禁酒

筋トレで結果を出したいなら、お酒は今日からやめるべき

更新日:

Sponsored Link

お酒はやめよう

筋トレで結果を出すには、お酒はやめた方がいいって聞いたけど、ぶっちゃけ無理ゲー

そんな風にお悩みの方に向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

ダイエットのために筋トレに取り組んでおります。

そして、お酒も大好きです。

あんちえいじゃー
華金の仕事終わりに飲むストロングゼロは、まさにエリクサー(elixir)のごとしですね!

ここでぼくと同じようにお酒が大好きなトレーニーたちへ残酷なお知らせです。

実は、お酒と筋トレって相性がとても悪いんですよ。

この記事では

  • なぜ筋トレを頑張るのであればお酒はやめたほうがいいのか?その理由
  • それでもお酒をやめることのできない、飲兵衛たちが取るべき具体的な方策

の2つを取り上げていきます。

筋トレもお酒も楽しい人生を送るために必須のツールです。

上手に付き合っていきましょう。

筋トレで成果を出したいならお酒はやめるべき理由

お酒をやめるべき理由

もしあなたが筋トレの成果を極限まで上げたいのであれば、お酒は今すぐやめるべきです。

また、そこまでストイックになりたくないとしても、筋トレを愛するトレーニーなら、お酒が筋トレに及ぼす影響については知っておくべきでしょう。

お酒は筋トレの効果を減少させる飲み物です。

なぜか?

その理由は主に3つあります。

  • お酒を飲むと筋肉を分解する成分が分泌されるから
  • アルコールにはテストステロンの分泌を抑制する効果があるから
  • お酒を飲むと肝臓がアルコール分解を優先させてしまうから

さっそく1つずつ見ていきましょう。

お酒を飲むと筋肉を分解する成分が分泌されるから

お酒を飲むと、筋肉を分解するホルモンが分泌されます。

そのホルモンの名は「コルチゾール」

しかも間接的にではありますが、コンチゾールは脂肪の合成を促進する効果もあります。

せっかく鍛えた筋肉が分解されるなんて、トレーニーにとっては悪夢以外のなにものでもありませんね。

アルコールにはテストステロンの分泌を抑制する効果があるから

筋トレ後の筋肉を修復するのに必要なホルモンがテストステロンです。

このテストステロンは、筋肉を増やすために欠かせないだけでなく、自信を生み出し、モテにもつながる最強のホルモンです。

しかしアルコールを摂取すると、テストステロンの分泌が抑制されてしまいます。

つまり筋トレ後の筋肥大の効果が薄れてしまうということです。

また、テストステロンは旺盛な性欲にも関連するホルモンなので、その分泌が減るということは、男性の皆さんのお楽しみであるアッチの活動力も減退してしまいます。

あんちえいじゃー
アルコール、恐ろしや

お酒を飲むと肝臓がアルコール分解を優先させてしまうから

筋トレをすると筋繊維が引きちぎれます。

その筋繊維を修復するために大きな役割を果たすのが内蔵です。

特に肝臓の働きは重要です。

しかし、お酒を飲むと肝臓は人体にとって毒であるアルコールの分解を優先させてしまいます。

そのため、筋トレで引きちぎられた筋繊維の修復を後回しにしてしまうのです。

これでは筋トレの意味がなくなってしまいますね。

筋トレのためにお酒をやめるのが無理なトレーニーが取り組むべきこと

お、お酒が飲みたい!

とはいっても、お酒大好きなトレーニーに対して、いきなりアルコールをやめろというのも酷な話です。

とはいえ今までと同じように飲酒をしていては、せっかくのトレーニング効果が減ってしまいます。

では、お酒が大好きでやめられないトレーニーはどうすればいいのでしょうか?

少なくとも下記のことに気をつけるようにしましょう。

お酒好きなトレーニーが気をつけるべきこと

ポイントは3つあります。

  • 筋トレをした日は禁酒する
  • ビールではなく蒸留酒を飲む
  • 脂っこいおつまみを控える

1つずつみていきましょう。

筋トレをした日は禁酒する

前述の通り、筋トレをしたあとにお酒を飲むと、せっかくの筋トレの効果が減少してしまいます。

ならば筋トレをした日には、禁酒をすればいいのです。

筋トレ後にはお酒の代わりにプロテインをグビグビ飲んで、筋肉の超回復に全力で取り組みましょう!

ちなみに筋トレ後に飲むべきプロテインはWPIプロテイン一択ですよ。

至高
プロテイン
筋トレにおすすめのプロテインは何?→WPIのホエイプロテイン一択ですよ

続きを見る

ビールではなく蒸留酒を飲む

1日の糖質の摂取量を厳しくコントロールすることは、ダイエット目的で筋トレに取り組むトレーニーたちの間では常識です。

しかし、アルコールにはそんなぼくらトレーニーの天敵である糖質を多く含むものがあります。

醸造酒と呼ばれる種類のお酒です。

筋トレを頑張っている人は、醸造酒はなるべく飲まないようにしましょう。

具体的にはビール、日本酒、ワインなどがそれにあたります。

筋トレダイエットを成功させたいなら「まずはビールから」の一言は封印しましょう。

そして普段飲むお酒は、蒸留酒に切り替えるべきです。

具体的にはウォッカ、ジン、ウイスキー、焼酎などです。

トリスハイボールやストロングゼロなら糖質0だし、安く酔えるのでおすすめです。

「まずはハイボール!」

トレーニーの基本です。

あんちえいじゃー
とはいえ、飲みすぎには注意しましょう!

脂っこいおつまみを控える

しかし、我々は筋トレに勤しむトレーニーであると同時に、忙しいビジネスパーソンです。

取引先との付き合いなどで、どうしてもお酒を飲まなければならない場面も多いでしょう。

そんなときは、おつまみに気を配ることで筋肉の分解を最小限に抑えられます。

まずは基本ですが、揚げ物や炭水化物が多いメニューは積極的に頼んではいけません。

場にあっても極力箸をつけないよう努力しましょう。

とはいえ空きっ腹にアルコールは体によくありません。

トレーニーである我々は、枝豆や焼き鳥(塩)、冷奴などのタンパク質メインのものを積極的に摂取しましょう。

おつまみに高タンパク質なものを摂取することで、コルチゾールによる筋繊維の分解もある程度防ぐことができますよ。

また、タンパク質には、アルコールの吸収を和らげる効果もあるので、肝臓の負荷も減らせます。

とはいえ、飲みすぎては元も子もないので、いくら楽しい飲みの席でも、適量は守るように気をつけましょうね。

あんちえいじゃー
なんて、わかっちゃいるんだけどついつい楽しくて飲み過ぎちゃうんだよなあ(ブヒブヒ)

結論:筋トレを頑張るならお酒との付き合い方を見直しましょう

お酒の付き合い方を変えて筋トレに励みましょう

いかがでしたでしょうか?

理想をいえば、筋トレの効果を最大限引き出すためにはお酒はやめるべきです。

とはいえ、今までお酒大好きだった人にとって、それは酷な話です。

しかし、今までどおりのお酒の飲み方をしていては、いつまでたってもそのポッコリお腹は引っ込まないでしょう。

お酒をやめる必要はありません。

ただし無理のない範囲で付き合い方を変えましょう。

そうすれば、筋トレの成果を存分に実感できますし、何より飲酒量が減れば健康やお財布にもいいことずくしです。

人生を変えるために、お酒との付き合い方を見直してみませんか?

-禁酒

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.