仕事の悩み 体験談

嫌いな気分屋上司に我慢するなんて無駄!さっさと転職して環境を変えましょう

更新日:

  • 昨日まであの書類の形式で何も言われなかったのに、さっき「わかりにくい!」っていきなり怒鳴られた
  • 日によって機嫌が違いすぎて正直話しかけづらい
  • 平社員にはきつく当たるくせに上司にはペコペコしてばっかり

あなたの会社にも、そんな気分屋さんの上司はいませんか?

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

親が選べないように、会社の上司は基本的には選べません。

もし自分の直属の上司が気分屋で毎日ストレスを感じて、大変な思いをされている方がいらっしゃるなら、この記事が役に立てば嬉しいです。

Sponsored Link

嫌いな気分屋上司の元で我慢して働き続けるなんて本当に時間の無駄

気分屋上司は本当にやっかいですよね。

気分屋上司の下で働いていると、下記のようなデメリットがあります。

  • 萎縮してしまい、あなたが本来持っているパフォーマンスが発揮できなくなる
  • その状態が続くと、ストレスで本来成長すべき時期に成長できなくなってしまう
  • 仕事で成果が出せなくなることで、自信を失い、精神的にやんでしまう

つまり気分屋上司の下で働く意味は全くないということです。

具体的な解決策として、上司の更に上の上司に相談するなどの対抗策は確かにありますが、実際の企業においてはどれも現実的ではありません。

なぜならその上司の上司が必ずしも有能であり、あなたの味方をしてくてるとは限らないからです。

場合によっては「あいつ、おれの可愛い部下の文句をいってくるなんてとんでもない甘ちゃんだな」と、あなたの評価が更に下がってしまう恐れもあります。

だからといって、その気分屋上司が異動したり定年退職したりするまで我慢するのは現実的な解決策とはいえません。

なによりそんな我慢の時間に、あなたの貴重な時間を費やす必要はありません。

気分屋上司の元で働くのが嫌で仕方ない人は、さっさとそんな職場に見切りをつけて転職するのが一番です。

なぜならビジネスマンとして有意義な時間を過ごせるかどうかは、どんな業界にいるかよりも、どんな上司の元で働くかによって決まるからです。

優秀で尊敬できる上司がいる職場で、ガンガンとビジネススキルを磨きましょう。

そうしてどこでも通用する人材になってから、自分が本当にやりたい業界に転職するでも全然遅くありませんよ。

むしろ尊敬できる上司の下で実力をつけてから、自分の本当にやりたい仕事ができる会社に転職したほうが、今後の仕事人生は確実に豊かなものになります。

なので、今の気分屋で無能な上司の元などさっさと離れてしまいましょう。

嫌いな気分屋上司の元から転職をするなら、転職エージェントを活用しよう

さて、具体的に転職をするにしても、今まで転職活動なんてしたことのない人がいざ転職をしようとしても、何をどうすればいいのかわからないと思います。

かつて4回もの転職活動を経験したぼくの経験上、転職活動は絶対に自分一人で行わないほうがいいです。

ぼくは自分一人で転職活動をおこなったおかげで、気分屋上司のいるブラック企業から、残業が多いくせに残業代が全くでないブラック企業に転職をしてしまい、貴重な20代を棒に振ってしまいました。

関連

もしあなたが気分屋上司に嫌気がさして、転職をしようと考えているのであれば、転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントとは?

転職エージェント1

転職エージェントとは、自社が求めている条件に合致する求職者を探している企業と、自分のスキルを活かしつつ、前職もしくは現職よりも条件のいい企業を探している求職者の出会いを斡旋する企業のことです。

転職サイトやハローワークとの最大の違いはキャリアコーディネーターがあなたと企業との間に入って、あなたの転職活動をサポートしてくれることです。

キャリアコーディネーターのサポートを受けることで、1人で転職活動をするよりもより自分の希望にあった職場に転職できる可能性が高まります。

転職エージェントを利用することのメリットを更に詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

関連

オススメはリクルートエージェント

リクルートエージェント

世の中にはたくさんの転職エージェントが存在しています。

そんな中でぼくがおすすめする転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは転職成功実績が国内No.1であり、持っている求人数もトップクラス。担当コーディーネーターの質も高いため、ハズレの担当者に当たる可能性が低いのも魅力的な転職エージェントです。

いくらあなたが気分屋上司の元を離れて転職したい理由が正当なものだとしても、転職先の面接官を納得させるためには、その理由をそのまま伝えてはいけません。

なぜなら人間関係が嫌で転職活動をしている人間は、また同じような理由で自社を退職するのではないかと疑われるからです。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]本当に日本人は我慢や忍耐、上下関係を美徳とする恐ろしい生命体ですね[/char]

なので、気分屋上司が嫌で転職活動を成功させるためには、面接官を納得させる職務経歴書の書き方や面接でのアピールの仕方などを相当に考え抜かなければなりません。

リクルートエージェントを活用すれば、気分屋上司が嫌で転職するための、具体的なアドバイスをたくさんもらえるでしょう。

Sponsored Link

嫌いな気分屋上司に我慢する必要なんてない!さっさと転職してイキイキ働こう

堂々

気分屋上司の元に就いてしまうと、本来気にかけなければならないビジネス以外にも多大な労力を上司に対してかけなければならなくなります。

こんなナンセンスなことはないでしょう。

もしあなたが気分屋上司のせいで多大なストレスや恐怖心を感じ、自身のパフォーマンスが十分に発揮できていないと思っているのであれば、そんな職場はさっさと見切りをつけて転職しちゃいましょう。

あなたはそんなところでくすぶっていていい人材ではありません。

気分屋上司なんて気にしなくていい企業が、きっとあなたのことを待っているでしょう。

良い上司との出会いがあることを祈っています!

>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

-仕事の悩み, 体験談

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.