工場への転職

工場の人間関係は辛い?それとも楽?を工場勤務経験者が徹底解説!

更新日:

工場の人間関係とは?

工場って元ヤンの集まりみたいなイメージがあるけど、実際人間関係はどうなのかな?

工場勤務に興味は津々だけど、そのへんが不安なあなたに向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

会社の煩わしい人間関係から解放されるために工場勤務を考えている人は多いと思います。

でも、実際のところ工場の人間関係ってどうなんでしょうか?

この記事では、実際に工場に勤めていたことのあるぼくが、工場の人間関係について実体験も交えて解説します。

おすすめ転職エージェント

ランキング1位 リクルートエージェント

ランキング2位 パソナキャリア

ランキング3位 DODA

Sponsored Link

工場の人間関係は楽?面倒?

工場の人間関係は楽なのか?
工場の人間関係は楽なのかどうか?

結論をいうと、工場の形態によってだいぶ違ってきます。

具体的には

  • 中小零細企業の町工場の人間関係はウェット
  • 大企業の大きな工場の人間関係は比較的ドライ

です。

少数精鋭の町工場の人間関係はウェット

ウェットな人間関係
住宅地にあるような昔ながらの町工場をイメージしてください。

基本的に中小零細企業である町工場は地域に根ざしています。

働いている人たちも昔から地元で暮らしている人がほとんどです。

そのため、工場内の人間関係もとても濃厚でウェットです。

なので、中小零細企業である町工場への勤務を希望しているのであれば、その会社で働いている人たちと仲良くなっていけるかがとても重要なファクターになります。

大企業の大きな工場の人間関係はドライ

大きな工場はドライ
一方、大企業の大きな工場の人間関係は比較的ドライといえます。

なぜなら、大企業の工場で働く人の多くは期間工だからです。

期間工とは、自動車工場や家電工場、電子部品製造工場などで勤務する、期間の定めのある労働契約(有期労働契約にしている企業が多いが無期労働契約にすることも可能になった)を結んで従事する労働者である。(Wikipediaより引用)

期間工はその名の通り期間が決まっている働き方なので、お互いそれほど深く干渉し合いません。

もちろん、個人的に仲良くなったりはあるでしょうが、中小企業の町工場に勤めるよりも人間関係はずっとドライです。

期間工求人充実!!【工場ワークス】をチェック!

とはいえ同じ空間で自分と異なる価値観を持つ人間たちと働くわけなので、全く人間関係を考えなければいいわけではありません。

結論をいえば、町工場で働こうが、期間工で働こうが人間関係は常について回ります。

工場の人間関係が悪くなる原因

職場の人間関係はめんどくさい
工場での人間関係が悪くなる原因は主に4つあります。

実際に工場で働きはじめる際に参考になると思ったので紹介します。

  • 外部の人と関わらない閉鎖的な環境
  • ヤンキーあがりが多い
  • 現場と事務が対立しがち
  • たちの悪いお局さんがいる

1つずつみていきましょう。

外部の人と関わらない閉鎖的な環境

工場は閉鎖的な空間
工場の仕事は、外部の人と関わらない閉鎖的な環境で働くことになります。

毎日同じ人としか顔を合わせないので、どうしても人間関係も閉鎖的で狭くなってしまいます。

そのため、一度人間関係がこじれてしまうと、とても大変です。

ヤンキーあがりが多い

ヤンキー上がり
工場の仕事は一度覚えてしまえば誰でも簡単にできる仕事が多いです。

また、現場仕事は製品を作る上で必ず必要になる仕事なのですが、そのイメージの悪さや厳しい労働環境のため、大学まで進学したエリートたちには敬遠されます。

常に人材は不足しているのに、応募してくる人が少ない。

そういった職業には、学校をドロップ・アウトしたヤンキーたちが群がります。

ドロップ・アウトしなくても、学業が絶望的で、やんちゃをしていた人が多く働いています。

単に人間関係が苦手だからという理由で工場勤務をしてしまうと、今まで避けて通ってきたヤンキーたちと仕事をしなければなりません。

あんちえいじゃー
まさに地獄!

現場と事務が対立しがち

事務と現場の対立
工場あるあるですが、現場の人たちと事務所の人たちは対立しがちです。

現場の人は、現場の状況に理解を示さず、客先からの無茶な要求をそのまま現場に押し付けてくる事務所の人たちが大嫌いです。

事務所の人は、「どうせお前ら下請けだろ?」と高圧的な態度をとってくる客先とストレスフルなやり取りをしている自分たちのことを労わない現場の人たちが大嫌いです。

たとえ同じ部署の人同士の人間関係がよかったとしても、現場と事務所の関係性がよくない工場は働きにくいといわざるをえません。

たちの悪いお局さんがいる

お局によるいじめ
まるで会社を自分の所有物のように振る舞うたちの悪いお局さんは、特に中小零細企業の町工場に多く生息します。

一旦彼女たちに敵認定されてしまうと、もはや工場にあなたの居場所はなくなります。

シカト、陰口、高圧的な態度など、まるで学校時代に逆戻りしたかのような陰湿ないじめがあなたを待っているでしょう。

そうでなくても、お局さんは気を使われる存在であり、工場の人間関係を悪くする大きな災害の1つです。

Sponsored Link

工場の人間関係をよくするためにできること

工場勤務の人間関係を改善!
ここまでみてきて、やっぱり工場で働くのはやめようかななんて軟弱なことを考えていませんか?

確かに工場勤務には面倒くさい人間関係がついてまわります。

その面倒臭さはオフィス勤務の人間関係と同等か、下手をすると凌駕します。

でも、工場勤務は営業などのオフィス勤務についてまわるノルマがないので、慣れてしまえば仕事自体のプレッシャーはそれほどありません。

なので、人間関係の悩みを克服さえすれば、工場の仕事はとてもストレスフリーで働きやすいものといえるのです。

ということで、ここでは工場の人間関係をよくするためにできることをみていこうと思います。

あんちえいじゃー
最高の職場環境は、自ら働きかけて手に入れましょう!

結論をいうと、学校で先生に褒められたことを積極的にやると工場の人間関係は確実によくなりますよ。

具体的にやるべきことは下記のものどもです。

  • 元気な挨拶と積極的なコミュニケーション
  • 少し早めに出社:掃除などを自発的にするとグッド

元気な挨拶と積極的なコミュニケーション

元気な挨拶を!
工場で働く人たちの多くは高卒で、マイルドヤンキー的な気質を持っています。

つまり義理堅く、元気で素直であることが新入社員には求められます。

あんちえいじゃー
何がつまりなのかよくわからないよ、、、

手っ取り早く先輩たちに気に入ってもらうためにも、元気な挨拶と素直で積極的なコミュニケーションを心がけましょう。

少し早めに出社:掃除などを自発的にするとグッド

メリット
学校の部活を思い出してもらいたいのですが、1年生は常に上級生よりも早く練習場に集合して、準備をしていたと思います。

工場の仕事は、学校の部活の延長です。

つまり始業時間よりも早く出社することは義務なのです。

ただ早く出社するだけではいけません。

床や机の掃除を、いわれなくともおこなってはじめて及第点です。

少し面倒かもしれませんが、ほんのちょっと早く出社して掃除をするだけで人間関係がよくなるのであればこれほど楽なことはありません。

考えてみてください。

普通のオフィス勤務で評価されるには仕事で成果をあげる必要があります。

成果とはつまりノルマの達成です。

それに比べれば、少し気を利かせるだけで評価が上がるのですから、やっておいて損はありませんね。

まとめ:工場の人間関係は少し特殊。だけど慣れればそれほどストレスではない

工場は人間関係を克服すればストレスフリー!
いかがでしたでしょうか。

みてきたように、工場は普通のオフィスと比べて少しだけ人間関係が特殊です。

しかし、きちんと評価されるために行動すれば、普通のオフィスよりも格段に人間関係で悩まなくてすむようになります。

工場の仕事はプレッシャーも少ないですし、仕事内容も単調なので、慣れてしまえばとても働きやすいです。

もちろん中には、どうしようもないほど人間関係が悪い職場もあるでしょう。

しかしそれは、普通のオフィス勤務だとしても変わりありません。

ぼくもかつて悪口や陰口が横行する職場に勤務していたことがありました。

経験上、そういった職場を変えることは不可能です。

もし運悪く人間関係が悪い工場にあたってしまった場合は早めに転職すればいいだけです。

少しでも工場での仕事に興味があるなら恐れず飛び込んでみましょう。

あんちえいじゃー
いい工場に出会えることを祈っています!

人間関係のいい工場に勤めるために

おすすめ転職エージェントランキング
少しでも人間関係のいい工場に勤めたいのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、転職支援の専門家であるキャリアコーディネーターがあなたの転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。

転職エージェント1

サービスを利用するのにお金はかからないうえに、自分一人で求人を探すよりも多くのメリットがあります。

例えば

  • 職務経歴書の書き方を1から丁寧に教えてくれる
  • 面接の練習を行ってくれる
  • 言い出しづらかった年収面などの交渉を代わりにおこなってくれる
  • 転職サイトやハローワークに掲載されていない非公開求人に応募できる
  • 自分一人では気付けなかったキャリアプランを示してもらえる

などは転職エージェントを利用することで得られる大きなメリットといえます。

ここでは数ある転職エージェントの中で、過去にぼくが利用してみてよかったものを3つご紹介します。

あくまで個人の感想ではありますが、これから転職を考えている皆さんの参考になれば幸いです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、リクルートエージェントを真っ先に連想する人もいるくらいの有名どころです。

転職を考えているなら、まずはじめに登録しておくべき転職エージェントでしょう。

特に圧巻なのは抱えている求人数の多さ。

下記の表を見てもらえばわかる通り、他の転職エージェントと比較しても桁が1つ違いますね(マイナビエージェントのみ非公開)。

マイナビエージェントtype転職エージェントリクルートエージェントパソナキャリアワークポート
非公開首都圏のIT系のみで6,000件以上10万件以上4万件以上1.5万件以上

また、主要な地方都市にも事務所が存在しているため、地方の人も安心してサービスを利用することができます。

拠点一覧|転職のリクルートエージェント

多くの転職エージェントが首都圏の案件のみを対象としているのと比べると、やっぱリクルートってすごいなあと思いました。

2位:パソナキャリア

パソナキャリア

担当のコーディネーターのサポートが丁寧なため、はじめて転職活動をする人でも安心して利用できるのがパソナキャリアの特徴です。

他の転職エージェとと比較するとあまりゴリ押しの営業をかけてくる印象がないため、そういった点が評価されているのでしょう。

また、創業40年以上のパソナグループは、創業時から女性の就労支援をおこなっています。

そのため、パソナキャリアは女性の転職サポートに強みを持っています。

はじめて転職活動をする方や、自分にあった働き方を探している女性の方はぜひともパソナキャリアへ登録をおすすめします。

3位:doda(デューダ)

doda
業界最大手のリクルートエージェントと肩を並べる転職エージェントがdodaです。

取り扱う求人数が10万件を超えている点が何よりも魅力的です。

実際ぼくは33歳で4回目の転職だったので、面談にいっても正直渋い顔をされるだろうな、とあまり期待していなかったのですが、非常に多くの求人を紹介してもらえました。

求人の内容も大手企業を中心に正社員の求人がほとんどだったので、30代契約社員で正社員への転職を目指すのであれば、dodaはぜひとも登録しておきたいサービスになります。

最終的にはdodaとは別の転職エージェントで内定をもらった企業へ転職を決めたのですが、紹介してもらえる求人の質と量や担当コーディネーターの対応は非常に満足いくものでした。

唯一欠点があるとすれば、マイページが他の転職エージェントと比べて若干使いづらかったところでしょうか。

担当エージェントが紹介してくれる求人と、登録された経歴をみて自動的に配信されてくる求人が同じページに表示されるため、どの求人が転職エージェントから紹介された求人なのかがパッとみただけでは分かりづらかったです。

まあ、色んな求人に目を通せるため、視野を広げられたという意味では良かったのかもしれませんが、個人的には紹介案件とは別カテゴリに分けて表示するなどしてほしかったです。

逆にいえば欠点はそれくらいで、他の点では非常に満足度が高かったので、正社員への転職を目指すのであればぜひとも登録しましょう。

-工場への転職

Copyright© モテナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.