工場への転職

工場勤務は辛い?それはあなたの適性次第だよって話

更新日:

工場勤務は辛いのか?

工場勤務ってキツイイメージがあるけど、本当なの?

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

そんな疑問に、かつて工場で働いていたことのあるぼくが答えていきます。

結論をいうと、他の仕事ができる人はわざわざ工場を選ぶ必要はありませんよ。

おすすめ転職エージェント

ランキング1位 リクルートエージェント

ランキング2位 パソナキャリア

ランキング3位 DODA

Sponsored Link

工場勤務の辛い点

苦悩
実際工場で働いてみてぼくが感じた辛い点は下記のものどもです。

  • 単純作業で飽きる
  • 怪我をすると致命的になりがち
  • 給料が安い
  • 酒、タバコ、ギャンブル好きが多い
  • 転職スキルが身につかない
  • 体力・筋力がないとキツい

さっそく1つずつみていきましょう。

単純作業で飽きる

単純作業の繰り返し
工場の仕事は基本的に同じ作業の繰り返しです。

特に大きな工場だと作業が細分化されているため、その傾向が顕著です。

ぼくは単純作業の繰り返しはどちらかというと好きな部類なのですが、それでも毎日のこととなるとかなり精神的にクルものがありました。

単純作業が苦手な人にとって、工場勤務は本当に辛いものになるでしょう。

怪我をすると致命的になりがち

工場での仕事は機械や工業製品を藍底するものがほとんどです。

鉄でできた部品は重いですし、作業用の機械は取り扱いを誤ると大変危険です。

同じ作業の繰り返しで注意力が散漫になると、単純なケアレスミスを犯してしまいがちです。

とくに工場の仕事では、ケアレスミスのせいで四肢が欠損してしまうこともあります。

あんちえいじゃー
機械加工に関わる人の中には、指がなくなる人も少なからずいるんだって(震え声)

怪我をすると致命的になりがちだというのは、工場勤務の辛い点の1つといえるでしょう。

給料が安い

お金がない
工場の多くは中小零細企業です。

そのため、大企業に比べると給与水準は低いです。

さらに製造業は、資材や仕掛品などの在庫もたくさん抱えますし、機械の購入費やメンテナンス費用、工場の家賃や電気代なんかもばかにならないくらいかかります。

つまり、営業利益がとても少ない業態なのです。

あんちえいじゃー
あのTOYOTAでさえ、営業利益率は数パーセントなんだって

そのためかは知りませんが、製造業は全体的に他の業界よりも従業員の給料が低めに設定されています。

中小零細企業の町工場の給料が低いのはいわずもがな、大手企業とはいえ非エリート社員の現場作業員の給料なんてたかがしれてると思いましょう。

酒、タバコ、ギャンブル好きの従業員が多い

お、お酒が飲みたい!
特に中小零細企業である町工場には、地元の元ヤンキーが多く働いています。

だからかどうかはわかりませんが、工場勤務の人の中には、酒・タバコ・ギャンブルや風俗好きな人が多いです。

もしあなたが

あんちえいじゃー
趣味は読書に美術鑑賞です(ドヤア)

なんて文化系インテリキャラだったら、工場勤務の従業員たちの会話内容はカルチャーショックを受けるかもしれません。

パチンコやキャバクラの話に嫌悪感を抱く人にとって、工場勤務は辛い環境である可能性が高いといえます。

転職スキルが身につかない

繰り返しにはなりますが、工場の仕事は基本的に機械を相手にした単純作業の繰り返しです。

なので、営業スキルやPCスキルなどといったものは全く伸びません。

頭の中で他のことを考えながらも作業速度を落とさない並列思考スキル(厨二病スキル)は手に入れることはできますが、そんなものがあっても履歴書には書くことができません。

市場スキルをあげることができないのは、工場勤務の辛い点の1つといえるでしょう。

体力・筋力がないとキツい

ベンチプレス
工場の仕事は基本的に立ちっぱなしです。

その上、自動車部品などを扱う工場の場合、重いものを持ち運んだりする必要もあります。

大手の工場だと24時間稼働も当たり前なので、夜勤もあるかもしれません。

そのため、工場勤務をするには体力や筋力がないと辛いでしょう。

あんちえいじゃー
ヤンキーは無駄に筋力だけはあるから、工場の仕事にもすぐに順応するんだよね

辛くない?!工場勤務の意外なメリット

工場勤務のメリット
とはいえ、工場勤務には辛いところばかりではありません。

次は実際に工場で働いてみて感じたメリットを述べていきます。

具体的には下記のメリットがありました。

  • 慣れればプレッシャーが少ない
  • 有給休暇が取りやすい
  • 家に帰れば仕事のことを考えなくてすむ
  • 転勤がない
  • 社宅があればお金が貯まる
  • 電車通勤を比較的簡単に避けられる

早速1つずつみていきましょう!

慣れればプレッシャーが少ない

プレッシャーがない
工場の仕事は、基本的に内向き・積み上げ型の仕事です。

つまり、営業やマーケティングのようなクリエイティビティが必要ないということです。

与えられた工程を、時間以内にきっちりとこなすことができればそれでいいのです。

単純作業の繰り返しといえば聞こえが悪いですが、裏を返せば慣れてしまえば昨日と同じことを繰り返すだけでお金がもらえるのです。

ハイプレッシャーな無形物を売るソリューション型営業や、顧客の課題にコミットしなければならないコンサルティングと比べれば、格段にプレッシャーの無い中で仕事ができるのは、工場勤務のメリットといえるでしょう。

有給休暇が取りやすい

有給休暇が取りやすい
ぼくもびっくりしたのですが、工場の仕事はとても有給休暇が取りやすいです。

インターネット広告業などの何を売っているのかイマイチわからない業界と比較すると、ものづくりは生産計画が立てやすく、その分有給休暇が取りやすいのだと思います。

たくさん休んで大いに遊びましょう。

家に帰れば仕事のことを考えなくてすむ

家に帰れば完全プライベート
営業やマーケティング、広報などのホワイトカラー職は、知的で華やかな印象がありますが、頭脳動労のため、会社を出てもなかなか仕事から開放されません。

その気になれば家でも資料作成などの仕事ができてしまうのがホワイトカラー職の最大のデメリットといえるでしょう。

その分工場での仕事は、一旦職場から離れれば仕事から完全に開放されます。

家では仕事ができないから、当たり前ですね。

肉体労働で疲れ切った体にお酒を流し込みながらYou Tubeを閲覧する時間は至高以外のなにものでもありません。

転勤がない

転勤がない!
基本的に中小零細企業が多い工場では、転勤という概念がほとんどありません。

そのためでしょうか、地元のマイルドヤンキーたちの多く在籍しています。

とくに家庭を持っている人や、今いる土地を離れたくない人にとっては転勤がないことは大きなメリットといえるでしょう。

関連 家族との時間を大切にしたくて転勤族を辞めた友人の話

社宅があればお金が貯まる

お金大好き
大手の工場には、社宅があるところが少なくありません。

普通に自分で家を借りるよりも格安で住居を確保できるので、短期間でお金を貯めたい人にはうってつけの環境といえるでしょう。

さらに社食や共同風呂があれば、食事を作る必要もお風呂掃除をする必要もありません。

とにかくお金をためたいという人は、社宅付きの工場を検討してみてはいかがでしょうか?

工場求人ナビをチェック!

電車通勤を比較的簡単に避けられる

工場は中小企業であることが多く、その多くは住宅街の近くにあります。

そのため、近くから通うことが比較的容易です。

ぼくがかつて勤めていた工場も、近所から自転車やバイク通勤している人が多かったです。

煩わしい電車通勤をなくせることは、工場勤務の大きなメリットの1つといえるでしょう。

工場求人ナビをチェック!

Sponsored Link

「工場勤務は辛い」は一概にいえない

工場勤務は辛くない
いかがでしたでしょうか?

工場勤務には確かに辛い点がたくさんあります。

しかし、どんな職種・業種であっても辛い点はあるもので、工場勤務が特別辛いものではないということがわかっていただけたのではないでしょうか。

辛い点を差し引いても余りあるメリットがあるのが工場勤務です。

とはいえ、キャリアアップがしづらいのは見逃せないデメリットなので、工場勤務を希望する人はそのへんをきちんと考えてから行動しましょう。

ぼく個人の見解としては、、、

  • お金を貯めたい20代は社宅のある大手企業の工場
  • 地元を離れたくないマイルドヤンキー的思考の持ち主は近所の町工場

に勤めるのがおすすめです。

逆に

  • バリバリ出世したい野心溢れる若者
  • 30代以降で転職を考えているミドルエイジ

にはキャリアやお給料の上限に制限がある工場勤務はおすすめできません。

自分はどんな人生を歩みたいのか?をしっかりと考えて、工場勤務をすべきかどうか決めてくださいね。

おすすめ転職エージェント3選

おすすめ転職エージェントランキング
転職をするのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、転職支援の専門家であるキャリアコーディネーターがあなたの転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。

転職エージェント1

サービスを利用するのにお金はかからないうえに、自分一人で求人を探すよりも多くのメリットがあります。

例えば

  • 職務経歴書の書き方を1から丁寧に教えてくれる
  • 面接の練習を行ってくれる
  • 言い出しづらかった年収面などの交渉を代わりにおこなってくれる
  • 転職サイトやハローワークに掲載されていない非公開求人に応募できる
  • 自分一人では気付けなかったキャリアプランを示してもらえる

などは転職エージェントを利用することで得られる大きなメリットといえます。

ここでは数ある転職エージェントの中で、過去にぼくが利用してみてよかったものを3つご紹介します。

あくまで個人の感想ではありますが、これから転職を考えている皆さんの参考になれば幸いです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、リクルートエージェントを真っ先に連想する人もいるくらいの有名どころです。

転職を考えているなら、まずはじめに登録しておくべき転職エージェントでしょう。

特に圧巻なのは抱えている求人数の多さ。

下記の表を見てもらえばわかる通り、他の転職エージェントと比較しても桁が1つ違いますね(マイナビエージェントのみ非公開)。

マイナビエージェントtype転職エージェントリクルートエージェントパソナキャリアワークポート
非公開首都圏のIT系のみで6,000件以上10万件以上4万件以上1.5万件以上

また、主要な地方都市にも事務所が存在しているため、地方の人も安心してサービスを利用することができます。

拠点一覧|転職のリクルートエージェント

多くの転職エージェントが首都圏の案件のみを対象としているのと比べると、やっぱリクルートってすごいなあと思いました。

2位:パソナキャリア

パソナキャリア

担当のコーディネーターのサポートが丁寧なため、はじめて転職活動をする人でも安心して利用できるのがパソナキャリアの特徴です。

他の転職エージェとと比較するとあまりゴリ押しの営業をかけてくる印象がないため、そういった点が評価されているのでしょう。

また、創業40年以上のパソナグループは、創業時から女性の就労支援をおこなっています。

そのため、パソナキャリアは女性の転職サポートに強みを持っています。

はじめて転職活動をする方や、自分にあった働き方を探している女性の方はぜひともパソナキャリアへ登録をおすすめします。

3位:doda(デューダ)

doda
業界最大手のリクルートエージェントと肩を並べる転職エージェントがdodaです。

取り扱う求人数が10万件を超えている点が何よりも魅力的です。

実際ぼくは33歳で4回目の転職だったので、面談にいっても正直渋い顔をされるだろうな、とあまり期待していなかったのですが、非常に多くの求人を紹介してもらえました。

求人の内容も大手企業を中心に正社員の求人がほとんどだったので、30代契約社員で正社員への転職を目指すのであれば、dodaはぜひとも登録しておきたいサービスになります。

最終的にはdodaとは別の転職エージェントで内定をもらった企業へ転職を決めたのですが、紹介してもらえる求人の質と量や担当コーディネーターの対応は非常に満足いくものでした。

唯一欠点があるとすれば、マイページが他の転職エージェントと比べて若干使いづらかったところでしょうか。

担当エージェントが紹介してくれる求人と、登録された経歴をみて自動的に配信されてくる求人が同じページに表示されるため、どの求人が転職エージェントから紹介された求人なのかがパッとみただけでは分かりづらかったです。

まあ、色んな求人に目を通せるため、視野を広げられたという意味では良かったのかもしれませんが、個人的には紹介案件とは別カテゴリに分けて表示するなどしてほしかったです。

逆にいえば欠点はそれくらいで、他の点では非常に満足度が高かったので、正社員への転職を目指すのであればぜひとも登録しましょう。

-工場への転職

Copyright© モテナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.