての転職を決意し、今にいたります。

普通に考えると、それだけ長い間営業事務の仕事をしてきた人が、33歳で正社員として転職なんてできるわけがないと感じるかもしれません。

しかし、ぼくは33歳という決して若くない年齢で、4回目の転職に成功します。

しかも正社員としてです。

結果を見れば、お給料も上がりました。しかも前職よりも残業時間が減るというおまけ付きです。

おかげで前々から挑戦したかった筋トレに取り組めるようになりました。また、以前より好きだった漫画やアニメに費やす時間やお金も増やせ、充実した日々を過ごしています。

何より契約社員のときに常に感じていた将来に対する不安が激減したのが嬉しいです。

もちろん、正社員になれたからといって将来に対する不安がすべてなくなったわけではありませんが、契約社員のときよりも雇用が安定した分、より長期的・戦略的に将来を考えられるようになりました。

やはり、正社員の安心感は侮れません。

本当に正社員に転職できてよかったです。

30代契約社員から正社員に転職するためにおこなったこと

正社員になるためにおこなったこと
世間的には

  • 30代で契約社員
  • 営業事務の経験が長い
  • 男性

といった経歴の持ち主が、正社員として転職するのはかなり難しいように思われます。

もちろん20代の若者と比べるとはるかにハードルが高いのは事実です。

しかし、30代で大した職歴がない男性でも諦めなければ十分正社員として転職することは可能です。

ただし、そのためには戦略的に契約社員の仕事をこなさなければなりません。

具体的には

  1. どういった職種に転職ができそうかを考える
  2. その職種に関連する業務に力を入れて、数字で残せる成果を出す
  3. 上記を意識して最低3年間は我慢して仕事を続ける

です。

1つずつみていきましょう。

どういった職種になら転職できそうかを考える

まずあなたが考えるべきは、契約社員としての業務内容を棚卸しして、その業務内容で転職できそうな職種を洗い出すことです。

例えばぼくのように営業事務をしているのであれば、営業職への転職はできそうですね。

実際ぼくも営業職の正社員として転職に成功することができました。

下記の記事はぼくのかつての同僚の話ですが、営業事務の仕事から営業職へ転職するケースは比較的多いようです。

関連

また、もしあなたが経理部で働いているのであれば、経理職としての転職が考えられそうですね。

ここで注意してもらいたいのは、今の自分が関わっている業務とあまりにもかけ離れている職種を候補としてあげてはいけないということです。

例えば営業事務の仕事をしている人が、マーケティング職の正社員になることはほぼ不可能です。

また、経理部の契約社員として働いてる人が営業職や商品開発部の正社員として転職するのも難しいでしょう。

20代の正社員ならともかく、30代を過ぎた契約社員がいつまでも夢をみていてはいけません。

あなたが優先すべきは正社員として安定した地位を手に入れることです。

どうしてもキャリアチェンジをしたいのであれば、転職先で正社員として結果を出してから、異動願いを出しましょう。

少し厳しいようですが、30代で大した職歴がない人が転職ですべてを手に入れることはできません。

まずは正社員として安定した地位を獲得することを目指しましょう。

その後のことは正社員になってから考えればいいのです。

その職種に関連する業務に力を入れて、数字で残せる成果を出す

次にあなたがやることは、契約社員として今携わっている業務の中で、なるべく労力をかけずに成果を出せそうな業務をみつけて、そこにリソースの3割ほどをぶちこむことです。

経験上、3割もの力を1つのことに注力すれば、かなりの高確率で何らかの成果が出ます。

例えばぼくは営業事務の仕事をしていたのですが、そのときに取り組んだのが社内の共有フォルダ内のデータ整理です。

それまで各営業マンが好き勝手に自分の営業資料を保管していた共有フォルダ内はまさにカオスでした。

せっかく貴重な資料がたくさんあったのに、保存した人以外は誰もその資料のありかを知らないという状態がずっと続いていました。

ぼく自身何度も外出中の営業マンに「あの資料すぐにメールして!」といわれたのですが、どこにあるのか探し当てるのに毎回苦労したのを覚えています。

このままではまずいと思ったぼくは、そんなジャングルのようなフォルダ内を整理することを会議で提案。時間をもらって一気に整理整頓しました。

結果誰でも目的の資料にアクセスできるようになり、資料を探すという無駄な時間の大幅な削減に成功しました。

このできごとで自信を持ったぼくは、普段の仕事で気付いた業務改善案を実行に移すことで、いくつか結果を残すことに成功しました。

そのときの実績があったからこそ、ぼくは33歳にして契約社員から正社員に転職できたといえます。

契約社員から正社員として転職を成功させるにはとにかく「自分には正社員としての価値がある」と面接官に感じてもらうことが重要です。

「契約社員という業務範囲が限られた雇用形態の中で、ただいわれたことをこなしているだけでなく、自ら課題を見つけて率先してそれに取り組める人である」とアピールしましょう。

そのためには数字で示せる実績作りが必要になります。

完璧な仕事なんてありません。

諦めなければ必ず何らかの改善点は見えてくるはずです。

個人的には

「もっと整理整頓できないか?」
「オフィス系ソフトを使って自動化・簡略化できないか?」
といった視点で周囲を見渡すと意外と数字で語れる改善点が見つかる気がします。

上記を意識して最低3年間は我慢して仕事を続ける

とはいえ、業務の改善点をみつけるには、自分が関わっている業務に対する深い理解が必要です。

きちんと業務を理解するにはやはりある程度時間が必要です。

半年やそこらで改善点がみえてくるようにはならないでしょう。

やはり2,3年は必要かなと思います。まあ、カンのいい人ならもっと短期間で成果を出せるかもしれませんが。

あと、やはり転職市場では3年未満での転職は歓迎されないからといった理由でも最低3年は我慢して仕事を続けましょう。

どうしても精神的にきつかったり、向いていない仕事だったりした場合は、心が折れる前に辞めてもいいですが、そうでない場合は短期間で転職を繰り返すのはあまりおすすめできません。

ましてや30代・職歴のない契約社員という立場での軽はずみな転職は、本当に取り返しのつかないことになりかねません。

転職活動は、きちんと準備をしてからにしましょう。

Sponsored Link

契約社員から正社員に転職したいなら転職エージェントを活用しよう

さて、3年かけて様々な業務改善を提案し、結果も残せました。

そうしたら実際に転職活動をはじめましょう。

転職活動には、やはり転職エージェントを活用するのがおすすめです。

とくに30代の契約社員から正社員への転職を考えているのであれば、自分1人で活動するのは絶対に避けましょう。

なぜならあなたには自分の市場価値を正確にはかり、自分の価値を活かせる企業を探す能力が決定的に不足しているからです。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]なにお~[/char]

と憤慨するかもしれませんが、30代で大した職歴もないのに契約社員というイバラの道を選んだのは誰でしょうか?

次こそ失敗しないためにも転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば

  • あなたの年齢・実績を考慮した上で希望を叶えてくれる求人を紹介してもらえる
  • 面接日程の調整や年収交渉を代わりにおこなってもらえる
  • 職務経歴書の添削や面接の練習をしてもらえる

といったメリットがあります。

その他転職エージェントを利用することのメリットを知りたい方は下記をご覧ください。

関連

おすすめ転職エージェント

30代の契約社員が正社員に転職する際におすすめの転職エージェント2社を紹介します。

その2社とは

です。

実際にぼくが下記の条件で利用してたくさん企業を紹介してもらえた転職エージェントなので、似たような状況にいる方にとっては利用価値は高いでしょう。

  • 33歳
  • 4回目の転職
  • 正社員で営業職を希望

ちなみに人材業界の2代巨頭であるリクルートエージェント・マイナビエージェントは上記状態だと登録を受け付けてくれませんでした。

関連

doda|転職者満足度No.1!業界最大手の転職エージェント

doda
業界最大手のリクルートエージェントと肩を並べる転職エージェントがdodaです。

取り扱う求人数も10万件を超えている点が何よりも魅力的です。

実際ぼくは33歳で4回目の転職だったので、面談にいっても正直渋い顔をされるだろうな、とあまり期待していなかったのですが、非常に多くの求人を紹介してもらえました。

求人の内容も大手企業を中心に正社員の求人がほとんどだったので、30代契約社員で正社員への転職を目指すのであれば、dodaはぜひとも登録しておきたいサービスになります。

最終的にはdodaとは別の転職エージェントで内定をもらった企業へ転職を決めたのですが、紹介してもらえる求人の質と量や担当コーディネーターの対応は非常に満足いくものでした。

唯一欠点があるとすれば、マイページが他の転職エージェントと比べて若干使いづらかったところでしょうか。

担当エージェントが紹介してくれる求人と、登録された経歴をみて自動的に配信されてくる求人が同じページに表示されるため、どの求人が転職エージェントから紹介された求人なのかがパッとみただけでは分かりづらかったです。

まあ、色んな求人に目を通せるため、視野を広げられたという意味では良かったのかもしれませんが、個人的には紹介案件とは別カテゴリに分けて表示するなどしてほしかったです。

逆にいえば欠点はそれくらいで、他の点では非常に満足度が高かったので、正社員への転職を目指すのであればぜひとも登録しましょう。

>>たった3分!dodaへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

パソナキャリア|丁寧で親切なサポートで安心して転職活動に打ち込めます

パソナキャリア
最初に書いておくと、ぼくが契約社員から正社員で入社を決めた会社はパソナキャリア経由の会社でした。

最終的な決め手は求人内容であったのは間違いないですが、他の転職エージェントと比較したとき、一番親身になって相談にのってくれたのがパソナキャリアだったというのも大きな理由でした。

この担当者が紹介してくれた求人なら間違いはないだろう、と。

実際に今、パソナキャリア経由で内定をもらった会社で働いているのですが、給料も上がりましたし、残業も減ったため、非常に満足しています。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]なにより念願だった契約社員から正社員へのステップアップも果たせましたしね![/char]

パソナキャリアの何がそんなによかったのかというと、やはり「サポートの丁寧さ」です。

もちろんdodaの担当者もとても丁寧な方でしたし、サービスそのものにはとても満足しているのですが、少しビジネスライクというかドライな対応をされることがありました。

これはもう好みの問題なのでどっちがいい悪いはないのですが、30代で契約社員から正社員を目指して転職活動をするような立場の人にとっては、パソナキャリアの丁寧で親切なサポート体制の方が支えになるのかもしれません。

ぼくもそうだったのですが、いざ30代で契約社員から正社員を目指して転職活動をはじめようとすると、本当に自分なんかが正社員として転職できるのだろうか?と不安で頭がいっぱいになります。

そんなとき、そんなあなたの悩みや不安に丁寧に寄り添ってくれるパソナキャリアから得られる安心感はものすごく心の支えになりました。

取り扱っている求人数は先ほどあげたdodaや業界最大手のリクルートエージェントに一歩及びませんが、求職者に対するサポート体制の厚さは随一といってもいいでしょう。

思い返せば、一番電話で話をしたエージェントはパソナキャリアの担当者でした(笑)。

商売っ気の強いリクルートエージェントやdodaに比べると、より求職者に寄り添ったサポート体制を敷いているため、30代で契約社員から正社員に転職を目指す人はぜひとも登録することをおすすめします!

>>パソナキャリアの公式サイトはこちら!
※無料で利用できます。

パソナキャリアの特徴、口コミ・評判をさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

関連

まとめ:30代職歴なしの契約社員からでも正社員に転職できる。諦めずに行動しましょう

契約社員から正社員へ
30代で大した職歴がなくて、契約社員に甘んじている方は、自分の人生を決して諦めないで下さい。

30代ならまだ十分正社員として転職することは可能です。

だって30歳までで3回も転職を繰り返し、しかもその仕事人生のほとんどを内勤の営業事務や一般事務として過ごしてきたぼくでさえもできたのですから!

諦めずにこの記事で紹介した

  1. どういった職種に転職ができそうかを考える
  2. その職種に関連する業務に力を入れて、数字で残せる成果を出す
  3. 上記を意識して最低3年間は我慢して仕事を続ける

のステップを踏んで、正社員としての輝かしい未来を手に入れましょう!

>>たった3分!dodaへの登録はこちらから!!

>>パソナキャリアの公式サイトはこちら!
※無料で利用できます。

-キャリア, 体験談

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.