仕事の悩み

予想以上につらい!管理職を辞めたいと思ったら転職してプレイヤーに戻るといいかもね

更新日:

  • 部下が全然進捗を報告してこなくて毎日ストレスフル
  • 現場を全くわかっていない役員とちっとも言うことを聞いてくれない部下
  • 一体いつまでこの報われない仕事を続ければいいのだろうか?

念願の管理職になれたけど、想像以上のストレスでお悩みのあなたに向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

念願の役職を貰って、部下をマネジメントして更に結果を出そうと意気込んだはいいけれど、想像以上につらくて悩んでいる人は多いと思います。

この記事では、想像以上に大変な管理職の仕事に毎日つらい思いをしている人に向けて、その解消法を書きました。

結論を述べると、管理職がどうしてもつらくて耐えられない人は、プレイヤーとして活躍できる会社にさっさと転職するべきですよ。

おすすめ転職エージェント

ランキング1位 リクルートエージェント

ランキング2位 パソナキャリア

ランキング3位 DODA

Sponsored Link

管理職のつらいところ

考える中年

管理職は普通の平社員と比べて、しんどい点・つらい点がたくさんあります。

具体的には下記の点が管理職特有のつらい点になります。

  • 役員と部下の調整役
  • 部署全体のマネジメント
  • セクハラ・パワハラ対策
  • 残業代が出ない

さっそく1つずつみていきましょう。

役員と部下の調整役

まず何よりつらいのが、役員と部下との間の調整役でした。

上司たちの板挟みにストレスを感じることは、社会人としては誰でも一度は体験しますが、上と下の間に入って両者を取り持つストレスは
その比ではありません。

現場のことをまったく理解せずに、自分たちの頭の中でできあがった論理を押し付けようとする役員たち。

「ゆとり」や「草食系」などのニュータイプ、さらには「好きなことで生きていく」と、うそぶく全く実力の伴っていない若造ども。

そんな2つの全く異なる人種間の調整役として勤めを果たさねばならない日々の業務は、管理職の精神を疲弊させます。

部署全体のマネジメント

役職なしの一プレイヤーとして勤めていたときは、常に自分の数字だけを考えていればよかったです。

去年までと同じことをしていては到底達成できそうもないノルマを前に、いつもワクワクしていた人も多いでしょう。

ちくしょう、みてろよ!今年のおれは去年までのおれとは違うんだ!
てんぐくん

そんなふうに、与えられたノルマの達成だけを目指せばよかったプレイヤー時代。

しかし、管理職となるとそうはいってられません。

自分の数字だけではなく、自分の管理する部下たちの数字にも気を配らなければなりません。

そこにはプレイヤー時代とは比較にならない、より高度な戦略が必要になります。

  • 部に与えられたノルマを誰にいくらずつ振り分けるか?
  • 部下たちがそれぞれ抱えるプロジェクトの進捗具合はどうか?
  • 部の目標に対して今どれだけ売上が不足しているか?
  • 不足しているとしたら、どうやって補うべきか?
  • ノルマを達成してない部下にどうやって発破をかければいいのか?

などといったことを考えなくてはいけません。

ぶっちゃけ無理ゲー
てんぐくん

セクハラ・パワハラ対策

バブル時代のころと比べて、SNS(ツイッター・インスタグラム)での情報発信が当たり前になった現代社会は、セクハラ・パワハラにとても敏感です。

ビジネスマンとして脂の乗り切ったあなたにも、きっと20代のかわいらしい女の子の部下がいることでしょう。

あんちえいじゃー
夏の薄着にうっすらすけるブラジャーのラインを夜のおかずにしたことのある人、正直に手を上げなさい(センセイオコッテナイヨ)

上司であるあなたは、どういった発言がセクハラ・パワハラと取られるかを考え、言動に最新の注意を払わなければなりません。

もし相手にセクハラと思われた場合、下手をしたらSNS上でその情報が拡散され、下手をすればクビになってしまう可能性があります。

管理職である以上、本業とは関係のないセクハラ・パワハラにも気をつけねばなりません。

残業代が出ない

お金貸して

管理職になれば基本給は、平社員時代よりも増えるでしょう。

しかし、管理職になれば業務量は必然的に増えるため残業時間も増えがちです。

ここでホワイトカラー・エグゼンプションです。

管理職には基本的に残業代がでないため、時給換算で考えると明らかに給料が減った人も多いと思います。

せっかく仕事を頑張って出世したというのに、増えたのはストレスとお腹周りの脂肪だけ。

残業代で稼ぐのはあまりいいこととは思いませんが、働いた分はしっかりとお給料として反映して欲しいところですね。

管理職になることのメリット

管理職はとても大変な仕事だということがわかっていただけたと思います。

では、管理職には全くメリットはないのでしょうか。

答えは

です。

ここでは管理職のメリットをみていきましょう。

具体的には下記のメリットがあります。

  • マネジメント能力がつく
  • 転職先の幅が広がる
  • 自信が生まれ異性にモテる

1つずつみていきましょう。

マネジメント能力がつく

当たり前といえば当たり前ですが、管理職を経験するとマネジメント能力が身につきます。

マネジメント能力を身につけると、人を動かして大きな仕事をおこなえるようになります。

自分が不得意なことを人に任せ、仕事全体をコントロールする面白さは一度経験すると病みつきになるでしょう。

結果として、自分だけでは決してなし得なかったような大きな成果を生み出せるようになります。

ビジネスマンとして、これほど面白いことはないですね。

転職先の幅が広がる

管理職経験があるかないかは、あなたの市場価値を大きく変えます。

たとえ小さな組織でも管理職としてのマネジメント経験があれば、転職先の選択肢が大きく増えます。

年収や関わる仕事の大きさなど、今の会社よりもずっと条件のいい会社からのオファーも貰えるかもしれません。

現在の会社の年収に不安がある人は、条件のいい転職先を紹介してもらうために、今の会社で管理職としての経験を積むのもありでしょう。

自身が生まれ異性にモテる

特に男性は、多くの若くてかわいい女の子からチヤホヤされたい生き物です。

チヤホヤされるだけでなく、その先にあるムフフな関係もできれば手に入れたい業の深い生命体です。

多くの男性は、管理職になると自分に自信を持ちます。

自信を持てば、普段の立ち居振る舞いも堂々としたものになるため、必然的に異性にモテるようになります。

「課長、今週末奥さんいないんですよね?遊びに行っちゃおーかなぁ、、、(ハート)」

もしあなたが東証一部上場企業の管理職なら、そんな夢のようなお誘いを受けるかもしれませんよ?

あんちえいじゃー
据え膳食わぬは男の恥(フシューッ!!)
Sponsored Link

管理職に向いてない人の特徴

次に管理職に向いてない人の特徴をみていきましょう。

その特徴は下記のものどもです。

  • 気遣いができない
  • 結婚していない
  • プレッシャーに弱い

さっそく1つずつみていきましょう。

気遣いができない

管理職になる優秀な人は、気遣いの達人です。

短期間で転職を繰り返し、様々な会社を渡り歩いてきたぼくですが、優秀で尊敬する上司は、誰もがとても気遣いができる人でした。

自分だけでなく周囲を見渡せることは、管理職として活躍するために必須のスキルといえるでしょう。

逆に周囲に気を使えないような人は、管理職の適性がないといえますね。

結婚していない

当たり前ですが、気遣いができない人は異性にモテません。

いい歳をして結婚していない人の多くは、気遣いができないなど人間性に問題がある人が多いです。

あんちえいじゃー
ぼくみたいにね!

人間性に問題がある人には、管理職は任せられません。

なので、結婚していない人は管理職に向いてないです。

プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱い人も、管理職には向いてません。

なぜなら管理職は、自分の仕事だけでなく自分の部下の仕事の面倒も見なければならないからです。

優秀な部下の突き上げ、ダメ社員の尻拭いなど、1プレイヤーだった頃とは比較にならない気苦労の連続です。

ちょっとしたことでくよくよするような軟弱なメンタルの持ち主には、管理職は到底務まらないでしょう。

ましてや社会的に影響力の大きな大企業の管理職などもってのほかです。

管理職に向かない・辞めたい!と感じたらやるべきこと

対処法

管理職の仕事がどうも自分には向いていない、辞めたい!と思ったらどのように行動すべきでしょうか。

降格願いを出す|能力不足と思われるリスクあり

まず考えられるのは、管理職からの降格願いを出すことです。

しかし降格願いは安易に出すべきではありません。

なぜなら管理職からの降格願いを出すということは、会社からかけられた期待を裏切ることになるからです。

会社側があなたを管理職に任命したのは、あなたならそれができると判断したからです。それを辞退することは、やる気がない社員、能力不足の社員と会社側から判断されます。

お給料やボーナスは減らされるでしょうし、やりがいのある仕事や面白い仕事はその後一切回ってこなくなるでしょう。

それでもいいという人だけ、降格願いを出すようにしてくださいね。

更に上に行く|どこまでいってもプレッシャーはあります

競争

管理職の辛いところは、上の役職の人と、平社員である部下との板挟みにあります。

だったら上からのプレッシャーがなくなるところまで登りつめればいいのです。

しかしこれはもっと現実的ではありません。

なぜなら上がいない役職とは社長、会長のことだからです。

社長・会長まで上り詰めることができるのは、ほんの一握りの人だけですね。

なによりあなたがやりたい仕事はマネジメントや組織運営ではなく、現場の仕事なのですから、上の役職を目指すのは本末転倒といえます。

独立をする|自信のある方だけどうぞ

プレイヤーとしての仕事を好むのであれば、独立してフリーランスになるという選択も考えられます。

フリーランスなら、部下を管理する必要も上司に媚びへつらう必要もありません。

ただしこの道を選ぶのであれば、会社員としての「安定」を捨て去る覚悟をしなければなりません。そして当然ですが独立したからといってうまくいく保証はどこにもありません。

また、あなたの仕事が独立してやっていけるものかどうかも重要です。

例えば営業やSEの場合はフリーランスとして独立することは可能かもしれませんが、経理や人事、総務などのバックオフィス系の仕事をしている場合は、独立そのものが難しいでしょう。

そして、もしあなたに家族がいる場合は家族の理解を得る必要もあります。

小さなお子さんがいたり、住宅ローンを組んでいたりするのであれば、本当に独立して大丈夫なのか、家族ときちんと話し合いましょう。

そして、きちんとリスクヘッジができないのであれば、安易な独立はやめておくべきです。

特にあなたが大企業に勤めているのであればなおさらです。

大企業に勤めているということは、それだけでとても大きなアドバンテージなんですよ。

転職をする|しんどい管理職にさよならを

管理職を辞めて、再度プレイヤーとして活躍したいと望むのであれば、他の会社に転職するのが現実的で一番賢い選択です。

人には適材適所があります。

自らのチームに与えられたミッションを果たすための戦略を練り、部下をマネジメントすることに向いている人もいれば、自らプレイヤーとして現場でガンガン稼ぐのに向いている人もいます。

あなたが彼のように管理職を辞めたいと考えているのなら、きっとあなたはプレイヤー向きの人なのでしょう。

そうであれば、現状を打破する手段として転職を検討してみてはいかがでしょうか。

関連 転職を考えている人におすすめの転職エージェント特徴まとめ|まずはこの5社

まとめ:管理職を辞めたいと思ったらきちんと準備をして行動しましょう

選択

管理職を自分の意志で辞めることは、デメリットが非常に大きいので、もう一度冷静になって考えてください。

それでもどうしてもプレイヤーに戻りたいのであれば、きちんと準備をして転職活動に臨みましょう。

ちなみにぼくの友人には、転職エージェントに相談した結果、管理職を捨てて、1プレイヤーとして活躍できる会社に転職をする道を選んだ人がいます。

一度管理職を経験して、自分には管理職は向いてないことがわかったからです。

とはいえ、管理職を経験することはあなたのビジネス人生にとって大きなプラスになることは間違いありません。

最初から向いてないなんて諦めずに機会があるなら一度は管理職をやってみましょう。

その上で、やっぱり自分にはどうしても管理職は向いてないなと思うのであれば、そのとき行動すれば十分です。

しっかり準備をして、管理職以外の道を歩みましょう!

おすすめ転職エージェント3選

おすすめ転職エージェントランキング
転職をするのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、転職支援の専門家であるキャリアコーディネーターがあなたの転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。

転職エージェント1

サービスを利用するのにお金はかからないうえに、自分一人で求人を探すよりも多くのメリットがあります。

例えば

  • 職務経歴書の書き方を1から丁寧に教えてくれる
  • 面接の練習を行ってくれる
  • 言い出しづらかった年収面などの交渉を代わりにおこなってくれる
  • 転職サイトやハローワークに掲載されていない非公開求人に応募できる
  • 自分一人では気付けなかったキャリアプランを示してもらえる

などは転職エージェントを利用することで得られる大きなメリットといえます。

ここでは数ある転職エージェントの中で、過去にぼくが利用してみてよかったものを3つご紹介します。

あくまで個人の感想ではありますが、これから転職を考えている皆さんの参考になれば幸いです。

1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、リクルートエージェントを真っ先に連想する人もいるくらいの有名どころです。

転職を考えているなら、まずはじめに登録しておくべき転職エージェントでしょう。

特に圧巻なのは抱えている求人数の多さ。

下記の表を見てもらえばわかる通り、他の転職エージェントと比較しても桁が1つ違いますね(マイナビエージェントのみ非公開)。

マイナビエージェントtype転職エージェントリクルートエージェントパソナキャリアワークポート
非公開首都圏のIT系のみで6,000件以上10万件以上4万件以上1.5万件以上

また、主要な地方都市にも事務所が存在しているため、地方の人も安心してサービスを利用することができます。

拠点一覧|転職のリクルートエージェント

多くの転職エージェントが首都圏の案件のみを対象としているのと比べると、やっぱリクルートってすごいなあと思いました。

2位:パソナキャリア

パソナキャリア

担当のコーディネーターのサポートが丁寧なため、はじめて転職活動をする人でも安心して利用できるのがパソナキャリアの特徴です。

他の転職エージェとと比較するとあまりゴリ押しの営業をかけてくる印象がないため、そういった点が評価されているのでしょう。

また、創業40年以上のパソナグループは、創業時から女性の就労支援をおこなっています。

そのため、パソナキャリアは女性の転職サポートに強みを持っています。

はじめて転職活動をする方や、自分にあった働き方を探している女性の方はぜひともパソナキャリアへ登録をおすすめします。

3位:doda(デューダ)

doda
業界最大手のリクルートエージェントと肩を並べる転職エージェントがdodaです。

取り扱う求人数が10万件を超えている点が何よりも魅力的です。

実際ぼくは33歳で4回目の転職だったので、面談にいっても正直渋い顔をされるだろうな、とあまり期待していなかったのですが、非常に多くの求人を紹介してもらえました。

求人の内容も大手企業を中心に正社員の求人がほとんどだったので、30代契約社員で正社員への転職を目指すのであれば、dodaはぜひとも登録しておきたいサービスになります。

最終的にはdodaとは別の転職エージェントで内定をもらった企業へ転職を決めたのですが、紹介してもらえる求人の質と量や担当コーディネーターの対応は非常に満足いくものでした。

唯一欠点があるとすれば、マイページが他の転職エージェントと比べて若干使いづらかったところでしょうか。

担当エージェントが紹介してくれる求人と、登録された経歴をみて自動的に配信されてくる求人が同じページに表示されるため、どの求人が転職エージェントから紹介された求人なのかがパッとみただけでは分かりづらかったです。

まあ、色んな求人に目を通せるため、視野を広げられたという意味では良かったのかもしれませんが、個人的には紹介案件とは別カテゴリに分けて表示するなどしてほしかったです。

逆にいえば欠点はそれくらいで、他の点では非常に満足度が高かったので、正社員への転職を目指すのであればぜひとも登録しましょう。

-仕事の悩み

Copyright© モテナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.